ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

岐阜県広域防災センター

記事ID:0011678 2022年8月11日更新 防災課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

お知らせ

  • 7月21日(木曜日)から8月31日(水曜日)の間は、17時30分まで開館します。また、土日も開館しております(いずれも祝日、お盆期間を除く)。詳しくはこちらをご覧ください:広域防災センター 夏季特別開館のお知らせ(7月19日更新)
  • 8月20日(土曜日)と21日(日曜日)は、「防災教育フェア」を開催します。参加にはお申込みが必要です。また、両日ともフェア参加者以外の見学は受け付けておりません。詳しくは「防災教育フェア」のページをご覧ください。(7月19日更新)

施設の概要(学習・体験館)

岐阜県広域防災センターは、防災知識の普及向上や防災用資機材の備蓄等を目的として昭和57年に開設されました。

令和3年度には外壁改修・塗装工事を行いました。装い新たに生まれ変わった岐阜県広域防災センターに、ぜひお越しください。

施設外観

入館料

無料(訓練実習も無料です。)

開館日

  • 毎週火〜金曜日
  • 毎月第3日曜日
    ※祝日及び年末年始(12月28日〜1月4日)は休館します。
    ​※7月21日(木曜日)から8月31日(水曜日)の間は、土日も開館しております(いずれも祝日、お盆期間を除く)。詳しくはこちらをご覧ください:広域防災センター 夏季特別開館のお知らせ

開館時間

 9時から16時30分まで

※7月21日(木曜日)から8月31日(水曜日)の間は、17時30分まで開館しております。

広域防災センターにおける感染拡大防止対策について

○「密」を避けるため、同時に入館できる見学者の上限を30名程度としております。(これを超える団体の場合は、複数のグループに分けるなどにより対応していただきます。電話でご相談ください。)

○事前予約のお願い

・見学に際しては、事前に電話で予約をお願いします(電話 0586-89-4192)。

・ご予約のない方も、上限人数に達していなければ見学いただくことは可能です。ただし、予約のある方を優先します。

○見学者の方へ感染拡大防止のためのお願い

・マスク等の着用がないと入館できません。

・入館前に非接触体温計による検温及び手指の消毒をお願いしております。

・岐阜県感染警戒QRシステムによるメールアドレスの登録、または「連絡先カード」の記入にご協力ください。

・周りの方と一定の距離を保つ「フィジカルディスタンシング」にご協力ください。

・発熱等風邪症状をお持ちの方は入館をご遠慮ください。37.5℃以上の発熱が確認された場合は入館をお断りいたします。

 ※濃煙迷路体験は休止しております。


1階

地震体験装置

室内に設置された振動台が前後、左右、上下に複雑に揺れ、最大震度7の地震が体験できます。この体験を通じ、ご自分の住まいがこんなに揺れたら?と想像していただくことで、日頃の地震対策の重要性をご理解いただけます。
地震体験装置
●仕様

駆動方式:電動式

定  員:8人~10人

●特徴

正面に100インチスクリーンを配置し、地震によって崩れゆく建物など被災する街並みを映し出し、左右の壁面には家屋の倒壊を再現する「バーチャルウォール」や、食器棚が倒れる様子を再現する「カラクリウォール」を備えております。

●再現する地震]
濃尾地震(濃尾大震災)
関東地震(関東大震災)
兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)
新潟県中越地震
東海地震(想定)
東南海地震(想定)

からくりウォール(棚から食器が飛び出す様子を再現)

からくりウォール

バーチャルウォール(地震発生後、倒壊した街並みが出現)
バーチャルウォール

100インチスクリーン(地震についての解説が表示される他、窓の外の様子を再現

100インチスクリーン

 展示パネル

地震について分かりやすく解説したパネルを展示しています。
展示パネル

消火器訓練

消火器の操作方法や構造についての専門職員による説明を受けた後、訓練用消火器を使った操作体験ができます。

消火器訓練の様子

2階

「展示パネル」及び「岐阜県地形ジオラマ」

風水害、雪害、火山、林野火災、消防団について分かりやすく解説したパネルを展示しています。

展示パネル1

展示パネル2

岐阜県の活断層の位置を示した地形ジオラマも設置しております。

ジオラマ

3階

避難所体験

感染対策とプライバシー保護を考慮した模擬避難所を設置し、避難所における生活を疑似体験できます。

模擬避難所パーティションの内部

施設の概要(防災備蓄館)

防災備蓄館では、災害時に必要とされる防災用資機材(発電機、毛布、災害時用入浴システム、テント、ブルーシート等多数)の備蓄を行っており、見学することができます。

備蓄館外観
備蓄館内部はラック式の倉庫になっています。資器材の出し入れには専用のフォークリフトを使用します。

備蓄館内部フォークリフト

地震体験車について

当センターでは地震体験車を運用しています。詳しくは地震体験車の紹介ページをご覧ください。

貸出し教材一覧

当センターでは防災啓発教育のため、パネルやDVD等の視聴覚教材を貸し出しております。

借用手続

  1. 電話で希望日と教材名をお伝えください。貸出しが可能かどうか確認します。
     電話:0586-89-4192
  2. 広域防災センターにて、「貸出記録簿」に必要事項を記入の上、教材の受け渡しをします。

借用の際の注意点

  • 教材の借用は無料です。受け渡しは原則として岐阜県広域防災センターにて行いますが、運搬に係る費用は借用者に負担いただきます。
  • 借用期間は必要最小限とし、最大1ヶ月までとしてください。
  • 借用点数は他の利用者に配慮し、必要最小限としてください。
  • 教材を紛失、き損をした場合は紛失き損報告書 [Wordファイル/16KB]を提出していただきます。
     また、借用者に過失が認められる場合は、当該教材の現品または相当金額をもって弁償いただきます。
  • 借用中のトラブルについては、借用者の責任において対応をしてください。
  • 営利目的の使用の場合は、貸出をお断りさせていただきます。
  • 借用した教材の転貸は禁止します。

アクセス

バス

  • 各務原ふれあいバス北部・川島線「消防学校前」下車
  • 岐阜バス川島前渡線 川島松倉行「川島中学校前」下車 東へ徒歩約3km

  • 東海北陸自動車道 岐阜各務原ICから約7km(約15分)
  • 国道21号線 三ツ池町交差点から約6km(約15分)
  • 東海北陸自動車道 一宮木曽ICから約9km(約15分) 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>