ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市町村等水道

岐阜県水道事業広域連携研究会

 岐阜県では、水道事業の経営環境が厳しくなる中、経営健全化を図り、将来にわたり安全で良質な水を安定的かつ効率的に供給していくための方策として、水道事業の広域連携に関する研究を行うことを目的として、岐阜県水道事業広域連携研究会を設置しています。
 水道事業者間の広域連携の検討状況については、以下のとおりです。
 岐阜県水道事業の広域連携に関する検討状況報告[PDFファイル/3.1MB]
 水道事業に係るアンケート調査結果[PDFファイル/2.7MB]
 岐阜県水道事業の広域連携に関する検討状況報告(概要版)[PDFファイル/1.7MB]

放射性物質検査結果

  • 水道水の放射性物質検査結果について(岐阜県内の環境放射線・水道水放射性物質の測定結果へのリンク)
     岐阜県内の水道水の安全性を確認することを目的に、東部広域水道事務所と保健環境研究所において、県独自の自主測定を実施しております。

届出様式

水道統計

岐阜県水道水質管理計画

 岐阜県全域の水道水質について、将来にわたるその安全性と快適性との確保に向け、必要な水質検査及び水質監視体制を確立することを目的としており、基本方針、水質検査の体制等について記載しています。
 岐阜県水道水質管理計画[PDFファイル/865KB](平成27年2月改定)

県民意見募集(パブリック・コメント)

  • 現在、県民意見募集(パブリック・コメント)は実施しておりません。

岐阜県生活基盤施設耐震化等交付金事業補助金

生活基盤施設耐震化等交付金とは

 平成27年度、厚生労働省において、地方公共団体等が行う、水道施設等の耐震化の取組や老朽化対策、水道事業の広域化の取組を支援することにより、国民生活の基盤を強化し、もって公衆衛生の向上と生活環境の改善に寄与することを目的として創設されました。
 厚生労働省ホームページ<外部リンク>

岐阜県生活基盤耐震化等交付金事業補助金とは

 平成28年度より岐阜県では、厚生労働省の交付金を財源とした岐阜県生活基盤施設耐震化等交付金事業補助金を創設し、県内の地方公共団体等に水道施設の耐震化等に係る財政支援を実施しております。
 また、本補助金の創設に際し、交付金事業に係るおおむね5ヵ年以内の水道施設耐震化等事業計画を作成し、主体的に事業評価を実施しました。
 岐阜県が作成した事業計画と事前評価については、以下のとおりです。

 事業計画[PDFファイル/154KB]
 事業計画別紙[PDFファイル/184KB]
 事前評価[PDFファイル/57KB]

 事業の中間年度が終了したことから、中間評価を実施しましたので、公表します。
 中間評価[PDFファイル/260KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>