ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

就農支援研修

就農希望者の多様なニーズに対応できる各種就農支援研修を準備し、就農に向けた支援を実施しています。
研修内容は、ステップがすすむごとに基礎から応用、そして実践へとステップアップしていきます。
【ステップ1(基礎)からステップ4(実践)へ】

【ステップ1】農業やる気発掘夜間ゼミ

他産業に従事しながらでも農業の基礎的知識を学べる座学中心の夜間講座
農業やる気発掘夜間ゼミ

開催期日

第1回10月2日(金曜日)
第2回10月9日(金曜日)
第3回10月16日(金曜日)
第4回10月23日(金曜日)
第5回10月30日(金曜日)
第6回11月6日(金曜日)時間はいずれも19時00分から20時30分まで

 
講義内容

就農準備、土壌・肥料の基礎知識、病害虫防除と農薬の使い方、野菜栽培の基礎知識、果樹栽培の基礎知識、就農支援制度について、農業者の体験談

その他

・受講料は無料です。(要申し込み)
・場所は、OKBふれあい会館301会議室(岐阜市薮田南5-14-53)
・定員35名。申し込み締め切り9月18日(金曜日)
・申し込み方法等詳しくはこちら(チラシ申込書PDF:667KB)

*終了しました。ご参加ありがとうございました。

問い合わせ先:農業経営課担い手対策室就農支援係(電話番号:058-272-8421)

【ステップ2】農業短期体験研修<事業実施主体:一般社団法人岐阜県農畜産公社<外部リンク>

本格的に農業を始めたいが、少し不安のある方を対象とした短期農業体験研修(2週間から4週間程度)
主な内容:農業者の生産ほ場にて栽培管理作業を行う
問い合わせ先:一般社団法人岐阜県農畜産公社(電話番号:058-276-4601)

【ステップ3】あすなろ農業塾

 指導農業士等のプロの農家(あすなろ農業塾長)のもとで、実践技術や経営戦略、流通販売等のノウハウを習得しつつ、塾長が関係機関と連携し就農に向けた農地の確保等を支援する就農準備研修

問い合わせ先:各農林事務所(以下、代表電話番号)

岐阜 058-213-7401 西濃 0584-73-1111
揖斐 0585-23-1111 中濃 0575-33-4011
郡上 0575-67-1111 可茂 0574-25-3111
東濃 0572-23-1111 恵那 0573-26-1111
下呂 0576-52-3111 飛騨 0577-33-1111

【冬春トマト】冬春トマト新規就農者研修

  • 岐阜県が運営する岐阜県就農支援センター(海津市海津町)で「トマト独立ポット耕栽培システム」を活用した栽培技術等を習得できます。
  • 農家として自立していただくための研修です。
研修期間 1年2ヶ月間(4月から翌年5月まで)
募集期間 6月から8月(※後日、面接選考)
定員 4名
その他
  • 研修受講料は無料です。
  • 研修修了後の就農に向けて、岐阜県・市町村・JAグループ等が一体となって農地・施設の取得及び資金調達等をお手伝いします。

 問い合わせ先:農業経営課担い手対策室就農支援係(電話番号:058-272-8421)
 岐阜県就農支援センター(電話番号:0584-53-0175)

【いちご】いちご新規就農者研修<事業実施主体:全農岐阜県本部<外部リンク>

  • JA全農岐阜の研修施設(岐阜市曽我屋)で、高設ベンチ栽培(岐阜県方式)による栽培技術等を習得できます。
  • 農家として自立していただくための研修です。

いちご新規就農者研修

研修期間 1年2ヶ月間(4月〜翌年5月まで)
募集期間 6月上旬〜7月中旬※募集後面接選考あり
定員 4名
注意事項 農業を取り巻く現状は厳しく、新たに農業生産に取り組むためには様々な課題があります。
就農を開始するには、ある程度の自己資金が必要となると共に、本人の努力・熱意・体力・地域住民との協調が求められます。
その他  

問い合わせ先:JA全農岐阜・営農対策課(電話番号:058-276-5301)

<外部リンク>