ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

森林整備地域活動支援交付金

森林整備地域活動支援交付金とは

 小規模で分散している森林をとりまとめ、施業の集約化による効率的な林業生産活動を進めていくため、所有者や境界の確認、各種調査や間伐実施の同意取り付けなどの活動を支援します。

 

◆対象者

 市町村長と結ぶ協定に基づき地域活動を行う森林所有者、森林組合、事業体など

 

◆対象行為

 市町村長と結ぶ協定の期間に行われる下記の地域活動

 

1.森林経営計画作成促進

1-1.経営委託及び共同計画等

 ○活動内容:森林経営計画の作成に必要な、森林情報の収集・整理、説明会や戸別訪問を通じた計画参画への合意取り付けなどの活動

 ○対象森林:森林経営計画が作成されていない森林等

 ○交付金額:
【経営委託】
森林経営委託契約に基づき森林経営計画を作成し計画期間内に間伐を実施する森林1haあたり38,000円以内

 【共同計画等】
森林経営計画を作成する森林1haあたり8,000円以内

1-2.間伐促進

 ○活動内容:森林経営計画の計画期間内において、計画を変更し新たに集約化間伐実施の合意形成するために必要な活動

 ○対象森林:森林経営計画が作成されている森林

 ○交付金額:1haあたり30,000円以内

 

【不在村者の現地立会経費】
経営委託、共同計画等、間伐促進に加え、現地立会等に係る経費を支援1haあたり14,000円以内
【境界の確定】
不在村者の現地立会等の取組と併せて行う境界の確定を支援1haあたり17,000円以内

 

2.森林境界の明確化

 ○活動内容:境界が不明瞭な森林で行う境界確認又は境界測量

 ○対象森林:将来的に森林経営計画作成又は施業実施が見込まれる森林

 ○交付金額:

 【森林境界の確認】1haあたり16,000円以内

 【森林境界の測量】1haあたり45,000円以内

 

【不在村者の現地立会経費】
森林境界の確認又は森林境界の測量に加え、現地立会等に係る経費を支援1haあたり13,000円以内

 

3.森林経営計画作成・森林境界の明確化に向けた条件整備

 ○活動内容:森林経営計画作成及び森林境界の明確化等を進める上で必要となる既存作業路網の簡易な改良

 ○対象森林:森林整備地域活動支援交付金の「森林経営計画作成促進」又は「森林境界の明確化」協定を締結した森林

 ○対象路網:対象森林内に存する路網及び対象森林に到達するまでの路網

 ○交付金額
「森林経営計画作成促進」又は「森林境界の明確化」の協定を締結した森林の面積1ヘクタール当たり40,000円以内

 

◆基金の実施状況

 岐阜県では、岐阜県森林整備地域活動支援基金条例により基金を造成し運用しており、事業費の一部に充てています。

 当基金について、実施状況を下記に公表します。

 

・平成30年度実施状況(PDF:59KB)