ナビゲーションをスキップして本文へ

清流の国 岐阜

清流の国 ぎふ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色合い
  • 標準
  • 黒
  • 黄色
  • 音声読み上げ
  • ふりがな
  • Foreign Language

ここから本文です。

  • 利用者別で探す
  • 組織から探す
  • サイトマップから探す
  • 県の施設案内
  • 観光情報
  • 特産品
  • 移住定住
  • 世界遺産
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報

注目情報

県では、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」に基づき、「岐阜県配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する基本計画」を策定しています。今年度は、第3次計画の計画期間(平成26年度から平成30年度)の最終年にあたることから、平成31年度からの5年間を計画期間とする第4次計画の案を取りまとめました。この計画素案について、県民の皆様からご意見を募集します。


県では、男女共同参画基本法ならびに岐阜県男女が平等に人として尊重される男女共同参画社会づくり条例に基づき、男女共同参画社会の実現に向けた施策を推進していくための計画として「岐阜県男女共同参画計画」を策定しています。今年度は、第3次計画の計画期間(平成26年度から平成30年度)の最終年にあたることから、平成31度からの5年間を計画期間とする第4次計画の素案を取りまとめました。この計画案について、県民の皆様からご意見を募集します。


県では、「建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律」に基づき、本県における建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的に、岐阜県計画の策定を検討しています。つきましては、計画の素案について県民の皆さまからのご意見を募集します。


食品等の安全性の確保と食品に対する安心感の向上を目的に「岐阜県食品安全行動基本計画(第4期)」の案を作成しました。
県民の皆さまからのご意見を広く募集します。


県では、人口減少・少子高齢化が更に本格化する中にあっても、地域の活力を失うことなく、安全・安心で、かつ持続可能な「清流の国ぎふ」づくりを進めていくため、2019年度からの5年間を計画期間とする新たな「清流の国ぎふ」創生総合戦略を策定します。
戦略の策定にあたり、県民の皆様からご意見を募集します。


県では、財源確保の一環として、自動車税納税通知書用封筒の裏面に広告の掲載をしていただける企業等を募集します。
自動車税納税通知書は、自動車を所有している県民の方や企業に送付されますので、広告媒体として非常に有効です。ぜひご応募ください。


県内各地の歴史や文化を題材とする県民参加の創作オペラを毎年県内5圏域で開催しています。今年度は、初演から20周年を迎えることから、「20周年記念特別公演」として今年度から3年間、再演を望む声が多い作品を、披露します。今年度は「椿屋敷」、「狐の嫁入り」、「西忍池」を上演します。
■日時/平成31年2月10日(日曜日)14時から
■場所/ぎふ清流文化プラザ長良川ホール(岐阜市学園町3-42)


昨年度開催し好評のうちに幕を下ろした杉原千畝物語オペラ「人道の桜」を、今年度もホロコーストの日(1月27日)にあわせ、1月26日(土曜日)と27日(日曜日)の二日間にわたり開催いたします。ウィーン岐阜合唱団の美しい歌声とともに、6,000人もの命を救った日本のシンドラー杉原千畝の感動の実話でつづられたオペラを是非ご鑑賞ください。


障がいのあるなしに関わらず、文化芸術分野において、新たな創造活動を行っているtomoniプロジェクト。今回は、和綿の特性を活かしながら障がいのある方の声をもとにアートやデザインをプラスした新製品を紹介します。また、和綿の手触りから紡がれる岐阜盲学校生徒達の言葉をひろい、和綿の新たな魅力を探る試みも行います。
■日時/平成30年11月18日(日曜日)から12月24日(月曜日、祝日)
■場所/ぎふ清流文化プラザ(1階)文化芸術県民ギャラリー(岐阜市学園町3-42)


空宙博(そらはく)では、ここでしか見られない貴重な航空機の映像を期間中毎日上映します。また、開催初日となる12月8日(土曜日)には、戦後、我が国で初めて生産された旅客機「YS-11」等の設計に携わった鳥養鶴雄(とりかいつるお)氏の講演会を開催しますので、ぜひご参加ください(要事前申込)。詳しくは空宙博ホームページでご確認ください。(「そらはく」で検索)
■上映期間/2018年12月8日(土曜日)から27日(木曜日)(18日(火曜日)は休館日です)
■場所/岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(各務原市下切町5-1)
■料金等/通常の入館料が必要です。


森・里・川・海での自然体験・活動を通して、流域の自然環境や森・里・川・海のつながりについて、親子で楽しみながら学ぶツアー(冬コース)を実施します。ぜひご参加ください。


日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して開催される本展は、日本で初めてフィンランドの陶芸を体系的に紹介するものです。19世紀末、独立の気運が高まる中で萌芽した独創的なフィンランドの陶磁器は、20世紀中期には世界的な潮流を生み出すまでに成長しました。本展では、その黎明期から最盛期ともいえる1950年代、60年代までの作品を通じて、フィンランド陶芸の多様な表現や魅力をご紹介します。


12月1日(土曜日)、2日(日曜日)の2日間、さまざまなものづくりを楽しむ人の祭典「OgakiMiniMakerFaire2018」を大垣市のソフトピアジャパン・センタービルにて開催します。
■開催日時/12月1日(土曜日)正午から午後6時まで
12月2日(日曜日)午前10時から午後6時まで


イベント情報
【廃棄物対策課】

県では、料理の食べ残しなどの食品廃棄物を削減するため、「ぎふ食べきり運動」を実施しています。食品廃棄物のうち、まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品は、1人1日当たりおおよそ茶碗1杯のご飯に相当する約139グラムと推計されています。「もったいない!」の気持ちを忘れずに、忘新年会では、「乾杯後30分間は、席を立たず料理を楽しむ」、「宴会の終了10分前には、自分の席に戻って再度料理を楽しむ」ことに取り組む30・10(さんまる・いちまる)運動を実践しましょう。


開館35年が経過した岐阜県美術館では、老朽化した空調設備等を改修するため、約1年間休館します。休館中は、美術館を飛び出して県内の他施設で美術館事業を行う予定ですので、引き続きご利用ください。
■休館期間/平成30年11月4日(日曜日)から平成31年11月2日(土曜日)まで(予定)


岐阜県では、「天下分け目の地関ケ原」の魅力を収めた写真作品を募集します。
■「私の関ケ原」写真コンテスト2018秋・冬
秋または冬を感じさせる関ケ原の風景やイベントの写真を募集します。
なお、作品の受入期間は平成31年2月27日(水曜日)から3月13日(水曜日)です。


県および実行委員会では、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的とした企画公募展「清流の国ぎふ芸術祭ArtAwardINTHECUBE2020」の作品を募集します。詳細については、ホームページをご覧ください。
■応募期間/2019年1月25日(金曜日)から5月13日(月曜日)まで
■賞金/大賞500万円(1点)、審査員賞100万円※入選者には制作費補助として、入選賞金50万円を一律支給




12月18日
恵那警察署


12月18日
交通企画課

12月18日
交通企画課










12月18日
生活安全総務課

12月18日
交通企画課



12月18日
揖斐土木事務所




12月17日
各務原警察署



12月17日
養老警察署

12月17日
揖斐警察署



県政ホットニュース

「ラ・リスト2019」ランキングの受賞報告をする様子

フランスのレストランガイドでトップ10入りした郷土料理店「柳家」シェフが知事に報告!【12月4日(火曜日)】

世界の優れたレストランを紹介するフランスのガイド「ラ・リスト」の2019年版で、瑞浪市の郷土料理店「柳家」がトップ10入りしました。11日、料理長の山田さんが県庁を訪れ、知事に受賞を報告しました。
「柳家」はいろりでジビエや川魚などの地元食材を味わうことができ、海外からも客が訪れる人気店です。山田さんは「世界的なレストランのランキングへの受賞に驚いた。岐阜の山中で頑張ってきて良かった」と話しました。
知事は「刺激を受けて世界に挑戦する人が増えるといい。先頭をきって走ってもらいたい」と激励しました。


「ブルーヘブンを君に」制作発表会の様子インドネシア2018アジアパラ競技大会でメダルを手にした選手たちと知事

2018アジアパラ競技大会でメダルを獲得した選手が知事と面談!【12月3日(火曜日)】

10月にインドネシア・ジャカルタで開催されたアジアパラ競技大会でメダルを獲得した県ゆかりの選手たちが県庁を訪れ、知事に結果を報告しました。
陸上競技(車いす)100mで金メダルを手にした田中照代選手(土岐市出身)は「年齢によるパフォーマンスの低下を乗り越えようと頑張った」と話しました。また、車いすバスケットボールで銀メダルを獲得した秋田啓選手(垂井町出身)は「チームで優勝を目指していたので悔しい。東京パラリンピックでは金を取りたい」と今後の抱負を語りました。


「ブルーヘブンを君に」制作発表会の様子

地方創生ムービー「ブルーヘブンを君に」制作発表会!【12月3日(月曜日)】

3日、西濃地方を舞台とした映画「ブルーヘブンを君に」の制作発表会が県庁で行われました。主演は歌手で女優の由紀さおりさんで、来年5月頃から撮影が始まり、2020年以降に全国で上映予定です。
タイトルの「ブルーヘブン」は大野町の河本バラ園が開発した青いバラの名前で、映画ではこのバラをモチーフに古き良き日本の大家族の温かさが描かれます。
秦監督は制作に先がけて、「家族全員で安心して楽しめて、明日への希望や活力がわくような映画にしたい」と抱負を語りました。


県政ホットニュース一覧
新着情報一覧
便利ガイド
行政視察
ぎふ子育て応援団
県政広報番組
医療機関案内
職員募集
資格・試験・免許
オープンデータ
各種申請(様式集)
条例・規則(岐阜県法規集)
統計情報
入札情報
Facebook・Twitter・Blog