ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2020年4月 > 大垣市曽根町地内における土壌汚染について

本文

大垣市曽根町地内における土壌汚染について

 本日(4月13日)、未来工業株式会社及び未来精工株式会社から、大垣市曽根町地内の事業所において土壌調査を実施したところ、敷地内の土壌から、土壌汚染対策法の指定基準を超えるヒ素が検出された旨の報告がありましたのでお知らせします。
なお、この調査は、未来工業株式会社及び未来精工株式会社が今後の土地利用の検討のために自主的に行ったものです。

1事業所の概要

  1. 未来工業株式会社旧曽根工場
    ア 所在地:大垣市曽根町二丁目195番2
    イ 事業概要:電気設備資材、給排水設備及びガス設備資材の製造販売
  2. 未来精工株式会社旧本社工場
    ア 所在地:大垣市曽根町二丁目195番1
    イ 事業概要:自動機・省力機器の設計・製作・販売、金型設計の製作・販売

2調査の概要

  1. 調査対象:事業所の敷地全部31,905.00m2
  2. 調査期間:令和元年10月から令和2年3月
  3. 調査結果の概要
項目 調査検体数 基準超過検体数 調査結果 指定基準値 最大基準超過倍率
ヒ素(土壌溶出量) 66検体 9検体 0.005mg/L未満から0.026mg/L 0.01mg/L以下 2.6倍

※その他の物質についても調査を実施していますが、基準超過はありません。
※敷地内の地下水調査では、地下水環境基準を超えるヒ素は検出されていません。

3汚染原因
 原因は不明です。なお、未来工業株式会社及び未来精工株式会社では、ヒ素の使用履歴はありません。

4今後の対応

  1. 地下水調査について
    「岐阜県地下水の適正管理及び汚染対策に関する要綱」に基づき、大垣市及び神戸町と連携して、事業所内の基準超過場所から地下水の流向を考慮した半径250mの範囲内にある家庭及び事業場を対象に、井戸水の利用状況調査及び水質調査を直ちに実施します。
  2. 地域住民への情報提供について
    周辺地域は上水道普及地域ですが、井戸水を利用している家庭及び事業場に対しては、結果が判明するまでの間、井戸水の飲用の自粛を呼びかけます。
  3. 事業者に対する指導について
    汚染土壌の適正な管理等を行うよう指導します。
発表資料 報道発表資料(PDF:187KB)
添付資料 事業者公表資料(PDF:299KB)

問い合わせ先

所属 環境課環境保全係
電話 0584-73-1111
内線:221

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>