ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

業績発表

演題

平成28年度

・管内和牛繁殖農家の牛白血病清浄化対策(第2報)

・鳥インフルエンザの発生に備えた埋却予定地の検証(地域建設業協会と連携した現地調査)

平成27年度

・管内和牛繁殖農家の牛白血病清浄化対策

・乳肉複合経営農場で再発生したサルモネラ感染症

平成26年度

・管内公共牧場における衛生対策の検証(牛白血病並びにB群ロタウイルス)

・豚流行性下痢の2事例と終息後の抗体検査からの一考察

平成25年度

・酪農家の乳質改善のための取組み

・同一肉用鶏種におけるマレック病多発事例

平成24年度

・防疫作業従事者参加型の口蹄疫防疫演習

・管内公共牧場の牛ウイルス性下痢粘膜病清浄維持対策

平成23年度

・地域一体型の放牧衛生管理の取り組み(牛白血病対策を中心に)

・搾乳牛における悪性水腫の発生事例

平成22年度

・エライザ法を用いたアカバネ病抗体調査によるワクチン接種指導

・黄色ブドウ球菌を指標とした乳質改善の取り組み

平成21年度

・市における高病原性鳥インフルエンザ防疫体制の整備
・簡易測定機器を用いた畜舎排水の窒素成分の低減指導

平成20年度

・大規模養鶏地帯でのHPAI発生を想定した防疫対応
・公共育成牧場の衛生対策

平成19年度

・管内の一公共牧場の衛生対策
・大規模養豚場でのサルモネラ抗体検査の有用性の検証

平成18年度

・大規模養鶏場での発生を想定した岐阜県HPAI防疫対応マニュアルの検証
・一農場の牛ウイルス性下痢・粘膜病ウイルスtype2の流行と異常産の発生状況

平成17年度

・茨城県でのHPAI発生以後の地域防疫対策
・大規模養豚場における衛生対策の取り組み

平成16年度

・より良い生乳生産に向けての取り組み
・国内発生直後の東濃地域における高病原性鳥インフルエンザ防疫対策

平成15年度

・大規模ブロイラー農場での落雷事故による斃死鶏の処理対策と課題
・牛コロナウイルスの関与が疑われた乳用牛の下痢症

平成14年度

・PRRS抗体陽性農場における衛生対策
・フルメトリン製剤の2週間プアオン法によるピロプラズマ病対策

平成13年度

・愛玩鶏における病性鑑定事例と衛生対策について
・回分式活性汚泥法による脱窒処理及びリン除去の試み

平成12年度

・電気泳動法による乳牛尿タンパク質の測定
・畜舎排水におけるアンモニア態窒素及び硝酸態窒素の簡易測定法の検討

平成11年度

・畜舎排水の現状と今後の課題

・野生イノシシにおける各種疾病の抗体検査
・ドライ型分析システムを利用した乳中尿素態窒素(MUN)測定法の検討

平成10年度

・管内におけるアカバネ病ウイルスの抗体調査
・牛体内授精凍結胚の直接移植法による受胎成績

平成9年度

・管内乳用牛における牛コロナウイルスの浸潤状況とその影響
・大規模採卵鶏農場におけるサルモネラ伝播経路とその対策

平成8年度

・東濃地域の牛受精卵移植(ET)の現状と課題(産子の市場成績と哺育育成の実態)
・繁殖和牛の血液生化学的基準値の検討
・ウシ乳房炎の原因菌の動向