ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

阿子田家(1)3

岐阜県歴史資料館 所在史料目録

第12集 阿子田昭家文書目録(1)

近世公文書 4

年月日 文書名 作成 受取 文書番号
文久2年2月 三ヶ村切支丹宗門御改帳     1冊 阿子田家 4-1
慶応4年2月 溝口村切支丹宗門御改帳 溝口村庄屋只助・同村組頭三右衛門 三宅壮太夫 1冊 阿子田家 4-2
安政7年閏3月 (御廻米積難船之始末ニ付)差上申一札之事 淡州郡家浦舟頭清蔵・桑名廻船問屋佐藤源左衛門 沓井御役所 1通 阿子田家 4-3
安政2年5月 (積方御仕法替之儀ニ付)乍恐以書附奉願上候 勢州桑名御廻米御用達佐藤孫右衛門 濃州沓井御役所 1通 阿子田家 4-5
嘉永4年閏2月 (醒ヶ井助郷村々より脛永・沓井村差村之儀御免除被成下置候様)乍恐以口書御歎願奉申上候 脛永村庄屋忠兵衛・沓井村庄屋謙蔵外2人 阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-6
享保10年10月 (下用帳之儀出入ヶ間敷事仕出し大坂役所迄掛厄介申ニ付)申渡書 末吉郷左衛門 脛長・沓井村庄屋組頭百姓中 1通 阿子田家 4-7-1
享保10年10月 (下用帳之儀和談仕候ニ付)済証文之事 脛長村庄屋組頭惣代次郎左衛門・百姓惣代兵内・扱沓井村庄屋組頭三人之内半右衛門 野原所助 1通 阿子田家 4-7-2止
嘉永3年3月 (斎触之節、私共同苗之内不参之者多く御座候而、葬式之故障相成候儀、御執成御歎上可被下候ニ付)乍恐書付を以奉申上候御事 沓井村惣代角兵衛外3人 御庄屋謙蔵外3人 1通 阿子田家 4-8
安政3年2月 (江戸廻御廻米三百俵之儀不調法不行届之廉御聞済被下置候様)乍恐以書附奉歎願候御事 桑名廻船問屋佐藤孫右衛門より沓井御役所宛 沓井御役所 1通 阿子田家 4-9
戌.12 戌年(御米津出シニ付)運賃覚 沓井村庄や番文右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-10
宝暦6年12月 子年(御蔵米通舟)船賃貸覚 脛永村庄屋忠兵衛 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-11
天明3年5月27日 (寅米納不残積下シ相済申候ニ付)覚 野原藤左衛門 山崎七左衛門 1通 阿子田家 4-12
宝暦2年12月 (御米通船運賃)覚 脛長村庄屋忠兵衛 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-13
寛永6年9月21日 (脛長・沓井両村庄屋給・一友殿扶持方)覚写 七左衛門外3人 一友老 1通 阿子田家 4-14
慶応4年4月15日 (御払米代残金請取)覚 狩山逸作 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-15
文政5年5月13日 (中仙道垂井宿増助郷御免除被仰付候様江戸表江奉願上度ニ付御添状被成下置候様)乍恐奉願上候御事 脛永村百姓代源三郎外5人・沓井村百姓代惣右衛門外3人 山口十左衛門・阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-16
天保13年8月 (上金宿助郷御救御差加之内願書) 造酒右衛門外2人 桑田歳兵衛 1通 阿子田家 4-17
安政3年10月 (江戸御廻米増運賃)乍恐奉願上候御事 桑名廻船問屋 沓井御役所 1通 阿子田家 4-19
元禄8年2月1日 (平助及うへニ申候間御ふち被下置候様ニ被仰上可被下候ニ付覚) 溝口村庄屋友右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-20
万治3年12月17日 (脛永村沓井村御加損可被下候儀・脛長村御未進利足三わりに被成可被下候儀ニ付)乍恐以書付奉申上候 はき長村・沓井村百姓中 竹中儀左衛門・下川七左衛門 1通 阿子田家 4-21
明和1年12月 申年(御蔵米通船)船運賃書付 脛長村庄屋忠兵衛 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-22-1
(明和1年)12月 (前書ニ落シ居申候ニ付)申年運賃覚 脛長村庄屋忠兵衛 野藤左衛門 1通 阿子田家 4-22-2
(明和1年閏12月) (申年御出米船運賃)覚 杉野村藤右衛門 沓井村御役所分 1通 阿子田家 4-22-3止
正徳5年3月12日 (先役人被致置候外借金割符之儀役人ハ一円得心不仕候ニ付)乍恐御断申上候 脛永村藤七外4人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-23
文政10年5月 (渡辺左源太病症ニ而永々御暇被仰付被為下候様)乍恐口上書 渡辺左源太 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-24
未11月5日 借用仕銀子之事   守沢太兵衛・浜田市野右衛門 1通 阿子田家 4-25
延享元年12月 借用申金子之事 借主本人嘉平治・請人繁右衛門 作之助後家 1通 阿子田家 4-26
安永8年12月20日 借用申金子之事 要人 三喜弥 1通 阿子田家 4-27
寛政7年12月 (船作料相済候様ニ被仰付被下置候様)乍恐以口書奉願上候 千我与八郎内船大工平右衛門・葉栗郡子熊村庄屋八郎兵衛 沓井村御役所 1通 阿子田家 4-28
明治3年9月 (桂御所講通御預り申候ニ付)覚 小合宗十郎 山崎千代松 1通 阿子田家 4-29
寛政5年6月8日 (脛永村国蔵・直治郎一類之者共と九内・太十郎ト家苗之義訴訟仕ニ付)御申請一札之事 脛永村庄屋幸吉外3人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-30
年未詳.5月20日 (脛永村九内・太十郎と同村出屋敷直次郎・国蔵外八名と苗字之儀ニ付申分ニ相成候事、荒増申上候) 野原藤左衛門 浜左右吉・明石岡右衛門 1通 阿子田家 4-31
文政7年8月 (脛永村清左衛門・浅右衛門と申者村法相背筋目不相応之家作仕候処、沓井村役人取曖を以和熟仕ニ付)乍恐口上書を以奉願上候御事 溝口村庄屋[ ]外6人 阿[ ] 1通 阿子田家 4-32
戌.3 相尋向もの(小山田弥市郎)の覚   濃州沓井脛永両村 1通 阿子田家 4-35
文政6年5月 (沓井村弥助忰善蔵儀此度行衛相知申候故以帰帳被為仰付被下置候様)乍恐奉願上候御事 沓井村組合惣右衛門外2人 庄屋謙蔵外2人 1通 阿子田家 4-36
安政3年8月8日 出火御注進書 沓井村庄屋林右衛門外3人 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-37
天明6年12月16日 (天神宮葺替税ニ付下村より参宮之衆中と言論仕候儀双方相慎可申候ニ付)口上書之覚 上村宮支配彦兵衛 御庄屋藤蔵外2人 1通 阿子田家 4-38
申.8月21日 元禄四年脛永村御勘定目録 兵治郎 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-39
明治9年5月 譲渡申宅地証文之事 沓井村譲主阿子田福・郷村請人野原九内 岡崎朝之介 1通 阿子田家 4-40
慶安3年9月25日 脛長村御物成御請状之事 はき長村一郎右衛門外4人 山田伝兵衛・中山加右衛門 1通 阿子田家 4-43
年未詳.4月16日 (佐久間九十郎欠落仕候ニ付差控奉伺候)口上書 阿子田新太郎 三宅弾正 1通 阿子田家 4-45
明治3年2月16日 (為御祝儀御扇子并枝柿一箱差上候ニ付)書状 立川権大参事・浦地大参事 阿子田福・阿子田積 1通 阿子田家 4-46
貞享4年1月19日 (米無相違可被相渡候)覚 河崎善右衛門・木崎藤右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-47
宝暦2年2月 (脛永村用水通粕川埋樋和田村築出シ御取払岡村黒田村市場村築出シ御取払之義ニ付御見分之上願之通被為仰付被下置候様)乍恐書付御願申上候 脛永村組頭杉右衛門外1人・沓井村組頭藤右衛門1人 笠松赤生斉右衛門・横井郡蔵 1通 阿子田家 4-48
文久1年12月 (御領内字下三田之坪朝之輔相扣罷在候田地操下ケ仕蒙御察度向後御領知違之場所へ前頭躰之儀者仕間敷候ニ付)差出申一札之事 沓井北村庄屋岡崎朝之輔 沓井村庄屋林右衛門外3人 1通 阿子田家 4-49
寛延4年2月 (脛永村井水之儀出水度毎ニ粕川横堀押埋致難儀候に付御取?御頼底樋ニ致候覚) 脛永村組頭杉右衛門外1人 石津郡多良宮村御庄屋銀次郎外4人 1通 阿子田家 4-50
寛政9年8月6日 (大野郡長良村と池田郡脛永村と阿原草場之儀ニ付故障出来仕内済御調被成下候ニ付き)為後日済口一札之事 脛永村組頭直右衛門外2人 嶋村御取曖庄屋代治外2人迄 1通 阿子田家 4-51
宝暦2年3月 (脛永村井水筋加須河原埋樋大キニいたし候ニ付取扱ヘ遣下書)覚 脛永村組頭杉右衛門外1人 杉野村庄屋与右衛門外2人 1通 阿子田家 4-52
寛延4年8月 (和田村築出シ堤内古堤江引取被申様山口北南両筋江水分レ申候様御見分之上被仰付被下置候様)乍恐奉願上口上覚(下書写) 脛永村組頭杉右衛門・庄屋忠兵衛 多良御奉行 1通 阿子田家 4-53
文化14年4月24日 (私弟友右衛門儀欠落仕候処帰帳被為仰付被下置候様)乍恐奉願上候御事 脛永村願主組親九内外2人 庄屋庫十郎外2人 1通 阿子田家 4-54
寛永4年11月 (御役所西通御垣外御境目と私共三軒居屋敷東之境追年以猥成趣蒙御察度、向後溝西岸之積石等相損シ築直申度節者心儘之儀不仕様)差出申一札之事 沓井北村本人隣四郎・同村年寄専右衛門外2人 沓井村御庄屋謙蔵・同村儀右衛門 1通 阿子田家 4-55
(安政3年)8月6日 (従公儀被仰出候梵鐘之儀ニ付備中表寺社奉行中より申来候御達) 阿子田藤左衛門 沓井村神護寺外1ヶ寺・脛永村法幢寺外1ヶ寺 1通 阿子田家 4-56
文政3年3月 (溝口村喜左衛門義庄屋役御免被為仰付下置候様)乍恐奉願上候御事 願主溝口村庄屋喜左衛門・脛永村庄屋亥十郎外2人 井上新治・阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-57
天保4年10月 (此度家相地理御改御直シ被下候ニ付)相定書之事) 濃州池田郡沓井村阿子田藤左衛門舎久 信陽飯田一透隻眼利忠 1通 阿子田家 4-58
天保4年10月 (人相家相地理共御伝授被成下候ニ付)制約之事 美濃国池田郡沓井村阿子田藤左衛門舎久 信州飯田一透隻眼利忠 1通 阿子田家 4-59
安政5年12月 (御門前御模様替ニ付拙寺境内地資ニ相成申金壱両致寺納候ニ付)一札之事 薬師寺耽丘 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-61-1
年月日未詳 薬師寺藪下為御受負取壊に付絵図     1枚 阿子田家 4-61-2
文化4年10月 (粕川通和田村沓井村脛永村と新規間延之儀ニ付及争論ニ其元御取曖被下双方和融承知仕候ニ付)済口証文之事 和田村名主八郎兵衛五人組頭権右衛門百姓代清吉 沓井村庄屋郡蔵 1通 阿子田家 4-62-1
寛政7年8月 (沓井村水行差障り申争ニ付御取??を以双方和融仕候ニ付)書違一札之事 下岡嶋村庄屋伝吉・岡村庄屋利右衛門・墨田村名主祐蔵・和田村名主徳右衛門・同村同断加左衛門 東野村庄屋儀右衛門・野中村庄屋郡蔵 1通 阿子田家 4-62-2
弘化2年9月 (私儀近年病身ニ罷成御役儀御免被為仰付被下置候様)乍恐奉願上候御事 願主脛永村組頭喜助・同村庄屋宇佐美庫十郎・溝口村庄屋九十郎外2人 阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-63
文久2年2月1日 御村方と淺之輔と地所之儀ニ付内輪出入出来至儀)書状 平野貞八郎 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-64-1
(文久1年)12月22日 (過日持参之上淺之輔内願ニ付)書状 松口軒快応 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-64-2
(明治6年) 借用申金子証文之事 沓井村請主惣代久保田久米蔵外6人 坪井禮三・坪井佐七 1通 阿子田家 4-65-1
明治6年4月 借用申金子証文之事 沓井村請主遠藤源右衛門・同利右衛門・同五郎次 脛永村坪井禮三・坪井佐七・遠藤儀右衛門 1通 阿子田家 4-65-2
宝暦1年12月 (脛永村用水埋樋水通り悪敷難儀仕候処、普請ニ取掛リ申度ニ付)乍恐口書差上申候 脛永村杉右衛門 多良御奉行所 1通 阿子田家 4-68
天明5年7月 (本郷村龍徳寺と市場村長等寺と)宗旨檀那等之儀ニ付定書之事 池田郡本郷村龍徳寺・同郡小嶋庄市場村長等寺・同郡沓井村藤蔵   1通 阿子田家 4-69
享保元年3月 (柳右衛門伜鍋太郎と申者跡相続ニ付き¥)一札之事 親元柳右衛門・本人鍋太郎 両村役人中 1通 阿子田家 4-70
文化15年2月21日 (私実父兵蔵義脛永村佐次右衛門方ニ御座有之候而変死仕候ニ付)差上申一札之事 脛永村政右衛門・丈八 庄屋亥重郎・組頭継右衛門 1通 阿子田家 4-71
(慶応4).辰7 怪我人(黒田村利兵衛)容躰書 松原彦祐 御出張御役人衆 1通 阿子田家 4-72
慶応4年7月 (今般黒田村利兵衛と申者怪我出来仕候処、兄平三郎方江引連療養仕度)乍恐以書付奉願上候 戸田采女正様御領分黒田村名主源三郎外2人・同村利兵衛親類半三郎 戸田采女正様御内水野九郎阿衛門・志知喜平次・伊東播磨守様御内・阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-73
年未詳.閏9月28日 (日光准后宮様御薨去ニ付御触書) 阿子田新太郎・井上新治 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-74
年未詳.1月16日 (弐歩判金・諸国酒造之儀ニ付公儀之御触書相廻候ニ付廻状) 阿子田藤左衛門 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-75-3止
年月日未詳 (荒尾村角蔵儀親不幸者ニ而成敗仕候ニ付覚)   神西弥次右衛門 1通 阿子田家 4-76-1
年未詳.3月8日 (荒尾村角蔵儀、欠落にても召取なわをかけ置可被申候ニ付書状) 神西弥次右衛門利信   1通 阿子田家 4-76-2
年未詳.12月15日 (荒尾村長四郎忰角蔵我まゝものニて御座候間)以口書申上候 沓井村組頭半之丞・同庄屋覚兵衛・清左衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-76-3
年未詳.4月16日 (荒尾村角蔵儀不孝ものにて神西弥二右衛門成敗之注進) 桂安右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-76-4
延宝4年12月3日 (永代ニ売渡シ申屋敷之事) みそ口村うり主久右衛門外3人 庄や三右衛門 1通 阿子田家 4-77
元禄3年12月18日 沓井村諸事取替帳     1冊 阿子田家 4-78
未.3月21日 角蔵入用覚 半之丞・角兵衛 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-79
年未詳.1月25日 (今廿五日より鳴物殺生普請作事等御停止ニ付廻状) 御役所 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-80
(文政11年)2月25日 (従御公儀古弐朱判通用引替之儀ニ付被仰出候)御触書 阿子田藤左衛門 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-81
文化2年10月 (檀那無之僧侶相招致法話候儀堅御停止候)覚 野原藤左衛門 脛永村・溝口村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-82
寛延2年12月 (休信屋敷西南通構之義、先季之通むつけ垣ニ被致候様ニ被為仰付被下置候様)乍恐以書付奉願上候 沓井村願主利兵衛 御役所 1通 阿子田家 4-83
寛延2年12月 (平四郎新屋敷被致候所ニ西通ニ新構被不儀、私御田地之障ニ罷成迷惑仕ニ付、東通ニ構被付構様)乍恐以書付奉願上候 沓井村願主利兵衛 御役所 1通 阿子田家 4-84
元禄3年1月15日 沓井村毎月十五日判形改帳     1冊 阿子田家 4-85
嘉永2年3月 西本願寺東本願寺美濃国池田郡沓井村宗門御改帳写 沓井村庄屋 岡崎朝右衛門外1人 加納左内・高松郡司 1冊 阿子田家 4-86-1
弘化5年2月 沓井村之内切支丹宗門御改別帳 沓井村庄屋林右衛門外3人 阿子田藤左衛門・阿子田新太郎 1冊 阿子田家 4-87
慶応2年2月 三箇村切支丹宗門御改帳 脛永村庄屋幸助3人 阿〔 〕 1冊 阿子田家 4-88
慶応4年2月15日 三箇村切支丹宗門御改帳 阿子田藤馬・阿子田藤左衛門 三宅壮太夫 1冊 阿子田家 4-89
明治2年2月15日 宗旨手形之事 阿子田藤左衛門 完林敬吾 1通 阿子田家 4-90
寅.9 (此宮御伴之儀ニ付直右衛門・忠兵衛論出来仕候ニ付私内々挨拶等も仕候得共私儀ハ御除被下置候様)乍恐以口上書御断奉申上候御事 庄屋太郎蔵 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-91
文化14年4月 (末松儀欠落仕候処相知申候ニ付帰帳被為仰付被下置候様)乍恐奉願候御事 沓井村願主親類喜内外1人 庄屋謙蔵外2人 1通 阿子田家 4-92
寛延3年12月 (私親兵治儀此節老衰仕候ニ付脛永村御百姓立帰農業為仕度)乍恐奉願上口上 脛永村継之丞 村役人衆中 1通 阿子田家 4-93
享保18年2月15日 宗旨手形之事 野原処助 中村治右衛門 1通 阿子田家 4-94
万延元年10月 村役書上帳 沓井村庄屋朝之輔・年寄専右衛門 後藤忠一郎・森惣蔵 1冊 阿子田家 4-95
明治3年閏10月25日 当村銀右衛門忰八郎儀昨冬以来神護寺白林と入魂仕心取間居候申候仕末ニ付)乍恐御詫奉申上候御事 沓井村本人八・同村親類惣代2人 御庄屋久米蔵外3人 1通 阿子田家 4-96
明治3年閏10月25日 (源右衛門心得違之儀此上御厳重之御糺等不被下置何卒出格之御憐?被仰出候様)乍恐御詫奉申上候御事 沓井村本人源右衛門外4人 御庄屋久米蔵外3人 1通 阿子田家 4-97
天保11年4月 (後見玄達隠居料之儀、分家源吾庄屋役被為仰付本家謙助より再分地仕候儀、謙助妻縁相続之儀、段々御懇命を奉蒙候ニ付、万緒訳埒仕候趣)乍恐奉差上口上書 沓井村本人謙助外3人 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-98
元禄4年4月9日 (八左衛門世伜源右衛門儀去年午ノ霜月爰元ヘ罷帰リ申候ニ付)仕上ル手形之事 上沓井村五人組頭伝左衛門外8人 野原藤左衛門外2人 1通 阿子田家 4-99
元文元年7月3日 (先三郎右衛門跡式並所持之金子ニ付)庄兵衛・利右衛門惣太郎被申渡覚 中村治右衛門 野原所助 1通 阿子田家 4-100
天保8.正 (村々貧者共御救麦被下置割賦仕相渡申候)覚 沓井村庄屋久米右衛門外3人・溝口村庄屋九十郎外1人・脛永村庄屋幸助外3人 阿子田藤左衛門・小野弥平 1通 阿子田家 4-102
天保8年3月 (去秋大凶作之上米穀類不径高直ニ相成小前百姓共必死難渋之体ニ付当酉之秋御収納ニ而生米弐拾石可被下置之段被仰渡義)乍恐奉差上御請書之御事 沓井村庄屋久米右衛門・溝口村庄屋九十郎・脛永村庄屋幸助外7人 阿子田藤左衛門・小野弥平 1通 阿子田家 4-103
年未詳.1月18日 (役人共之儀非儀をも仕り候故一切庄屋組頭を用不被申候様ニ奉存候得者此上明日ニ御詮議被仰付候様)乍恐書付を以奉願上候 脛永村庄屋十兵衛外2人 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-104
文化9年8月1日 (手形引替米可被相渡候ニ付)覚 野原藤左衛門 沓井村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-105
文政7年閏8月 (脛永村御百姓上下村法之儀追年猥ヶ間敷相成・筋目相応之家作相構候浅右衛門・清左衛門儀熟済仕ニ付)乍恐御歎奉申上候御事 脛永村庄屋庫十郎外2人・溝口村庄屋九十郎外1人・沓井村庄屋造酒右衛門 御阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-107
元禄9年12月15日 年季売渡田地証文之事 野原藤左衛門外4人 脛長村七郎兵衛外3人 1通 阿子田家 4-108
慶応2年12月 脛永村慶応二寅年分御入用金御差引目録 溝口村庄屋只助・脛永村庄屋安藤兵治外5人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-109
慶応元年11月 (沓井村慶応元年分御入用金御差引目録)覚 沓井村庄屋久米蔵外3人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-110
元治元年11月 (脛永村元治元子年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋只助・脛永村庄屋安藤兵治外5人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-111
元治元年12月 (沓井村元治元子年分御入用金御差引目録)覚 沓井村久米蔵外3人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-112
文久3年12月 (脛永村文久三亥年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋只助・脛永村庄屋安藤兵治外4人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-113
文久3年12月 (脛永村文久三亥年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋只助・脛永村庄屋安藤兵治外4人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-114
文久3年12月 (沓井村文久三亥年分御入用金御差引目録)覚 沓井村庄屋久米蔵外3人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-115
元治元年12月 (脛永村元治元子年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋只助・脛永村庄屋安藤兵治外4人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-116
慶応3年11月 (沓井村慶応三卯年分御入用金御差引目録)覚 沓井村庄屋久米蔵外2人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-117
明治元年12月 (脛永村明治元辰年分御入用金御差引目録)覚 沓井村庄屋久米蔵外2人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-118
明治2年12月 (沓井村明治二年巳年分御入用金御差引目録)覚 沓井村庄屋久米蔵外3人 阿子田積 1通 阿子田家 4-119
慶応3年11月 (脛永村慶応三卯年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋只助・脛永村庄屋安藤兵治外4人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-120
明治元年12月 (沓井村明治元辰年分御入用金御差引目録)覚 溝口村組頭三右衛門・脛永村庄屋安藤兵治外3人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-121
明治4年11月 (脛永村明治四未年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋田中喜兵治・脛永村庄屋坪井幸助外5人 阿子田少属 1通 阿子田家 4-122
慶応2年12月 (沓井村慶応二寅年分御入用金御差引目録)覚 沓井村庄屋久米蔵外2人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-123
慶応元年11月 (脛永村慶応元丑年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋只助・脛永村庄屋安藤兵治外4人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-124
明治3年12月 (沓井村明治三年分御入用金御差引目録)覚 沓井村庄屋久米蔵外3人 阿子田積 1通 阿子田家 4-125
明治4年11月 (沓井村明治四未年分御入用金御差引目録)覚 沓井村庄屋久保田久米蔵外3人 阿子田少属 1通 阿子田家 4-126
明治3年12月 (脛永村明治三年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋夘吉・脛永村庄屋坪井幸助外3人 阿子田少属 1通 阿子田家 4-127
明治2年12月 (脛永村明治二巳年分御入用金御差引目録)覚 溝口村庄屋夘吉・脛永村庄屋安藤兵治外4人 阿子田積 1通 阿子田家 4-128
天保4年12月11日 (恵那郡加子母村直七ト申者、京都本願寺江参詣仕帰り掛ケ途中病死仕候ニ付)差上申一札之事 脛永村庄屋庫十郎外2人 坪井次郎兵衛・遠藤文右衛門 1通 阿子田家 4-129
元文6年6月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 脛永村組頭忠兵衛・杉右衛門 野原所助 1通 阿子田家 4-130
寛保2年3月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 溝口村庄屋忠兵衛・組頭喜平 野原所助 1通 阿子田家 4-131
元文5年閏7月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 庄屋野原市郎治外2人 野原所助 1通 阿子田家 4-132
寛保2年2月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 庄屋野原市郎治外2人 野原所助 1通 阿子田家 4-133
元文5年5月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 庄屋野原市郎治外2人 野原所助 1通 阿子田家 4-134
元文5年8月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 庄屋野原市郎治外2人 野原所助 1通 阿子田家 4-135
元文5年6月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅相守候儀)指上申証文之事 庄屋野原市郎治外2人 野原所助 1通 阿子田家 4-136
安政3年2月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)差上申証文之事 脛永村庄屋兵治外3人 阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-137
宝暦10年1月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 溝口村庄屋部七・組頭嘉助 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-138
宝暦10年3月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 溝口村庄屋部七・組頭嘉助 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-139
宝暦10年4月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申一札之事 溝口村庄屋部七・組頭嘉助 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-140
宝暦10年5月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 溝口村庄屋部七・組頭嘉助 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-141
宝暦10年5月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)差上申証文之事 沓井村組頭藤右衛門・文右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-142
宝暦10年7月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 部七・嘉助 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-143
宝暦10年8月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 溝口村庄屋部七・組頭嘉助 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-144
宝暦10年9月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)指上申証文之事 溝口村庄屋部七・組頭嘉助 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-145
宝暦10年10月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)差上申証文之事 沓井村組頭藤右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-146
宝暦10年10月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)差上申証文之事 脛永村庄屋忠兵衛・組頭杉右衛門・八郎次 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-147
宝暦10年12月15日 (従公儀被仰出候御法度之趣堅奉相守候儀)差上申証文之事 沓井村組頭藤右衛門・文右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-148
文久元年11月24日 (去月廿日、御蔵米御拂入札被仰付御座候処庫兵衛札ニ相成手付金六両御上納仕置候処、其砌之相場ニ格別齟齬仕候ニ付)乍恐御内々御嘆願奉申上候御事 沓井村帳本人庫兵衛・同村親類兄清吾・同村同断弟隣四郎 沓井村御庄屋林右衛外5人 1通 阿子田家 4-149
文久2年12月 (尊館江御要用ニ御遣ひ被遊候夫役之儀村方より金五十疋宛御上納可仕候ニ付)奉指上御請書之事 沓井村庄屋林右衛門・溝口村庄屋只助・脛永村庄屋安藤兵治外7人 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-150
年月日未詳 (中仙道垂井宿助郷之儀新規ニ少分ニても助郷之人足等被為仰付候様相成候ては下地困窮之村方及亡所歎敷奉存候ニ付)乍恐口上書を以御歎奉申上候 角兵ヘ外7人 野原藤左衛門外2人 1通 阿子田家 4-151
天明8年12月28日 (当村伝蔵儀出奔仕候ニ付除帳之儀被為仰付被下置候様)乍恐書付を以御届申上候御事 沓井村庄屋藤蔵外2人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-153
天明8年12月28日 (当村定蔵儀出奔仕候ニ付除帳之儀被為仰付被下置候様)乍恐書付を以御届奉申上候御事 沓井村庄屋藤蔵外2人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-154
天明元年5月6日 (当村忠八兄忠吉義出奔仕候趣)乍恐御注進奉申上候御事 脛永村庄屋幸助外2人 野原藤左衛門・三宅里右衛門 1通 阿子田家 4-155
天明8年4月15日 (当村みよ伜重吉儀出奔仕候ニ付除帳之儀被為仰付被下置候様)乍恐書付を以御届申上候御事 沓井村庄屋藤蔵外2人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-156
寛政6年12月5日 (兵治郎・勇助御用金被仰付候分不残奉差上候)覚 脛永村庄屋幸吉外4人 野原藤左衛門・井上清治 1通 阿子田家 4-157
天明4年2月16日 (当村平四郎伜用七儀出奔仕候ニ付除帳之儀被仰下置候様)乍恐書付を以御届奉申上候御事 沓井村庄屋藤蔵外2人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-158
年未詳.6月18日 (近来諸向不穏時勢ニ到候ニ付当方家来共阿子田藤左衛門方と無腹臓突合致度旨御伺) 柴山久太郎 川嶋此兵衛・日野根順平・後藤平馬 1冊 阿子田家 4-159
年未詳.6月8日 (子嶋池田井水出入之儀ニ付書状) 岡田将監   1通 阿子田家 4-161
元禄16年7月 (脛永村両川筋除修覆并沓井村一目連堤之儀ニ付)乍恐以口上書ヲ御訴訟申上候 脛永村沓井村角兵衛外5人 高木次郎兵衛御内日比野甚左衛門外4人 1通 阿子田家 4-162
嘉永7年12月 (当村重兵衛より之献金百両御上納奉申上候ニ付金七両弐歩村方頭分之者江被下置候ニ付)覚 脛永村庄屋兵治外5人 阿子田孫太郎 1通 阿子田家 4-166
嘉永7年9月 (献金之百両十一月中無滞御上納可奉申上候ニ付)乍恐御請奉申上候御事 沓井村本人重兵衛・判頭甚右衛門 御庄屋兵治外2人 1通 阿子田家 4-167
安政2年1月 (当卯十一月晦日より来ル戌十一月限八ヶ年中毎暮歳ニ金弐拾五両宛合金弐百両再献上仕度)乍恐奉願上候御事 脛永村願主重兵衛・同人組頭喜市 御庄屋兵治外2人 1通 阿子田家 4-168
嘉永7年閏7月 (金三百両御都合仕候ハヽ忰重吉見上之御内願等迄銀右衛門外三人之者並合ニ准シ御取立茂可被成下旨御理解之趣ニ付)乍恐御内願奉申上口上書 脛永村願主重兵衛 御庄屋兵次 1通 阿子田家 4-169
嘉永7年閏7月 (金百両献上仕度)乍恐奉願上候御事 脛永村願主重兵衛・判頭甚右衛門 御庄屋兵次外2人 1通 阿子田家 4-170
亥.5 庄屋造酒右衛門差上申口上書 造酒右衛門 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-171
申.12 (当村御百姓共困窮仕作御扶持御願申上候ニ付)書状を以御断奉申上候口上之覚 御百姓惣代要八外7人 村御役所 1通 阿子田家 4-172
弘化4年11月 (開門之儀ニ付、庄屋林右衛門)乍恐御内々御嘆願奉申上候御事 沓井村願主庄屋林右衛門外1人 庄屋謙蔵外2人 1通 阿子田家 4-173
嘉永7年閏7月 (当村判頭之内六蔵酒造仕度)乍恐奉願上候御事 脛永村願主六蔵外4人 御庄屋兵治外2人 1通 阿子田家 4-174
年未詳.10月18日 (如毎例夜番之儀取計ニ付三ヶ村役人中へ書状) 服部真平外1人 三ヶ村役人 1通 阿子田家 4-175
天保子.4月 (源吾親隠居被致候ニ付)一札 証人源吾外1人 阿子田多門 1枚 阿子田家 4-176
天保6年9月29日 (当村文四郎儀何卒不相替少シ宛正米売買之世話出来仕候様)乍恐奉歎上候御事 沓井村本人文四郎外2人 庄屋酒造右衛門外3人 1通 阿子田家 4-177
天明6年9月 (久瀬川通東ニ簗掛候ニ付心得違仕無調法之段)御詫申一札之事 脛永村清七外5人 御役人 1通 阿子田家 4-178
寛政11年6月 (医師住所等ニ付)御侘奉申上候一札之事 脛永村長俊 脛永村庄屋幸吉外4人 1通 阿子田家 4-179
嘉永2年11月 壱年限ニ売渡申田地証文之事 沓井村田地買主謙助外1人 久助 1通 阿子田家 4-180
文政10年6月 (御目附御手代役等被為仰付ニ付)奉差上御請証文之事 御手代遠藤定右衛門外1人 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-181
明和8年12月 (庄屋文右衛門組頭留八病気ニ付跡役之儀藤蔵並丈八多門此三人江被為仰付被下置候様)乍恐口上書を以奉願上候 沓井村庄屋文右衛門外8人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-182
明和2年1月 (忠兵衛跡役之儀御目通ニ而被仰付被下置候様)乍恐書付以奉申上候 脛永村庄屋忠兵衛外8人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-183
宝暦2年6月 (未年御廻米)覚 三宅半左衛門・守沢太兵衛 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-184
文化8年7月29日 (午年御廻米)覚 福島勘治 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-185
文久元年6月10日 (申年御廻米)覚 末吉繁 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-186
明和4年5月16日 (戌年御廻米)覚 浦池三右衛門より 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-187
明和2年6月 (申年御廻米)覚 浦池三右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-188
文化7年7月22日 (巳年御廻米)覚 福島勘治 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-189
文化元年6月4日 (亥年御廻米)覚 福島勘治 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-190
文化9年9月2日 (未年御廻米)覚 稲村右源太 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-191
宝暦13年6月 (午年御廻米)覚 浦池三右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-192
元治元年5月 (亥年御廻米)覚 山崎武雄 阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-193
文化11年5月15日 (酉年御廻米)覚 完林千次郎・稲村右源太 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-194
明和元年6月 (未年御廻米)覚 浦池三右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-195
安政5年6月11日 (未年御廻米)覚 浦池三右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-196
宝暦5年7月22日 (御廻米)覚 守沢太兵衛 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-197
文化14年3月23日 (子納御廻米)皆済目録 井上新治・野原多門 稲村右源太・完林千次郎 1通 阿子田家 4-198
文化12年4月5日 (戌納御廻米)皆済目録 野原藤左衛門 稲村右源太・完林千次郎 1通 阿子田家 4-199
元文元年7月3日 (先三郎右衛門跡式并相果候砌葬場并遣用之金子之儀出入取鎮候ニ付)三郎右衛門江申渡覚 中村治右衛門 野原所助 - 阿子田家 4-200
元文元年7月6日 (脛永村百姓三郎右衛門出入ニ付、私下方ニ而取曖相済申度、差上置候御願書御下ケ被為下候様)乍恐口上 宿伊勢屋仁右衛門 中村右衛門(村脱) 1通 阿子田家 4-201
文化7年11月29日 (金七拾八両・明石屋吉兵衛江相渡差下候ニ付)覚 大阪蔵役所岡村泰蔵 伊東播磨守内野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-202
年未詳.5月9日 (纒、玉薬箱、番筒鉄砲等差向候ニ付)覚 中島五兵衛・三宅譲四郎・池田演 阿子田藤左衛門、阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-203
年未詳.5月20日 (纒、玉薬箱、番筒鉄砲等落手仕候ニ付)覚 阿子田藤馬・阿子田藤左衛門 池田演・三宅譲四郎・中嶋五兵衛 1通 阿子田家 4-204
年月日未詳 (沓井村田地絵図)     1枚 阿子田家 4-206
文政8年 (野方ニ生立候雑木野組立会早速取払小家等も引取候様市場村被召出被仰出被下置候様)乍恐以口書奉願上候 井頭杉原住三郎外18人 御代官御役所 1通 阿子田家 4-207
文政11年2月 (先達て市場村相手取新生之儀ニ付大垣御役所江出訴仕置候儀ニ付)差出申一札之事 尾州御領山洞村庄屋代吉外4人 井頭松原住三郎・井組野組名主衆中 1通 阿子田家 4-208
文政8年 井組野組村訳之覚     1冊 阿子田家 4-209
天保3年閏11月 (池田筋小嶋筋野組々立会)秣場済口証文之事 訴訟方相手方25人 戸田采女正様御領分御取?人石神村青木利左衛門 1通 阿子田家 4-210
明治4年2月1日 (今般御趣意奉戴帰農仕度奉存候ニ付)奉願口上覚 阿子田積外2人 藩庁 1通 阿子田家 4-211-1
(明治3年)10月8日 (速ニ権大参事)職ヲ免セラレ度ニ付書状 立川権大参事能博 藩庁御中 1通 阿子田家 4-211-2止
寛永17年5月8日 辰ノ春奉公人覚 下川七左衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-212-1
寛永5年11月15日 請取之濃州御年貢米事 下川七左衛門 一友老 1通 阿子田家 4-212-2
寛永5年12月21日 濃州両村卯ノ年御未進米請取之事 下川七左衛門 くつい一友老 1通 阿子田家 4-212-4
正徳4年2月 (他領と公事出入り儀有之候とも取扱申間鋪候ニ付)十兵衛平次并組頭共え申渡口上書 中村治右衛門外2人   1通 阿子田家 4-213
安永4年3月2日 (脛永村溝口村両村差当リ候御用并御普請旁御大切至極之御儀当分私共兼役被仰付奉畏候ニ付)御請奉申上候 沓井村庄屋当番丈八外2人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-214
年月日未詳 (此度兵次儀御尋被遊候ニ付、私共近年兵次と一切出合不申候故差障害之儀無御座候ニ付)乍恐口書之覚     1通 阿子田家 4-215
年未詳.6月 (脛永村杉右衛門跡役之儀下々ニ而者相定リ不申御上御目通ニ而被仰付被下置候様)乍恐以書付奉申上口上之覚 脛永村庄屋幸助・溝口村庄屋甚右衛門外3人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-216
寛政1年5月 (北粕川埋樋御破損所状方被為仰付候ニ付拾間半之作料御払被為仰付被下置候様御取成ヲ以奉願上候ニ付)一札 大江脛永村久蔵・九郎治・利助 庄屋幸助・弥吉・三右衛門 1通 阿子田家 4-217-2止
寛政2年6月23日 (当二月私妻古郷江参り親元より京都本願寺江参詣仕候ニ付、各様江御断申上蒙御免参詣可仕之処、心得違仕ニ付)御詫申一札之事 溝口村願主兵左衛門・同村組内十郎右衛門 村御役人衆中様 1通 阿子田家 4-218
文化4年6月 (脛永村郷蔵去年正月十五日夜焼失仕候ニ付当番之者奉恐入相隠レ候儀何連ニても居住所相知候ハゞ御宥免被下置候様) 親類惣代次郎兵衛外6人 庄屋幸助外4人 1枚 阿子田家 4-219
天明7年2月6日 (右之印形向後相用度奉存ニ付)乍恐奉願上御事 溝口村外根八 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-220
天明6年5月3日 (向後者左之印形ニ而御済被下置候様)乍恐御改奉申上候 溝口村組頭外根八 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-221
年未詳.8月 (私儀印形取失候ニ付御上様江差上候御請書印形之儀兄庄七印形借り印仕差上候ニ付)口上書 外根八 村御役人中 1通 阿子田家 4-222
年未詳.8月 (私儀印形取失候ニ付御上様江差上候御請書印之儀兄作次郎印形借り印仕候ニ付)口上覚 太郎左衛門 村御役人衆中 1通 阿子田家 4-224
年月日未詳 未年下用帳 次郎衛門外4人   1冊 阿子田家 4-226
天保12年5月 (当村蓮華寺後住之儀者当国不破郡荒川村川柳菴戒林え相渡度奉存候ニ付)乍恐奉願上一札之事 脛永村法幢寺戒岳 井上清治・阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-234
延享3年11月18日 (此度蓮花寺建立ニ付)譲り渡ス薬師森并澄明田蓮花寺鐘守之森之事 乾門・保春 安藤平治・安藤斎宮 1通 阿子田家 4-235
寛延2年20月25日 (蓮花寺建立に付兵治より忠助買物算用引追金高百五十両斗も御座候而忠介壱人ニふり掛ケ申積リヱニ相見ヘ申候ニ付)乍恐以御内意御注進申上候 はき長村庄や中   1通 阿子田家 4-237
文化6年7月 (蓮花寺再建ニ付寄付仕常住米・徳米之儀御地改被仰付候て行違等出来入組申候ニ付和熟仕)済口証文之事 蓮花寺玄髄施主人長喜・兵次郎 沓井村曖人神護寺温宗 1通 阿子田家 4-238
未.2 (当蔵儀重科書付を以承知之印形致候処旦那寺相詫被申出依歎罪科差宥候ニ付)申渡之事     1通 阿子田家 4-239
天保12年2月 (当村本寺法幢寺謙童長老移転被相願候ニ付拙僧同寺え転住仕度奉存候儀)乍恐奉願上一札之事 脛永村蓮華寺戒岳 井上清治・阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-240
天保12年2月 (当村法幢寺後住之儀同村蓮花寺戒岳長老後住ニ仕度檀中相談之上)乍恐奉願上候御事 脛永村檀家惣代太郎蔵・同村同断兵治 庄屋庫十郎外3人 1通 阿子田家 4-241
天保12年2月 (拙僧儀霊水寺え移転仕度ニ付拙寺後住之儀者当村蓮華寺戒岳え相渡度奉存候ニ付)乍恐奉願上一札之事 脛永村法幢寺謙童 井上清治・阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-242
天保12年5月 (当村蓮華寺後住之儀当国不破郡荒川村川柳菴戒林長老後住ニ仕度奉存候ニ付)乍恐奉願上候御事 脛永村兵治 庄屋庫十郎外3人 1通 阿子田家 4-243
(天保12年)閏1月 (殿様奥様英章院様え献上諸費請金)覚 旧井常右衛門・浅野杣平   1通 阿子田家 4-244
年未詳.7月22日 (出張催促書状) 志知喜平自次・水野九郎左衛門 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-245
寅.5月11日 (去暮御蔵拂米之内御買戻ニ相成候代金米百石)覚 沓井村庄屋源蔵・脛永村庄屋亥十郎 野原多門・井上新治 1通 阿子田家 4-246
午.1月5日 法幢寺・阿子田藤左衛門両郷百姓共より殿様若殿様御奥様英章院様上々殿へ枝柿御扇子鳥目鰹節等献上仕候)覚 井上藤左衛門・阿子田藤左衛門 完林七兵衛・久米協 1通 阿子田家 4-247
年未詳.2月6日 (江戸室町弐丁目京屋弥兵衛江相渡差立候)送り状之事 中嶋五平衛外1人 阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-250
年未詳.7月22日 (出張催促書状) 志知喜平自次・水野九郎左衛門 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-251
年月日未詳 御印桝御定直段     1枚 阿子田家 4-252
安永3年3月 (境内之御禁制札被成下度并祠堂田御年貢之外高掛諸役免除被仰付度)奉願口上之覚 法幢寺大英 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-253
明和8年8月 (私養子帯刀ニテ村方江相廻候儀、御用捨被成、養子相続仕候様願入申)一札 喜八 村御役人衆中 1通 阿子田家 4-254
寛永10年6月14日 (私共一流紋所之儀、御役所様ヘ御願申上間敷儀ニ付)乍恐奉差上候御詫書之事 親類惣代小平治外3人 脛永村庄屋幸吉外2人・溝口村庄屋小十郎外1人 1通 阿子田家 4-255-1
寛政10年6月14日 (私紋所之儀ニ故障被申掛候ニ付御役所様江申上間敷儀ニ付)乍恐奉差上候御詫書之事 脛永村惣八 脛永村庄屋2人・溝口村庄屋小十郎外1人 1通 阿子田家 4-255-2
宝暦7年8月 (門庇等其外新規筋之義ニ付)乍恐書付を以奉申上候 忠兵衛外4人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-256-1
宝暦7年8月 (宝暦4年戌之春溝口村藤十郎・平十郎開門庇等拵候儀、去子之五月脛永村三郎右衛門新規ニ庇拵立候儀、三郎右衛門・利右衛門跡式之義ニ付)乍恐書付を以御尋申候 脛永村頭百姓中 村御役人中様 1通 阿子田家 4-256-2止
安永2年8月 (此度脛永村常七・伝内両人之者御在所様江推参仕御願申上候ニ付)乍恐口上書を以奉申上候 脛永村庄屋幸助外3人・溝口村庄屋甚右衛門外1人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-257
安永2年8月 (此度脛永村常七・伝内両人之者御在所様江推参仕御願申上候ニ付)乍恐口上書を以奉申上候 脛永村庄屋幸助外3人・溝口村庄屋甚右衛門外1人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-258-1
(安永2年) (村役人より村人四・五人へ為致対談候儀常七・伝内両御役所様へ罷登り候儀、常七・伝内一類之内養子仕候儀ニ付)此度御尋被為遊候御書付を以奉申上候     1通 阿子田家 4-258-2止
巳.3月9日 (私共論屋敷見分之節、日かげ之願ハ仰ニ御座候得共外之儀ハ不承候ニ付)乍恐以口書申上候 沓井村名主野原市郎次外2人 御役所 1通 阿子田家 4-259-1
巳.2月28日 (私儀先前之通り横屋ニ被仰付被下候等ニ付)乍恐口上ニ而申上候 いの 御役所 1通 阿子田家 4-259-2
寛政5年5月 (国蔵・直治郎一類之者と家苗之義只今□之通裁訴被為仰付一々御申請上候ニ付)御申請一札之事 脛永村九内・太十郎 庄屋幸吉外3人 1通 阿子田家 4-259-3止
宝暦2年10月 (此度開キ門ニ付被為御尋候ニ付委細書付差上申候)覚 庄屋忠兵衛外4人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-260-1
宝暦3年2月 (溝口村御百姓之内近年分限不相応之普請并軽キもの共上下杯着申義ニ付)乍恐差上申済口証文之事 溝口村庄屋三右衛門外1人・脛永村庄屋忠兵衛外2人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-260-2
宝暦3年2月 (溝口村御百姓之内近年分限不相応之普請并軽キもの共上下杯着申義ニ付)乍恐差上申済口証文之事 溝口村庄屋三右衛門外1人・脛永村庄屋忠兵衛外2人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-260-3
宝暦3年12月 (私共向後迚も上下着申度御願申候処、御役所様江御祝儀杯ニ罷出候節者袴羽織、村方祝儀其外相勤候節者継上下杯者不苦候様被仰付承知仕候ニ付)一札 溝口村平重郎・同村藤重郎 忠兵衛・直右衛門・杉右衛門 1通 阿子田家 4-260-4
宝暦3年 (私共向後迚茂上下着用申度御願申候処、御役所様江御祝儀杯ニ罷出候節者袴羽織、村方祝儀其外相勤候節者継上下杯者不苦茂候様被仰聞承知仕候)一札 溝口村藤重郎 忠兵衛・杉右衛門・直右衛門 1通 阿子田家 4-260-5
巳.2月28日 (私屋敷本家仕候儀、被為仰付被下候様)乍恐以口上返答申上候 杉右衛門 御役所様 1通 阿子田家 4-261
安永6年2月 (脛永村佐吉庇相構申候儀・溝口村庄七庇相構申候儀・去ル未申両年秋作表作共悪年ニ御座候儀・脛永村用水之儀・庄屋杉右衛門跡役所之儀・庄屋杉右衛門跡役所之儀ニ付)乍恐書付を以奉願上候 脛永村庄屋幸助外2人・溝口村庄屋甚右衛門外1人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-262-1
安永6年3月 (林蔵庇儀村頭分ニ被差置相済候而村役人面目無御座ニ付御在所様迄御差登□被下置候様ニ付)乍恐書付を以奉願上候 脛永村庄屋幸助外2人・溝口村庄屋甚右衛門外1人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-262-2止
年月日未詳 安政七庚申歳以来三ヶ村宗帳并増減帳共都合七冊分略控 阿子田舎   1冊 阿子田家 4-265
明治5年4月 (沓井村)村々明細帳、但村鑑共 沓井村百姓代野原志津右衛門外4人   1冊 阿子田家 4-266
明治5年4月 租税明細帳(元岡田県) 元岡田県より 岐阜県 1冊 阿子田家 4-267
年月日未詳 代官手扣     1冊 阿子田家 4-268
元治2年4月 (私病気之儀も快方ニ付此御侭ニ而示来改心之躰□被為下置候様)乍恐御内々御歎願申上候御事 御手代役渡辺助之進 御役所阿子田藤左衛門・阿子田藤馬 1通 阿子田家 4-270
年月日未詳 (蓮華寺建立ニ付)乍恐御内々御注進申上候     1通 阿子田家 4-271
正徳3年11月 (出入之算用・井水御物成金之儀村入用段々大分多ク罷成候儀ニ付)□恐御断申上候 脛永村高持御百姓弐拾七人 御役人衆中 1通 阿子田家 4-272
正徳5年3月12日 (富右衛門久兵衛方ニ而御見立申候御病人入用之義二付)乍恐御断申上候 脛永村藤七外4人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-273
天保4.冬 本命的殺之図 阿子田舎久   1点 阿子田家 4-274
年月日未詳 (新田境・同所下蛇籠数書上)     1通 阿子田家 4-275
天保10年8月 (沓井村久米右衛門儀庄屋役御免被為仰付被下置候様)乍恐奉願上候御事 沓井村庄屋造酒右衛門外3人 井上清治・阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-276
天保11年8月 (脛永村治左衛門儀組頭役御免被為仰付被為下候様)乍恐奉願上候御事 溝口村組頭三右衛門・庫十郎 井上新治・阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-277
年月日未詳 (譲田地之儀去亥年庄屋中より被相渡候印形書付之高石ニ無相違私方江急渡被相渡候様)乍恐奉願上口書覚 願主沓井村杉四郎世忰未松母   1通 阿子田家 4-278
文久2年2月10日 (私両親共之儀村帳入之処此侭ニ而御高含被成下置候様)乍恐御嘆願奉申上候御事 坪井礼助 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-280
寛政8年6月3日 (当村喜右衛門後家跡式之儀ニ付、私心得違申上候ニ付)御詫奉申上一札之事 溝口村勘兵衛 脛永村庄屋幸吉外2人・溝口村庄屋小重郎外1人 1通 阿子田家 4-281
丑.9月20日 (年貢払)覚 野原藤左衛門 尾関藤太輔 1通 阿子田家 4-282
(元禄8年)ヵ 沓井村組頭半之丞・角兵衛御拝借米覚     1通 阿子田家 4-283-1
(元禄8年)ヵ9月12日 沓井村組頭半之丞・角兵衛御拝借米被仰付候覚   神西 1通 阿子田家 4-283-2止
辰.3 (利右衛門後家先養子左吉事、甚兵衛身分丈七事)伝内江相尋候口上覚 脛永村伝内 御役所 1通 阿子田家 4-284
文政7年4月 (当申暮より来ル巳暮迄拾ヶ年之間毎歳十二月金拾両ツヽ上納可仕候ニ付)差上申御請一札之事 沓井村年行司進右衛門外18人 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-285
(宝暦年間).1月6日 (御下向ニ付大垣宿江脛永村沓井村より里数三里半程御守ニ付申上候) 伊東銀次郎家来阿子田藤左衛門   1通 阿子田家 4-286
宝暦2年6月 (拙寺末寺蓮華寺之儀、此度勢州川俣東瀬寺先住牛仙和尚招請仕住住職申度ニ付)差上申口之覚 法幢寺 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-287
寛延1年12月 (当秋以来拙僧出入之儀ニ付)差上申証文之事 法幢寺先住石車   1通 阿子田家 4-289
宝暦12年2月 (拙者末寺蓮華寺再建ニ付御役所より御添書被成下候様ニ願上候 脛永村法幢寺 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-290
丑.1月30日 (美濃両郷献上)覚 野次右衛門   1通 阿子田家 4-292
年未詳.11月1日 (貴村蓮華寺之儀ニ付御報可被成候得共今日寺用取込被在候ニ付)書状 妙応寺役寮 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-293
(元治2年)1月5日 (両郷百姓共より御隠居様え御礼鳥目五百文)覚 阿子田藤馬・阿子田藤左衛門 池田演外2人 1通 阿子田家 4-294
年未詳.閏10月22日 脛永村蓮花寺願之儀法幢寺より書付を以御届被申上候由入御念願御尋候ニ付)書状 妙応寺役寮 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-295
宝暦2年11月 (来酉ノ二月朔より十四日迄入佛供養相勤申度御願申上候ニ付)差上申口上書 法幢寺 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-296
年未詳.閏10月22日 (和尚之儀者無所住之和尚ニ候并支配之和尚ニ無之候ニ付蓮華寺之儀者其許定免許可申渡候ニ付書状) 野原藤左衛門 妙応寺御役寮中 1通 阿子田家 4-297
文政5年7月 (沓井村平蔵儀十三ヶ年以前妻子四人共召連家仕候処此度相知申候故帰帳被為仰付被下置候様)乍恐奉願上候御事 沓井村願主親類新右衛門外2人 庄屋謙蔵外2人 1通 阿子田家 4-298
文政3年6月12日 (私方兄甚吉儀縊死仕候ニ付仮葬被為仰付候様)差上申一札之事 沓井村繁蔵後家・同村親類又兵衛 庄屋謙蔵外2人 1通 阿子田家 4-299
年未詳.7月22日 (私儀並御中小性え立身被仰付御宛行並之通被下置候ニ付書状) 阿子田藤馬舎弘 完林十郎右衛門・末吉一郎 1通 阿子田家 4-300
年未詳.7月22日 (私儀並中小性え立身被仰付御宛行並之通被下置候ニ付書状) 阿子田藤馬 完林十郎右衛門・末吉一郎 1通 阿子田家 4-301
文政4年11月6日 (武州入間郡塚越村惣助と申者脛永村東瀬古ニ而今朝相果ニ付仮葬建礼等被為仰付候様)差上申一札之事 溝口村庄屋喜左衛門外1人・脛永村庄屋亥十郎外2人 坪井治郎兵衛・渡辺左源太 1通 阿子田家 4-302
年未詳.7月22日 (私儀並中小性え立身被仰付御宛行並之通被下置候ニ付書状) 阿子田藤馬 完林十郎右衛門・末吉一郎 1通 阿子田家 4-303
年未詳.7月22日 (並中小性え立身被仰付御宛行並之通被下置候ニ付書状) 阿子田藤馬 完林十郎右衛門・末吉一郎 1通 阿子田家 4-304
年未詳.7月22日 (私儀並中小性え立身被仰付御宛行並之通被下置候ニ付書状) 阿子田藤馬 完林十郎右衛門・末吉一郎 1通 阿子田家 4-305
文政4年9月 (拙者儀江州坂郡長岡村西福寺江移転仕度并拙寺後住之儀ニ付)乍恐口上書一札 脛永村蓮花寺道印 阿子田藤左衛門座 1通 阿子田家 4-306
文政3年12月7日 (沓井村薬師寺後住之儀当国池田郡本郷村龍徳寺弟子守節後住仕度ニ付)奉願上口上覚 阿子田藤左衛門 塩尻藤兵衛 1通 阿子田家 4-307
(明治2年)10月5日 (私儀邑民副主事被仰付候儀御請可申上候ニ付)書状 阿子田積 千理外6人 1通 阿子田家 4-308
(文政4年)1月 (献上金)覚 中嶋顕蔵 稲村右源太 1通 阿子田家 4-309
(明治2年)10月10日 (私儀邑民副主事被仰愚父福儀御境江参上仕候儀ニ付)書状 阿子田積 立汲参人々御中 1通 阿子田家 4-311
年未詳.1月 (御差支ニ付別段ニ御用銀被仰付候処御請申上去暮上納皆済仕候口達書 安田一学   1通 阿子田家 4-312
文政4年9月 (当村蓮花寺後住之儀江州坂田郡杉沢村玉泉寺独番長老後住ニ付仕度ニ付)乍恐奉願上候御事 脛永村願主平治 庄屋亥十郎外2人 1通 阿子田家 4-313
巳.1月5日 (献上金)覚 阿子田藤左衛門 稲村右源太 1通 阿子田家 4-314
年未詳.1月21日 (貴殿伊勢参詣之儀ニ付)申達書 児嶋満蔵 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-315
丑.1月5日 (献上金)覚 井上新治・野原多門 稲村右源太・完林千次郎 1通 阿子田家 4-316
年未詳.10月11日 (俊三・立靄改名仕度奉存候ニ付)口上書 渡辺助之進 阿子田積 1通 阿子田家 4-318
天保14年9月 (私儀近年病気ニ相成候上老衰茂仕御暇被仰付被為下候様)乍恐口上覚 遠藤文左衛門 井上清治・阿子田新太郎 1通 阿子田家 4-319
(天保15年)3月6日 (奥様御儀去月十五日御逝去被遊候ニ付今六日より鳴物殺生者来ル五日迄日数二十日普請作事者来ル十五日迄日数十日御停止被仰出候ニ付)御触書 阿子田新太郎・井上清治 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-320
年未詳.2月14日 (御用之儀有之候間明十五日四ツ時組頭仮役召連一同御役所江可罷出候) 阿子田積 沓井村役人中 1通 阿子田家 4-321
(慶応元年)9月6日 (和宮様御実母観行院様先月十四日御逝去ニ付今六日より来ル十二迄日数十日之間鳴物殺生停止被仰出候ニ付)御触書 御役所 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-322
年未詳.11月11日 (立川直紀殿去月十四日被致病死候ニ付今日より明後日十三日迄日数三日之間鳴者殺生とも御停止被仰出候ニ付廻札) 御役所 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-323
(文久2年)12月15日 (藤馬儀被召当出役見習被仰付候ニ付)廻状 御役所 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-324
未.12月24日 (就県用明廿五日濃州沓井村出張所出立大阪表元岡田県用所迄差下候人足)覚 元岡田県 濃州赤坂駅城州伏見駅迄駅御役中 1通 阿子田家 4-325
年未詳.1月9日 (御条目読渡之儀来ル廿日迄延引仕定日ニ者司事職始番役茂可致出張候ニ付)廻札 阿子田積 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-326
明治2年12月1日 御預り置申金子之事 藤井重真 阿子田御代 1通 阿子田家 4-327
酉.1月5日 (法幢寺・阿子田藤左衛門・両郷御百姓共より殿様御奥様英章院様上々様え献上物献上金)覚 小野珍平・阿子田藤左衛門 完林七兵衛・久米協 1通 阿子田家 4-328
文化13年12月 (私共親兄惣左衛門過分之借仕候儀御蔵米御切手金主先より請取久右衛門江相渡様仕度ニ付)乍恐以書附御歎奉申上候 三輪村上町惣左衛門・忰願主要吉・外1人 伊東播磨守御役所 1通 阿子田家 4-330
文化13年12月7日 (金子元利共返済可仕候間惣左衛門御糺之上預ケ置候米手形相渡候様)乍恐口上書を以奉願上候 沓井村組頭造酒右衛門外2人 岡田将監御役所 1通 阿子田家 4-332
(安政3年)6月25日 (今般改名願之通被仰付難有之旨申上候) 立川伸之丞重静 阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-333
年未詳.9月5日 (献上物)覚 禅蔵寺納所 阿子田御役人中 1通 阿子田家 4-339
年未詳.3月11日 (御道具奉拝借度ニ付)覚 禅蔵寺 阿子田藤左影門 1通 阿子田家 4-340
安政6年11月30日 奉差上御預之金子証文之事 脛永村御願主重兵衛 阿子田御代御取次中 1通 阿子田家 4-341
安政3年3月 頼母子講金借用証 沓井村阿子田内久助 脛永村安藤春道・頼母子壱ツ中 1通 阿子田家 4-342
明治4年4月20日 (頼母子講初掛金請取証文) 利右衛門   1通 阿子田家 4-343
年未詳.8月27日 (きく母病死仕候付葬式之分明十八日九ツ時執行申度御案内申上候 本郷石田真州 沓井村阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-344
元禄2年12月21日 請取申金子之事 山崎清右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-345
元禄10年3月22日 請取申拝借上納金之事 三宅惣兵衛 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-346
元禄9年12月15日 (拝借年割子ノ暮上納金)覚 神西弥次右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-347
元禄3年12月20日 請取申金子之事 神西弥次右衛門 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-348
年未詳.7月26日 (貴殿拝借金元利共段々被差上候ニ付)書状 守沢喜兵衛 野原藤佐衛門 1通 阿子田家 4-352
卯.2月27日 (田地代金九拾五両請取証文) 野原藤左衛門 脛長村源三郎外1人 1通 阿子田家 4-353
年月日未詳 (沓井村御物成金)覚     1通 阿子田家 4-354
明和4年2月 (其方親一栄死後跡式配分之儀ニ付所助より及訴訟候故其方より茂返答書其外願所等差出候様)市郎治江申渡覚     1通 阿子田家 4-355
宝暦3年10月 (脛永村余水御新田所江可遣儀ニ付)乍恐差上申一礼之事 美濃国池田郡脛永村庄屋忠兵衛外2人   1通 阿子田家 4-356
年未詳.1月21日 (野原所助外三人来月四日大坂着可被致候ニ付)覚 塩尻藤兵衛より野原所助宛   1通 阿子田家 4-357
亥.2 (不届ニ付御扶持給并役屋敷共ニ被召上候儀)所助江申渡覚     1通 阿子田家 4-358
亥.10 (掟米割方遣シ申候ニ付)覚 脛永村庄屋小四郎・溝口村庄屋忠兵衛外3人・沓井村組頭藤右衛門外1人 野原所助 1冊 阿子田家 4-359
亥.10 (掟米割方遣シ申候ニ付)覚 脛永村庄屋小四郎・溝口村庄屋忠兵衛外3人・沓井村組頭藤右衛門外1人 野原所助 1冊 阿子田家 4-360
文化5年.閏6 郷蔵諸入用并仕様帳 沓井村庄屋林右衛門外2人 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-361
安政7年11月 殿様御法律ニ付備中行諸入用帳     1通 阿子田家 4-362
嘉永5年12月 (年中月並御改村方証文・寺請古郷送書指上申候ニ付)覚 阿子田新太郎 樋口藤兵衛・三宅弾介 1通 阿子田家 4-363
未(宝暦).12 (拙僧存命之事内家道具之事死後餞之儀ニ付)別紙書置之事 宗寔 野原市次郎 1通 阿子田家 4-367
年月日未詳 (去秋中拾三通之書付差上候処弐通写を差上置拙僧共隠置不仕候ニ付)口上書 石車徒弟蒙耕・長運 関三箇寺御役者中 1通 阿子田家 4-369
(明治2年)11月3日 (今度御変革之折御役替其外被仰出候ニ付)御用状 酒井猩三 阿子田福・阿子田積 1通 阿子田家 4-371
貞享5年3月5日 (今度鉄炮御改被仰出候ニ付拙者共五人組内悉吟味仕)差上申一札之事 沓井村組頭半之丞・角兵衛外60名 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-372
寅.5 (三郎右衛門・与十郎出入ニ付)差上申口上書 庄屋・組頭 御役所 1通 阿子田家 4-373
宝永4年8月19日 寺請状之事 池田郡萩原村善福寺浄□ 伊東民部様領内脛永村庄屋十兵衛・三右衛門 1通 阿子田家 4-375
寛保2年11月 (いぬまき之木御領内無御座候ニ付)以書付申上候 濃州池田郡沓井村庄屋市郎治外2人 野原所助 1通 阿子田家 4-376
年未詳.3月2日 (私儀組頭役之義被召替被下候様)乍恐以口上書御訴訟申上候 脛長村善四郎 野原藤左衛門 1通 阿子田家 4-377
正徳4年8月28日 (私女房宗旨替リ申候而私世伜女房替リ御寺様旦那ニ仕候ニ付)口上覚     1通 阿子田家 4-378
宝永4年8月15日 (池田郡小嶋之庄白樫村太郎兵衛娘まきと申者沓井村文右衛門殿ヘ奉公ニ参候ニ付)寺請状之事 大野郡宝来寺仏照寺 伊東民部様御領分沓井村宇右衛門 1通 阿子田家 4-379
未.9月20日 (新田場之松苗等之儀ニ付) 今林甚介 市郎・三右衛門 1通 阿子田家 4-380
年未詳.2月21日 (御艶様御儀去ル三日御逝去ニ付今日より鳴物殺普請共七日之間御停止被仰出候ニ付御触書) 阿子田藤左衛門・服部真平 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-382
天保10年10月10日 (御用弓張挑灯拝借仕候ニ付)覚 遠藤文右衛門 御役所 1通 阿子田家 4-383
天保10年10月10日 (御用弓張挑灯拝借仕候ニ付)覚 渡辺助之進 御役所 1通 阿子田家 4-384
年未詳.11月21日 (女院大宮御事崩御御被成候ニ付今日より明後廿三日迄鳴物殺生三日之間御停止被仰候ニ付御触書 阿子田新太郎 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-385
(寛文4年)12月11日 (沓井脛永両村庄号之儀豊久庄を沓井村加茂庄を脛永村と相唱ヘ候様可相心得候) 阿子田藤左衛門 沓井溝口・脛永村庄屋・組頭中 1冊 阿子田家 4-386
年未詳.10月7日 (当正月十八日夜三拾間堀弐町目国次郎店権四郎并同人忰豊三郎娘美代を及殺害候躰ニ而欠落致し候召仕惣七人相書) 阿子田新太郎 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-388
年未詳.9月15日 (今般京都より江戸表江之御入輿有之来ル十八九日近宿之御下向御座候ニ付近辺江出懸ヶ候もの無之様御触書) 阿子田新太郎 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-389
年未詳.9月7日 (殿様御家督無相違被為蒙仰候ニ付明昼当御役所迄御出可有之候) 阿子田新太郎 沓井村神護寺・薬師寺・脛永村法憧寺・蓮花寺 1通 阿子田家 4-390
年未詳.12月29日 (殿様御官位被為蒙仰若狭守様と奉称候ニ付明昼当御役所江一同罷出候ニ付)廻札 阿子田藤左衛門 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-391
(嘉永3年)7月5日 (殿様先月十九日御逝去ニ付明六日昼御悔として当御役所迄御出可有之候ニ付廻状) 阿子田新太郎 沓井村神護寺・薬師寺・脛永村法憧寺・蓮華寺 1通 阿子田家 4-392
年未詳.3月25日 (今般寺社奉行塩尻藤兵衛殿江被仰付候ニ付廻状) 井上新治・野原多門 法憧寺・蓮花寺・薬師寺 1通 阿子田家 4-393
年未詳.8月20日 (石川靱負様御父白川様奥方様死去ニ付今日より鳴りもの八五日普請者二日御停止被仰出候ニ付)御触書     1通 阿子田家 4-394
年未詳.9月17日 (当三月十日夜下総国結城町庄七并召仕惣助外壱人を及殺害迯去候右庄七之召仕幼名与曽吉事九兵衛人相書) 阿子田新太郎 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-395
(文化13年)9月10日 (多門儀忌中御免其上亡父藤左衛門跡役被仰付候) 井上新治・野原多門 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-396
年未詳.7月16日 (江戸表御簾中様御逝去ニ付今十六日より普請作事者来ル廿日迄日数五日鳴物殺生者去ル廿五日迄日数十日之間御停止被仰付候ニ付触書) 阿子田新太郎 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-397
年未詳.2月21日 (当国正月廿一日元主人作州久米北修部和田北村松右衛門伜勝蔵夫婦江疵為負逃去候趣ニ相聞候同国久米南修部下二ケ村百姓三郎兵衛伜重次郎人相書 阿子田藤左衛門 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-398
年未詳.12月29日 (殿様御官位被為蒙仰若狭守様と奉称候ニ付)廻状 阿子田藤左衛門 沓井村神護寺・薬師寺脛永村法憧寺・蓮花寺 1通 阿子田家 4-399
年未詳.3月25日 (御部屋様御病気御養生無御叶御逝去被成候ニ付今日より鳴物殺生共日数三日尤普請者二日之間御停止被仰出候ニ付触書) 井上藤右衛門・阿子田藤左衛門 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-400
(嘉永3年)9月7日 (先殿様御逝去御停止之儀今日より皆御免被仰付候事等ニ付廻状 阿子田新太郎 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-401
(嘉永3年)7月5日 (殿様先月十九日被遊逝去候ニ付今日より鳴物殺生普請作事之御停止向者勿論万端物静ニ相愼候様廻状) 阿子田新太郎 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-402
(文政1年)12月26日 (今般野原多門儀阿子田藤左衛門と改姓名被仰付候ニ付廻書 阿子田藤左衛門・井上新治 沓井村・溝口村脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-403
戌.4月30日 (播磨守来ル十一日江戸表被致発駕候ニ付伊東播磨守内三宅小藤太より宿々問屋中ヘ先触至来仕候ニ付御注進書) 赤坂宿籐屋孫兵衛 伊東播磨守御役所 1通 阿子田家 4-404
戌.5月2日 (播磨守止宿明廿八日以降一日之延引ニ相成候ニ付伊東播磨守内三宅三郎右衛門より宿々御本陣ヘ御触書至来仕候ニ付御注進書) 赤坂宿籐屋孫兵 衛沓井村御役所 1通 阿子田家 4-405
戌.4月30日 (伊東播磨守様御儀為念別紙之通り写仕御注進奉申上候ニ付)覚 赤坂宿籐屋孫兵衛 沓井村御出張御役所御役人衆中 1通 阿子田家 4-406
戌.3月27日 (伊東播磨守江戸表被致発駕宿々休泊被申候ニ付三宅三郎右衛門より宿々御本陣中問屋中ヘ先触至仕候ニ付御注進書) 赤坂宿藤屋孫兵衛 伊東播磨守様御役所 1通 阿子田家 4-407
戌.9月3日 (多良高木藤兵衛様御屋敷先月廿九日夜御焼失被遊候ニ付)覚 赤坂宿藤屋孫兵衛 伊東播磨守御役所御役人中 1通 阿子田家 4-408
嘉永6年2月16日 (沓井村神護寺後住之儀当国山縣郡栗野村大龍寺弟子宗五後住仕度奉存候ニ付)奉願上口上覚 阿子田新太郎・阿子田藤左衛門 酒井友三郎 1通 阿子田家 4-409
元治2年4月25日 (沓井村薬師寺後住之儀先住耽丘弟子宜誠後住仕度奉存候ニ付)奉願上口上覚 阿子田藤馬・阿子田藤左衛門 三宅譲四郎 1通 阿子田家 4-410
天保14年閏9月23日 (沓井村神護寺後住之儀当国池田郡本郷村龍徳寺弟子祖微後住仕度奉存候ニ付)奉願上口上覚 阿子田新太郎・阿子田藤左衛門 三宅次郎兵衛 1通 阿子田家 4-411
年未詳.5月6日 (新太郎事阿子田藤左衛門と改名被仰出候) 御役所より沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中宛 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 - 阿子田家 4-412
年未詳.12月 (古金銀通用之儀当二月相触候通来亥年二月より弥通用停止候ニ御触)     1通 阿子田家 4-413
明治3年6月 (御土器御盃、御紙入、御もせん等ノ御糺ニ付奉申上候) 沓井村本人源右衛門・同村兄喜伝治・同村弟五郎治 御庄屋久米蔵・九内・御組頭喜三右衛門・儀右衛門 1通 阿子田家 4-414
正徳5年6月20日 宗旨証文之事 野原所助 末吉郷左衛門 1通 阿子田家 4-415
年未詳.3月10日 (帯刀様去月廿四日御逝去ニ付今日より鳴物殺生共被仰出候ニ付)御触書 阿子田藤左衛門 沓井村・溝口村・脛永村庄屋組頭中 1通 阿子田家 4-416
明治3年6月 (私儀御館入之儀御支止被為下置候ニ付)乍恐御請奉申上候 岡田藩支配所濃州池田郡沓井村百姓源右衛門   1通 阿子田家 4-417
文化10年9月 (当廿三日御先納被仰付候処私心得違御米御不足仕不調法之段御召出御吟味被仰付候ニ付)御詫奉申上一札之御事 沓井村定使甚左衛門 庄屋謙蔵・久右衛門・組頭林右衛門 1通 阿子田家 4-418
天保9年4月 (其御領分と此方知行所村北畑林方地双にて年寄役専右衛門所持之場所心得違一緒の田面ニ仕置候一件ニ付)差出申一札之事 沓井村北村年寄専右衛門外1人   1通 阿子田家 4-419
天保3年4月 (脛永村埋樋尻御百姓家無御座御田地作人不行届ニ付右場所江罷出家作仕度)乍恐奉願上候御事 溝口村願主善兵衛・同村同断国蔵・脛永村願主十右衛門 庄屋庫十郎外4人 1通 阿子田家 4-420
文政12年5月21日 (其表脛永村之内中村出五兵衛伜林右衛門事当御屋敷ニ罷越候而其表江罷帰度旨願出候ニ付書状)     1通 阿子田家 4-421
文政5年12月20日 (沓井村和兵衛役介治郎右衛門同人忰与三郎両人共去九月十三日家出仕候ニ付)乍恐御届奉申上候御事 沓井村庄屋酒造右衛門・謙蔵・沓井村組頭亀右衛門 山口十左衛門・阿子田藤左衛門 1通 阿子田家 4-422
明治3年11月3日 (当村源右衛門八月朔日夜出走仕候節久米五郎儀当番仕居甚不行届ニ付き)乍恐御詫奉申上候御事 沓井村久米五郎外3人 御庄屋久米蔵・九内・御組頭喜三右衛門・儀右衛門 1通 阿子田家 4-423
宝暦12年2月7日 (此度法幢寺御願被成候蓮華寺拙者再建仕候ニ付田地山林右之通寄附仕候儀)乍恐差上申一札之事 濃州池田郡脛永村平治・斎宮 妙応寺御役所 1通 阿子田家 4-236
子.11月20日 (曽平次身之上急度御請合申上候而私相治候間何卒此度之儀者御免被成下候様奉願上候ニ付)口書 脛永村太郎兵衛 御代官所 1通 阿子田家 4-424
文化12年6月23日 (私妹ちゑ義隣村池田之新田村ニ而急病差発リ落命致候ニ付)乍恐以書付奉願上候御事 脛永村兄徳蔵・同村組頭助蔵 庄屋幸助・庫十郎・組頭直右衛門 1通 阿子田家 4-425
文政2年8月 (庄屋久右衛門去冬致出走候ニ付私共江茂割賦金被成下慥ニ請取書付御戻申候相済候ニ付)覚 脛永村九内 沓井村庄屋謙蔵・同村組頭造酒右衛門 1通 阿子田家 4-426
安永6年11月 (一ヶ寺宛書文ヶ壱ヶ寺之旦那人数〆辻并家数〆相改書付差上申候ニ付)覚 沓井村庄屋留八・同村組頭藤蔵用治郎 木崎佐喜右衛門・明石新五衛門 1通 阿子田家 4-427
文政2年2月 (当村埋樋尻辺御百姓家無御座御田地作人不届ニ付右場所江罷出家作仕度奉願上候ニ付)乍恐奉願上候御事 脛永村願主亥助・九兵衛・仙右衛門 庄屋亥十郎・喜左衛門・組頭??左衛門・義平治 1通 阿子田家 4-428
文政2年閏4月 (当村之内埋樋尻辺御百姓無御座候ニ付出職御願申上候処為御手当金三両弐分宛被下置候ニ付)乍恐奉指上御請取書之事) 脛永村亥助・九兵衛・仙右衛門 庄屋亥十郎・喜左衛門・組頭?右衛門・義平治 1通 阿子田家 4-429
年月日未詳 両村拝領高之覚     1通 阿子田家 4-430
明治5年4月 明細帳村鑑共 脛永村百姓安藤太郎蔵外8人   1冊 阿子田家 4-431止

戻る

<外部リンク>