ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

飛騨市歴史講座で出前講座を実施しました(古代・中世寺院跡総合調査)

令和元年11月30日(土)、飛騨市教育委員会主催の「飛騨市歴史講座」の一講座として、飛騨市美術館において出前トークを実施しました。地元の住民の方々など55名が参加され、調査の最新情報をお届けしました。

 

発掘調査成果の紹介

令和元年9月に行った寿楽寺廃寺跡内容確認調査の成果を、平成11・12年度に実施した発掘調査の成果及び昨年度8月に実施した寿楽寺廃寺跡内容確認調査の成果と併せて紹介しました。

 

発表の様子

 

出土遺物の展示

平成11・12年度の発掘調査で出土した遺物の展示を行いました。瓦の他に、三彩陶器片や硯、「寺」と書かれた須恵器などの遺物を展示し、参加者の皆さんに間近で観察していただきました。本物を間近で見るのは初めてという高校生や地元の方々が熱心に観察されていました。
展示の様子

 

参加者の感想(抜粋)

・センターが実施した発掘調査を一早く市民へ還元してくれてありがとう。
・岐阜県にはこんな歴史的遺産が残っているということをもっと多くの人に知ってもらいたい。
・時代を超えた学問である考古学は、様々な資料を用いて多面的に考察することが大切だと分かった。

 

センター調査だよりに戻る