ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

豚コレラ経口ワクチンの野外散布

 野生いのししによる豚コレラの感染拡大を防止するため、国が定める「豚コレラ経口ワクチンの野外散布実施に係る指針」に基づき、野生いのししに対する豚コレラ経口ワクチンの野外散布を行っています。

 令和元年8月20日から23日に、可茂農林事務所管内125地点で、猟友会、(一社)岐阜県測量設計協会、(株)野生動物保護管理事務所、市町村、岐阜県が豚コレラの感染拡大防止対策の一環として、第2期2回目の経口ワクチンを散布しました。また令和元年8月25日から28日にかけて、野生いのししによる経口ワクチンの摂食状況を調査しました。

 

写真① 写真②

 野生いのししによる経口ワクチン摂食状況の調査現場