ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

米・麦・大豆の生産状況

令和3年産の水稲作付面積は21,600ha

 令和3年産の水稲作付面積は、前年より900ha減の21,600ha、収穫量は前年より2,600t減の103,200tとなりました。
 作付面積のうち備蓄米、加工用米、新規需要米等を除いた主食用作付面積は、前年より700ha減の20,700haとなりました。
 品種別作付面積割合は、「ハツシモ」「コシヒカリ」の2品種で約70%を占めています。

水稲の作柄は平年並み

 作況指数は、県全体で98と「やや不良」でした。地域別の作況指数は西南濃99、中濃98、東濃98、飛騨が98となりました。

水稲作付面積と収穫量推移     水稲作付品種の割合

ぎふのお米を紹介します

令和3年産の作付面積は3,650ha

 令和3年産の作付面積は、前年より50ha増の3,650ha(前年比101%)となりました。
 平坦地域では、小麦「さとのそら」「イワイノダイチ」「タマイズミ」が、中山間地域では、大麦「ミノリムギ」「さやかぜ」が主に生産されており、作付面積は小麦が3,370ha、大麦が274haとなっています。

岐阜県産麦類の作付面積と収穫量の推移

あ    令和3年産岐阜県産小麦品種別作付面積割合

小麦の作柄は平年を上回る

 播種作業は、好天に恵まれ順調に進み、10月下旬から始まり、11月末に概ね終了しました。
 その後の生育期間中も天候に恵まれ、順調に生育しましたが、4月下旬からの雨天及び日照不足により、収量は伸び悩み、収量は318kg/10aと平年の303kg/10aを上回りました。

大豆

令和3年産の作付面積は2,960ha

令和3年産の作付面積は、前年より100ha増の2,960ha(前年比103.5%)となりました。
安全・安心な国産大豆への需要の高まりや水田の有効活用の観点から、作付面積は維持されています。
品種別作付割合は、「フクユタカ」が95%と大半を占めています。

岐阜県産大豆の作付面積と収穫量の推移   令和3年産岐阜県産大豆品種別作付面積割合

大豆の作柄は平年を下回る

 平年より早く梅雨明けしたことから、播種は順調に進み、7月下旬がピークとなり、その時点で播種面積の9割程終えました。お盆前からの降雨の影響で、一部の生産ほ場では、湿害が発生しました。
 収穫前に高温で推移し、日照量が多かったため、平年より早く収穫期を迎えました。収量は102kg/10aと平年の107kg/10aを下回りました。

<外部リンク>