ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

岐阜県地震体験車

記事ID:0185232 2023年6月15日更新 防災課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

地震体験車ロゴマーク

岐阜県では、地震防災啓発活動のため、地震体験車を保有・運用しております。

地震体験車の概要

  • 荷台部分に装備された振動台が実際の地震のように振動することで、地震を体験することができます。
  • 地震体験を通じて、地震への備えの重要性をご理解していただけます。
  • 定位置は、「岐阜県広域防災センター」(各務原市川島小網町2151)です

 地震体験車(側面)地震体験車(出展中)

地震体験車の諸元

長さ 685cm
222cm
高さ 322cm
車両総重量 6805kg
乗車定員 3名
振動台定員(地震体験時) 4名

 

地震体験車の特長

9種類の震度階級別地震

震度1から震度7までの9種類の震度階級を自由に選択し体験できます。

6種類の再現地震

過去実際に発生した6種類の再現地震が体験できます。

  • 関東大震災
  • 兵庫県南部地震
  • 新潟中越地震
  • 東北地方太平洋沖地震
  • 熊本地震
  • 北海道胆振東部地震

8種類の想定地震

今後発生すると想定されている8種類の地震が体験できます。

  • 南海トラフ地震
  • 揖斐川-武儀川断層帯地震
  • 養老-桑名-四日市断層帯地震
  • 長良川上流断層帯地震
  • 屏風山・恵那山及び猿投山断層帯地震
  • 阿寺断層帯地震
  • 跡津川断層地震
  • 高山・大原断層地震

振動台の動力源としてリチウムイオン電池を使用

  • 作動に際して排気ガス及び騒音が出ないため、屋内での運用も可能。
  • 災害時における電源車としての活用も可能。(例:800W家庭用クーラーなら10時間 他)地震体験車荷台後方のリチウムイオン電池

6ヵ国語の音声ナレーションと画面テロップ

音声ナレーション及び画面テロップを6か国語(日本語、英語、中国語、ポルトガル語、タガログ語、ベトナム語)の中から選択できます。

 

地震体験車の貸出

地震体験車は防災啓発イベントや防災訓練などに利用するため、県内の市町村又は消防機関のみを対象に貸出を行っています。
※自治会、団体、企業または個人への貸出は行っておりません。

借受を希望する県内の市町村又は消防機関は、次の方法で申請してください。

  1. 広域防災センター(0586-89-4192)​に電話で仮予約をしてください。
    ※仮予約の受付は、希望日の5か月前の月の初日より開始します。
     (例 11月20日に貸出→6月1日から受付開始)
    ※電話は、広域防災センターの開館時間にしていただくようお願いします。
  2. 仮予約後、借受日の1週間前までに以下の書類を岐阜県防災課にメール又は郵送で提出してください。
    地震体験車借受申請書(要綱別記様式第1号) [Wordファイル/20KB]
    ・操作予定者の地震体験車取扱研修受講証明書(要領様式1号)の写し
  3. 予約受付が完了したら、岐阜県防災課から文書又は電話等により連絡します。

【関連規程】

【各種様式】


ミナモ(地震)

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>