ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

中切上野1号古墳の整理等作業が始まりました

中切上野1号古墳は、川上川左岸丘陵部の緩斜面地際に位置する遺跡で、令和元年度に発掘調査を実施しました。発掘調査では、1号古墳のほかに墳墓1基などを確認しました。現在は、出土した遺物の整理作業を進めており、土器や石器の分類作業や土器の接合作業を行っています。1号古墳や墳墓の周溝からは弥生時代終わり頃から古墳時代初め頃の土器が見つかっています。

 

土器の接合

土器を接合している様子

接合された土器

接合した土器

外面全体に赤い彩色が認められます。

 

 センター調査だよりにもどる