ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症非常事態宣言

新型コロナウイルス感染症非常事態宣言(外部サイト)動画

 

今回の新型コロナウイルスは、

感染拡大のスピードが極めて早い

感染しても自覚がないケースがある

治療薬もワクチンもない

幼少の子どもから高齢者まで広く感染する

などの特徴のある、人類が初めて体験するウイルスである。

 

本県においては、3月半ばから急増し、3月22日から昨日まで19日連続で、1名の死者を含め、87名の感染者が確認されている。これは、緊急事態宣言の対象地域である7都府県に迫る高い発症数である。

1週間毎の増加数をみても、最近の1週間では46名で、その前の週の19名と比べ、約2.5倍に急増している。

さらに、可児市内のクラスター(集団感染)は終息することができたものの、岐阜市内において、ナイトクラブ関係のクラスターが発生し、昨日にも料理店における新たなクラスターが判明している。

 

そして、感染経路不明の感染者は、全体の約2割へと拡大しており、さらなるクラスターの発生が懸念されるところである。

これらの状況について、県専門家会議は、「県内全域で、待ったなしの危険水域に達している」と警告している。

 

以上を踏まえ、本県が「非常事態」にあるとの認識に立って、現在展開している「ストップ新型コロナ2週間作戦」を抜本的に見直し、以下の「非常事態」総合対策(別添)を実施することとする。

 

「ストップ新型コロナ2週間作戦」の強化・延長(5月6日まで)

まん延期に耐えうる医療提供体制の充実・強化(検査の徹底、病床の増加、マスク等医療資材の確保)

景気経済・生活雇用対策の新設・拡充

 

すべての県民の皆様とともに、「オール岐阜」でこの「非常事態」総合対策を実施することが不可欠である。ご理解、ご協力をお願いする。

 

令和2年4月10日

岐阜県新型コロナウイルス感染症対策本部

 

新型コロナウイルス感染症非常事態宣言(PDF:300KB)

「非常事態」総合対策(PDF:780KB)

 

「ストップ新型コロナ2週間作戦」(令和2年4月3日)