ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

農地中間管理事業

農地中間管理事業について

 農地中間管理事業とは、各都道府県に1つ設置される「農地中間管理機構」が農地の受け皿となり、農地所有者から借受けた農地を担い手がまとまりある形で利用できるように農地を貸出す仕組みです。

 岐阜県では、(一社)岐阜県農畜産公社を農地中間管理機構として指定して、担い手への農地集積・集約化を進めています。
農地中間管理事業を活用して農地を貸したい方(出し手)・借りたい方(受け手)は、(一社)岐阜県農畜産公社<外部リンク>へご相談ください。

農地中間管理事業パンフレット(令和4年8月版) [PDFファイル/1.03MB]

基本方針・農用地利用配分計画

農地中間管理機構の取組状況について

【岐阜県の取組状況について】

 こちら [PDFファイル/194KB]をご確認ください。

【全国の取組状況について】

 農林水産省HPをご確認ください。

 https://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/kikou/index.html<外部リンク>

機構集積協力金交付事業について

農地中間管理事業を活用し農地の貸付け等を行った地域や出し手に協力金が交付されます。
申請にあたっては、市町村にご相談をお願いします。

機構集積協力金リーフレット(令和4年度版)[PDFファイル/1021KB]

機構集積協力金交付事業の概要(令和4年度版) [PDFファイル/1.53MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>