ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

業績発表演題

年度

発表演題

発表者

平成29年度

○管内の牛白血病清浄化に向けた取組み

○黒毛和種子牛にみられた髄膜炎の一症例

宮木乃里子

藤野晃司

平成28年度

○地域一貫生産を担う大規模和牛繁殖農場の衛生指導(第3報)

○和牛子牛の飼養管理指導

○管内和牛繁殖農場でみられた子牛型牛白血病の一事例

川澄亜也乃

宮木乃里子

吉田侑真

平成27年度

○和牛繁殖農場のBVD-MD対策

○健康な「飛騨牛」素牛生産を目指した大規模農場における飼養衛生対策

川澄亜也乃

市川磨紀世

平成26年度

○放牧牛に発生した神経症状を主徴とする牛白血病

大規模養豚場で発生した豚流行性下痢の防疫対応

○食肉センターと連携した安全安心な飛騨牛生産への取り組み

梶本真希

市川磨紀世

西村知也

平成25年度

○飛騨牛の地域内一貫生産を担う大規模繁殖農場の衛生指導

○家畜市場を活用した家畜伝染病の防疫対応強化に向けた地域の取り組み

○岐阜県における子牛育成の問題点と将来について

小林直彦

後藤寛幸

平尾一平

平成24年度

○優良な飛騨牛生産を目指して全共肥育区出品に向けた5年間の軌跡

○飛騨地域における飼養衛生管理基準の遵守徹底への取り組み

○飛騨牛素牛増産へのアプローチ子牛の損耗防止を目指して

長谷部文子
舩木大志
森本学

平成23年度

○飛騨牛増産へのアプローチ子牛の事故率低減から
○小規模養鶏農家における飼養衛生管理基準の遵守徹底への取り組み
○飛騨牛増産へのアプローチ繁殖・肥育連携による優良肥育素牛生産

松野弘
舩木大志
森本学

平成22年度

○口蹄疫発生に伴う飛騨地域の防疫対応
○畜産関係機関一丸となった健康な和牛子牛生産への取組み

野池洋行
長谷部文子

平成21年度

○飛騨地域の放牧場における死亡牛BSE検査対応
○飛騨地域の肉用牛の飼養衛生管理技術向上への取り組み

野池洋行
棚橋嘉大

平成20年度

○未来の畜産経営者育成に向けた家畜保健衛生所の取り組み
○管内における病性鑑定の実施状況と今後の方向性
○牛ロタウイルス病が発生した肉用牛一貫経営農場における衛生対策

近藤真理子
岡本紗由香
長谷部文子

平成19年度

○第9回全国和牛能力共進会鳥取大会に向けた肉牛の部の出品対策について
○和牛の大規模農場における哺育・育成指導

松野弘
平尾一平

平成18年度

○性判別胚を活用した高能力牛生産システム「飛騨モデル」とその可能性
○ポジティブリスト制度に対応する安心・安全な生乳生産に向けて

平尾一平
藤野晃司

平成17年度

○黒毛和種における発育不良・虚弱子牛の原因究明に向けた取り組み
○虚弱子牛が多発した和牛繁殖農家の一事例

松野弘
山田紗由香

平成16年度

○HACCP手法の導入を目指した搾乳衛生管理改善の取り組み
○和牛の大規模農場における生産性向上対策(第2報)

大林万希子
棚橋美和

平成15年度

○管内の牛の繁殖成績と課題
○和牛の大規模農場における生産性向上対策
○子牛の下痢症における迅速検査キットの有用性

大田哲也
神谷祐子
高島久幸

平成14年度

○第8回全国和牛能力共進会岐阜県大会における衛生対策
○飛騨地域におけるBSE対策「第8回全国和牛能力共進会
(肉牛部門)においても実践」
○第8回全国和牛能力共進会岐阜県大会(第8区総合評価群)
における育種価を活用したET利用の成果

酒井喜義

高島久幸

大田哲也

平成13年度

○飛騨地域における牛海綿状脳症の対応
○季節変動が牛受精卵移植成績に与える影響と今後の課題
○大型繁殖農家における放牧の効果

酒井喜義
大田哲也
大林万希子

平成12年度

○第8回全国和牛能力共進会開催に向けての防疫対策での課題
○ETを活用した第8回全国和牛能力共進会の出品候補牛生産にむけて
○低栄養飼料に起因すると思われる和牛子牛の事故発生例
○萎縮性鼻炎(AR)混合ワクチンを活用した損耗防止対策

酒井喜義
大野友彰

瀧澤具未
大林万希子

平成11年度

○受精卵移植の普及とその経済性
○発育不良和牛(牛クローディン16欠損症)の実態と
発生防止への取り組み
○アカバネ病の防疫への取り組み

大野友彰
青木栄樹

大林万希子

平成10年度

○牛受精卵移植における受胎率向上への要因の検討
○学校飼育動物の衛生実態と今後の対策
○牛RSウイルス病の発生事例とまん延防止対策

小林弘明
瀧澤具未
大林万希子

平成9年度

○黒毛和種におけるPolyvinylpyrrolidone(PVP)溶液を
用いた簡易過剰排卵処理法の検討
○和牛子牛に発生した鞭虫症
○輸入乾草によるエンドファイト中毒が疑われた一事例


武田聡
杉山裕司
小林弘明

平成8年度

○九州地方等で発生したアイノウイルス感染症に伴う導入地域での対応
○一養豚場における繁殖豚の急性死亡例

青木栄樹
小林弘明

平成7年度

○飛騨地域における牛受精卵移植の現状とその対応
○舎飼乳用牛における小型ピロプラズマ原虫の寄生状況
○牛コロナウイルス(BCV)が関与した乳用牛の伝染性下痢症

和田研一
関谷博信
青木栄樹

平成6年度

○高品質受精卵の安定確保と受胎率向上への試み
○腎機能障害を伴った発育不良和牛子牛の実態(第2報)
○和牛子牛のコクシジウム寄生状況

山路浩志
佐橋勝巳
関谷博信

平成5年度

○飛騨地域における受精卵移植を活用した経営事例
○放牧和牛における低マグネシウム血症対策
○腎機能障害を伴った発育不良和牛子牛の実態
○乳用雄子牛のSalmonelladublin感染症

平尾一平
村瀬一利
佐橋勝己
岩野良徳