ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県図書館サテライト展示を開催中です

岐阜県文化財保護センターでは、県民の皆様に埋蔵文化財への理解と、ふるさと岐阜に対する関心を深めていただくことを目的に1月11日(土)から、岐阜県図書館1階企画展示室において『食べる、つくる、たくわえる~うつりかわる食の道具展~』を開催しています。

ギャラリートーク(展示解説と遺物ふれあい体験)

センター職員による展示解説と食の遺物に直に触れることができる体験企画を、下記のとおり開催します。皆さんのご来場をお待ちしております。
期日:1月25日(土)と2月22日(土)、両日とも13:30から14:00
会場:岐阜県図書館1階企画展示室
事前申し込み不要、参加費無料
ちらし(PDF:381KB)

 

展示のみどころ(その1)

下の写真は、縄文時代のケース内です。一番右側の遺物は、煮炊具として使われた深鉢です。文化財保護センターの岐阜の逸品で紹介している戸入村平遺跡出土の火焔型土器です。外面の王冠のような立体的な装飾を真近で見てください。

展示中の縄文土器

 

下の写真は、弥生時代のケース内です。左側は、甕(かめ)で、右側は、壺(つぼ)です。用途の違いが形状に表れています。どのように使用していたのでしょうか。

展示中の弥生土器

次回は、古墳時代から古代の展示ケースの見どころを紹介します。展示をぜひ見に来てください。

 

イベントファイルに戻る