ナビゲーションをスキップして本文へ

清流の国 岐阜

清流の国 ぎふ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色合い
  • 標準
  • 黒
  • 黄色
  • 音声読み上げ
  • ふりがな
  • Foreign Language

ここから本文です。

  • 利用者別で探す
  • 組織から探す
  • サイトマップから探す
  • 県の施設案内
  • 観光情報
  • 特産品
  • 移住定住
  • 世界遺産
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報

注目情報

障がいのある方々が業務や訓練で培った技能を競う大会の参加者を募集します。
開催日:7月7日(土)10時から16時
場所:東海職業能力開発大学校(揖斐郡大野町古川1-2)
対象者:平成30年4月1日現在で満15歳以上の身体・知的・精神障がい者
種目:ワード・プロセッサ、表計算、ビルクリーニング、箱折、オフィスアシスタント、喫茶サービス
申込受付:6月8日(金)まで


イベント情報
【里川振興課】

6月2日(土)、川と魚に親しむ体験学習施設及び世界農業遺産「清流長良川の鮎」の情報発信拠点として「清流長良川あゆパーク」が郡上市白鳥町にオープンします。
当施設では、来場者に長良川流域における人々のくらし、清流及び魚のつながり(里川システム)を体感的に伝えるため、映像等による展示、鮎等に関する講義及び漁業体験プログラム等の実施を計画しています。
また、川魚料理を提供するレストランも設置される予定です。オープン当日はオープニングイベントを実施します。ぜひ、ご来場ください。


中世に遡る刃物産地として知られる関の刀鍛冶の中でも「最上大業物」に評価された名工・和泉守兼定を取り上げます。
戦国争乱の終結後、関鍛冶が優れた作刀技術で全国に活動の場を広げる中、兼定は関での活動が16世紀半ばまで確認されており、その後、同名工が会津(福島県)に移って明治まで11代が継承しました。
歴史をにぎわせたときどきの勇者名士に愛蔵され、日本史上に彩りを添えたこれら兼定銘の刀剣が一堂に会す本展覧会は見応え抜群です。どうぞお見逃しなく。


明治150年記念事業として、展示「飛山濃水の文学明治・大正・昭和の郷土作家11人」を開催しています。
明治から昭和にかけて活躍した郷土作家の足跡を辿り、彼らが残した言葉を伝える展示です。
併せて、明治期に活躍した郷土人として、原三溪、下田歌子に関する資料も紹介します。
会期/4月1日(日)から6月30日(土)※図書館休館日を除く。
場所/岐阜県図書館1階企画展示室


イベント情報
【(公財)岐阜県教育文化財団】

69回の歴史を刻んだ「岐阜県美術展」を時代の変遷や表現の多様化に合わせて見直し、新たに「ぎふ美術展」を開催します。日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真・自由表現の7部門の応募作品から、厳選された入賞・入選作品を展示します。お誘い合わせの上ご来場ください。
■日時/6月9日(土)から6月17日(日)10時から18時(月曜日は休館、最終日は14時30分まで)
■場所/岐阜県美術館(岐阜市宇佐4-1-22)


5月26日(土)、27日(日)の両日、関ケ原古戦場一帯で、武将「小早川秀秋」をテーマとしたイベントを開催します。「天下分け目の関ケ原」東西人間将棋をはじめ、小早川秀秋歴史講演会、小早川秀秋ゆかりの地史跡ウォーキング、関ケ原&東西武将演武合戦などを行います。人間将棋には、タレントの石田純一さんと板倉俊之さん、将棋棋士の渡辺棋王と都成五段が参戦します。他にも、チャンバラ合戦や陣羽織制作ワークショップなど、楽しい催しが盛りだくさんです。(一部の催しは事前申込制となります)


花フェスタ記念公園では「世界一美しいバラまつり『ローズ・フェアリー・ランド』」と題して「ぎふ国際ローズフェスティバル」を開催します。著名なフローリストによる美しい装飾展示のほか、さまざまなイベントを開催します。まるでバラの妖精が出てきそうな、夢のような世界をお楽しみください。
■日時/5月12日(土)から5月20日(日)(※「春のバラまつり」は6月17日(日)まで)
■場所/花フェスタ記念公園(可児市瀬田1584-1)
■料金/大人1,000円、高校生以下無料


今年6月、第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会が、岐阜で開催されます。この大会は、アジアから世界レベルの大会への出場を目指すジュニア選手が一同に会する、アジア最高峰の陸上競技大会であり、我が国初開催です。皆様、是非、会場へご来場いただき熱い声援を送ってください。■大会期間:6月7日(木)から10日(日)、■場所/岐阜メモリアルセンター長良川競技場、■観戦料/無料




5月18日
岐阜保健所

5月18日
子育て支援課



5月18日
生活安全総務課

5月18日
生活安全総務課


5月18日
関警察署



5月18日
清流の国づくり政策課





5月18日
文化財保護センター

5月18日
飛騨農林事務所

5月18日
道路建設課

5月18日
高山土木事務所







5月18日
交通企画課



県政ホットニュース

開館式であいさつを述べる古田知事

在岐阜リトアニア共和国名誉領事館が開館【5月14日(月)】

昨年12月に岐阜県商工会議所連合会の村瀬幸雄会長が在岐阜リトアニア共和国名誉領事に任命されたことに合わせて、「在岐阜リトアニア共和国名誉領事館」が岐阜商工会議所内に開館しました。
名誉領事館では、リトアニアに関する情報の発信や、経済・文化などの交流のさらなる推進が図られます。
開館式には、リトアニア共和国外務副大臣のダリュス・スクセビチュス氏や駐日リトアニア共和国大使のゲディミナス・
バルブオリス氏、古田知事らが出席しました。
開館式にて古田知事は、「岐阜県とリトアニアが様々な分野で交流することを期待する」と述べました。


ブフラル駐日モロッコ王国特命全権大使らと視察する古田知事

春のバラまつり開幕!【5月12日(土)】

花フェスタ記念公園で、「春のバラまつり」が開幕しました。
初日には開会式が行われ、古田知事やラシャッド・ブフラル駐日モロッコ王国特命全権大使らが出席しました。また、東濃実業高校吹奏楽部の演奏や桜ヶ丘幼稚園の園児、歌手・女優の西田ひかるさんらが参加するパレードが行われました。
春のバラまつりは、6月17日までの37日間開催され、原種・オールドローズから世界の最新品種まで、およそ7千品種3万株の色とりどりのバラが開花します。


基調講演を行うオトマン・エルフェルダウス投資担当閣外大臣

モロッコ経済セミナーを開催しました【5月11日(金)】

県は、平成9年にモロッコ王国のウジュダ・アンガット府と友好交流に関する覚書を締結して以来、様々な分野での交流を行っています。
その一環として、モロッコ王国のビジネス環境や投資機会などに関するセミナーを開催しました。モロッコ王国の投資担当閣外大臣や日本貿易振興機構(JETRO)ラバト事務所長による基調講演が行われ、県内の製造業や金融業など様々な分野から約130人が参加しました。
セミナー後には、モロッコ王国主催の
レセプションが開催され、古田知事らが出席し、両者のさらなる交流が図られました。


古田知事へ研修成果を報告する修了生

JA全農岐阜いちご新規就農者研修修了生が研修成果を報告!【5月7日(月)】

いちご生産者の担い手育成・確保を図り、いちごの生産振興を目的として運営されている就農研修拠点「JA全農岐阜いちご新規就農者研修所」の修了生(10期生)4名が、古田知事に研修成果や就農への意気込みを報告し、育てたいちごを贈呈しました。
知事は、「岐阜のいちごは海外でも評価されている。さらに評判がよくなるよう、研修生の皆さんで岐阜のいちごの名声を高めてほしい」と激励しました。


来館者10万人目となったご家族

「空宙博」来館者10万人達成!【5月4日(金)】

3月24日にリニューアルオープンした岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(愛称:空宙博(そらはく))の来館者が10万人に達し、セレモニーが開催されました。
10万人目の来館者は、高山市から来られたご家族で、河合副知事から認定証と年間パスポート・ガイドブックなどの記念品が贈られました。
樋口博久副館長は、「今後も子供たちに夢を持ってもらえるような、魅力ある博物館を目指したい」と述べました。


県政ホットニュース一覧
新着情報一覧
便利ガイド
行政視察
ぎふ子育て応援団
県政広報番組
医療機関案内
職員募集
資格・試験・免許
オープンデータ
各種申請(様式集)
条例・規則(岐阜県法規集)
統計情報
入札情報
Facebook・Twitter・Blog