ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

木育のいっぽ

『ぎふ木育』とは

 『ぎふ木育』は、岐阜が誇る木と共生する文化を将来へつないでいくための取組であり、豊かな自然を背景とした「森と木からの学び」と定義しています。
(広義的には「自然体験活動」、「林業」、「木造建築」など、森や木につながる活動を通じた学びを含みます)

※「木育」は平成16年に北海道で生まれたことばです。北海道では「木とふれあい、木に学び、木と生きる」ことを通じて、「人と、木や森との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育む」活動として活発に進められています。

『ぎふ木育』の目指す姿

 『ぎふ木育』を通じて、子どもをはじめとするすべての人々が、森林に対して責任ある行動をとることができる人材となることです。そのために、ふれあい・親しむことから、気づき、理解し、考える、という段階的な取組を進めていくこととしています。
 詳しくは、『ぎふ木育30年ビジョン』をご覧ください。

岐阜県内で行われている木育活動の様子

 『ぎふ森林づくりサポートセンター』のブログで、県内でさまざまなかたちで実施されているぎふ木育に関する活動を紹介しています。
こちらをご覧ください。<外部リンク>


サポセン

県の関連事業

★小中学校、高等学校、特別支援学校の総合的な学習の時間等で、出前授業の講師を派遣しています。
★子育て関連施設等で木のおもちゃや学習教材などの購入経費の一部を補助しています。⇒詳しくはこちら
★木育を推進する活動を行っている施設や団体に対して、ぎふの木のおもちゃの貸出をしています。⇒詳しくはこちら
★岐阜県内の「森のようちえん&プレーパークmap」を更新しました。(平成29年3月現在)⇒詳しくはこちら [PDFファイル/4.11MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>