ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県中央食肉衛生検査所

農場から食卓まで、全頭全羽の肉眼検査と、様々な精密検査を実施し、食肉の安心安全を守ります。農場や牧場で育てられた牛がと畜検査員の検査を受け食卓に届けられるまでの写真農場や牧場で育てられた豚がと畜検査員の検査を受け食卓に届けられるまでの写真農場や牧場で育てられた鶏がと畜検査員の検査を受け食卓に届けられるまでの写真食肉衛生検査所建物の外観

 

岐阜県中央食肉衛生検査所では、安全・安心な食肉を提供するため、次の業務を行っています。

 

・と畜場で処理される家畜(牛、馬、豚、めん羊、山羊)が病気にかかっていないか、獣医師(と畜検査員)が1頭ごとに検査をしています。また、食鳥処理場で処理される食鳥(鶏、あひる、七面鳥)についても、1羽ごとに検査をしています。

・食肉に残留してはいけない薬剤が含まれていないか検査をしています。

・と畜場や食鳥処理場において、衛生的な処理が行われるよう監視指導をしています。

・食肉中の寄生虫や病原微生物などの調査を実施しています。

・食肉を安全で美味しく食べてもらうため、県民、事業者へ情報提供をしています。

 

岐阜県職員倫理憲章中央食肉衛生検査所実行計画を定めました。

 

令和元年度版(平成30年度統計)事務概要を作成しました。

表紙:まえがき:目次:案内図:裏表紙(PDF:1.53MB)

検査所の概要(PDF:568KB)

第1章と畜検査(PDF:3.66MB)

第2章食鳥検査(PDF:1.40MB)

第3章精密検査(PDF:971KB)

第4章調査研究・その他の業務(PDF:1.10MB)

 

過去の事業概要は下表「統計情報・調査研究」からご覧いただけます。