ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 岐阜土木事務所

本文

岐阜土木事務所

濃尾大橋の渋滞緩和対策へのご協力について(お願い)

濃尾大橋の渋滞緩和対策にご協力ください。
詳細につきましては、下記リンク先をご参照ください。
<愛知県一宮建設事務所ホームページ<外部リンク>

冬期通行規制の予定について

岐阜土木事務所管内の冬期通行規制の予定は次のとおりです。
 令和2年度冬期通行規制 [PDFファイル/112KB]

国道157号「岐阜県本巣市根尾能郷~温見峠(福井県境)区間」は大型車の通行ができません

 国道157号「岐阜県本巣市根尾能郷~温見峠(福井県境)区間」は、大型車(長さ7.7mを超える車)の通行不可能なため、別ルートをご検討ください。
 詳細につきましては、「国道157号大型車通行不能について」をご参照ください。
 国道157号大型車通行不能について[PDFファイル/502KB]

川遊びをする方へ「水難事故に注意を」

 岐阜県では、河川の水難事故が毎年、発生しています。特に魚釣りや水遊び中に事故に遭うことが多くなっています。水難事故に注意してください。
 川の中に少しでも入るときは、最低限のリスク対策として、ライフジャケットを必ず着用してください。

お知らせ

岐阜県職員倫理憲章岐阜土木事務所実行計画をご紹介します。
岐阜土木事務所倫理憲章[Wordファイル/46KB]

主な業務内容

○管内の概要
本県の南西部に位置し、6市3町(岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、岐南町、笠松町、北方町)からなり、面積は993.28平方キロメートル(県全体の9.3%)、人口は約80万人(県全体の39.3%)を占めています。

○道路整備
・管内は岐阜市を中心とした県下の行政、教育、文化の中核であり、岐阜市及び岐阜市周辺の交通渋滞に対し、その交通対策が大きな課題となっているため、周辺の道路の整備が急務となっています。そのため、幹線道路ネットワークとしての重点路線である国道157号、国道256号、主要地方道岐阜関ヶ原線や主要地方道岐阜美濃線等、道路の整備を推進しています。
・管内の県管理道路は76路線、約663Km(県全体の約16%)に達し、道路維持修繕・路面清掃・地下道清掃・植裁樹木管理等の維持管理業務は民間委託を図り迅速な維持管理を行うとともに、バイパスの整備に伴う旧道処理を進め、適切な県道管理に努めています。また、東海・東南海地震の対策として橋梁補修(耐震補強)を進めています。

○治水対策
・河川では、木曽、長良、揖斐の三大河川に囲まれ、その河川に合流する境川、伊自良川等62河川を有しており、これら河川の護岸工、築堤工、掘削工等による河川改修を積極的に進めています。また、近年の急激な都市化の進展により河川環境整備と水質改善の必要性が高まってきており、より高度化した治水・環境対策事業を推進しています。

○砂防事業
・管内山間部における砂防事業は、土砂災害対策、急傾斜地崩壊対策等、砂防施設整備の促進を図っています。
・また、県民の生命を守ることを最優先に、土砂災害のおそれのある区域についての危険の周知や警戒避難体制の整備等のソフト対策を推進しています。

○都市整備
都市計画区域では、大正12年に岐阜市が都市計画法の適用を受けたのを最初に現在では管内全ての市町が都市計画区域を有し、下水道事業、都市公園事業、街路事業及び区画整理事業等を進めています。

岐阜土木事務所があるふれあい会館の外観写真

関連情報