ナビゲーションをスキップして本文へ

清流の国 岐阜

清流の国 ぎふ
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大
  • 色合い
  • 標準
  • 黒
  • 黄色
  • 音声読み上げ
  • ふりがな
  • Foreign Language

ここから本文です。

  • 利用者別で探す
  • 組織から探す
  • サイトマップから探す
  • 県の施設案内
  • 観光情報
  • 特産品
  • 移住定住
  • 世界遺産
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報
  • 県政ホットニュース
  • 注目イベント・募集情報
  • 新着情報

注目情報

日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して開催される本展は、日本で初めてフィンランドの陶芸を体系的に紹介するものです。19世紀末、独立の気運が高まる中で萌芽した独創的なフィンランドの陶磁器は、20世紀中期には世界的な潮流を生み出すまでに成長しました。本展では、その黎明期から最盛期ともいえる1950年代、60年代までの作品を通じて、フィンランド陶芸の多様な表現や魅力をご紹介します。


12月1日(土曜日)、2日(日曜日)の2日間、さまざまなものづくりを楽しむ人の祭典「OgakiMiniMakerFaire2018」を大垣市のソフトピアジャパン・センタービルにて開催します。
■開催日時/12月1日(土曜日)正午から午後6時まで
12月2日(日曜日)午前10時から午後6時まで


11月25日は国連が定めた「女性に対する暴力撤廃国際日」です。それにあわせて、毎年11月12日(月曜日)から11月25日(日曜日)までは「女性に対する暴力をなくす運動」の実施期間です。配偶者やパートナーなどからの暴力に、ひとりで悩んでいませんか?まずはお気軽にご相談ください。電話番号:058-274-7377(なやみなんなり)相談無料


11月11日「介護の日」にちなみ、介護の仕事が魅力ある仕事として認知されるとともに、一人ひとりが支え、支えられる地域社会の一員であるという意識を高め、介護についての関心を深めてもらうためのイベントを11月21日(水曜日)に開催します。
イベントでは介護人材育成事業者認定制度の認定証授与式と記念落語会を実施します。


ぎふ清流文化プラザでは、リトアニアとの交流事業として、ドヴァリョーナス音楽学校の合唱団「ビバ・ボーチェ」によるコンサートを開催します。
■開催日時/11月18日(日曜日)開場17時30分、開演18時(予定)
■場所/ぎふ清流文化プラザ長良川ホール(岐阜市学園町3-42)
■定員・料金/400人・無料
ぎふ清流文化プラザで配付中(整理券をお持ちの方から優先的に入場できます)
※詳細はホームページをご覧ください


岐阜県が誇る「地歌舞伎」の公演を串原歌舞伎保存会、飯地五毛座歌舞伎保存会の出演により開催します。併せて10月にフランス、スペインにおいて舞台に立った加子母歌舞伎保存会、鳳凰座歌舞伎保存会による凱旋公演を行います。ぜひご来場ください。(入場無料※整理券の配布は終了しました。)
■開催日時/平成30年11月25日(日曜日)開演11時(開場10時30分)
■場所/ぎふ清流文化プラザ長良川ホール


イベント情報
【人権施策推進課】

キャラクターショーやミナモショーの開催、人権啓発のパネル展示、人権啓発資料の配布等を行っており、塗り絵・折り紙コーナーも設置してファミリーで楽しめるイベントです。
また、全国中学生作文コンテスト岐阜県大会の表彰式及び朗読会の実施や特設人権相談所を開設しています。


イベント情報
【廃棄物対策課】

県では、料理の食べ残しなどの食品廃棄物を削減するため、「ぎふ食べきり運動」を実施しています。食品廃棄物のうち、まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品は、1人1日当たりおおよそ茶碗1杯のご飯に相当する約139グラムと推計されています。「もったいない!」の気持ちを忘れずに、忘新年会では、「乾杯後30分間は、席を立たず料理を楽しむ」、「宴会の終了10分前には、自分の席に戻って再度料理を楽しむ」ことに取り組む30・10(さんまる・いちまる)運動を実践しましょう。


募集情報
【恵みの森づくり推進課】

岐阜県では、各種団体が取り組む創意工夫にあふれた、森づくり、川づくり、生物多様性などの環境保全活動をサポートする「清流の国ぎふ地域活動支援事業」を募集しています。ぜひご応募ください。


開館35年が経過した岐阜県美術館では、老朽化した空調設備等を改修するため、約1年間休館します。休館中は、美術館を飛び出して県内の他施設で美術館事業を行う予定ですので、引き続きご利用ください。
■休館期間/平成30年11月4日(日曜日)から平成31年11月2日(土曜日)まで(予定)


2015年から岐阜県美術館にて始まった「アートまるケット」。4年目の今年は美術館を飛び出し、リサーチをベースにしながら地域コミュニティを巻き込んだ作品を国内外で発表してきたNadegataInstantParty(中崎透+山城大督+野田智子)が、養老公園を舞台に地域資源を掘り起こすプロジェクトを展開します。「観光地」や「レジャー施設」から発想された、期間限定のアトラクションハウスがオープン。NadegataInstantPartyが架空のストーリーを紡ぎ出します。


岐阜県では、「天下分け目の地関ケ原」の魅力を収めた写真作品を募集します。
■「私の関ケ原」写真コンテスト2018秋・冬
秋または冬を感じさせる関ケ原の風景やイベントの写真を募集します。
なお、作品の受入期間は平成31年2月27日(水曜日)から3月13日(水曜日)です。


県および実行委員会では、想像力溢れる新たな才能の発掘と育成を目的とした企画公募展「清流の国ぎふ芸術祭ArtAwardINTHECUBE2020」の作品を募集します。詳細については、ホームページをご覧ください。
■応募期間/2019年1月25日(金曜日)から5月13日(月曜日)まで
■賞金/大賞500万円(1点)、審査員賞100万円※入選者には制作費補助として、入選賞金50万円を一律支給


里川における人と鮎とのつながりである「清流長良川の鮎」について、多くの方に理解して頂くため、農林漁業体験、伝統文化体験、環境学習などを体感できるモデルツアーを企画しました。秋コースでは、10月13日(土曜日)から14日(日曜日)の「【石川県発着】長良川流域究極の鮎食べ比べ&地酒飲み比べツアー」や10月27日(土曜日)の「鮎を育む瀬張り網漁と種付け見学&野菜収穫体験ツアー」など各種コースを実施予定です。ぜひご参加ください。


11月20日
恵那農林事務所






11月20日
揖斐土木事務所


11月19日
恵那農林事務所

11月19日
緊急・重要情報

11月19日
垂井警察署



11月19日
産業人材課


11月19日
岐阜土木事務所

11月19日
美濃土木事務所




11月19日
生活安全総務課

11月19日
西濃農林事務所

11月19日
大垣土木事務所


11月19日
多治見土木事務所

11月19日
交通企画課





県政ホットニュース

中国共産党江西省委員会書記との面談

知事が中国を訪問!江西省と友好を深めました【11月7日(水)、8日(木)】

7日から中国を訪問した古田知事は、友好提携30周年を迎えた江西省・南昌で、8日、省トップの劉奇(りゅうき)江西省委員会書記と面談しました。劉書記の挨拶に対し、知事は「今後、更なる信頼関係を築いていけると確信している」と述べました。
その後、知事は易煉紅(えきれんこう)江西省省長と面談し、観光、花き、林業、環境の4分野における一層の交流・協力を促進する覚書を締結しました。知事は「今回の30周年を一つの節目として、今後も共に手を携え、『新たな時代』の交流をつくりあげていきたい」と発言しました。
他にも岐阜県の木を使ったおもちゃ作りを行う木育教室や、友好を記念したサクラやクスノキの植樹などが行われました。


「サザンカ」を歌う県立岐阜盲学校高等部の皆さん

岐阜県特別支援学校総合文化祭を開催!【11月6日(火)】

6日、県内の特別支援学校の児童生徒が日頃の文化活動の成果を発表する総合文化祭がOKBふれあい会館でスタートしました。音楽発表会では、岐阜盲学校、郡上特別支援学校高等部の生徒が、楽器の演奏や合唱を披露しました。
生徒を代表して、ハンドベルを合奏した郡上特別支援学校3年の日置さんが「速さやタイミングなどに気を付けて練習し、みんなで協力した成果を発表することができた。この経験を授業に生かして頑張りたい」とあいさつしました。
会場では、県内23校の出品による美術作品展が11日まで開催されます。


テープカットで名誉領事館の開館を祝う関係者ら

モロッコとの交流促進!在岐阜モロッコ王国名誉領事館の開館【11月4日(日)】

4日、在岐阜モロッコ王国名誉領事館が美濃加茂国際交流協会内に開館しました。岐阜、愛知、富山、石川、福井の五県を担当区域とし、モロッコとの交流促進を図ります。同協会の名誉会長、山田實紘(やまだじつひろ)氏(ぎふ・モロッコ王国同好会長)が今年3月に在岐阜モロッコ王国名誉領事に任命されたことから、名誉領事館が設置されることになりました。あいさつに立った山田氏は「国際都市・美濃加茂となるよう努める」と抱負を述べました。
式に出席した古田知事は「在住外国人比率が高い美濃加茂市は国際交流の先進地。拠点として交流が深まることを期待したい」と述べました。


ブランド柿「天下富舞」を受け取る古田知事

ブランド柿「天下富舞(てんかふぶ)」贈呈!【11月2日(金)】

県産の新しいブランド柿「天下富舞」の生産者らが2日に県庁を訪れ、古田知事に柿を贈呈しました。
「天下富舞」とは県が2015年に発表した柿の新品種「ねおスイート」のうち、糖度が高く、大きく、色合いや形などの条件がそろったもので、極めて甘く、サクサクとした食感が特徴です。名前は岐阜ゆかりの戦国武将、織田信長が用いた朱印「天下布武」からの造語です。今年の初競りでは2個54万円(税込み)と前年同様の高値が付きました。
柿を試食した知事は「とても甘い。『岐阜といえば天下富舞』と言われるブランドになれば」と話しました。
「天下富舞」は主に贈答品として、岐阜や名古屋を中心に約2000個出荷される予定です。


加子母歌舞伎保存会の公演「俊寛(しゅんかん)」

神門副知事がスペイン・カナダを訪問!【10月28日(日)から11月3日(土)】

神門副知事は10月28日から11月3日にかけてスペインとカナダを訪問しました。
10月29日には、スペインのサラマンカ大学創立800周年を記念し、県内の保存会が岐阜の伝統芸能・地歌舞伎を披露しました。上演に先立ち、神門副知事は「日本とスペインとの国交樹立150周年の節目に皆さんと交流できることに感謝したい」とあいさつしました。
また11月1日には、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、カナダ陸上競技連盟と岐阜メモリアルセンターをカナダチームの事前合宿に利用することについて合意しました。カナダ陸連会長と合意書を取り交わした神門副知事は「選手が良い成績を残せるよう万全の準備をしたい」と歓迎しました。


県政ホットニュース一覧
新着情報一覧
便利ガイド
行政視察
ぎふ子育て応援団
県政広報番組
医療機関案内
職員募集
資格・試験・免許
オープンデータ
各種申請(様式集)
条例・規則(岐阜県法規集)
統計情報
入札情報
Facebook・Twitter・Blog