ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

60産業の1

岐阜県歴史資料館所在史料目録

第38集堀一郎家文書目録(上)

第3部近代公文書

60.産業(その1)

年月日 文書名 作成 受取 文書番号
 60.産業
明治8年6月24日 三拾会より御取立之講法(右之通御承引被成下候様奉願上候)(原本) 伊東七蔵   1綴 60の1-1
亥(明治8年)6月24日 講掛金請取記(原本)(「講金請取通」とある伊東七蔵から堀泰一郎宛の紙袋に入っていた) 濃州加納伊藤七蔵 堀泰一郎 1通 60の1-2
昭和9年7月 記(酒代・料理代等勘定書)(原本) 高木作右衛門 次木村堀泰一郎 1綴 60の1-3止
○1-1~3止は、かんぜよりで一括してあった。
自明治8年10月6日至明治14年3月21日 講金請取記(原本) 講元江崎円治郎 堀泰一郎 1通 60の2-1
自明治9年6月至明治15年7月29日 頼母子講掛金請取之通(原本) 田中吉平 堀泰一郎 1通 60の2-2止
○2-1~2止は、一括してあった。
明治8年12月25日 信用金子之事(原本) 羽栗郡田代村借主後藤久三右衞門 河崎六郎 1通 60の3-1
年未詳.8月14日 借用証券(原本) 後藤儀左衛門 河崎六郎 1通 60の3-2止
○3-2止は、3-1にはさんであった。
明治10年5月より 嶋本留帳(織物見本)(原本) 次木村堀きむ   1冊 60の4-1
年月日未詳 御嶋本(織物見本)(原本) 堀庄助   1冊 60の4-2止
○4-1~2止は、一括してあった。
明治14年3月19日 (1)金千円融通講受取通(原本) 大月村北村源蔵   (1)(2)1綴 60の5-1
明治16年4月6日 (2)金千円融通講受取通(原本) 大野郡中宮村馬淵徳左衛門 厚見郡次(木曜日)村堀泰一郎 (1)(2)1綴 60の5-1
明治15年1月21日 差入申証券(初会開金千円講、半口御引請被下候に付)(原本) 大野郡大月村講半口譲主北村源蔵・同村証人同哲三 厚見郡次木村堀泰一郎 1通 60の5-2
明治16年4月6日 五年半借用金証券(金七百拾五円也抵当反別地価並に返済約定書)(控)(安八郡東結村戸長馬淵定次郎の奥印がある) 厚見郡次木村借用主堀秦一郎・大野郡大月村証人北村哲三 大野郡中宮村馬淵徳左衛門 1綴 60の5-3
明治16年4月6日 横折(帳)(堀泰一郎の借金抵当田畑明細書上帳)(控) 借用主堀泰一郎・証人大野郡大月村北村哲三 大野郡中宮村馬淵徳左衛門 1綴 60の5-4
明治20年9月26日 証(千円講掛金百弐拾円弐拾銭入ル、四円四銭九厘返ス右正ニ受取)(原本) 清水萬平 堀泰三郎 1通 60の5-5-1
年未詳.9月16日 (千円融通講本月二十四日午前十時大垣魚屋町弥介方ニテ相勤メ申度に付手紙)(原本) 馬淵徳左衛門 堀泰市 1通 60の5-5-2
年月日未詳 記(金五百円也落札雑作料引而四百十弐円四銭八厘右差上申候)(控)     1通 60の5-5-3
年月日未詳 千円講(十六年三月~廿壱年三月迄元利明細書)(控)     1通 60の5-5-4
年月日未詳 口揃(東結・西結・上開発・万石・中宮・森・大月・国領・開発・古橋・十八条の18人、巳三月初会~亥九月迄計算書)(原本)     1綴 60の5-5-5止
○5-5-1~5止は、一括してあった。○5-1~5-5止は、一括してあった。
明治16年1月15日 岐阜銀行第壱回実際報告(書)(原本) 岐阜銀行取締役兼支配人上松萬造外取締役4人・頭取郷佐太郎 株主 1通 60の6-1-1
明治16年7月15日 岐阜銀行第二回実際報告(書)(原本) 岐阜銀行取締役兼支配人上松萬造外取締役4人・頭取郷佐太郎 株主 1通 60の6-1-2止
○6-1-1~2止は、一括してあった。
明治27年1月 第廿三回営業報告書(原本) 株式会社岐阜銀行   1冊 60の6-2
明治27年7月 第廿四回営業報告書(原本) 株式会社岐阜銀行   1冊 60の6-3
明治28年1月 第廿五回営業報告書(原本) 株式会社岐阜銀行   1冊 60の6-4
明治28年7月 第弐拾六回営業報告書(原本) 株式会社岐阜銀行   1冊 60の6-5
明治28年12月31日 第弐拾七回営業報告書(原本) 株式会社岐阜銀行   1冊 60の6-6
明治29年6月30日 第弐拾八回営業報告書(原本) 株式会社岐阜銀行   1冊 60の6-7
明治29年12月31日 第弐拾九回営業報告書(原本) 株式会社岐阜銀行   1冊 60の6-8
明治30年6月30日 第三十期営業報告書(原本) 株式会社岐阜銀行   1冊 60の6-9止
○6-1~9止は、一括してあった。
明治17年2月3日 (千円)起業公債証書譲渡ノ証(写) 厚見郡次木村堀泰一郎・同郡岐阜栄町山内源三郎 奥住半兵衛 1通 60の7
明治18年7月10日 分配金計算票(写) 大坂第廿六国立銀行跡引受人岡崎治助・木村平八 堀泰一郎 1通 60の8
明治19年2月 株敷名義書換願書(控) 厚見郡次木村堀泰一郎死跡相続人堀治郎・同所親戚証人堀連吉・堀森一郎 岐阜銀行 1通 60の9
明治19年5月 諸新聞連合売捌所広告(原本) 売捌人北方村増屋町上松綾次郎   1部 60の10
(明治21年5月14日) (金参百円)貯金領収通知書(原本)(東京・墨俣局の日附印がある) 逓信局為替貯金局 堀治郎 1通 60の11-1
(明治21年11月19日) 貯金通帳調査済通達書(原本)(東京・岐阜・墨俣局の日附印がある) 逓信省為替貯金局 堀治郎 1通 60の11-2
(明治22年4月11日) 貯金通帳調査済通達書(原本)(東京・墨俣局の日附印がある) 逓信省為替貯金局 堀治郎 1通 60の11-3止
○11-1~3止は、「明治廿一年四月通帳番号於い一二九五駅逓貯金局江預ケ金書類入堀治郎」と書かれた袋に入っていた。
自明治25年3月14日至明治30年12月30日 当座貯金通帳(原本) 岐阜銀行 堀治郎 1冊 60の12-1
自明治25年4月26日至明治29年12月12日 (当座預ケ金引出小切手帳)(原本)(岐阜銀行から堀治郎宛「当座預リ利足勘定表」が付けられている) 岐阜銀行 堀治郎 1冊 60の12-2
自明治29年12月30日至明治30年3月4日 (当座預ケ金引出小切手帳)(原本) 岐阜銀行   1冊 60の12-3止
○12-1~3止は、一括してあった。
明治27年1月 株式会社岐阜銀行定款(原本)     1冊 60の13
明治28年2月20日 株式会社岐阜貯蓄銀行定款(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-1
明治29年1月 第弐期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-2
明治29年7月 第三期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-3
明治30年1月16日 第四期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-4
明治30年7月10日 第五期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-5
明治31年1月15日 第六期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-6
明治31年7月13日 第七期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-7
明治32年1月14日 第八期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-8
明治32年6月30日 第九期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-9
明治32年12月31日 第十期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-10
明治33年6月30日 第十一期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-11
明治33年12月31日 第十二期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-12
明治34年6月30日 第拾参期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-13
明治34年12月31日 第拾四期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-14
明治35年6月30日 第拾五期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-15
明治35年12月31日 第拾六期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-16
明治36年6月30日 第十七期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-17
明治36年12月31日 第十八期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-18
明治37年6月30日 第十九期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-19
明治37年12月31日 第二十期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-20
明治38年6月30日 第二十一期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-21
明治38年12月31日 第二十二期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-22
明治39年6月30日 第二十三期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-23
明治39年12月31日 第二十四期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-24
明治40年6月30日 第弐拾五期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-25
明治40年12月31日 第二十六期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-26
明治41年6月30日 第弐拾七期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-27
明治41年12月31日 第弐拾八期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-28
明治42年6月30日 第二十九期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-29
明治42年12月31日 第三十期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-30
明治43年6月30日 第三十一期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-31
明治43年12月31日 第三十二期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-32
明治44年6月30日 第参拾参期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-33
明治44年12月31日 第三十四期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-34
明治45年6月30日 第三十五期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-35
大正元年12月31日 第三十六期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-36
大正2年6月30日 第三十七期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-37
大正2年12月31日 第三十八期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-38
大正3年6月30日 第三十九期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-39
大正3年12月31日 第四十期営業報告書(原本) 株式会社岐阜貯蓄銀行   1冊 60の14-40止
○14-1~40止は、一括してあった。
明治28年2月 株式会社岐阜市貯蓄銀行申合規則(原本)     1冊 60の15-1
明治28年12月 第二期営業報告書(原本) 株式会社岐阜市貯蓄銀行   2冊 60の15-2
明治29年4月22日 (第一回増資金払込被下度に付通知)(原本) 岐阜市貯蓄銀行   1通 60の15-3
年月日未詳 株式会社岐阜市貯蓄銀行定款(原本) 株式会社岐阜市貯蓄銀行   1冊 60の15-4止
○15-1~4止は、一括してあった。
明治28年4月14日 公債借用証書(整理公債証書弐千五百円也)(原本) 厚見郡次木村堀治郎 各務吉左衛門 1通 60の16
明治29年4月22日 (資本金増加及名称変更之義認可に付き増資に対する御払込被下度に付通知書)(原本) 岐阜市貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の17-1
明治29年5月16日 (当行新株券十八日ヨリ御渡可申に付通知書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の17-2
明治30年1月23日 (定款第十三条払込期限延期認可に付通知書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の17-3
明治30年2月(19日) (美濃貯蓄銀行取締役辞表)(下書)   頭取鈴木徹 1通 60の17-4-1
(明治30年)2月19日 (貯蓄銀行取締役御留任被下候様に付手紙)(原本) 美濃貯蓄銀行佐久間蔵也 堀治郎 1通 60の17-4-2止
○17-4-1~2止は、一括してあった。
(明治33年).11月14日 (当行株式参拾株の受領証御送附申上候に付通知書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の17-5止
○17-1~5止は、「岐阜市美園町美濃貯蓄銀行証書・書類入堀」と書かれた袋に入っていた。
明治29年7月17日 第三期営業報告(書)(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-1
明治29年12月31日 第四期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-2
明治30年6月30日 第五期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-3
明治30年12月31日 第六期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-4
明治31年6月30日 第七期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-5
明治31年12月31日 第八期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-6
明治32年6月30日 第九期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-7
明治32年12月31日 第拾期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-8
明治33年6月30日 第十一期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-9
明治33年12月31日 第十二期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-10
明治34年6月30日 第十三期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-11
明治34年12月31日 第十四期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-12
明治35年6月30日 第十五期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社美濃貯蓄銀行 堀治郎 1冊 60の18-1-13
明治35年12月31日 第十六期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-14
明治36年6月30日 第拾七期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-15
明治36年12月31日 第拾八期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-16
明治37年6月30日 第十九期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-17
明治37年12月31日 第二十期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-18
明治38年6月30日 第弐拾壱期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-19
明治38年12月31日 第弐拾弐期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-20
明治39年6月30日 第弐拾参期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-21
明治39年12月31日 第弐拾四期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-22
明治40年6月30日 第弐拾五期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-23
明治40年12月31日 第弐拾六期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-24
明治41年6月30日 第弐拾七期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-25
明治41年12月31日 第弐拾八期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-26
明治42年6月30日 第弐拾九期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-27
明治42年12月31日 第参拾期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-28
明治43年6月30日 第参拾壱期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-29
明治44年6月30日 第三十三期営業報告書(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行   1冊 60の18-1-30止
○18-1-1~30止は、一括してあった。
明治32年7月18日 明治三十二年九月十三日大蔵大臣認可株式会社美濃貯蓄銀行定款(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹   1部 60の18-2-1
明治36年1月14日 明治三十六年一月十四日改正株式会社岐阜貯蓄銀行内規(原本)     1冊 60の18-2-2止
○18-2-1~2止は、一括してあった。○18-1~2-2止は、一括してあった。
明治29年12月8日 (拝借金当座預り元帳へ返済致置候に付手紙)(原本) 平田浜次郎 堀治郎 1通 60の19-1
自明治30年11月1日至明治35年5月31日 利足勘定表(原本)(自明治30年11月1日から同31年2月28日分の2通は、十六銀行のものである) 鏡島倉庫銀行 堀治郎 1綴 60の19-2
明治36年5月31日 当座預金勘定計算書(原本) 大垣共立銀行墨俣支店日置江代理店 堀治郎 1通 60の19-3-1
明治37年11月30日 当座預金勘定計算書(原本) 大垣共立銀行日置江代理店 堀治郎 1通 60の19-3-2
明治38年5月31日 当座預金勘定計算書(原本) 大垣共立銀行日置江代理店 堀治郎 1通 60の19-3-3
明治39年5月31日 当座預金勘定計算書(原本) 大垣共立銀行日置江代理店 堀治郎 1通 60の19-3-4
明治39年11月30日 当座預金勘定計算書(原本) 大垣共立銀行 堀治郎 1通 60の19-3-5
明治40年11月30日 当座預金勘定計算書(原本) 大垣共立銀行日置江代り理店 堀治郎 1通 60の19-3-6
明治41年5月31日 当座預金勘定計算書(原本) 大垣共立銀行日置江代理店 堀治郎 1通 60の19-3-7
明治42年5月31日 当座勘定計算書(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 1通 60の19-3-8
明治43年5月31日 当座勘定計算書(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 1通 60の19-3-9止
○19-3-1~9止は、一括してあった。
明治43年6月20日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-1
明治43年12月18日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-2
明治44年3月19日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-3
明治44年6月18日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-4
明治44年9月17日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-5
明治44年12月17日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-6
明治45年3月24日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-7
明治45年6月15日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-8
大正元年9月21日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-9
大正元年12月14日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-10
大正2年6月22日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-11
大正2年12月21日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-12
大正3年3月20日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-13
大正3年6月21日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-14
大正3年9月20日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-15
大正3年12月20日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-16
大正4年3月22日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-17
大正4年6月19日 (当座勘定計算書並に精査依頼書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-4-18止
○19-4-1~18止は、一括してあった。
明治43年11月30日 当座預金計算書(並に右計算照査依頼書)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 2通 60の19-5-1
明治44年5月31日 当座預金計算書(並に右計算照査依頼書)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 2通 60の19-5-2
明治44年11月30日 当座預金計算書(並に右計算照査依頼書)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 2通 60の19-5-3
明治45年5月31日 当座預金計算書(並に右計算照査依頼書)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 2通 60の19-5-4
大正2年11月30日 当座預金計算書(並に右計算照査依頼書)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 2通 60の19-5-5
大正3年5月31日 当座預金計算書(並に右計算照査依頼書)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 2通 60の19-5-6
大正3年11月30日 当座預金計算書(並に右計算照査依頼書)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 2通 60の19-5-7
大正4年5月31日 当座預金計算書(並に右計算照査依頼書)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 2通 60の19-5-8止
○19-5-1~8止は、一括してあった。
大正元年11月16日 利息改正御通知(書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1通 60の19-6-1
大正4年3月31日 (1)利息改正御通知(書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 (1)(2)1通 60の19-6-2
(大正4年) (2)(御通知之趣承知致候に付)回答書(原本)   十六銀行上加納支店 (1)(2)1通 60の19-6-2
大正4年6月25日 (1)利息改正御通知(書)(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 (1)(2)1通 60の19-6-3止
(大正4年) (2)(御通知之趣承知致候に付)回答書(原本)   十六銀行 (1)(2)1通 60の19-6-3止
○19-6-1~3止は、一括してあった。○19-1~6-3止は、一括してあった。
明治30年7月 (1)明治三十年七月改正濃陽館館則(原本)        
年月日未詳 (2)濃陽館館則(原本)     (1)(2)1綴 60の20
自明治30年11月1日至明治31年2月7日 当座預金通帳(原本) 株式会社十六銀行 堀治郎 1冊 60の21-1-1-1
自明治31年2月17日至明治38年7月24日 第壱号当座預金通帳(原本) 鏡島倉庫銀行頭取上松治郎一・主事上松雄次郎 堀治郎 1冊 60の21-1-1-2
自明治31年3月17日至明治34年1月20日 明治三十一年二月鏡島倉庫銀行預金引出小切手(原本) 鏡島倉庫銀行 堀治郎 1冊 60の21-1-1-3
明治32年1月2日 (通常及臨時株主総会開会通知書)(原本)(半券の委任状は未使用である) 美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-1-4
明治32年1月2日 (役員会開会通知書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-1-5止
○21-1-1-1~5止は、岐阜市美園町美濃貯蓄銀行から堀治郎宛封筒に入っていた。
明治32年1月13日 (役員満期改撰結果通知書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-2
明治32年1月18日 (取締役報謝金五円御領収被下度に付口上書)(原本) 佐久間蔵也 堀次郎 1通 60の21-1-3-1
明治32年1月20日 (第八期営業報告書・決議録・配当金等に付通知書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-3-2止
○21-1-3-1~2止は、封筒に入っていた。
明治32年7月3日 (通常及臨時株主総会開会通知書)(原本)(半券の委任状は未使用である) 美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-4-1
明治32年7月3日 (役員会開会通知書)(原本) 美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-4-2止
○21-1-4-1~2止は、封筒に入っていた。
明治32年7月21日 (臨時株主総会開会通知書)(原本)(半券の委任状は未使用である) 美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-5
明治32年8月7日 (臨時総会ニ於テ取締役・監査役選任に付通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-6
明治32年9月21日 (役員会ニ於テ長良出張店拾月壱日ヨリ開業ニ決議相成候に付通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-7
明治33年6月30日 (定時株主総会開会通知書)(原本) 美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-8
明治33年7月4日 (明治三十三年上半期決算に付役員会開き候に付通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-9
明治33年7月8日 (役員会ニ於テ定例役員会開催日時決定に付通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-10
明治33年7月29日 (貯蓄預金利子割合八月一日ヨリ改定仕候に付通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀次郎 1通 60の21-1-11
明治33年9月22日 (貯蓄預金利子割合に付通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-12
明治33年12月30日 (定時及臨時株主総会開会通知書)(原本)(半券の委任状は未使用である) 美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-13-1
年月日未詳 (美濃貯蓄銀行宛利益配当金請取書用紙)(原本・未記入)     1枚 60の21-1-13-2止
○21-1-13-1~2止は、封筒に入っていた。
明治34年1月16日 (取締役御当撰相成候に付)通知書(原本) 美濃貯蓄銀行頭取議長鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-14
明治34年6月27日 (定時及臨時株主総会開会通知書)(原本)(半券の委任状は未使用である) 美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-15-1
年月日未詳 (美濃貯蓄銀行宛利益配当金請取書用紙)(原本・未記入)     1枚 60の21-1-15-2止
○21-1-15-1~2止は、封筒に入っていた。
(明治34年).10月11日 (鹿児島県築港公債募集相成候に付通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-16
明治34年10月26日 (久瀬川銀行之儀支店設置ノ上当行事務取扱致度旨申参り候に付承諾致度通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-17
明治34年10月30日 (定時総会開会通知書)(原本)(半券の委任状は未使用である) 美濃貯蓄銀行頭取鈴木徹 堀治郎 1通 60の21-1-18-1
年月日未詳 (美濃貯蓄銀行宛領収証用紙)(原本・未記入)     1枚 60の21-1-18-2止
○21-1-18-1~2止は、封筒に入っていた。
(明治36年1月16日) (定時総会ニ於テ取締役ニ再撰相成候に付御通知葉書)(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の21-1-19止
○21-1-1~19止は、封筒に入っていた。
明治32年6月 (定時・臨時総会開会通知書)(原本) 濃飛農工銀行頭取長尾四郎右衛門 株主 1通 60の21-2-1-1
明治32年6月 (総会議題定款改正案に付通知書)(原本) 濃飛農工銀行 株主 1通 60の21-2-1-2止
○21-2-1-1~2止は、明治32年7月1日消印濃飛農工銀行から堀治郎宛封筒に入っていた。
明治32年9月 第六回発行割増金附勧業債券募集広告(チラシ)(原本) 日本勧業銀行   2枚 21-2-2-1
明治32年10月10日 (日本勧業銀行第六回割増金附勧業債券募集に付案内書)(原本) 日本勧業銀行代理店濃飛農工銀行 堀治郎 1通 60の21-2-2-2
明治33年9月 第八回発行割増金附勧業債券募集広告(チラシ)(原本) 日本勧業銀行   1枚 60の21-2-2-3
明治 割増金附勧業債券引請申込書(用紙)(原本) 日本勧業銀行   3枚 60の21-2-2-4止
○21-2-2-1~4止は、明治32年10月31日消印濃飛農工銀行から堀治郎宛封筒に入っていた。
明治33年6月30日 (定時株主総会開会通知状)(原本) 濃飛農工銀行頭取長尾四郎右衛門 堀治郎 1通 60の21-2-3
明治34年6月29日 (定時及臨時株主総会開会通知)(原本) 濃飛農工銀行頭取長尾四郎右衛門 堀治郎 1通 60の21-2-4
明治34年12月28日 (定時及臨時株主総会開会通知状)(原本) 濃飛農工銀行頭取長尾四郎右衛門 堀治郎 1通 60の21-2-5止
○21-2-1~5止は、かんぜよりで一括してあった。
明治32年7月1日 (第九回株主通常総会并臨時総会開催通知書)(原本)(「別紙議案相添」とあるがこの中には含まれていない。又、半券の委任状は未使用である) 岐阜貯蓄銀行頭取渡辺甚吉 堀治郎 1通 60の21-3-1
明治33年6月27日 (第拾壱回株主定時総会開催通知書)(原本)(半券の委任状は未貯使用である) 岐阜貯蓄銀行頭取渡辺甚吉 堀治郎 1通 60の21-3-2
明治33年12月28日 (第十二回株主定時総会開催通知書)(原本)(半券の委任状は未貯使用である) 岐阜貯蓄銀行頭取渡辺甚吉   1通 60の21-3-3
明治34年6月27日 (第拾参回株主定時総会開催通知書)(原本)(半券の委任状は未貯使用である) 岐阜貯蓄銀行頭取渡辺甚吉 堀治郎 1通 60の21-3-4
明治34年12月28日 (第十四回株主定時総会開催通知書)(原本)(半券の委任状は未貯使用である) 岐阜貯蓄銀行頭取渡辺甚吉 堀治郎 1通 60の21-3-5止
○21-3-1~5止は、一括してあった。
明治33年1月20日 (当行株金第参回払込期限通知書)(原本) 鏡島倉庫銀行 堀治郎 1通 60の21-4-1
明治34年1月4日 (株主定時総会開催通知書)(原本) 鏡島倉庫銀行 堀治郎 1通 60の21-4-2
明治34年1月8日 (鏡島倉庫銀行定時株主総会に付)委任状(反故) 堀治郎   1通 60の21-4-3
明治34年2月20日 (当行株金第四回払込期限通知書)(原本) 鏡島倉庫銀行 堀治郎 1通 60の21-4-4
明治34年6月29日 (第七期決算期ニ付重役会開催通知状)(原本) 鏡島倉庫銀行頭取上松 堀取締役 1通 60の21-4-5
明治34年7月1日 (貴殿当座預金通帳等四品明朝入用ニ付御携へ御来行被下候様依頼状)(原本) 鏡島倉庫銀行 堀治郎 1通 60の21-4-6
明治34年12月26日 (重役会開催通知書)(原本) 鏡島倉庫銀行頭取上松治一郎 堀治郎 1通 60の21-4-7止
○21-4-1~7止は、一括してあった。
明治33年6月 (定時株主総会開催通知書)(原本)(半券の委任状は使われていない) 十六銀行 堀治郎 1通 60の21-5-1
明治33年12月27日 (定時株主総会開催通知書)(原本) 十六銀行頭取渡辺甚吉 (堀治郎) 1通 60の21-5-2
明治34年6月28日 (定時株主総会開催通知書)(原本)(半券の委任状は使われていない) 十六銀行頭取渡辺甚吉 堀治郎 1通 60の21-5-3
明治34年12月26日 (定時及臨時株主総会開催通知書)(原本)(半券の委任状は使われていない) 十六銀行頭取渡辺甚吉 堀治郎 1通 60の21-5-4-1
(明治34年12月26日) 定款中変更議案(書)(原本)     1枚 60の21-5-4-2止
○21-5-4-1~2止は、封筒に入っていた。
明治35年2月26日 (臨時株主総会開催通知書)(原本)(半券の委任状は使われていない) 十六銀行頭取渡辺甚吉 堀治郎 1通 60の21-5-5
明治36年3月19日 (株主臨時総会開催通知書)(原本) 十六銀行頭取渡辺甚吉 (堀治郎) 1通 60の21-5-6-1
明治36年 (十六銀行臨時株主総会)委任状(原本)(未記入である)   十六銀行 1枚 60の21-5-6-2止
○21-5-6-1~2止は、封筒に入っていた。○21-5-1~6-2止は、一括してあった。
明治33年11月 (第八回発行勧業債券募入高不足金御払込相成度に付通知書)(原本) 美濃商業銀行岐阜支店 堀治郎 1通 60の21-6-1-1
明治33年11月 (第八回発行幣行債券貴下申込分外レ候、引続キ第九回債券募集に付案内書)(原本) 日本勧業銀行代り店美濃商業銀行岐阜支店 堀治郎 1通 60の21-6-1-2
明治33年11月 第九回発行割増金附勧業債券募集広告(ビラ)(原本) 日本勧業銀行   1枚 60の21-6-1-3
明治33年 勧業債券の広告(ビラ)(原本)(裏面に日本勧業銀行代理店一覧表がある) 日本勧業銀行   1枚 60の21-6-1-4止
○21-6-1-1~4止は、明治31年11月7日消印美濃商業銀行岐阜支店から堀治郎宛封筒に入っていた。
明治35年1月28日 (当銀行商号改称に付小切手行名御訂正被下度に付通知書)(原本) 鏡島銀行 堀治郎 1通 60の21-6-2-1
明治35年2月15日 (株主総会決議・増資新株式に付別紙御送付被下度通知書)(原本) 鏡島銀行 堀治郎 1通 60の21-6-2-2
明治35年4月25日 (当行増資新株金第壱回払込期日に付通知書)(原本) 鏡島銀行 堀治郎 1通 60の21-6-2-3
明治35年5月16日 (株主総会開催通知書)(原本) 鏡島銀行 堀治郎 1通 60の21-6-2-4
明治38年10月28日 (当行増資新株ニ対スル第弐回払込金期限に付通知書)(原本) 鏡島銀行取締役上松治郎一 株主堀治郎 1通 60の21-6-2-5止
○21-6-2-1~5止は、かんぜよりで縛ってあった。
明治36年11月30日 当座預金勘定計算書(原本) 大垣共立銀行日置江代理店 堀治郎 1枚 60の21-6-3
明治36年12月 (笠松銀行新株第三回払込金に付通知書)(原本) 笠松銀行頭取田中善兵衛 株主 1通 60の21-6-4止
○21-6-1~4止は、「明治三十二年一月ヨリ各銀行来信入但必要書類ノミ堀」と書かれた袋に入っていた。○21-1~6-4止は、一括してあった。
明治30年11月1日 明治三十年十一月一日ヨリ十六銀行当座預金引出小切手(帳)(原本) 十六銀行 (堀治郎) 1冊 60の22
○鏡島倉庫銀行(鏡島銀行)
明治30年12月 株式会社鏡島倉庫銀行定款(原本)(付紙) 株式会社鏡島倉庫銀行 堀治郎 1冊 60の23-1-1
明治32年7月 株式会社鏡島倉庫銀行定款(原本) 株式会社鏡島倉庫銀行   3通 60の23-1-2
明治34年7月 株式会社鏡島倉庫銀行定款(原本)(付紙) 株式会社鏡島倉庫銀行 堀治郎 1通 60の23-1-3止
○23-1-1~3止は、一括してあった。
明治31年6月30日 明治三十一年上半期第壱期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島倉庫銀行 堀治郎 1冊 60の23-2-1
明治31年12月31日 明治三十一年下半期第弐期営業報告書(原本) 株式会社鏡島倉庫銀行   1冊 60の23-2-2
明治32年6月30日 明治三十二年上半期第参期営業報告書(原本) 株式会社鏡島倉庫銀行   1冊 60の23-2-3
明治32年12月31日 明治三十二年下半期第四期営業報告書(原本) 株式会社鏡島倉庫銀行   1冊 60の23-2-4
明治33年 明治三十三年上半期第五期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島倉庫銀行 堀治郎 1冊 60の23-2-5
明治33年 明治三十三年下半期第六期営業報告書(原本) 株式会社鏡島倉庫銀行   1冊 60の23-2-6
明治34年6月30日 明治三十四年上半期第七期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島倉庫銀行 堀治郎 1冊 60の23-2-7
明治34年12月31日 明治三十四年下半期第八期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島倉庫銀行 堀治郎 1冊 60の23-2-8止
○23-2-1~8止は、一括してあった。○23-1~2-8止は、かんぜよりで縛ってあった。
明治35年6月30日 明治三十五年上半期第九期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-1
明治35年12月31日 明治三十五年下半期第拾期営業報告書(原本) 株式会社鏡島銀行   1冊 60の24-2
明治36年6月30日 明治三十六年上半期第拾壱期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-3
明治37年6月30日 明治三十七年上半期第拾参期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-4
明治37年12月31日 明治三十七年下半期第拾四期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-5
明治38年6月30日 明治三十八年上半期第拾五期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-6
明治38年12月31日 明治三十八年下半期第拾六期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-7
明治39年6月30日 明治三十九年上半期第拾七期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-8
明治39年12月31日 明治三十九年下半期第拾八期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-9
明治40年6月30日 明治四十年上半期第拾九期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-10
明治40年12月31日 明治四十年下半期第二十期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-11
明治41年6月30日 明治四十一年上半期第二十一期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-12
明治41年12月31日 明治四十一年下半期第二十二期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-13
明治42年6月30日 明治四十二年上半期第二十三期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-14
明治42年12月31日 明治四十二年下半期第二十四期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-15
明治43年6月30日 明治四十三年上半期第二十五期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-16
明治43年12月31日 明治四十三年下半期第二十六期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-17
明治44年6月30日 明治四十四年上半期第二十七期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-18
明治45年6月30日 明治四十五年上半期第二十九期営業報告書(原本)(付紙) 株式会社鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の24-19
大正元年12月31日 大正元年下半期第三十期営業報告書(原本) 株式会社鏡島銀行   1冊 60の24-20
大正2年6月30日 大正二年上半期第三十一期営業報告書(原本) 株式会社鏡島銀行   1冊 60の24-21
大正2年12月31日 大正二年下半期第三十二期営業報告書(原本) 株式会社鏡島銀行   1冊 60の24-22
大正3年6月30日 大正三年上半期第三十三期営業報告書(原本) 株式会社鏡島銀行   1冊 60の24-23
大正3年12月31日 大正三年下半期第三十四期営業報告書(原本) 株式会社鏡島銀行   1冊 60の24-24止
○濃飛農工銀行
(明治29年) (設立時)株式会社濃飛農工銀行定款(原本)     1通 60の25-1-1
(明治32年) (改正)株式会社濃飛農工銀行定款(原本)     1通 60の25-1-2止
○25-1-1~2止は、一括してあった。
明治32年1月15日 第二期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-2
明治32年7月15日 第三期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-3
明治33年1月15日 第四期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-4
明治33年7月15日 第五期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-5
明治34年1月15日 第六期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-6
明治34年7月15日 第七期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-7
明治34年12月31日 株式会社濃飛農工銀行参拾株以上ノ株主一覧表(原本)     1枚 60の25-8-1
明治35年1月19日 第八期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-8-2止
○25-8-1は、25-8-2止にはさんであった。
明治35年1月19日 第八期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-9
明治35年7月15日 第九期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-10-1
明治35年8月 第十五回勧業債券募集広告(原本) 日本勧業銀行   1枚 60の25-10-2止
○25-10-2止は、25-10-1にはさんであった。
明治36年1月15日 第拾期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-11
明治36年7月15日 第拾壱期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-12
明治37年1月15日 第拾弐期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-13
明治37年6月30日 株式会社濃飛農工銀行参拾株以上ノ株主一覧表(原本)     1枚 60の25-14-1
明治37年7月15日 第拾参期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-14-2止
○25-14-1は、25-14-2止にはさんであった。
明治37年12月31日 株式会社濃飛農工銀行参拾株以上ノ株主一覧表(原本)     1枚 60の25-15-1
明治38年1月15日 第拾四期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-15-2止
○25-15-1は、25-15-2止にはさんであった。
明治38年7月15日 第拾五期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-16
明治38年12月31日 株式会社濃飛農工銀行参拾株以上ノ株主一覧表(原本)     1枚 60の25-17-1
明治39年1月15日 第拾六期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-17-2止
○25-17-1は、25-17-2止にはさんであった。
明治39年12月31日 第拾八期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-18
明治40年6月30日 第拾九期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-19-1
明治40年6月30日 株式会社濃飛農工銀行参拾株以上ノ株主一覧表(原本)     1枚 60の25-19-2止
○25-19-2止は、25-19-1にはさんであった。
明治40年12月31日 第弐拾期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-20-1
明治40年12月31日 株式会社濃飛農工銀行参拾株以上ノ株主一覧表(原本)     1枚 60の25-20-2止
○25-20-2止は、25-20-1にはさんであった。
明治41年6月30日 第弐拾壱期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-21-1
明治41年6月30日 株式会社濃飛農工銀行参拾株以上ノ株主一覧表(原本)     1枚 60の25-21-2止
○25-21-2止は、25-21-1にはさんであった。
明治41年12月31日 第弐拾弐期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-22-1
明治41年12月31日 株式会社濃飛農工銀行参拾株以上ノ株主一覧表(原本)     1枚 60の25-22-2止
○25-22-2止は、25-22-1にはさんであった。
明治44年12月31日 第弐拾八期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-23-1
明治44年12月31日 株式会社濃飛農工銀行株主一覧表(原本)     1枚 60の25-23-2止
○25-23-2止は、25-23-1にはさんであった。
明治45年6月30日 第弐拾九期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-24
大正2年6月30日 第参拾壱期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1通 60の25-25
大正2年12月31日 大正弐年下半期第参拾弐期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1冊 60の25-26
大正3年6月30日 大正参年上半期第参拾参期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1冊 60の25-27
大正3年12月31日 大正参年下半期第参拾四期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1冊 60の25-28止
○25-1-28止は、一括してあった。
明治32年2月7日 (三十一年七月中候補辞退広告料御送金御願申上候に付葉書)(原本) 岐阜日々新聞社 堀治郎 1通 60の26
○十六銀行
明治32年7月 株式会社十六銀行定款(原本) 株式会社十六銀行   1部 60の27-1-1
明治37年12月31日 株主名簿・為換取引先店名簿(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-1-2
明治40年10月1日 創立三十週年紀念株式会社十六銀行(営業案内)(原本) 株式会社十六銀行   1部 60の27-1-3-1
明治40年10月3日 明治十年十月一日開業創立三十週年紀念(冊子)(原本) 株式会社十六銀行・著作兼発行者浅岡忠之   1冊 60の27-1-3-2止
○27-1-3-1は、27-1-3-2止にはさんであった。○27-1-1~3-2止は、一括してあった。
明治32年12月31日 第四拾五期明治三十二年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-1
明治33年 第四拾六期明治三十三年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-2
明治33年 第四拾七期明治三十三年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-3
明治34年 第四拾八期明治三十四年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-4
明治34年 第四拾九期明治三十四年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-5
明治35年7月13日 明治三十五年七月十三日定時臨時総会議件(原本)     2通 60の27-2-6-1
明治35年 第五拾期明治三十五年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-6-2止
○27-2-6-1は、27-2-6-2止にはさんであった。
明治35年 第五拾壱期明治三十五年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-7-1
明治36年1月18日 (十六銀行臨時株主総会案内)(原本) 株式会社十六銀行頭取渡辺甚吉 堀治郎 1通 60の27-2-7-2止
○27-2-7-2止は、27-2-7-1にはさんであった。
明治36年6月30日 第五拾弐期明治三十六年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-8
明治36年12月31日 第五拾参期明治三十六年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の27-2-9止
○27-2-1~9止は、一括してあった。
(明治33年).10月20日 (小生講会投票之義に付手紙)(原本) 岐阜市東都賀佐町仙石保吉 堀治郎 1通 60の28
明治34年1月24日 当座預金通帳(原本) 十六銀行加納出張所 堀治郎 1冊 60の29
自明治34年1月24日至明治38年1月12日 小切手帳(原本) 鏡島倉庫銀行 堀治郎 1冊 60の30
○笠松銀行
明治34年12月31日 明治三十四年下半期第四拾弐期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-1
明治35年6月30日 明治三十五年上半期第四拾参期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-2
明治36年6月30日 明治三十六年上半期第四拾五期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-3
明治38年12月31日 明治三十八年下半季第五拾期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-4
明治40年6月30日 明治四十年上半季第五拾三期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   2冊 60の31-5
明治40年12月31日 明治四十年下半季第五拾四期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-6
明治41年6月30日 明治四十一年上半期第五拾五期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-7
明治41年12月31日 明治四十一年下半期第五拾六期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-8
明治42年6月30日 明治四拾弐年上半期第五十七期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-9-1
明治42年6月30日 第弐拾参期営業報告書(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1部 60の31-9-2
明治42年6月30日 株式会社濃飛農工銀行株主一覧表(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1部 60の31-9-3止
○31-9-2・3止は、31-9-1にはさんであった。
明治42年12月31日 明治四拾弐年下半期第五拾八期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-10
明治43年6月30日 明治四拾参年上半期第五拾九期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-11
明治43年12月31日 明治四十三年下半期第六拾期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-12
明治44年6月30日 明治四十四年上半期第六拾壱期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-13
明治44年12月31日 明治四十四年下半期第六拾弐期営業報告書(原本) 株式会社笠松銀行   1冊 60の31-14止
○31-1~14止は、一括してあった。
明治34年1月26日 十六銀行加納出張店預金引出小切手(原本未使用) 十六銀行加納出張店 堀治郎 1冊 60の32
自明治35年1月25日至明治35年8月15日 当座預金通帳(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 1冊 60の33-1
自明治35年1月25日至明治35年11月4日 特別当座預金通帳(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 1冊 60の33-2
自明治35年1月25日至明治36年11月28日 (小切手帳)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 1冊 60の33-3
自明治35年9月27日至明治41年6月8日 当座預金通帳(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 1冊 60の33-4
自明治35年10月2日至明治(37年)8月6日 (小切手帳)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店日置江代理店 堀治郎 1冊 60の33-5
自明治37年8月10日至明治39年2月4日 (小切手帳)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店日置江代理店 堀治郎 1冊 60の33-6
自明治39年2月23日至明治39年11月30日 (小切手帳)(原本) 大垣共立銀行 堀治郎 1冊 60の33-7
自明治40年6月1日至明治42年2月27日 (小切手帳)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店日置江代理店 堀治郎 1冊 60の33-8
自明治43年1月16日至大正2年5月29日 (小切手帳)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 1冊 60の33-9
自大正2年7月15日至大正4年1月27日 (当座小切手帳)(原本) 大垣共立銀行墨俣支店 堀治郎 1冊 60の33-10止
○33-1~10止は、一括してあった。
自明治36年1月23日至明治37年2月10日 特別当座預金通帳(原本) 真利銀行加納支店支店長島田郁太郎 堀治郎 1冊 60の34
自明治36年12月6日至明治37年6月26日 (小切手帳)(原本)(反故の小切手2枚がはさまれている) 真利銀行加納支店 堀治郎 1冊 60の35
明治37年2月13日 国庫債券発行規程(写) 大蔵大臣男爵曽袮荒助   1部 60の36-1-1
明治37年5月23日 第二回国庫債券発行規程(写) 大蔵大臣男爵曽袮荒助   1部 60の36-1-2
明治37年10月12日 第三回国庫債券発行規程(写) 大蔵大臣男爵曽袮荒助   1部 60の36-1-3
明治38年2月27日 第四回国庫債券発行規程(写) 大蔵大臣男爵曽袮荒助   1部 60の36-1-4
明治38年4月20日 第五回国庫債券発行規程(写) 大蔵大臣男爵曽袮荒助   1部 60の36-1-5
年月日未詳 国庫債券応募申込書(用紙)(原本) 日本銀行名古屋支店   2枚 60の36-1-6止
○36-1-1~6止は、紙帯で一括してあった。
明治37年2月14日 (国庫債券壱億円募集ニ御申込相成候様切望に付手紙)(原本) 岐阜県知事川路利恭 堀治郎 1通 60の36-2
明治37年3月8日 国庫債券応募申込書(控) 堀治郎 日本銀行名古屋支店 1通 60の36-3-1
明治37年11月5日 国庫債券応募申込書(控) 堀治郎 日本銀行名古屋支店 1通 60の36-3-2止
○36-3-1~2止は、一括してあった。
明治37年3月21日 (国庫債券募入決定通知葉書)(原本) 日本銀行名古屋支店大垣派出所・株式会社大垣共立銀行 堀治郎 1通 60の36-4
明治37年5月26日 (第二回国庫債券募集ニ御申込相成候様切望に付手紙)(原本) 岐阜県知事川路利恭 堀治郎 1通 60の36-5
明治37年6月 (第二回国庫債券募入決定通知葉書)(原本) 日本銀行名古屋支店大垣派出所 堀治郎 1通 60の36-6
明治37年10月17日 (第三回国庫債券募集ノ件御申込相成候様切望に付手紙)(原本) 岐阜県知事川路利恭 堀治郎 1通 60の36-7
明治37年11月18日 (第三回国庫債券募入決定通知葉書)(原本) 岐阜市小熊中鉄屋町株式会社名古屋銀行岐阜支店・株式会社美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の36-8
明治38年4月10日 (第四回国庫債券手数料御割戻金増額に付手紙)(原本) 日本銀行名古屋支店臨時岐阜出張所・岐阜市中鉄屋町名古屋銀行岐阜支店支配人殿木三郎・取扱店株式会社美濃貯蓄銀行   1通 60の36-9-1
年月日未詳 (第四回国庫債券割戻手数料増額に付)緊急広告(原本) 岐阜市中鉄屋町株式会社名古屋銀行岐阜支店   1部 60の36-9-2止
○36-9-1~2止は、封筒に入っていた。
(明治38年4月10日) (国庫債券募入決定通知葉書)(原本) 岐阜市小熊中鉄屋町株式会社名古屋銀行岐阜支店 堀治郎 1通 60の36-10
明治38年4月22日 (第五回国庫債券募集ノ件御申込相成候様切望に付手紙)(原本) 岐阜県知事川路利恭 堀治郎 1通 60の36-11
明治38年5月14日 (第五回国庫債券手数料御割戻しの義に付手紙)(原本) 日本銀行名古屋支店臨時岐阜出張所・岐阜市中鉄屋町名古屋銀行岐阜支店・取扱店株式会社美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の36-12
明治38年(5月14日) (第五回国庫債券募入決定通知葉書)(原本) 日本銀行名古屋支店臨時岐阜出張所・株式会社名古屋銀行岐阜支店・株式会社美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の36-13
明治39年2月20日 臨時事件公債規程(写) 大蔵大臣法学博士阪谷芳郎   1部 60の36-14-1
明治39年3月3日 (臨時事件公債御申込相成候様切望に付手紙)(原本) 岐阜県知事川路利恭 堀治郎 1通 60の36-14-2
明治39年 臨時事件公債申込書(用紙)(原本) 日本銀行名古屋支店   1通 60の36-14-3止
○36-14-1~3止は、岐阜県知事から堀治郎宛封筒に入っていた。
明治39年(4月2日) (臨時事件公債募入決定通知葉書)(原本) 株式会社美濃貯蓄銀行 堀治郎 1通 60の36-15止
○36-1~15止は、「明治三十七年三月ヨリ国庫債券書類堀」と書かれた袋に入っていた。
自明治37年5月9日至明治42年9月22日 当座預金通帳(原本) 十六銀行 堀治郎 1冊 60の37
自明治37年5月11日至明治37年10月21日 特別貯蓄預金通帳(原本) 美濃貯蓄銀行 堀治郎 1冊 60の38
明治37年6月30日 第五拾四期明治三十七年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-1-1
年月日未詳 コルレスポンデンス先(一覧表)(原本)     1部 60の39-1-2止
○39-1-2止は、39-1-1にはさんであった。
明治37年12月31日 第五拾五期明治三十七年下半季営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-2
明治38年12月31日 第五拾七期明治三十八年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-3-1
明治39年1月 株式会社十六銀行支店所在地・同為替取組先(広告)(原本) 株式会社十六銀行   1部 60の39-3-2
(明治39年1月) (第五十七期営業報告に当り頭取挨拶状)(原本) 株式会社十六銀行頭取渡辺甚吉 株主 1通 60の39-3-3止
○39-3-2・3止は、39-3-1にはさんであった。
明治39年6月30日 第五拾八期明治三十九年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-4-1
(明治39年7月12日) 株式会社十六銀行支店所在地・同為替取組先(広告)(原本) 株式会社十六銀行   1部 60の39-4-2止
○39-4-2止は、39-4-1にはさんであった。
明治39年12月31日 第五拾九期明治三十九年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-5-1
明治40年1月10日 株式会社十六銀行支店所在地・同為替取組先(広告)(原本) 株式会社十六銀行   1部 60の39-5-2止
○39-5-2止は、39-5-1にはさんであった。
明治40年6月30日 第六拾期明治四拾年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-6
明治40年12月31日 第六拾壱期明治四十年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-7
明治41年6月30日 第六拾弐期明治四拾壱年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-8
明治41年12月31日 第六拾参期明治四拾壱年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-9
明治42年6月30日 第六拾四期明治四拾弐年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-10
明治42年12月31日 第六拾五期明治四拾弐年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-11-1
明治43年1月 (第六拾五期営業報告に当たり挨拶状)(原本) 株式会社十六銀行   1通 60の39-11-2止
○39-11-2止は、39-11-1にはさんであった。
明治43年6月30日 第六十六期明治四拾参年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-12
明治43年12月31日 第六十七期明治四拾参年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-13
明治44年6月30日 第六拾八期明治四十四年上半期営業報告書(原本)(裏表紙に鉛筆で堀桑吉外人名60人分の書き込みあり) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-14
明治44年12月31日 第六拾九期明治四拾四年下半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-15
明治45年6月30日 第七拾期明治四十五年上半期営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-16
大正元年12月31日 第七拾壱期自明治四十五年七月一日至大正元年十二月三十一日営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-17
大正2年6月30日 第七拾弐期自大正弐年一月一日至大正弐年六月三十日営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-18
大正2年12月31日 第七拾参期自大正弐年七月一日至大正弐年十二月三十一日営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-19
大正3年6月30日 第七拾四期自大正参年一月一日至大正参年六月三十日営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-20
大正3年12月31日 第七拾五期自大正三年七月一日至大正三年十二月三十一日営業報告書(原本) 株式会社十六銀行   1冊 60の39-21止
○39-1~21止は、一括してあった。
明治38年2月11日 伊藤家農会趣意書並会則(原本) 兵庫県印南郡伊保村伊藤家農会   1冊 60の40-1
年月日未詳 保証責任伊藤家小作人信用組合定款(原本)     1通 60の40-2止
○40-1~2止は、一括してあった。
自明治38年6月3日至明治38年9月28日 (当座預ケ金引出小切手帳)(原本) 鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の41-1
自明治40年5月2日至大正4年12月28日 当座預金通帳(原本) 鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の41-2
自明治45年5月27日至大正4年8月16日 (当座預ケ金引出小切手帳)(原本) 鏡島銀行 (堀治郎) 1冊 60の41-3
自大正4年11月30日至大正5年1月13日 当座預金通帳(原本) 鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の41-4止
○41-1~4止は、一括してあった。
(明治38年) (三十八年より五ヶ年間菌茸共入れ札)(原本)(「□□菌入札佐伯金太郎」とある封筒に入っていた) 佐伯金太郎外4人   5枚 60の42
(明治30年代).12月23日 (岐阜県会における蚕糸業保護策可決尽力に付)感謝状(原本)(「堀治郎」宛の封筒にはいっていた) 美濃国蚕糸業組合理事長勝野七兵衛・飛騨国蚕糸業組合理事長森正三郎 堀治郎 1通 60の43
(明治40年) 中央蚕業株式会社設立趣意書(原本)     1綴 60の44
自明治42年4月30日至明治45年5月2日 (当座預ケ金引出小切手帳)(原本) 鏡島銀行 堀治郎 1冊 60の45
明治42年7月2日 (美濃貯蓄銀行取締役)辞職届(原本) 堀治郎 株式会社美濃貯蓄銀行取締役中尾軍之助 1通 60の46-1
(明治42年)7月9日 (他ノ重役ニ相談仕辞表御返戻申上候に付手紙)(原本) 岐阜中尾軍之助 堀治郎 1通 60の46-2
明治42年7月24日 (彼ノ件八千円ノ担保ト相成リ候・上半期報酬御送付申上候・辞表再度協議ニ及御返戻申上候に付手紙)(原本)(この文書封筒差出人は「株式会社美濃貯蓄銀行」とある) 中尾軍之助 堀治郎 1通 60の46-3
(明治42年)7月28日 (報酬ハ御受納被下度候・大矢氏ニ対スル問題ハ一半ヲ片付ケル事ニ確定致居リ候・辞職ハ取計可致様無之候に付手紙)(原本)(この文書郵便消印は7月27日付であり、又封筒の差出人は美濃貯蓄銀行とある) 中尾軍之助 堀治郎 1通 60の46-4
(明治43年)6月9日 (別紙記名御調印被下度に付手紙)(原本) 中尾軍之助 堀治郎 1通 60の46-5
明治43年6月 (美濃貯蓄銀行取締役連帯責任ヲ以テ発行シタル約束手形に付)差入証(原本) 岐阜市上竹町中尾軍之助 堀治郎 1通 60の46-6止
○46-1~6止は、紙紐で縛ってあったと思われる。
自明治42年9月21日至明治45年7月29日 当座預金通帳(原本) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1冊 60の47
自明治42年10月1日至明治43年8月30日 (小切手帳)(原本)(反故となった小切手二通がはさまれている) 十六銀行上加納支店 堀治郎 1冊 60の48
明治42年12月31日 第弐拾四期営業報告書(原本) 濃飛農工銀行   1部 60の49-1
明治45年4月5日 濃飛農工銀行増資新株式募集通知及増資新株式募集規程(原本) 濃飛農工銀行 堀治郎 2通 60の49-2
(大正8年) 増資新株式募集要綱案・定款改正案(原本)     1通 60の49-3-1
(昭和6年か) 株式会社濃飛農工銀行定款(変更案)(原本)     1通 60の49-3-2止
○49-3-1~2止は、一括してあった。        
年月日未詳 農工銀行法案・農工銀行補助法案(パンフレット)(原本)     1冊 60の49-4止
○49-1~4止は、一括してあった。
1910(明治43年)1月 {W.H.Allen,Son&CO.Ltd.,(Bedford,England)製揚水ポンプカタログ}(原本) 大阪市東区大川町株式会社ジェームズ、モリソン商会出張所   1部 60の50-1
明治44年1月8日 (1)(揚水機見積書提出指示書)(原本) 第四課関根技手 堀治郎 (1)(2)1綴 60の50-2
明治44年1月 (2)(揚水機見積書送付依頼書)(案) 岐阜県稲葉郡日置江村大字次木耕地整理組合長堀治郎 会社 (1)(2)1綴 60の50-2
(明治44年)1月22日 (1)(灌漑用ポンプ採用依頼書)(原本) 大阪市北区本庄横道町大阪松田式ポンプ合資会社 松岡技手 (1)(2)1綴 60の50-3
明治44年1月22日 (2)(灌漑用ポンプ及発動機)見積書(原本) 大阪市北区本庄横道町大阪松田式ポンプ合資会社 松岡技手 (1)(2)1綴 60の50-3
明治44年2月22日 (小ポンプ)見積書(原本) 株式会社ジェームスモリソン商会出張所 岐阜県庁関根技手 1綴 60の50-4-1
1912(明治45年)1月19日 (英国アレン父子会社製灌漑用揚水ポンプ)仕様書及見積書(原本) 株式会社ジェームスモリソン商会大阪出張所主任石田美喜蔵 岐阜県稲葉郡日置江村大字次木耕地整理組合 1綴 60の50-4-2
明治45年2月5日 (英国アレン父子会社製灌漑用揚水ポンプ)訂正仕様書(原本) 株式会社ジェームスモリソン商会大阪出張所主任石田美喜蔵 岐阜県稲葉郡日置江村大字次木耕地整理組合 1綴 60の50-4-3止
○50-4-1~3止は、一括してあった。
明治45年2月 (1)(灌漑用揚水ポンプ)契約書(下書)     (1)~(3)1通 60の50-5
明治45年2月2日 (2)(次木耕地整理組合のポンプ照会に付返書)(原本) 大阪市東区株式会社ジェームスモリソン商会出張所 岐阜県稲葉郡日置江村大字次木堀治郎 (1)~(3)1通 60の50-5
明治45年3月11日 (3)(灌漑用揚水ポンプ納入期日に付)覚書(原本) 大阪市東区株式会社ジェームスモリソン商会大阪出張所主任石田美喜蔵 岐阜県稲葉郡日置江村大字次木堀次郎 (1)~(3)1通 60の50-5
明治45年2月3日 (揚水機汽缶等機械一式)見積書(原本) 東京市京橋区佃島株式会社東京石川島造船所 堀次郎 1通 60の50-6-1
年月日未詳 灌漑用離心動喞筒装置図(原本) 東京市京橋区佃島株式会社東京石川島造船所   1枚 60の50-6-2止
○50-6-1~2止は、一括してあった。
明治45年2月13日 (灌漑用諸機械見積書)(原本) 岐阜市安良田町兄弟合資熊田諸機械製作所 用水組合・堀治郎 1綴 60の50-7
明治45年3月13日 (モリソン商会ヨリポンプ機械一式買入契約の内納入期日届出書)(下書) 稲葉郡日置江村次木耕地整理組合長堀治郎 岐阜県知事薄定吉 1通 60の50-8-1
年月日未詳 日置江村堀治郎汽缶汽機(据付に付指示書)(原本)(「岐阜県警察官署用」箋を使用している)     1通 60の50-8-2止
○50-8-1~2止は、一括してあった。
明治45年4月10日 (灌漑用揚水機等設置関係領収書・送り状)(1)貨物通知書(原本) 大阪梅田駅前共成合資会社出張店 岐阜県稲葉郡日置江村字次木堀治郎 (1)~(5)1綴 60の50-9-1
明治45年4月5日 (2)貨物通知書(原本) 大阪梅田駅前共成合資会社出張店 岐阜県稲葉郡日置江村字次木堀治郎 (1)~(5)1綴 60の50-9-1
明治45年3月29日 (3)送券(原本) 大阪梅田駅前共成合資会社 東海道線穂積駅二運送店 (1)~(5)1綴 60の50-9-1
明治45年3月25日 (4)貨物発送案内(原本) 神戸市三ノ宮町丸ホ商店 岐阜県稲葉郡日置江村大字次木耕地整理組合 (1)~(5)1綴 60の50-9-1
明治45年4月29日 (5)(運賃領収書)(原本)((5)は(4)の裏にあり) 東海道線穂積停車場前株式会社丸ニ運送店 堀治郎 (1)~(5)1綴 60の50-9-1
明治45年3月29日 記(土管代金見積書)(原本) 愛知県知多郡常滑町陶栄株式会社 広瀬春吉 1通 60の50-9-2-1
明治45年3月31日 (受負金)見積書(原本) 江崎菊次郎 堀治郎 1通 60の50-9-2-2
明治45年4月11日 (松丸太)送り(状)(原本) 園部店 次木堀 1通 60の50-9-2-3止
○50-9-1~3止は、一括してあった。
明治45年3月30日 (電話料立換金)領収証(原本) 東海道線穂積停車場前株式会社丸ニ運送店 堀治郎 1通 60の50-9-3-1
(明治45年)4月20日 (汽缶運賃受取依頼)証(原本) 東海道線穂積停車場前株式会社丸ニ運送店 堀治郎 1通 60の50-9-3-2止
○50-9-3-1~2止は、一括してあった。○50-9-2~3-2止は、50-9-1に挟んであった。
明治45年3月29日 (1)(揚水機附帯工事)見積書(原本) 坂井田貞三郎 組合長 (1)~(3)1綴 60の50-10
明治45年3月30日 (2)(揚水機附帯工事)見積書(原本) 稲葉郡市橋村大字下奈良江崎菊次郎 耕地整理組合長堀治郎 (1)~(3)1綴 60の50-10
明治45年3月29日 (3)(揚水機附帯工事)見積書(原本) 日比野桂七 組合長堀治郎 (1)~(3)1綴 60の50-10
(明治45年か) (建物・材木等仕様書及見積書)(原本) 次木大工森石松   1綴 60の50-11-1
(明治45年)か (建物・材木等仕様書)(原本)     1綴 60の50-11-2
(明治45年か) (建物・材木等仕様書及見積書)(原本) 大平久吉   1綴 60の50-11-3止
○50-11-1~3止は、一括してあった。
大正2年5月1日 (1)水路排水口土管設計書送付ノ件(依頼書)(原本) 稲葉郡役所第二課長 日置江村長 (1)~(4)1綴 60の50-12
大正2年4月29日 (2)(排水土管設計施行指示書)(原本) 岐阜県第四課内松崎松之助 北島農業手 (1)~(4)1綴 60の50-12
大正2年4月29日 (3)(排水土管仕様書)(原本)     (1)~(4)1綴 60の50-12
大正2年4月29日 (4)(排水土管附図)(原本)(「岐阜県用」とある封筒に入っていた)     (1)~(4)1綴 60の50-12
大正2年9月14日 出張職工出勤時間証明表控・出張職工御使用ニ付御承知ヲ要スベキ主ナル事項(原本) 四日市市高砂町株式会社中央鉄工所仕上工織長乾半兵衛 堀次郎 1通 60の50-13
年月日未詳 (松田式吸収瓦斯発動機他使用)福岡県三瀦郡鳥飼村字長門石耕地灌漑用(ポンプ)試運転実況(写真)(キャビネ)(原本)     1枚 60の50-14
年月日未詳 揚水ポンプノ栞(原本) 滋賀県犬上郡豊郷村耕地整理組合   1部 60の50-15
年月日未詳 (見積書遅延の詫並傷害保険加入依頼状)(原本) 横山徳次郎 堀次郎・堀幸吉 1通 60の50-16-1
年月日未詳 普通傷害保険申込書(用紙)(原本)     1枚 60の50-16-2
年月日未詳 傷害保険案内(原本) 日本傷害保険株式会社   1部 60の50-16-3止
○50-16-1~3止は、一括してあった。○50-1~16-3止は、一括してあった。
自明治43年9月7日至明治44年12月12日 (小切手帳)(原本) 十六銀行   1冊 60の51
明治43年.□月 年賦金算出定率表(原本) 株式会社濃飛農工銀行   1冊 60の52
(明治44年明治四十四年一月ヨリ領収書綴)
(明治44年)1月14日 (1)(おぜん・鳥くし・口取代請取書)(原本) 松月 (1)~(7)1綴 60の53-1
(明治44年)8月22日 (2)(中食・ビール代受取書)(原本) 豊郷駅前山月楼 (1)~(7)1綴 60の53-1
(明治44年)1月31日 (3)記(宴会費・花代請取書)(原本) 平野屋 御連中 (1)~(7)1綴 60の53-1
(明治44年)2月18日 (4)記(あげ・とふ代受取書)(原本) 次木日比野友吉 堀治郎 (1)~(7)1綴 60の53-1
(明治44年)12月7日 (5)(酒一升代金受取書)(原本) 日置江村雑貨商カ青木旁郎 (1)~(7)1綴 60の53-1
(明治44年)12月7日 (6)(酒一升・さより代金受取書)(原本) 日置江村雑貨商カ青木旁郎 (1)~(7)1綴 60の53-1
(明治44年)12月26日 (7)(御支度・にもの代金受取書)(原本) 池田屋 (1)~(7)1綴 60の53-1
大正2年6月17日 (土管各種引合書)(原本) 三共組(合資材木会社) 日々野 1通 60の53-2
大正3年4月6日 (檜角材各種引合書)(原本) 岐阜市四ツ屋町大野材木店 日比野 1通 60の53-3
大正3年4月6日 (檜角材各種引合書)(原本) 岐阜市四ツ屋町大野材木店 日比野 1通 60の53-4
大正3年4月6日 (檜角材各種引合書)(原本) 岐阜市四ツ屋町大野材木店 日比野 1通 60の53-5
年未詳.6月14日 (1)(シリンダ油・マシン油等代金請取書)(原本) 岐阜市美園町油惣商店 堀友市 (1)(2)1綴 60の53-6
大正3年10月 (2)請求書(兼領収書)(鉄板加工料他)(原本) 兄弟合資熊田諸機械製作所 並木堀次郎 (1)(2)1綴 60の53-6
(大正6年)11月9日 (1)(十一月九日夜夕飯計算書)(下書)     (1)~(4)1綴 60の53-7
自(大正6年)10月23日至(大正6年)11月5日 (2)(十月廿三日・十一月五日スノ又行・たばこ代・夕飯代等計算書)(下書)     (1)~(4)1綴 60の53-7
大正6年10月23日 (3)記(久喜屋払・平野屋払・花他代計算書)(下書)   御連中 (1)~(4)1綴 60の53-7
自(大正6年)10月23日至(大正6年)11月5日 (4)(十月廿三日夜業夕飯代・十一月五日スノ又支度代計算書)(下書)     (1)~(4)1綴 60の53-7
大正6年11月11日 (1)記(酒・溜り・三盆白・菓子代引合書)(原本) 日置江村セ青木省三 耕地整理事務所 (1)~(4)1綴 60の53-8
(大正6年)11月6日 (2)記(酒・食事代請取書)(原本) 墨俣町久喜屋治助 (1)~(4)1綴 60の53-8
(大正6年)12月20日 (3)記(かまぼこ・さしみ・すし他)(後欠)(原本)     (1)~(4)1綴 60の53-8
(大正6年)10月20日 (4)覚(さかな・酒・御ぜん他代領収書)(原本) 平の   (1)~(4)1綴 60の53-8
年未詳.4月28日 (1)記(うなぎ・御膳・酒他代引合書)(原本) 魚弥 (1)~(3)1綴 60の53-9
年未詳.4月5日 (2)記(酒・さかな代引合書)(原本) 魚弥 (1)~(3)1綴 60の53-9
年未詳.4月8日 (3)記(酒・につけ代引合書)(原本) 魚弥 (1)~(3)1綴 60の53-9
年未詳.5月6日 記(舶来布ヘイパ・コムパキン・糸石ワタ・ワクスパキン代引合書)(原本) 熊田 堀治郎 1通 60の53-10止
○53-2~10止は、53-1に挟んであった。
明治44年3月18日 通知書(耕地整理組合設立準備ノ為土地立入ノ件御了知相成度に付)(反故)(耕地整理申請者より岩田徳次郎宛の封筒に入っていた。他に空の封筒20通とかんぜよりで綴じてあった。) 耕地整理申請者堀治郎・堀佐一郎 岩田徳次郎 1通 60の54
明治44年3月18日 通知書(耕地整理組合設立準備ノ為占有地立入り可申候間御了知相成度に付)(反故) 耕地整理申請者堀治郎・同堀佐一郎 竹内武一郎 1通 60の55-1
明治44年3月18日 通知書(耕地整理組合設立準備ノ為占有地立入り可申候間御了知相成度に付)(反故) 耕地整理申請者堀治郎・同堀佐一郎 辻金作 1通 60の55-2
明治44年12月 (耕地整理の総面積・地価・資金工事費等事業内容表示書)(下書) 稲葉郡日置江村次木耕地整理組合組合長堀治郎   1通 60の55-3止
○55-1~3止は、一括してあった。
明治44年3月20日 (耕地整理ニ係ハル土地内立入之義了承並びに同意書調印之義に付書状)(原本)(封筒に入っていた) 稲葉郡鶉村臼井貞弥 次木耕地整理申請者 1通 60の56-1
明治45年4月4日 (石材代金仕様等に付見積葉書)(原本) 伊勢桑名吉津屋町広田長兵衛 岐阜県稲葉郡日置江村字次木耕地整理事務所 1通 60の56-2
大正2年5月25日 見積書(次木耕地整理区域内土管・堰板七拾ケ所)(原本)(封筒に入っていた) 稲葉郡鶉村堀浅次郎 耕地整理組合長堀次郎 1通 60の56-3
大正2年8月30日 (酒代・料理代・花代等領収書)(原本) 美濃墨俣町久喜屋治助 1通 60の56-4-1
年未詳.4月7日 記(料理代・酒代等引合書)(原本)(久喜屋治助から堀治郎宛の封筒に入っていた) 東海道線ほづみ駅前藍景楼ますや 御連中九人 1通 60の56-4-2止
○56-4-1~2止は、一括してあった。
大正3年12月28日 見込証(池ウメ・地上・平坪工事単価)(原本)(封筒に入っていた) (次木)日比野友吉 堀治郎 1通 60の56-5
年未詳.1月3日 (至急御協議ニ預リ度義御座候間御出頭被成下度に付回章)(原本) 堀治郎 川瀬政太郎外13人 1通 60の56-6
年未詳.4月6日 (耕地整理準備測量結了ニ付技師慰労会へ出席被下度に付)回章(原本) 堀治郎 堀佐一郎外7人 1通 60の56-7止
○56-1~7止は、一括してあった。
明治44年3月 耕地整理施行地ノ筆数面積及地価ノ地目等位別合計簿(原本) 日置江村字次木高河原耕地整理事務所   1冊 60の57
明治44年3月 地区内土地所有者地目別調書(原本) 次木・高河原耕地整理組合   1冊 60の58
明治44年4月20日 児島湾開墾平面図(縮尺五万分之壱)(原本) 編集兼発行者岡山県都窪郡妹尾町藤田組   1枚 60の59
(明治44年か)8月6日 (拙者辞職の件に付手紙)(原本)(この文書未投函であったので開封した) 堀治郎 岐阜美園町美濃貯蓄銀行加藤貞次郎 1通 60の60
大正7年11月15日 (1)大正六年度決算書(原本) 次木耕地整理組合副長堀佐一郎 岐阜県知事鹿子木小五郎 (1)~(4)1綴 60の61
大正7年1月27日 (2)耕地整理費収支決算報告書(原本) 稲葉郡日置江村次木耕地整理組合長堀昌三 岐阜県知事鹿子木小五郎 (1)~(4)1綴 60の61
大正7年1月28日 (3)大正五年度決算(書)(原本)     (1)~(4)1綴 60の61
明治44年11月26日 (4)明治四十四年度耕地整理収支予算届(原本) 稲葉郡日置江村次木耕地整理組合組合長堀治郎 岐阜県知事薄定吉 (1)~(4)1綴 60の61
○61には、大正7年2月6日、同15日同年12月10日付稲葉郡役所第二課の付箋及び同年2月13、同12月6日付岐阜県内務部の付箋が付いている。

戻る

<外部リンク>