ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 統計 > 統計情報 > 岐阜県の大型小売店販売額(商業動態統計調査)

本文

岐阜県の大型小売店販売額(商業動態統計調査)

記事ID:0010629 2023年12月28日更新 統計課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示
各項目へのリンク
1 商業動態統計調査の目的・沿革 2 調査の対象
3 調査の方法 4 主な調査事項
5 調査結果  

1 商業動態統計調査の目的・沿革

商業動態統計調査は、全国の商業を営む事業所及び企業の販売活動などの動向を明らかにすることを目的として、昭和28年6月から実施しています。

 

2 調査の対象

県内全地域の従業員50人以上の百貨店・スーパー(商業動態統計調査の丙調査の範囲)

 

3 調査の方法

 【調査経路】

   経済産業省→(民間事業者)→事業所または企業(報告者)

 【配布方法】

   郵送、オンライン

 【収集方法】

   郵送、オンライン

これらの方法により、経済産業省サービス動態統計室に提出された調査票は、経済産業省統計調査システムにおいて集計されます。

※令和元年度までは、甲調査・乙調査は経済産業省→県→調査員→事業所という調査系統で行っていました。

 

4 主な調査事項

  • 商品別販売額
  • 商品券販売額
  • 期末商品別手持額(四半期末)
  • 月末従業者数
  • 売場面積
  • 月間営業日数

 

5 調査結果

全国の結果

経済産業省「商業動態統計調査」<外部リンク>

 

岐阜県の結果

 

<外部リンク>