ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県避難所運営ガイドライン「新型コロナウイルス感染症対策編」(令和2年5月)について

概要

 令和2年4月16日に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が全国に拡大され、本県は特に重点的な対応を進める特定警戒都道府県に位置付けられました。

 緊急事態宣言は解除されましたが、各避難所の新型コロナウイルス感染症対策を徹底するため、現行の岐阜県避難所運営ガイドラインに加え、新型コロナウイルス感染症対策として、「新たに追加すべき対策」と「拡充すべき対策」を取りまとめました。

 

〇主な内容

(1)3つの密(密閉、密集、密接)の回避

 ・前後左右2m間隔を確保するレイアウトの事前検討

 ・教室、高校、大学、専門学校、宿泊施設(旅館・ホテル)等の活用を検討

 ・避難生活において、定期的な換気を実施

(2)事前受付を設置し発熱や体調不良の方の分離

 ・発熱や体調不良の方を早期発見するための「事前受付」を設置し、「専用スペース」を確保

(3)避難者に毎日の体温・体調チェック、マスク常用、手洗い及び消毒の徹底

 ・避難所にいるすべての人が、毎日の体温・体調チェックを実施し、マスク常用、手洗い及び消毒の周知徹底

(4)体調不良者等は、医療機関の受診等のためのマニュアル化

 ・発熱や体調不良のある方について医療機関の受診等のための手順を医療関係者の協力体制を含めマニュアル化

(5)保健所と十分に連携の上、感染者が確認された際の適切な対応

 ・保健所は、自宅療養者(感染者)及び自宅待機者(濃厚接触者等)の避難方針を用意

(6)住民への広報や避難所不足への対応などの事前対策

 ・避難所以外への避難を検討(親戚や知人の家、自宅における垂直避難等)

 ・各自で、マスクや石鹸・消毒液、体温計を用意

 ・学校を避難所としている場合は、体育館に加え教室等の利用

 ・避難所に行く際はマスクを着用し、「健康状態チェックカード」を記入し持参

 

岐阜県避難所運営ガイドライン「新型コロナウイルス感染症対策編」

岐阜県避難所運営ガイドライン「新型コロナウイルス感染症対策編」

概要版(PDF:299KB)

全体版(PDF:2.53MB)

岐阜県避難所運営ガイドライン「新型コロナウイルス感染症対策編」(様式等)

多言語(英語)対応編(PDF:616KB)

多言語(中国語)対応編

(PDF:595KB)

多言語(タガログ語)対応編

(PDF:549KB)

多言語(ポルトガル語)対応編

(PDF:590KB)

 

【参考】令和2年5月11日知事記者会見

 

 

岐阜県避難所運営ガイドライン(令和2年3月)について

本ガイドラインの特徴

 本ガイドラインは、地域住民を主体とした避難所運営をイメージしやすく、市町村や地域における避難所ごとのマニュアル作成の指針となるよう、具体的な運営方法の例を「本編」「様式集」「チェックリスト」の3つに分けて記載しました。

 ガイドラインの作成にあたり、東日本大震災や平成28年熊本地震等において、現地で支援活動や視察をされた有識者の方々のご協力、また、被災地での支援業務に従事した本県職員からの聞取りにより、明らかとなった課題点について、対応方法を明記しております。

 

岐阜県避難所運営ガイドライン

岐阜県避難所運営ガイドライン(全体版)

全体版(PDF:5,049KB) 全体版(Word:11,750KB)
岐阜県避難所運営ガイドライン(分割版) 本編(PDF:1,766KB) 本編(Word:1,208KB)
記入様式(例)編(PDF:494KB) 記入様式(例)編(Word:362KB)
掲示様式編(PDF:2,175KB) 掲示様式編(Word:9,641KB)
チェックリスト編(PDF:220KB)

チェックリスト編(Word:164KB)

チェックリスト(Exel:170KB)

岐阜県避難所運営ガイドライン(別添資料)

多言語(英語)対応編(PDF:294KB) 多言語(英語)対応編(Word:43KB)
多言語(中国語)対応編(PDF:340KB) 多言語(中国語)対応編(Word:259KB)
多言語(タガログ語)対応編(PDF:306KB) 多言語(タガログ語)対応編(Word:275KB)
多言語(ポルトガル語)対応編(PDF:337KB) 多言語(ポルトガル語)対応編(Word:201KB)