ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

こうのとり応援団ぎふ(不妊治療者支援)

こうのとり応援団ぎふ(不妊治療者支援)の画像
・・・不妊や不育症に関することで、一人で悩んでいませんか・・・
このサイトでは、不妊・不育症相談、特定不妊治療費助成事業、不妊に関するQ&Aなどについて紹介しています。

特定不妊治療費助成事業・不育症検査費用助成事業を行っています。

 詳しくは​岐阜県特定不妊治療費助成事業をご確認ください。

助成金額(令和3年1月1日以降に終了した治療に限る)

 1回の治療にあたり下記の金額を限度とし、直接治療に要した費用を助成します。
 治療ステージ[PDFファイル/5.5KB]A、B、D、Eについては、30万円
 C、Fについては10万千円

  また、特定不妊治療(治療ステージCを除く)と併せて、男性不妊治療*2を実施した場合、最大30万円を上乗せして助成できる場合があります。

 *2精巣内精子回収法(TESE、MD-TESE)、精巣上体精子吸引法(MESA)など、精巣又は精巣上体から精子を採取する手術

助成回数(令和3年1月1日以降に治療終了した分に限る)

 ※他の都道府県、政令指定都市、中核市で受けた助成回数も含みます。

 夫婦1組あたりの助成回数
 初めて助成を受けた治療にかかる妻の年齢が
 
1)40歳未満の方:子ども1人につき通算6回まで
 2)40歳から43歳未満の方:子ども1人につき通算3回まで
 3)43歳以上の方:助成対象外

 ※妊娠・出産に至った場合、助成回数をリセットすることができます。

 *43歳の誕生日以降に開始した治療は助成対象外となります。
 *平成27年度までに、既に上記の回数以上の助成を受けている方は、助成の対象外となります。
 *平成27年度までに、通算5年度助成を受けられた方も対象外となります。

※令和2年度に、新型コロナウイルス感染防止の観点から治療を延長した場合の年齢に関する緩和措置があります。(詳しくは、保健所もしくは子育て支援課へお尋ねください。)

 

申請期限・申請先など

 治療終了日が令和2年4月1日から令和3年3月31日までの方は、令和2年度中最寄りの県保健所に申請してください。ただし、令和3年2月1日から令和3年3月31日の間に治療が終了したものについては、令和3年5月31日まで受け付けます。なお、決定通知書の送付は申請から2か月程かかりますので、市町村が実施する助成を受けようとする場合は、事前にお住いの市町村にお問い合わせください。
(※治療終了日が令和2年4月1日から令和3年1月31日までの申請は、受付を終了しました。)

 申請の詳細については、保健所にお尋ねください。

 なお、岐阜市にお住まいの方は岐阜市の同事業の助成対象になります。
岐阜市子ども支援課<外部リンク>にお尋ねください。

 助成内容の改正については、厚生労働省のホームページ<外部リンク>も参考にしてください。

 

不育症検査費用助成について

 岐阜県では、不育症検査費用について助成をしています

 対象者:夫又は妻のどちらかが岐阜県(岐阜市を除く)に住所を有しており、2回以上の流産、死産既往がある方

 対象となる検査:先進医療として告示されている不育症検査で、その実施機関として承認されている保険医療機関で実施するもの

 助成額:1回につき5万円まで

 申請窓口:県保健所

 くわしくは、不育症検査費用助成事業についてをご覧ください。

 なお、岐阜市にお住まいの方は岐阜市の同事業の助成対象になります。岐阜市子ども支援課<外部リンク>にお尋ねください。

お知らせ

 ご記入後は、県子育て支援課にFAX又はメールでご返信ください。
 (本アンケートは統計処理を行い、個人が特定・公表されることは一切ありません。)
 <FAX>058-278-2880
 <メール>c11236@pref.gifu.lg.jp

不妊・不育症相談(れんげ相談)に関するご案内

れんげ相談
 岐阜県の花『れんげそう』の花名言葉は、私の幸福、心が和らぐ・・・
 そんな思いから、岐阜県不妊相談センターでは、不妊相談をれんげ相談、相談員をれんげ相談員と呼んでいます。

概要
  • 電話相談:058-389-8258
    毎週月曜日または金曜日(祝日・年末年始を除く)
    午前10時から12時、午後1時から4時まで
  • メール相談c11223a@pref.gifu.lg.jp
    ※携帯電話からメールをする場合は、センターからのメールが受信できるよう
     ドメイン指定またはメールアドレスの登録をしてください。
    注)メール相談の受付は、月曜日または金曜日に行っています。
  • 面接相談:完全予約制
    • <相談場所>
      • 岐阜県健康科学センター(岐阜保健所内)
        毎週月曜日または金曜日(祝日・年末年始を除く)
        午前10時から12時、午後1時から4時まで
    • <予約方法>
      電話予約:058-389-8258
      午前10時から12時、午後1時から4時まで
      メール予約:c11223a@pref.gifu.lg.jp
      注)メールによる受付についても、月曜日または金曜日に行います。
相談料

無料

ご注意

業務の都合上、開設日時が変更になる場合がありますので、ご注意願います。

ご連絡
 OKBふれあい会館で実施していた面談相談(木曜日・土曜日)と交流会は平成29年度(平成30年3月末)で終了しました。ご注意願います。

不妊に関するQ&A

 不妊に関するよくあるご質問(不妊治療、不妊相談、助成金)について、ジャンルごとに掲載しています。
(下のアイコンをクリック)
よくある質問

また、不妊や不妊治療について、もっと知りたい方は、下記のHPもご参照ください。

不妊に関するQ&A<外部リンク>

※上記のサイトは、一般社団法人日本生殖医学会が著作権を保有するコンテンツであり、無断で全部又は一部ををそのまま又は改変して転用・複製・転載・頒布・切除

  • 販売することは一切禁止されております。

 なお、当県ホームページからのリンクは、日本生殖医学会の許可を受けております。

不妊治療者支援事業(不妊相談センター)のご案内

 岐阜県では、不妊に悩む夫婦等を対象に相談事業を実施しています。専門の相談員が対応しますので、どんなことでもお気軽に相談ください。

(下のアイコンをクリック)
不妊治療者支援事業

岐阜県特定不妊治療費助成事業のご案内

 岐阜県では国の補助事業に基づき、医療保険が適用されない特定不妊治療(体外受精・顕微授精)に要した費用の一部を助成し、子供を生み育てやすい環境づくりを推進します。

(下のアイコンをクリック)
特定不妊治療費助成事業手続案内

不妊相談センターからのお願い

<ご注意ください>
 不妊相談センターでは、電子メールにより相談を行っています。携帯電話メールからの相談の場合、パソコンからのメールを受信拒否されていると、センターからの返信ができません。センターからのメールが受信できるようドメイン指定またはメールアドレスの登録をしてください。

県内保健所窓口一覧
​リンク集

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>