ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

水難事故の状況

概要

  • 平成15年(2003)〜令和元年(2019)の17年間で499人の方が河川水難事故に遭い、そのうち275人の方が亡くなっています。(死亡率55.1%)
  • 年齢別水難事故遭遇者数を見ると、17〜22歳と70〜72歳の2つのピークがある。
  • 17〜22歳の事故原因は「遊泳・川遊び」がほぼ100%、70〜72歳の事故原因は「魚釣り」がほぼ100%を占めている。
  • 事故原因内訳は「遊泳・川遊び」271件(54.3%)、「魚釣り・漁」155件(31.1%)、「その他・不明」73件(14.6%)。
  • 「遊泳・川遊び」271件中、「飛び込み」が10件、「ボート遊び」が16件あった。

 

◎「川の危険性に関する知識の普及」、「ライフジャケット着用の啓発」が有効な対策になると思われた。

 

水難事故被害者数

 

 

水難事故発生河川

  • 主な水難事故発生河川は、

長良川(187件)、板取川(60件)、木曽川(40件)、根尾川(24件)、付知川(18件)、飛騨川(15件)、白川(14件)、

吉田川(12件)、宮川(11件)、揖斐川(10件)、高原川(9件)、武儀川(9件)、馬瀬川(7件)、小坂川(6件)、

牧田川(6件)、犀川(4件)、水門川(3件)、川浦谷川(3件)

 

(2件発生)

牛道川、杭瀬川、根尾東谷川、小八賀川、上村川、青屋川、鳥羽川、津保川、土岐川

 

(1件発生)

ソンボ谷川、阿木川、下坪谷(双六川支流)、管瀬川、亀尾島川、逆川、境川、桂川、五三川、荒城川、合川、黒川、佐見川、

秋神川、出戸川、庄川、色目川、新境川、新犀川、神崎川、西谷川、川上川、双六川、荘川、大原川、大江川、大谷川、中津川、

東江川、日永川、粕川、飯田洞川、平野井川、蜂屋川、名場居川、門和佐川

 

  • 要注意河川は、

長良川、板取川、木曽川、根尾川、付知川、飛騨川、白川、吉田川、宮川、揖斐川

(この10河川で水難事故の78.3%が発生している)

 

水難事故件数

 

 

事故が多い場所

 

長良川

美濃市曽代・前野地内美濃橋付近

45件

長良川

関市池尻・小瀬地内鮎之瀬橋上流

32件

板取川

美濃市エリア

乙狩〜上野〜蕨生〜長瀬地内

上牧橋〜蕨生大橋〜城山橋〜穴洞橋〜長瀬橋

30件

長良川

岐阜市長良地内

千鳥橋〜鵜飼い大橋〜長良橋付近

22件

板取川

関市洞戸エリア

洞戸小瀬見〜洞戸阿部〜洞戸尾倉〜洞戸飛瀬

〜洞戸小坂地内

高賀橋〜縄文橋〜薬師前橋付近

20件

木曽川

各務原市川島地内

19件

根尾川

本巣市山口地内万代橋付近

11件

板取川

関市板取エリア

板取地内

杉の子橋〜白水橋付近

10件

白川

白川町和泉地内柳島橋付近

7件

10

吉田川

郡上市八幡町島谷地内八幡橋〜新橋付近

6件

 

  • 長良川の美濃橋付近(美濃市)、鮎之瀬橋上流(関市)が突出している。いずれも地元では危険箇所としてよく知られている。
  • 板取川は、比較的小規模な川遊びポイントが連なっていることから、美濃市エリア、関市洞戸エリア、関市板取エリアとして捉えた。板取川は全体が危険箇所である。
  • 国直轄区間の長良川(岐阜市長良地内)及び木曽川(各務原市川島地内)も事故が多い。
  • 特異地点として、根尾川(本巣市山口地内万代橋付近)、白川(白川町和泉地内柳島橋付近)、吉田川(郡上市八幡町島谷地内八幡橋〜新橋付近)。

 

 

参考:水難事故マップ(外部サイト:公益財団法人河川財団子どもの水辺サポートセンター)

 

次ページ:川の危険性について