ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

川の危険性について

Q1.川の危険性とは、どういうことですか?

A1.川の危険性とは、「見た目(想像)」と「実際」が大きく異なることです。

川は想像以上に速く、複雑な流れをしており、また、想像以上に深く、冷たいのです。そして、川底には、岩や流木などの障害物が隠れています。川を甘く見ると重大な事故につながります。

 

  • 川は、川幅が広い下流域では、おだやかにゆったりと流れているように見えるのですが、実際は、想像以上の速さで流れています。

⇒流速を甘く見て、川の中に入ると、流れにさらわれ、重大な事故につながります。

 

  • 川は、上流から下流に向かって流れているように見えるのですが、実際は、想像以上に流れは複雑で、岩や構造物の付近などでは、渦、縦回転、非常に速い流れなどが生じています。

⇒複雑な流れを甘く見ると、渦に巻き込まれて川底に引きずり込まれたり、縦回転に巻き込まれて水中から脱出できなくなったり、速い流れで岩などに押し付けられて身動きができなくなったりし、重大な事故につながります。

 

  • 川には流れが穏やかで深みのある場所(「淵」といいます。)があり、そういったところは安全に思えるのですが、実際は、想像以上に深さがあります。(淵の深さは10〜20mあることも決して珍しくありません。この事実は、ご存じない方も多いかもしれません。)

そして、淵には、複雑な流れや渦が発生しています。

⇒淵を甘く見ると、渦に巻き込まれて深い川底に引きずり込まれたり、複雑な流れで岩に体が押し付けられて身動きができなくなったりし、重大な事故につながります。

 

  • 川は、特に暑い日など、水温はぬるいように思えるのですが、実際は、真夏でも想像以上に冷たい水が流れています。

⇒水の冷たさを甘く見ると、水中で足がつったり、水温の低さに体力を奪われて水の中で力尽きたりし、重大な事故につながります。

 

Q2.川で、特に危険なポイントはありますか?

A2.岩場、瀬、淵、構造物(堰堤、橋脚)には特に注意してください。また、急な増水にも十分注意してください。

 

  • 岩場とは、岩の多い場所のことです。

川岸や川の中に岩がゴツゴツと立っている場所がありますが、岩の水中部分は、水の力でえぐられてくぼんでおり、そこは流れが速くなっています。岩に近づくと体が水圧で岩に押し付けられて身動きができなくなり、重大な事故につながります。

 

  • 瀬とは、水深が浅い急流部のことです。

瀬は、流れは速いのですが、川底の石が見えるくらい浅いので、歩いて対岸まで渡ってみようと進みだすと、川底の石が藻でぬるぬるしていて滑って転んで流されたり、足が石にはさまってうつぶせに倒れ、水圧で身動きが取れなくなったりして、重大な事故につながります。浅いからといって決して油断しないでください。

 

・岐阜県内で実際にあった話(一部加工しています)

『その日、私が散歩をしていると、清流で有名な川の上流部の流れの急な浅瀬で、若い夫婦と4歳くらいの女の子が遊んでいるのが見えました。誰もライフジャケットを着用しておらず、浮き輪をつけただけの小さな女の子を、流れに任せて流して遊んでいるのです。水難事故が毎年起きている地域ですので、どうしても心配になり、思わず「おおい、そんな風に遊んでいては危ないよ」と声を掛けました。すると男性は「うるせえくそジジイ」と言い返してきました。私は、若い夫婦と女の子の無事を祈りながらその場を立ち去ることしかできませんでした。』

 

  • 淵とは、河川の流水が緩やかで深みのある場所のことです。

淵は、想像以上に深さがあり(10〜20m)、複雑な流れや渦が発生しています。

渦に巻き込まれて深い川底に引きずり込まれたり、複雑な流れで岩に体が押し付けられて身動きができなくなったりし、重大な事故につながる恐れがあります。

 

・岐阜県内で実際にあった話(一部加工しています))

『その日、私たちは、淵の端から端へ、往復して泳いで遊んでいました。ライフジャケットは着用していませんでした。ふと後ろを振り返ると、一緒に泳いでいた友人の姿がありません。119番通報し、ダイバーが、川底に沈んでいる友人を発見しました。』

 

  • 堰堤(えんてい)とは、様々な目的で川を横断して設置されている小さなダムのことです。

堰堤の下流側は小さな滝のようになっていますが、ここに縦回転の渦(リサーキュレーション(再循環流))が発生しており、巻き込まれると脱出は困難で、重大な事故につながる恐れがあります。堰堤には決して近づかないでください。

 

  • 橋脚(きょうきゃく)とは、橋を中間で支えている構造物のことです。

橋脚付近の川底は、水の力によってえぐれて深くなっており、複雑な流れや渦が発生しています。そこに入り込むと、浮上することができず、重大な事故につながります。橋脚には決して近づかないでください。

 

・岐阜県内で実際にあった話(一部加工しています)

『その日、私たちは、橋脚によじ登っては、川に飛び込んで遊んでいました。ライフジャケットは着用していませんでした。何回目かのとき、飛び込んだ友人がいつまでたっても浮上してきません。119番通報し、ダイバーが、川底に沈んでいる友人を発見しました。』

 

  • 川は、上流の降雨やダムの放流によって急に増水することがあります。常に水の流れに注意するとともに、天気に注意してください。また、ダムの放流については、事前に近くにダムがないか確認しておき、現地では看板、サイレンや放送に注意してください。サイレンが鳴ったら川から出てください。

 

 

次ページ:川遊びや魚釣りをするときの水難事故リスク対策