ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県水道事業/東部広域水道事務所

岐阜県水道事業の浄水場から発生する浄水発生土の放射性物質測定の結果について

県営水道の浄水場から発生する浄水発生土※が園芸用土として利用されていることから、安全性を確認するため、放射性物質を測定した結果、放射性物質は検出されませんでしたのでお知らせします。

 ※浄水発生土とは浄水場の浄水処理過程で取り除かれた砂・土など沈でん物を脱水したもので、園芸用土などに再利用されています。

 

1測定試料岐阜県東部広域水道事務所中津川・山之上・川合浄水場で発生する浄水発生土

2試料採取日平成23年8月9日

3測定項目放射性ヨウ素(ヨウ素-131)

 放射性セシウム(セシウム-134及びセシウム-137)

4測定方法ゲルマニウム半導体検出器による測定

5測定結果

単位:Bq(ベクレル)/kg

浄水場

放射性ヨウ素

放射性セシウム

ヨウ素-131

セシウム-134

セシウム-137

合計

中津川浄水場

(中津川市)

不検出

不検出

不検出

不検出

山之上浄水場

(美濃加茂市)

不検出

不検出

不検出

不検出

川合浄水場

(可児市)

不検出

不検出

不検出

不検出

(注)検出下限は10Bq(ベクレル)/kg

 

6その他

 記者発表

記者発表資料(PDF:60KB)