ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

岐阜県の肝炎対策

肝炎治療医療費の助成

 岐阜県では、インターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療に係る医療費が高額となること、また、核酸アナログ製剤治療は長期間に及ぶ治療によって累積の医療費が高額となることが、早期治療の妨げとなっていることから、その医療費を助成しています。

詳細は、肝炎治療の医療費助成制度を御確認ください。

肝がん・重度肝硬変医療費の助成

 B型肝炎ウイルスまたはC型肝炎ウイルスによる肝がん・重度肝硬変の患者の医療費の自己負担軽減を図りつつ、最適な治療を選択できるようにするための研究を促進する仕組みを構築するために、B型・C型肝炎ウイルスに起因する肝がん・重度肝硬変患者の医療費を助成しています。

詳細は、肝がん・重度肝硬変入院医療費の助成事業を御確認ください。

ウイルス性肝炎の重症化予防対策

 岐阜県では、利用者の利便性に配慮した肝炎ウイルス検査を実施することにより肝炎ウイルス陽性者を早期に発見するとともに、相談やフォローアップにより早期治療に繋げ、ウイルス性肝炎患者等の重症化予防を図ることを目的に、岐阜県ウイルス性肝炎患者等重症化予防推進事業を実施しています。

肝炎ウイルス相談・検査

 岐阜県内の保健所では、ウイルス肝炎に関する健康上の相談や、正しい知識の普及の機会として、相談日を設置し、これに合わせて希望される方には肝炎ウイルス検査を実施しています(肝炎ウイルス検査は、県内の医療機関においても実施できます。)

詳細は、肝炎ウイルス相談・検査を御確認ください。

肝炎ウイルス陽性者の方等へのフォローアップ事業(初回精密検査費用、定期検査費用助成)

 肝炎ウイルス検査で陽性となった方や慢性肝炎等患者の方が、適切な治療に繋がるよう、市町村と連携しフォローアップ事業を実施しています。

フォローアップ事業の概要は、肝炎ウイルス陽性者の方等へのフォローアップ事業を御確認ください(検査費用に係る助成は、以下を御確認ください。)

肝炎ウイルス陽性者の方への初回精密検査費用助成
慢性肝炎患者等の方への定期検査費用助成について

肝疾患診療体制の整備

 岐阜県における肝疾患診療連携拠点病院として、平成19年11月に国立大学法人岐阜大学医学部附属病院を選定しました。また、肝疾患専門医療機関として、15機関を選定しています。

肝疾患専門医療機関 [PDFファイル/427KB]

肝炎治療に関する相談窓口

 国立大学法人東海国立大学機構岐阜大学医学部附属病院内に開設されている「肝疾患診療支援センター」では、肝炎患者さんやそのご家族の方々からの相談を受け付けています。

肝疾患についてご相談のある方はどなたでもご利用いただけます。
区分 相談時間 相談方法 担当者 相談内容
一般相談 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
10時から16時
面談
電話
看護師
相談員
  • 疾患に対する情報提供
  • 副作用や症状の不安など
専門相談 一般相談の後、必要に応じて実施します。 面談 医師
  • 専門的な医療の相談など

詳細は、肝疾患診療支援センター<外部リンク><岐阜大学医学部附属病院(肝疾患診療連携拠点病院)<外部リンク>>を御確認ください。

肝炎医療コーディネーター

 岐阜県では、医療現場、行政機関の窓口においてB型・C型肝炎患者を適切な医療に導き、患者、その家族等を支援する肝炎医療コーディネーターを設置しております。

詳細は、肝炎医療コーディネーターについてを御確認ください。

普及啓発事業

肝臓週間

 毎年7月28日は「世界肝炎デー」・「日本肝炎デー」です。また「日本肝炎デー」を含む週は「肝臓週間」としており、広く皆様に肝疾患に関する正しい知識を身につけ、また、感染予防の重要性を知っていただくために設けられたものです。
詳細は、厚生労働省「肝炎総合対策の推進」<外部リンク>を御確認ください。

世界肝炎デー

 世界保健機関(WHO)は、2010年に世界的レベルでのウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的として、7月28日を"World Hepatitis Day"(世界肝炎デー)と定め、肝炎に関する啓発活動等の実施を提唱しました。

 我が国では、肝炎対策基本指針(平成23年5月16日策定)に基づき肝炎対策の総合的な推進を図ることとし、肝炎の予防、病気や治療に関する正しい理解が進むように普及啓発や情報提供を推進いたします。
詳細は、厚生労働省「世界肝炎デーについて」<外部リンク>を御確認ください。

肝炎訴訟について

B型肝炎訴訟

 平成23年6月28日、B型肝炎訴訟において、国と全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団の間で「基本合意書」が締結されました。
本件に関する相談や厚生労働省発表資料等の詳細は、厚生労働省「B型肝炎訴訟について」<外部リンク>を御確認ください。

C型肝炎訴訟

 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法(以下「特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法」)が制定され、平成20年1月16日に施行されました。

詳細は、厚生労働省「C型肝炎特別措置法の給付金について」<外部リンク>を御確認ください。

フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口

 特別措置法に基づく給付事務手続き等に関する相談窓口が、独立行政法人医薬品医療機器総合機構内に設置されています。

 詳細は、フィブリノゲン製剤等に関する相談を御確認ください。

関係機関リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>