ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

東海環状自動車道岐阜市御望山周辺計画再検討について

 御望山の地質に関する勉強会について

岐阜県御望山地質勉強会について

東海環状自動車道の御望山周辺の計画については、「御望山調査検討会」の結果を受け、国土交通省により計画の再検討が行われました。岐阜県としても、県民の安全を守る立場から、平成20年7月28日、県庁内に「岐阜県御望山地質勉強会」を設置し、国土交通省が実施した御望山内をトンネルで通過するルートの安全性に関する検討結果について確認することとしました。

 

 【勉強会の開催経緯】

 H20.7.28第1回公表された地質調査結果について
H20.8.4第2回公表された地質調査結果について
H20.8.7第3回ボーリングコアの視察
H20.11.19第4回トンネル設置による力のかかり方について
H20.12.15第5回御望山の地質特性について
H21.1.22第6回御望山の地質特性について
H21.4.16第7回優位ルート帯公表資料について
H21.5.29第8回トンネル設置による力のかかり方について
H21.8.4第9回事業者計画案公表資料について
H21.12.7第10回御望山地質勉強会のまとめについて

 

岐阜県御望山地質勉強会における安全性の確認作業について

 「岐阜県御望山地質勉強会」において、国が実施した安全性検討内容について、10回に渡る勉強会や専門家の意見、地域住民の意見など総合的に勘案したところ、国の検討結果は妥当であることを確認しました。更に、平成21年7月29日に公表された事業者計画案は、地域の皆様から頂いたご意見や現地調査結果、安全性の検討結果などを総合的に勘案されたものであり、元土採り場斜面、御望山の南側斜面、オグラコウホネが生育する池との離隔の確保に配慮されており、適切なものと考えます。

 ・東海環状自動車道御望山を通過するルートの安全性について[PDF:737KB]

 ・資料1岐阜県御望山勉強会安全性の確認内容[PDF:2,673KB]

 ・資料2論点別議論の内容と県としての確認内容[PDF:46KB]

 ・資料3安全性確認作業の経緯[PDF:18KB]