ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の概要 > 組織案内 > 岐阜県庁舎再整備について

本文

岐阜県庁舎再整備について

新県庁舎の外観
新県庁舎外観

 昭和41年竣工、老朽化が進んだ岐阜県庁舎の再整備(建替え)に関する事業を行っています。
 新県庁舎は「県政の拠点」「『清流の国ぎふ』の象徴」の2つをコンセプトに、令和4年度の竣工を目指して工事を進めています。
 県の災害対策の中枢拠点としての耐震性を十分に確保するとともに、ユニバーサルデザインにも配慮した、親しみやすく、利便性の高い庁舎として生まれ変わり、今まで以上に質の高い行政サービスの実現を目指します。

お知らせ

新着情報

敷地内関連工事・交通規制情報

県庁舎再整備に伴い実施する、敷地内関連工事の予定、交通規制等についてお知らせします。

県職員出前トークについて

新県庁舎の概要については、県職員が県民の皆様が参加する会合などへ直接出向いてお話しする「県職員出前トーク」でもお聞き頂けます。これまでに20回、延べ約1,450名の皆様に聴講いただきました(令和元年11月末時点)。ご希望・ご関心のある方は、是非ご連絡ください。

ご利用に当たって

  • 参加者20名以下でもご相談ください。
  • 平日夜間や土日祝日等の開催についても、できるだけご希望に沿えるよう対応させていただきます。
  • 会場は主催者でご用意ください。
  • 無料でご利用いただけます。ただし、会場賃借料等は主催者の負担となります。

県職員出前トークの詳細はこちら
※県庁舎再整備については、分野別テーマ一覧の「県政運営」の中にあります。

施工業者ホームページについて

施工業者ホームページでは、県庁敷地内で行われる工事のスケジュールや進捗、安全・環境対策等についてご覧いただけます。

施工業者ホームページQRコード

計画・進捗・検討状況等

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>