ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子ども・女性・医療・福祉 > 高齢者 > 介護人材確保 > 令和3年度介護ロボット導入促進事業(補助金事業)

本文

令和3年度介護ロボット導入促進事業(補助金事業)

令和3年度介護ロボット導入促進事業補助金 事業内容

岐阜県では、介護人材の確保を目的として、介護保険施設等へ広く介護ロボットの普及を促進し、働きやすい職場環境の構築を図るため、国が公表した重点分野に該当する介護ロボットの導入及び見守り機器導入に伴う通信環境整備に対し、補助金を交付します。

交付要綱等

(申請書等における押印を廃止し、ご提出いただく申請書を電子管理することになりました。それに伴い、新しい様式に改正しております。)

補助概要

対象事業所

岐阜県内で介護保険法上の指定又は許可を受けている全ての事業所
※申請は法人で行ってください。

補助対象経費

国が公表した重点分野に該当し、介護ロボットの導入(以下1~3の補助要件を満たすこと)、見守り機器導入に伴う通信環境整備。

〈介護ロボットの補助要件〉

  1. 下記の分野に該当し、介護従業者の負担軽減効果のある介護ロボットであること。
  • 移乗介護機器(装着型、非装着型)
  • 移動支援機器(屋外型、屋内型)
  • 排泄支援機器
  • 見守り支援機器(介護施設型、在宅介護型)
  • コミュニケーション支援機器
  • 入浴支援機器
  • 介護業務支援機器
  1. 次のいずれかの要件を満たす介護ロボットであること。
    1. ロボット技術(センサー等により外界や自己の状況を認識し、これによって得られた情報を解析し、その結果に応じた動作を行うロボットをいう。)を活用して、従来の機器ではできなかった優位性を発揮するものとして知事が認めるロボットであること。
    2. 経済産業省が行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」(平成30年度からは「ロボット介護機器開発・標準化事業」)において採択された介護ロボットであること。

 上記事業に採択された介護ロボットについては、以下のページをご参照ください。
 採択事業一覧(介護ロボットポータルサイト)(外部サイト)<外部リンク>

  1. 販売価格が公表されており、一般に購入できるロボットであること。

〈介護ロボットの定義等〉
  ・「介護ロボットの定義」及び「これまでに岐阜県で補助対象とした介護ロボット 」 [PDFファイル/421KB]

 

【補助対象期間】

交付決定日~令和4年3月31日

※補助対象期間内に納品及び支払いが完了している必要があります。年度を過ぎた納品、支払いは、例外なく対象外になります。

要望額調査

令和3年度要望額調査票を提出された事業者の皆様へ

現在、要望額調査票の確認作業を進めております。その都度、修正や追加の書類の提出をお願いしております。

数多くの申請を頂いておりますので、県予算額を超過することが考えられます。審査や予算配分等に時間を要し、交付決定まで時間がかかることが考えられますので、何卒ご了承ください。

また、交付決定前の事業着手は認められておりませんので、県から通知があるまでは契約や購入等の事業着手は行わないでください。

【募集期間】

令和3年5月24日(月曜日)~令和3年6月21日(月曜日)※必着 【締め切りました】

【提出書類】

岐阜県介護ロボット導入促進事業費補助金要望額調査票 [Excelファイル/99KB]

(R3.5.31様式の設定を一部修正しました。)

※申請書は法人でまとめて作成してください。ただし、別紙1、別紙2(ロボット等ごと)は、事業所ごとに作成してください。

<添付書類>

・見積書

・介護ロボットの機能等が分かる書類(カタログ等)

【提出方法】

原則、メール(Excelファイル)で提出してください。

※メールで提出した場合、送信後、県に届いているか電話で確認してください。

メールの件名は「【法人名】介護ロボット補助金要望額調査票について」としてください。

ただし、添付書類については、PDF化が難しい場合やメールの容量が大きくなる場合は、FAXや郵送での提出も可能です。

※要望額調査票の提出について、質問がある場合は、電話ではなく下記の質問表にてご提出ください。

【提出先】

岐阜県健康福祉部高齢福祉課長寿社会推進係

〒500-8570

岐阜県岐阜市薮田南2-1-1

E-mai:c11215@pref.gifu.lg.jp

電話番号:058-272-8289

FAX:058-278-2639

【調査票提出から交付決定までの流れ】

1.補助金の交付を希望する事業者は、要望額調査票を県に提出します。

2.県は、提出された調査票を元に内示額を決定し、各事業者に通知します。

3.内示のあった事業者は、内示額の範囲内で補助金交付申請書を県に提出します。

4.県は、申請書の審査後に補助金の交付を決定し、各事業者に通知します。

【注意事項】

  • 申請予定の介護ロボット機器が交付要綱の介護ロボットの定義に合致しているか、必ず確認してください。
  • 提出期限までに要望額調査票の提出があった補助金交付額が予算額を上回る場合は、下記の観点から優先採択を行う場合があります。

  1)過去に当該補助金を利用したことがない事業者を優先採択します。

  2)「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」の認定事業者及び取組宣言事業者を優先採択します。

  3)介護ロボット機器の導入を優先採択します。

  • 事業実施計画書の内容を審査し、補助対象を調整する場合があります。
  • 予算額の都合により、介護ロボット導入計画書の内容を審査し、補助台数等を調整する場合があります。

補助金に関する質問受付

質問は質問の様式によりメールにて提出してください。
なお、メールの件名は「【法人名】介護ロボット導入促進事業補助金について」とすること。

質問表(Word:13KB)

補助金申請

内示後、詳細についてご案内します。

事業変更・中止・廃止承認申請

補助対象経費の20パーセントを超える減額となる場合又は、事業を中止・廃止する場合は、速やかに下記の書類を提出してください。

変更・中止・廃止承認申請書 [Wordファイル/26KB]

実績報告書

補助事業の完了後、下記の書類をすべて揃えて速やかに実績報告書を提出してください。
提出期限:事業完了日から起算して30日を経過した日又は令和4年3月31日(木曜日)のいずれかの早い日

※事業完了日とは、最後の支払日又は納品日のいずれかの遅い方です。

提出資料

<様式>
実績報告書様式 [Excelファイル/123KB]

  • 岐阜県介護ロボット導入促進事業費補助金事業実績報告書(第4号様式)

<添付書類>

  • 補助対象事業を実施した証明書類の写し
    (1)補助対象事業に係る契約書の写し
    (2)補助対象事業に係る請求書、納品書の写し
    (3)補助対象事業に係る支払い実績の分かる書類(領収書(写し)等)

    (注)介護ロボット機器等を購入等により導入する場合で、契約書等の締結をしていない場合は、契約書の写しの添付を要しないが、発注日を確認できる書類(発注書等)を添付すること。

請求書

県から額の確定通知が届きましたら、請求書を提出してください。

請求書 [Wordファイル/31KB]

参考

介護ロボット導入報告書
年度 ロボット種別
平成30年度

見守り支援機器 [PDFファイル/2.56MB]

令和元年度

移乗介護機器 [PDFファイル/330KB]

見守り支援機器 [PDFファイル/3.11MB]

令和2年度

移乗介護機器 [PDFファイル/1.18MB]

排せつ支援機器 [PDFファイル/351KB]

見守り支援機器 [PDFファイル/5.4MB]

コミュニケーション機器 [PDFファイル/390KB]

 

<参考資料>

提出先

〒500‐8570
岐阜県岐阜市薮田南2‐1‐1
岐阜県健康福祉部高齢福祉課長寿社会推進係
E-mail:c11215@pref.gifu.lg.jp

FAX:058-272-8289

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>