ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

無人航空機を利用した空中散布等について

平成27年12月10日の航空法の一部改正に伴い、産業用無人ヘリコプターやドローン等の無人航空機を利用して、農薬や肥料などの空中散布等を行う場合は、国土交通大臣の許可・承認が必要となりました。



国土交通大臣の許可・承認が必要な場合

○対象となる無人航空機

 飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満のものを除く)。

 いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

 

○国土交通大臣の許可が必要な場合

 ・空港等の周辺での飛行

 (岐阜県では、航空自衛隊岐阜基地(各務原市)及び飛騨エアパーク(高山市)が該当します。)
・地表又は水面から150m以上の高さでの飛行

 ・国勢調査の結果による人口集中地区の上空での飛行

 

○国土交通大臣の承認が必要な場合

 ・夜間の飛行(夜間とは、日没から日出までを指す。)

 ・目視で無人航空機とその周囲を常時監視できない飛行

 ・人又は物件との間が30m未満となる飛行(物件には、車・倉庫・電柱等を含む。)

 ・イベント上空での飛行

 ・危険物の輸送を伴う飛行

 ・物の投下を伴う飛行

 

※詳しくは、国土交通省のホームページをご確認ください。

 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール【外部サイト】



岐阜県空中散布等における無人航空機利用技術指導指針

岐阜県では、農林水産業における空中散布等における無人航空機の利用について、人畜、農林水産物、周辺環境等に対する安全性を確保しつつ、その適正な実施のために、実施体制及び実施主体等が遵守すべき事項について、「岐阜県空中散布等における無人航空機利用技術指導指針」を制定しています。

岐阜県内において、無人航空機を利用して空中散布等を行う場合は、指針に基づき、必要な措置・手続き等をお願いします。

 

・本文【PDF:227kB】

・別記様式1(実施計画書)【Excel:46kB】

・別記様式2(実績報告書)【Excel:45kB】

・別記様式3(事故報告書)【Word:69kB】

・報告方法【PDF:268kB】

・提出先一覧【PDF:119kB】



空中散布等における無人航空機利用技術指導指針(農林水産省)

農林水産省HP【外部サイト】