ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第43集棚橋健二家(5)第2部_B2

岐阜県歴史資料館所在史料目録

第43集棚橋健二家文書目録(5)(近世史料の部(3))

第二部近世文書私文書

B2家産
年月日 文書名 作成 受取 文書番号
(1)土地
延宝5年12月20日 (田畑壱反余)永代売渡し申田畑之事(原本) 楡俣村売主十右衛門外3人 太郎左衛門 1冊 B2-(1)2001-1
延享2年2月19日 (質物田書入)頼母子講金之事(原本) 頼母子金借主太郎左衛門・証人富次郎 御仲間衆中 1通 B2-(1)2001-2-1
辰.12月20日 (田書入)借用申金子之事(原本) 十連坊源助・同村重蔵 政右衛門 1通 B2-(1)2001-2-2止
○2001-2-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦6年12月 (田壱反余)質物流売渡シ申田地之事(原本) 西条田地売主佐左衛門・同村証人多助 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2001-3
宝暦9年12月20日 (田畑書入)借用申金子之事(原本) 西条借り主太七郎・同村請人儀助 政右衛門 1通 B2-(1)2001-4
宝暦9年12月20日 (田弐反余)質流売渡し申田地之事(原本) 西条売主太七郎・同村請人常右衛門 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2001-5-1
(宝暦10年)7月10日 (御書付之通慥ニ受取申候得共、何角勘定仕手形切手遣申候に付手紙)(原本) 太七郎 政右衛門 1通 B2-(1)2001-5-2
辰(宝暦10年)7月 (田地小前覚・銀共に御請取可被下に付手形)(原本) 西条太七郎 政右衛門 1通 B2-(1)2001-5-3止
○2001-5-1~3止は、一括してあった。
宝暦9.12.大晦 (質物畑書入)借用申金子手形之事(原本) 金主借主金左衛門外2人 当村政右衛門 1通 B2-(1)2001-6
宝暦13年12月29日 (質物田書入、当未ノ年御橋舟御用金として)借用申金子之事(原本) 借主磯八・同断金左衛門外請人1人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-7
宝暦13年12月 (畑五畝)質流相渡申畑地手形之事(原本) 楡俣村下組畑地渡主重次郎外3人 楡俣村下組五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-8-1
明和3年12月29日 (畑壱畝)御年貢米之方ニ相渡シ申田地事(原本) 売主重次良・証人源八 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-8-2止
○2001-8-1~2止は、一括してあった。
明和1年12月 (田畑三反余)借金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 楡俣村田地渡主兵八外2人 当村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-9
明和4年12月 (畑九畝余)借用金子之方ニ相流シ申田地之事(原本) 屋敷主文右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-10
明和4年12月 (畑三畝余)質物流売渡し申畑之事(原本) 畑売主林助外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-11
明和6年12月29日 (質物田書入)借用申金子之事(原本) 金子借主紋次郎外3人 丈八 1通 B2-(1)2001-12
明和6年12月 (田畑壱反余)御年貢米之方ニ相渡シ申候田畑之事(原本) 楡俣村田畑売主松治郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-13
明和6年12月 (畑五畝)借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 田地売主楡俣村忠治郎外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-14
明和6年12月 (田六畝余)御年貢金之方ニ相渡シ申候田地之事(原本) 田地渡シ主西条孫市外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-15
明和7年12月22日 (田畑五畝)質物田地流証文之事(原本) 楡俣村売主八左衛門外2人 楡俣村買主五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-16
安永2年12月 (田畑弐畝余)御年貢金之方相渡申田地之事(原本) 西条田地うり主仁三郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-17
安永3年7月 (畑八畝余)売渡シ申田地之事(原本) 田地売主惣八外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-18
安永3年12月 (田畑四反弱)借用金之方ニ相渡申田地之事(原本) 楡俣村田地渡し主庄右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-19
安永5年3月 (畑壱畝余)御年貢金之方ニ相渡申田地之事(原本) 西条田地売主孫市外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-20
安永6年12月 (田六畝余)借用金之方ニ相渡し申田地之事(原本) 西条田地渡し主常七郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-21
寛政2年12月 (田畑壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 楡俣村地所流主太四郎外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-22
寛政4年12月 (田畑壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主吉蔵外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-23
寛政8年12月 (田四畝)借用金之方質物流ニ相渡ス田地之事(原本) 借主与平治外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-24
享和1年7月3日 (作右衛門分川並地先代金与平へ相渡申候に付)覚(下書)     1通 B2-(1)2001-25
文化8年12月 (田畑弐反余)質物流相渡申田地之事(原本) 西条田地流主佐兵衛外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-26
文政4年12月 (畑壱畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主元右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-27止
○2001-1~27止は、かんぜよりにて一括してあった。
延宝9年2月 酉より子迄四年切ニ売渡シ申田畑之事(原本) 楡俣村うり主宗七・請人庄や与三右衛門・同年寄文右衛門 下沢太郎兵衛・安田勘左衛門 1通 B2-(1)2002
貞享3年2月28日 永代ニ売渡申畑之事(原本) 楡俣売主新五郎・請人七郎左衛門 楡俣村又助 1通 B2-(1)2003
元禄10年2月20日 (畑三畝)年季なかれ之事(原本) 楡又村新五郎 にれ又村五郎右衛門 1通 B2-(1)2004
元禄15年12月10日 (田畑八反余)年季流田畑証文之事(原本) 安八郡楡又村売主半十郎・同村売主次郎左衞門・同村庄屋五郎衞門 横地仁兵衛 1通 B2-(1)2005-1
宝永4年12月20日 (畑壱畝余)年季ニ売渡シ申畑之事(原本) 楡俣村売主円右衛門・同村庄や新右衛門 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-2
延享2年1月20日 (畑弐畝余)相渡シ申田地之事(原本) 楡俣村庄屋新右衛門・同村売主善七外1人 半左衛門 1通 B2-(1)2005-3
寛延2年12月20日 (畑壱反)質物流売渡シ申田地之事(原本) 西条売主惣内・同村証人太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-1
寛延3年12月20日 (田三畝余)五年季売渡シ申田地之事(原本) 西条売主常右衛門・同村証人太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-2
寛延3年12月 (田五畝余)五年季ニ売渡シ申田地之事(原本) 田地売主太七郎・証人惣内 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-3
宝暦2年12月 (田畑弐反余)質流売渡シ田畑之事(原本) 西条売主太七郎・同村証人惣内 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-4-1
宝暦2年12月 田畑小帳覚(原本) 太七郎 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-4-2止
○2005-4-4-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦3年2月 (田畑壱反余)しち物流売渡し申田畑之事(原本) 売主半次郎・庄屋太七郎 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-5
宝暦4年3月 (田畑壱反余)質流売渡申田畑之事(原本) 西条売主太七郎・同村証人惣内 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-6
宝暦4年12月20日 (田畑九反弱)質物田地流証文事(原本) 中村田地売主告右衛門外3人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-7
宝暦4年12月 (田畑壱反余)質流売渡シ申田畑之事(原本) 西条田地売主仁三郎外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-8
宝暦5年12月 (田七畝余)質流売渡し申田地之事(原本) 西条売主粂八外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-9
宝暦6年3月 (田畑壱反余)質流売渡シ申田畑之事(原本) 西条村売主豊八・同村証人当右衛門 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-10
宝暦6年4月 (畑弐畝余)質流売渡シ申田地之事(原本) 西条村売主豊八・同村証人佐左衛門 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-11
宝暦6年12月 (田畑壱反余)質流売渡シ申田畑之事(原本) 田地売主惣内・同村証人太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-12止
○2005-4-1~12止は、「西条多七郎殿手形」とある包紙で包み、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦7年3月 (田畑四畝余)質流相渡申田畑手形之事(原本) 楡俣村田畑流主金佐衛門外2人 当村政右衛門 1通 B2-(1)2005-5
宝暦10年12月 (田三反余)借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 田地流主幸助外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2005-6
明和5年12月 (田畑弐反余)借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 田地渡シ主楡俣村忠治郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-7-1
(明和5年12月) 忠治郎分(田畑小作人之覚)(写)     1通 B2-(1)2005-7-2
(明和5年12月) (忠治郎分地所間数之覚帳)(下書)     1綴 B2-(1)2005-7-3止
○2005-7-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛政7年4月 (田畑八畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主西条五兵衛外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-8-1
寛政7年4月 (田畑七畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主西条五兵衛外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-8-2
寛政7年4月 西条五兵衛、おとみより講金之方ニ受取田地覚(原本)     1通 B2-(1)2005-8-3
(寛政11年4月5日) (西条丹六前五兵衛分地所細間之覚)(写)     1通 B2-(1)2005-8-4止
○2005-8-1~4止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛政8年12月 (当村御裏印借用金証文之儀別証文ニて地所相渡し減金仕候に付)一札(原本) 庄屋権兵衛外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-9
寛政8年12月 (田三畝)借用金之方質物流ニ相渡申田地之事(原本) 渡主勘四郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-10-1
寛政8年12月 (畑四畝)借用金之方質流ニ相渡申田地之事(原本) 田地渡主五左衛門外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-10-2止
○2005-10-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
(田畑三反余)借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 楡俣村売主庄右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-11止
○2005-1~11止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝永4年12月20日 売渡シ申年季地之事(原本) 楡俣村売主円右衛門外2人 大薮村勘右衛門 1通 B2-(1)2006
宝永5年12月 (畑)年木なかれ証文之事(原本) 楡又村売主彦右衛門外3人 楡俣村彦助 1通 B2-(1)2007
正徳3年12月20日 (田畑)年季流証文之事(原本) 楡俣村うり主九郎右衛門外2人 楡俣村留平 1通 B2-(1)2008
正徳4年12月20日 田畑流証文之事(原本) 楡俣村うり主九郎右衛門外2人 楡俣村留平 1通 B2-(1)2009
正徳5年12月20日 質物田地流証文之事(原本)(端裏に「いしき与七」とあり) 楡俣村地売主半左衛門・同村庄や勘右衛門 一色与三兵衛・曽右衛門 1通 B2-(1)2010
正徳6年12月 (田地売渡シ)年季流証文事(原本) 売主九郎右衛門外2人 留平 1通 B2-(1)2011
正徳6年12月 (田畑)年季流証文之事(原本) 売主重郎兵衛・名主新右衛門 留平 1通 B2-(1)2012
享保1年12月20日 預金之方相流申質物田畑之事(原本) 楡俣村金子預主金七郎外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2013
享保1年12月20日 五年季ニ売渡シ申田地之事(原本) 楡俣村うり主円右衛門・同村証人文助 楡俣村留平 1通 B2-(1)2014
享保1年12月25日 (畑)しち物なかれ証文之事(原本) 楡俣村うり主新五平外2人 にれ又留平 1通 B2-(1)2015-1
(享保2年)3月2日 (畑壱畝歩勘定)覚(原本) 新五平 留平 1通 B2-(1)2015-2止
○2005-1~2止は、一括してあった。
享保2年12月 質流相渡申田地之事(原本) 重連坊地所渡主周八外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2016
享宝(保)3.2 (田畑)年季流証文之事(原本) 売主重兵衛外2人 留平 1通 B2-(1)2017
享保8年12月29日 質物田地相流証文之事(原本) 楡俣村売主茂右衛門外2人 同村政右衛門 1通 B2-(1)2018
享保9年1月 (田畑)年季流証文之事(原本) 楡俣村売主重郎兵衛外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2019
享保9年4月22日 (田畑書入)借用申金子之事(原本) 同村借用主新右衛門 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2020-1
辰(享保9年)4月 (借金元利勘定)覚(原本) 新右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2020-2
年月日未詳 にれ又地不足算用覚(下書)     1通 B2-(1)2020-3止
○2020-1~3止は、一括してあった。
享保9年12月15日 田掟借用申金子之事(原本) 西条うり主伝七外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2021
享保9年12月20日 (田畑)年季流証文之事(原本) 楡俣村うり主新五兵衛・同村請人新右衛門 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2022-1
享保11年12月 売渡シ申年季流田地之事(原本) 大薮村売主松太郎外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2022-2止
○2022-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
享保10年12月20日 預り金之方ニ相渡申田地之事(原本)(端裏に「代蔵手形」とあり) 楡俣村金主預り主新左衛門外2人 楡俣村権右衛門 1通 B2-(1)2023
享保10年12月 (田畑弐反余)売渡シ申年季流シ証文之事(原本) 大薮村売主忠左衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2024
享保10年12月 (田畑弐反余)売渡シ年季流シ証文之事(原本) 大薮村売主松太郎外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2025
享保10年12月 (上組田畑売渡し申候此上組高くるい御座候共少も御苦労掛申間敷候に付)一札之事(原本) 大薮村渡し主忠左衛門・同村同断松太郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2026
享保11年12月 年季流田地証文之事(原本) 大薮村売主忠左衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2027
享保11年12月 年季流田地証文之事(原本) 大薮村売主忠左衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2028
享保13年12月15日 預金之方ニ相添申田地之事(原本) 金子預主定七郎外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2029
享保15年12月20日 (田地永代ニ売渡しに付)流証文之事(原本) 西条売主彦兵衛・楡又村請人重郎兵衛 楡又村政右衛門 1通 B2-(1)2030
享保17年8月6日 (田地)流証文之事(原本) 西条借主彦兵衛外3人 政右衛門 1通 B2-(1)2031
享保17年12月20日 (田地)年季流証文之事(原本) 売主西条与七外2人 楡俣下組政右衛門 1通 B2-(1)2032
享保17年12月29日 質物流ニ売渡し申田地之事(原本) 西条売主彦兵衛外2人 楡又村政右衛門 1通 B2-(1)2033-1
(享保17年12月29日) (田畑名所反別之内訳)覚(原本) 彦平 (政右衛門) 1通 B2-(1)2033-2止
○2033-1~2止は、一括してあった。
享保19年12月 年季書入流田地之事(原本) 楡俣村うり主儀右衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2034
元文1年12月20日 売渡シ申田地之事(原本) 大薮村売主清兵衛外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2035
元文2年12月20日 預金之方相流し申田地之事(原本) 楡俣村金子預り主長左衛門外2人 楡俣村権右衛門 1通 B2-(1)2036
元文2年12月 永代相渡シ申田畑之事(原本) 石田村田畑渡主新左衛門・同村証人十郎右衛門 太郎左衛門・政右衛門 1通 B2-(1)2037
元文2年12月 質物相流シ申田地之事(原本) 田地渡シ主名古屋徳兵衛外3人 楡俣村政右衛門・同村庄次郎 1通 B2-(1)2038
元文2年12月 売渡シ申田地之事(原本) 大薮村売主久助外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2039
元文4年12月 預金之方相流申田畑之事(原本) 楡俣村金子預主長左衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2040
元文5年4月23日 (田地書入)借用申金子之事(原本) 借り主西条与七郎・同村請人半十郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2041
元文5年12月21日 (畑壱反余書入)借用申金子之事(原本) 馬瀬村かり主七郎兵衛 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2042-1
元文5年12月22日 (畑弐反余書入)借用申金子之事(原本) 馬瀬村かり主七郎兵衛 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2042-2
寛保2年12月25日 売渡シ申畑之事(原本) 馬瀬村売主七郎兵衛・禾森村請人妙円寺 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2042-3
寛保2年12月25日 売渡シ申畑之事(原本) 馬瀬村売主七郎兵衛・禾森村請人妙円寺 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2042-4
亥(寛保3年).閏4月6日 借用申金子之事(原本) 禾森かり主五七・同村請人妙円寺 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2042-5
宝暦4年12月20日 質物田地流証文之事(写)(かんぜよりにて縛ってあった) 売主吉右衛門外3人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2042-6
宝暦10年12月26日 五年季ニ質ニ入申田地之事(原本) 楡俣村之内十連坊田地渡シ主安左衛門外2人 楡俣村太郎左衛門 1通 B2-(1)2042-7-1
宝暦10年12月 (十蓮坊新右衛門方へ御取次申然処新右衛門大借ニ付不意成死去被致に付)添手形を以相渡シ申田地之事(原本) 金子渡シ主太郎左衛門・証人新右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2042-7-2
(宝暦10年12月) (書入田地六畝余之明細覚)(下書)     1通 B2-(1)2042-7-3止
○2042-7-1~3止は、一括してあった。
宝暦12年6月 (借用申金子)年賦手形之事(原本) 禾森村本人妙円寺外2人 馬之瀬村御世話人了海・同所同断小十郎 1通 B2-(1)2042-8
明和5年3月 (畑八セ余書入)借用申金子之事(原本) 中村借り主孫左衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2042-9
年未詳.3月27日 (金子元利算用相違御座候ハゝ妙円寺、五郎助と御相談被成、可燃様ニ奉頼上候に付)覚(原本) 七郎兵衛 政右衛門 1通 B2-(1)2042-10
年月日未詳 (隠居儀養生不相叶今朝往生仕候に付手紙)(後欠)(原本)     1通 B2-(1)2042-11止
○2042-1~11止は、一括してあった。
寛保1年12月 (田四畝歩)売流申田地之事(原本) 大薮村売主長右衛門外4人 にれ又村政右衛門 1通 B2-(1)2043-1
延享1年7月13日 (質物田弐畝書入)借用申金子之事(原本) かり主文次郎外2人 にれ又村政右衛門 1通 B2-(1)2043-2
延享2年1月 (質物田壱反余書入)借用申金子之事(原本) 大薮村借り主八左衛門外2人 にれ又村政右衛門 1通 B2-(1)2043-3-1
(延享2年).閏12 (金壱両借用に付)覚(原本) 大薮村八左衛門定兼 政右衛門 1通 B2-(1)2043-3-2
午.9月5日 (借金手形御戻シ被下金子相済申候に付)覚(原本) 大やふ村八左衛門 にれ又村政右衛門 1通 B2-(1)2043-3-3止
○2043-3-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
延享2年.閏12月24日 (居屋敷五畝歩書入)借用申頼母子講金之事(原本) 大藪村金かり主四郎兵衛外2人 御中間衆中 1通 B2-(1)2043-4
宝暦1年12月20日 (田畑四反余)相渡シ申流田地之事(原本) 大薮村田地流主磯右衛門外3人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2043-5
宝暦4年12月 (田畑壱反余)質物流証文之事(原本) 地流主新七外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2043-6-1
(宝暦4年12月) (質地田畑反別取米)覚(原本) (北須賀新七)   1通 B2-(1)2043-6-2
(宝暦4年12月) (田畑間数之覚)(下書)     1通 B2-(1)2043-6-3止
○2043-6-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦8年12月 (田書入)借用申金子之事(原本) 大薮村借主与右衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2043-7-1
年未詳.2月5日 (拙者方へ借用金之儀被仰下候に付手紙)(原本) 渡辺与右衛門 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2043-7-2
年未詳.2月21日 (金子之儀被仰下候御尤ニ奉存候に付手紙)(原本) 西条与右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2043-7-3止
○2043-7-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦9年12月 (田壱反余)質流相渡シ申田地手形之事(原本) 大薮村売主文八外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-8
宝暦9年12月 (田四畝歩)質流相渡シ申田地手形之事(原本) 大薮村田地売主七郎右衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2043-9
宝暦10年12月 (田壱反余)借用金之方ニ相流申田地之事(写) 大薮村田地流シ主文八外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-10
宝暦11年12月 (田三畝余)質物流証文之事(原本)(端裏に「太右衛門」とあり) 田地流主大薮村文八外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-11-1
(宝暦11年)12月 (質物田地三畝余之取米残米に付)覚(原本) 多右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-11-2止
○2043-11-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
明和1年12月 (畑六畝余)相渡申畑之事(原本) 大薮村地渡主八左衛門・同村親類証人領左衛門 にれ又村政右衛門 1通 B2-(1)2043-12
明和2年12月 (田畑壱畝余)相渡シ申田地之事(原本) 恩行寺外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-13
明和6年12月 (田壱反余)御年米之方ニ相渡シ申候田地之事(原本) 田地売主大薮村文六外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-14
安永7年3月 (田六畝余)質流ニて売渡申田地之事(写)   佐五右衛門 1通 B2-(1)2043-15
文化2年3月 (田畑壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主藤兵衛外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-16
文化8年12月 (田壱反歩)売渡シ申田地之事(原本) 大薮村田地渡主次六外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-17
文化12年1月 (畑弐畝歩)質流ニて相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主権七外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-18
(文政4年)12月3日 (田畑壱反余御年貢・小作米勘定)覚(原本) 甚四郎 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-19-1
文政4年12月 (田畑壱反余楡俣新田五三良田地南波儀左衛門より請取に付)覚(写)     1通 B2-(1)2043-19-2止
○2043-19-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛保1年12月20日 質物流ニ相渡シ申畑之事(原本) 売主重郎兵衛・名主新右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2044
寛保2年1月 以相対質流仕田地之事(原本) 大薮村地流主七郎右衛門外2人 にれ又村政右衛門 1通 B2-(1)2045
寛保2年12月 質物相流シ申田地之事(原本) 楡俣村金子借主定七郎外2人 只四郎 1通 B2-(1)2046
寛保3年2月20日 (田書入)借用申金子事(原本) かり主次右衛門 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2047
(寛保3年)11月24日 (作徳米代金覚・請取申金子之事)(原本) 五平次 (政右衛門) 1通 B2-(1)2048-1
寛保3年12月15日 相渡シ申流田地之事(原本) 大薮村田地流主五平次外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2048-2
(寛保3年)12月24日 (金子請取)覚(原本) 小楽五平次 政右衛門 1通 B2-(1)2048-3止
○2048-1~3止は、一括してあった。
寛保3年12月20日 (質物畑書入)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金子かり主北村郷三郎・同村証人孫八・同村庄屋五右衛門 大薮村忠蔵 1通 B2-(1)2049
寛保3年12月20日 (田弐反余)質物流売渡申田地之事(原本) 楡又新田田地渡主北村郷三郎外2人 楡又村浅野幸介 1通 B2-(1)2050-1
寛保3年12月20日 (田弐反余)質流売渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地売主北村郷三郎外2人 楡俣村棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2050-2
宝暦1年12月27日 (田畑弐反余)質流売渡申田畑之事(原本) 田地渡主楡又新田北村郷三郎外3人 楡又村棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2050-3
宝暦4年7月8日 (質物ニ田畑書入)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金子かり主北村郷三郎外2人 楡俣村棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2050-4
宝暦8年12月 (畑壱畝余)質物書入田地之事(原本) 楡俣新田書入主元平外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2050-5
寛政1年12月 (田畑五反余)質流ニて相渡シ申田地之事(原本) 楡俣新田質地流主直七外2人 楡俣村五良右衛門 1通 B2-(1)2050-6-1
寛政1年12月 小帳之覚(原本) 楡俣新田地流主直七・同村証人重弥 楡俣村五良右衛門 1通 B2-(1)2050-6-2止
○2050-6-1~2止は、一括してあった。
寛政6年12月 (田弐反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主新田三弥外2人 本村五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-7-1-1
(寛政6年12月) (田弐反五畝覚)(原本)     1通 B2-(1)2050-7-1-2止
○2050-7-1-2止は、2050-7-1-1にはさんであった。
寛政8年1月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 田地渡主楡俣新田三弥外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-7-2
寛政8年12月 (田壱反)質流ニて相渡申田地之事(原本)(「掟右極メ候故」とある別紙が入っていた) 地所流主三弥外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-7-3
寛政10年2月 (畑六畝余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主三弥外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-7-4
文化3年2月 (1)(質入田畑証文金之外ニ増金受取申に付)覚(原本) 金子受納主三弥外2人 五郎右衛門 (1)(2)1通 B2-(1)2050-7-5-1
(文化3年2月) (2)(田地之義ハ不残八郎兵衛・七右衛門之掟之筈ニて相済申候に付一札)(原本)(「右謝礼酒切手三升村方三役之衆へ遺ス」他とあり)((2)は(1)に添付してあった)     (1)(2)1通 B2-(1)2050-7-5-1
文化3年4月13日 (質流田畑掛合一件之)覚(原本)     1通 B2-(1)2050-7-5-2止
○2050-7-5-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
文化5年3月 (田五畝余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田質地流主政七後家外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-8-1
(文化5年3月) (居屋敷相戻り、田畑相応之替り地当暮迄ニ受取筈に付覚)(原本) 引合人常七外2人   1通 B2-(1)2050-8-2止
○2050-8-1~2止は、一括してあった。
延享1年12月28日 預金之方質物相流申田地之事(原本) 楡俣村質物流し主長右衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2051-1
(延享1年12月28日) (田畑反別石盛等之)覚(下書)     1通 B2-(1)2051-2止
○2051-1-2止は、一括してあった。
延享1年12月 売渡シ申田地之事(原本) 西条売主与七郎外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2052
延享2年3月29日 売渡申田地之事(原本) 楡俣新田売主北村郷三郎外3人 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2053
延享2年7月 売渡し申候田地之事(原本) 地主源蔵・庄屋半左衛門 下組政右衛門 1通 B2-(1)2054
延享2年12月20日 永代ニ売渡シ申畑之事(原本) 売主楡俣村弥八郎外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2055
延享2年.閏12 質物書入之田地流シ申手形之事(原本) 売主十連坊久蔵・同村請人八郎兵衛 政右衛門 1通 B2-(1)2056
延享2年.閏12 質物流文之事(原本) 十連坊田主佐藤次外2人 にれ又政右衛門 1通 B2-(1)2057
延享3年3月20日 質流ニ相渡申田地手形之事(原本) 楡俣村田地売主与三右衛門外2人 楡俣村慶正寺 1通 B2-(1)2058
延享3年3月20日 質流ニ相渡シ申田地手形之事(原本) 楡俣村田畑売主与三右衛門外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2059-1
(延享3年) (質流田畑名所・反別・小作人・代銀等之)覚(原本) 太郎左衛門・新右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2059-2止
○2059-1-2止は、一括してあった。
延享3.3.晦 (田畑)年季流証文之事(原本) 楡俣村田畑売主長右衛門外2人 楡俣村太郎右衛門・同村政右衛門 1通 B2-(1)2060
延享3年8月2日 (田書入)借用申金子之事(原本) かり主与三郎・庄や与三右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2061
延享3年10月2日 (田書入)借用申米之事(原本) 楡俣村売主惣太郎・同村請人林四郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2062
延享3年12月 (田四畝余)売渡シ申田地之事(原本) 仲村売主定助外2人 十連坊利助 1通 B2-(1)2063-1
宝暦4年2月11日 (利弐割)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金子借り主郷三郎・楡俣村証人半右衛門 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2063-2
宝暦5年12月29日 (質地書入)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金子かり主与十郎外2人 楡又村政右衛門 1通 B2-(1)2063-3
宝暦7年8月28日 (田四畝歩)売渡申田地之事(原本)(「丑九月二日楡俣新田手形」とある包紙に包んであった) 楡俣新田売主北村郷三郎外3人 楡俣村棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2063-4
宝暦10年12月 (畑三畝余)書入申質物田地之事(原本) 楡俣新田金子借林蔵外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2063-5
寛政8年3月 (田壱反歩)質流ニて相渡申地所之事(原本) 楡俣新田地所流主左五右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-6
寛政8年3月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地渡主八郎右衛門外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-7
寛政8年4月 (畑三畝余)質流相渡申田地之事(原本) 新田地所流主与三郎外3人 本田五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-8-1
(寛政8年4月) (外に三両三分拾四匁壱分五厘覚)(原本)     1通 B2-(1)2063-8-2止
○2063-8-2止は、2063-8-1にはさんであった。
寛政10年2月 (田弐畝余)質流ニ相渡申田地証文之事(原本)(「掟九五極メ」とある紙がはさんであった) 楡俣新田質地流主梅八外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-9
寛政13年2月 (田畑八反余)質流ニ相渡申田畑之事(原本) 本戸村田畑渡主善内外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-10-1
(寛政13年2月) (外に壱反六セ八歩覚)(原本)     1通 B2-(1)2063-10-2
寛政13年2月 (中郷村・楡俣新田・里村・本戸村)小前帳(原本) 本戸村善内 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-10-3止
○2063-10-2は、2063-10-1にはさんであった。2063-10-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛政13年2月 (田弐反歩)質流相渡申田地之事(原本) 中郷村地所流主久蔵外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-11-1
享和2年12月 (畑五畝歩)相渡申田地之事(原本) 借用主忠蔵外2人 権兵衛 1通 B2-(1)2063-11-2止
○2063-11-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
享和2年12月 (田四畝歩)以相対を替地覚之事(原本) 中郷村与市 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-12-1
(享和2年12月) (田四畝歩)替地之事(原本)     1通 B2-(1)2063-12-2止
○2063-12-1~2止は、一括してあった。
文化1年3月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 質地流主中郷村吉右衛門外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-13
文化1年7月 (田畑七畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 楡俣新田金子借用主重弥外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-14
文化4年12月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 新田地所流主重吉外3人 本田五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-15止
○2063-1~15止は、かんぜよりにて一括してあった。
享和5年5月 相渡シ申流田地之事(原本) 大薮村田地主忠蔵外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2064
享和5年6月 質流相渡申田畑手形之事(原本) 楡俣村田地流主重郎兵衛外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2065
寛延1年12月28日 (質物田書入)借用申金子之事(写) 西条借主太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2066-1
寛延3年9月25日 (質物田書入)借用申金子之事(原本) 西条借主平助・同村証人太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2066-2
寛延3年11月10日 (質物田書入)借用申金子之事(原本) 西条金子借主平助・証人庄屋太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2066-3
寛延4年7月2日 (質物田書入)借用申金子之事(原本) 西条借主平助・同村証人太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2066-4
宝暦6年2月 (田畑壱反余)質流相渡申田畑手形之事(原本) 楡俣村田畑流主千之助外2人 当村新右衛門 1通 B2-(1)2066-5-1
卯(宝暦6年)12月26日 (田畑質流手形其元え相渡し申候に付添書)(原本) 楡俣村下組新右衛門 楡俣村下組政右衛門 1通 B2-(1)2066-5-2止
○2066-5-1~2止は、一括してあった。
宝暦7年3月 (当寅春払方金子)借用申金子之事(原本) 西条借主太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2066-6止
○2066-1~6止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛延2年4月27日 質流相渡申田地手形之事(原本) 楡俣村畑流主与平次外2人 当村政右衛門 1通 B2-(1)2067
寛延2年12月 (金子借用仕候処当年金子不手回故為利金)相渡申田地之事(原本) 大薮村渡主八左衛門・同村証人佐兵衛 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2068
寛延2年12月 五年季ニ売渡シ申田地之事(原本) 田地売主惣内・証人太七郎 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2069
寛延3年3月 (田地)相渡申流証文之事(原本) 大薮村渡主銀助外2人 にれ又村政右衛門 1通 B2-(1)2070
寛延4年4月 八年切ニ売渡シ申田地之事(原本) 十連坊売主庄蔵・同村請人八郎兵衛 にれ又邑政右衛門 1通 B2-(1)2071
宝暦4年12月28日 質流売渡申田畑之事(原本) 楡又新田金子かり主郷三郎外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(1)2072
宝暦6年12月21日 質流売渡申田畑之事(原本) 楡俣新田売主北村郷三郎外2人 楡又村棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2073
宝暦7年4月 (金子借用仕に付川並田)年季書入之事(原本) にれ又太郎左衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2074
宝暦7年11月 (畑書入)借用申金子之事(原本) 借主文六外2人 政右衛門・半左衛門 1通 B2-(1)2075
宝暦9年12月29日 質流相渡申田地之事(原本) 田地流主庄助外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2076
宝暦9年12月 (金子只今請取質地)相渡申田地之事(原本) 西条村田地預ケ主伊惣次外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2077
宝暦9年12月 借用金之方ニ相流申田地之事(原本) 西条田地流シ主伊惣次外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2078
宝暦9年12月 借用金之方ニ相流申田地之事(原本) 楡俣村田地流主儀八外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2079
宝暦10年12月 (田畑質物書入)借用申金子之事(原本) 楡俣村金子借主庄屋与三右衛門・同村請人年寄太郎右衛門・同村世話役新右衛門 当村政右衛門 1通 B2-(1)2080
宝暦10年12月 送り申田地之事(原本)(包紙あり) 五郎右衛門 金左衛門 1通 B2-(1)2081-1
(当子年甚右衛門へ相戻申田畑之)覚(下書)     1通 B2-(1)2081-2
年未詳.7月9日 (田地反別・高・出来・取米・利米之)覚(原本) 金左衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2081-3
年月日未詳 (田畑明細書之案)(下書)     1通 B2-(1)2081-4止
○2081-1~4止は、一括してあった。
宝暦10年12月 借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 西条田地流シ主平助外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2082-1
宝暦10年12月 (堤くろ・すさ西)小前帳(原本) 西条平助   1通 B2-(1)2082-2
(宝暦10年12月) (すさ西・堤くろ田畑名所・反別之覚)(下書)     1通 B2-(1)2082-3止
○2082-1~3止は、一括してあった。
宝暦12年12月 借用金之方ニ相渡シ申田地手形之事(原本) 西条売主与七外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2083
宝暦12年12月 質流売渡し申田地之事(原本) 西条田地売主太七郎・同村請人常右衛門 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2084
宝暦13年12月 借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 大薮村田地売主五平治外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2085
明和1年12月 借用金之方ニ相渡申田畑之事(原本) 楡俣村田地渡主太郎左衛門外3人 竹ケ鼻忠六 1通 B2-(1)2086
明和1年 借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 楡俣村田地流主七右衛門外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2087-1
(明和1年) (田地三口反別之)覚(原本)     1通 B2-(1)2087-2止
○2087-1~2止は、一括してあった。
明和3年12月 借用金之方ニ相渡し申田地之事(原本) 西条売主常右衛門・同村証人庄屋佐左衛門 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2088
明和3年12月 借用金子之方ニ相渡シ申候田地之事(原本) 田地売主源八郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2089
明和4年12月 借金之方ニ相渡シ申田畑之事(原本) 田畑渡シ主清八外2人 当村五郎右衛門 1通 B2-(1)2090
明和4年12月 質物流売渡シ申畑之事(原本) 西条畑地売主常右衛門・同証人佐左衛門 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2091
明和6年12月 売渡申田地之事(原本) 楡俣村売主源八郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2092
安永6年12月 (田畑壱反余)借用金之方ニ相渡シ申田畑之事(原本) 田畑渡主楡俣村市右衛門外2人 楡俣村新右衛門 1通 B2-(1)2093-1
安永6年12月 (田八畝余)売渡シ申田地之事(原本) 西条田地渡主常七郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-2
安永6年12月 (田畑壱反余)売渡申田地之事(原本) 田地売主紋治郎・証人要八 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-3
安永8年12月 (田六畝余)売渡し申田地事(原本) 田地売主忠八外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-4
天明2年3月 (田弐畝余)相渡シ申田地之事(原本) 大薮村地主太右衛門外2人 にれ又村五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-5
天明2年12月 (畑弐畝余)売渡ス申田地事(原本) 田地売主紋治郎・証人要八 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-6
天明6年3月 (畑四畝余)質流相渡申畑之事(原本) 楡俣新田地所流主甚五右衛門外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-7
天明6年12月 (田六歩余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村田地流主園八外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-8
天明7年2月 質物流相渡し申田地之事(原本) 西条田地渡し主惣兵衛外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-9-1
(天明7年2月) (質流地間数之覚)(原本)     1通 B2-(1)2093-9-2止
○2093-9-2止は、2093-9-1にはさんであった。
年月日未詳 (高拾三石余)覚(原本)   五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-10止
○2093-1~10止は、かんぜよりにて一括てあった。
天明6年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主源蔵・文治郎 五郎右衛門 1通 B2-(1)2094
天明7年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主代吉外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2095
天明8年10月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 西条地所流主見林外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2096
寛政1年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主忠右衛門外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2097
寛政1年12月 質地相渡申田地之事(原本) 西条地所流主常七外2人 楡俣村五良右衛門 1通 B2-(1)2098
寛政1年12月 (田四反余)借用金ニ質流ニ相渡申田地之事(原本) 五反郷村地流主利兵衛外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2099-1
寛政1年12月 質流相渡田小前帳(原本) 安八郡五反郷村地流主利兵衛外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2099-2止
○2099-1~2止は、かんぜよりにて一括てあった。
寛政1年12月 (田畑壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 重連坊地所流主小源次外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-1
寛政3年12月 (田壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主小源次外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-2-1
(寛政3年12月) (田地金差引)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-2-2止
○2100-2-1~2止は、一括してあった。
寛政5年1月 (田壱反歩)質物流ニ相渡申田地之事(原本) 西条田地流主小源次外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-3-1
(寛政5年)2月9日 (田地代金勘定)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-3-2止
○2100-3-1~2止は、一括してあった。
寛政5年12月 (田畑壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主小源次外2人 五郎右衛門・新右衛門 1通 B2-(1)2100-4
寛政5年12月 (田畑六畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主小源次外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-5-1
(寛政5年12月) (田地金差引勘定)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-5-2
(寛政5年12月) (田畑六畝余)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-5-3止
○2100-5-1~3止は、一括してあった。
寛政8年2月 (畑弐畝余)質流相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主小源次外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-6-1
(政8月2日) (寅卯年分御城米勘定)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-6-2止
○2100-6-1~2止は、一括してあった。
寛政1年12月 (畑壱畝余)質流ニて相渡申田地之事(下書) 地所流主吉蔵・証人磯八 五郎右衛門 1通 B2-(1)2101-1-1
(寛政1年12月) (吉蔵屋敷畑壱反余)替地覚(写)     1通 B2-(1)2101-1-2止
○2101-1-1~2止は、一括してあった。
文化6年1月 (質流の田地請出し申上間敷に付)添証文之事(原本) 中郷村金子請取主吉右衛門・楡俣新田証人左五右衛門 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2101-2
文化8年4月 (福寿講金御預ケ申処今般右元利金請取申に付)覚(原本) 安八郡須賀村福寿講元五代七・右同断嘉兵衛代判浅右衛門 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2101-3止
○2101-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛政2年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主与三右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2102-1
寛政2年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主清兵衛後家外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2102-2
(寛政2年12月) (質流田地に付覚)(下書)     1通 B2-(1)2102-3止
○2102-1~3止は、一括してあった。
寛政5年2月 質物流ニ相渡申田地証文之事(原本) 田地渡主三之丞外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2103
寛政7年4月24日 (金弐両也借用申に付)覚(原本) 金子借用主大薮嘉兵衛外2人・口入世話人藤五郎 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-1
享和4年1月 (質物ニ田畑壱反歩書入)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金借主藤兵衛外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-2
文化13年12月 (田五畝歩書入)借用申証文之事(原本) 借主忠右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-3
ミ.12.晦 (金五両也借用仕に付)覚(原本) 西条庄右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-4
亥.8月6日 (残高御覧可被下に付)覚(原本) 新田与平治 五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-5止
○2104-1~5止は、一括してあった。
寛政8年6月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地渡主仲右衛門外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2105-1
文化1年3月 (田五畝歩)質地ニて相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主仲右衛門外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2105-2止
○2105-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛政10年12月 質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地流主重弥外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2106
寛政11年12月 質流相渡し申田地証文之事(原本) 大薮村売主勘四郎外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2107
寛政11年12月 質流相渡申田地之事(原本) 地所流主郷助外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2108
寛政11年12月 質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田質地流主園吉外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2109
寛政12年12月 (売渡申勘定相済に付)作右衛門田地之事(下書) 世話人了常寺・同断与平   1通 B2-(1)2110
享和2年12月 質物流相渡申田地之事(原本) 西条地所渡主五右衛門外2人 楡俣新田五三郎 1通 B2-(1)2111-1
享和4年1月 (田地代銀請取)出分添証文之事(原本) 西条地主五右衛門・世話人惣右衛門 楡俣新田八郎兵衛 1通 B2-(1)2111-2
文化5年12月 (御差金請取)替地添証文之事(原本) 楡俣新田地所主八郎兵衛・証人左五右衛門 本田五郎右衛門 1通 B2-(1)2111-3止
○2111-1~3止は、一括してあった。
享和3年6月 質流相渡申田地之事(原本) 地所流主郷助・親類証人要蔵 五郎右衛門 1通 B2-(1)2112
文化1年12月 質流相渡申田地之事(原本) 新田地所流主七右衛門・同証人左五右衛門 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2113
文化1年12月 質流ニ相渡ス申田地之事(原本) 中郷村田地渡主丈八外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2114
文化2年11月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地渡主五三郎外2人 楡俣村与兵衛 1通 B2-(1)2115-1-1
丑(文化2年)12月2日 (此証文之外御借用申上金子事)(写) 与平 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-1-2止
○2115-1-1~2止は、一括してあった。
文化6年12月 (田壱反歩)質流相渡申田地之事(原本) 田地流主文治郎外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-2
文化8年12月 (田弐畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主庄七外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-3-1
文化8年12月 (私控田地朝鮮人御通行之橋船入用銀引当之質物差入申金子工人等一切不仕候に付)差出シ申一札之事(下書)     1通 B2-(1)2115-3-2止
○2115-3-1~2止は、一括してあった。
申(文化9年)10月6日 (事済申候間立合消印可仕候に付)才市屋敷証文之事(原本) 金森規斎 楡俣村与平 1通 B2-(1)2115-4-1
文化10年8月 (畑九畝歩)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主作右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-4-2
文政4年4月 (1)(今般大垣え罷出居屋敷明渡申候に付)差出申一札之事(原本) 本人佐市外2人 五郎右衛門 (1)(2)1通 B2-(1)2115-4-3止
(文政4年)10月4日 (2)(居屋敷竹本不残買上に付覚)(原本)((2)は(1)に貼付してあった)     (1)(2)1通 B2-(1)2115-4-3止
○2115-4-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
文化10年12月 (田三畝余)質流相渡申田地之事(原本) 田地流主文次郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-5
文化14年12月 (田畑四畝歩)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所主重右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-6
文政1年12月 (田畑壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主太郎左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-7
文政1年12月 (質物田書入)借用申金子之事)(原本) 金子借用主重右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-8
文政3年12月 (質物田畑書入)借用申金子之事)(原本) 金子借用主幸右衛門・親類証人源兵衛 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-9
文政5年2月 (畑三畝余)質流にて相渡申田地之事(原本) 地所流主丹次外2人 五良右衛門 1通 B2-(1)2115-10-1
(文政5年2月) (五分利之覚)(原本)     1通 B2-(1)2115-10-2
天保4年12月 (増金御渡被下候に付)書添証文之事(原本) 地所流主丹次・証人仁作 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-10-3止
○2115-10-2止は、2115-10-1にはさんであった。2115-10-1~3止は、一括してあった。
文政6年12月 (次吉控畑と五郎右衛門控畑)替地之覚(原本) 替地主次吉 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-11
文政6年12月 (畑弐畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主治吉外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-12
文政7年12月 (畑四畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主忠吉外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-13
文政8年12月 (畑四畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主杢右衛門外3人 楡俣村祐平 1通 B2-(1)2115-14
文政9年12月 (田畑壱反歩)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主繁蔵外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-15
文政13年5月 (去冬勘定之節間違之儀有之質流地所に付)増金請取申証文之事(原本) 金子借用主治吉・証人惣右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-16
天保1年12月 (畑拾八歩余)質流ニ相渡申田地之事(原本) 地所流主杢右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-17
天保4年7月 (畑壱畝余)質流ニ相渡申田地之事(原本) 田地流主左蔵外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-18
天保5年12月 (畑壱畝歩)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村地所流主元右衛門外2人 同村五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-19
天保10年12月 (畑壱畝余)質物流ニ相渡申田地証文之事(原本) 重連坊安左衛門・証人惣吉 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-20
天保15年12月 (田壱畝余)質流相渡申田地之事(原本) 安八郡楡俣新田地所流主重吉外2人 楡俣村五良右衛門 1通 B2-(1)2115-21
嘉永4年3月 (田畑五畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主忠八外4人 逸策 1通 B2-(1)2115-22-1
安政1年12月 (質流ニ相渡申地所に付)書添証文一札之事(原本) 本人忠蔵・親類証人直右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-22-2止
○2115-22-1~2止は、一括してあった。
嘉永7年6月 (質物外畑書入)借用申金子証文之事(原本) 金子借用主直右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-23
安政7年3月 (田畑三畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主竜平外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-24
万延2年2月 (田畑八畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主長左衛門外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-25
文久1年12月 (畑五畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主長右衛門外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-26
文久2年12月 (畑三畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主弥太郎外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-27
慶応2年7月 (田五畝余)借用金之方質流ニ相渡申地所証文之事(原本) 地所流主慶正寺外3人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-28止
○2115-1~28止は、「村方地所証文入棚橋吉重」とある紙袋に入っていた。
文化3年12月 (田四畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主定七外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2116
文化5年12月 (畑五畝余)質流ニて相渡し申証文之事(原本) 田地流主作右衛門・証人与平 五郎右衛門 1通 B2-(1)2117
文化6年12月 (田弐反三畝余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村地所流主清八外3人 新田左五右衛門 1通 B2-(1)2118-1
文政7年3月4日 清八分新田細間(覚)(原本)     1通 B2-(1)2118-2
(文政7年3月4日) (清八分新田細間覚)(下書)     1通 B2-(1)2118-3
(文政7年) 清八田地金仕方(覚)(原本)     1通 B2-(1)2118-4止
○2118-1~4止は、一括してあった。
(文化8年)7月10日 (其砌御咄申上候田地之儀御買取被下候段被仰下承知仕候に付手紙)(原本) 西松権兵衛 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-1-1
文化8年7月 (田畑壱反余)借用金之方質流相渡申田地之事(原本) 西条田地渡主庄右衛門外2人 楡俣五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-1-2
文政12年12月 (金子借用仕候に付)差出申書付之事(原本) 西条五右衛門 御取噯新右衛門・太郎左衛門 1通 B2-(1)2119-1-3止
○2119-1-1~3止は、一括してあった。
文化9年12月 (質物田畑書入)借用申金子証文之事(原本) 金子借主勘四郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-2
文化11年2月 (質物田畑壱反歩)拾ケ年季書入証文之事(原本) 金子借用主小藤次外3人 五郎右衛門御取次 1通 B2-(1)2119-3-1
文化11年2月 (本紙証文に付)添証文之事(原本) 小藤次 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-3-2止
○2119-3-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
文化11年4月 (田畑五反歩)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主勘四郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-4
文政1年12月 (1)(畑七畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主熊八外2人 楡俣村五郎右衛門 (1)(2)1通 B2-(1)2119-5-1
(文政1年12月) (2)(居屋敷境薮相添遣申候に付)覚(原本)((2)は(1)に貼付してあった) 地所流主熊八・証人小藤次 楡俣村五郎右衛門 (1)(2)1通 B2-(1)2119-5-1
(文政1年12月) (川並并びに屋敷掟覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-5-2
(文政1年12月) (屋敷・川並利掟覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-5-3
文政4年12月 (畑拾八歩余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主熊八・証人小藤次 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-5-4止
○2119-5-1~4止は、かんぜよりにて一括してあった。
文政3年12月 (田畑九畝歩)質流ニて相渡申田地之事(原本) 重連坊地所流主勘四郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-6-1
(文政3年12月) (田畑反別覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-6-2止
○2119-6-1~2止は、一括してあった。
文政6年12月 (田六畝歩)質流ニて相渡申田地之事(原本) 田地流主十連坊信成寺外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-7
文政6年12月 (畑三畝余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村西条地所流主作右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-8
文政8年12月 (田壱反七畝余)借用金之方質流ニ相渡申田地之事(原本) 西条地所渡主長八外3人 にれまた五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-9
文政12年2月 (田畑八畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主熊八外3人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-10
文政13年7月 (田弐畝余)借用金之方質流相渡申田地証文之事(原本) 地所渡主勘四郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-11
天保1年12月 (畑五畝歩)質物流ニ相渡申田地之事(原本) 地所渡主勘四郎外2人 楡俣五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-12
天保4年12月 (畑三畝余)質物流ニ相渡申田地之事(原本) 地主信成寺外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-13
天保6年12月 (江料米と川並畑壱畝余)借用金之方質流ニ相渡申江料ト地所之事(原本) 地所渡主勘左衛門外2人 五郎右衛門・半左衛門 1通 B2-(1)2119-14-1
(天保6年12月) (質地畑之)覚(下書)     1通 B2-(1)2119-14-2
天保7年12月 (畑壱畝余)借用金之方質流相渡申地所証文之事(原本) 地所渡主勘左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-14-3
年月日未詳 (五郎右衛門分質地掛り物之)覚(下書)     1通 B2-(1)2119-14-4
年月日未詳 (金子元利勘定并ニ諸掛り覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-14-5止
○2119-14-1~5止は、かんぜよりにて一括してあった。
天保9年12月 (先年差入置之土地永代貴殿御控地ニ可被成に付)書添申一札之事(原本) 地主信成寺・証人小左衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-15
天保9年12月 (田拾八歩)借用金之方え質物流ニ相渡申田地之事(原本) 地主信成寺・証人小左衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-16-1
(天保9年12月) (田拾八歩之利覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-16-2止
○2119-16-2止は、2119-16-1にはさんであった。
天保10年1月 (畑四畝歩)借用金之方質流相渡申地所証文之事(原本) 地所渡主安左衛門外2人 楡俣五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-17
天保14年5月 (田三畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 西条地所渡主安左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-18
弘化2年2月 (質物田畑弐畝余)借用金之方質流相渡申田地証文之事(原本) 西条地所渡主甚之右衛門外2人 楡俣五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-19-1
(弘化2年) (五郎右衛門様御分御差引金覚)(原本)     1通 B2-(1)2119-19-2止
○2119-19-1~2止は、一括してあった。
嘉永3年12月 (質物田九畝余)借用金之方質流相渡申田地証文之事(原本) 地所渡主竜次外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-20
嘉永5年7月 (畑弐畝余)質流相渡申田地之事(原本) 西条地所流主七右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-21-1
嘉永5年7月 (本文之地所貴殿え質物流ニ相渡申候に付)添証文一札之事(原本) 西条地所流主七右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-21-2止
○2119-21-1~2止は、一括してあった。
○2119-1~21-2止は、「西条組地所証書入よしたね」とある紙袋に入っていた。
文化10年12月 (田四畝余)質流相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主次六外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2120
文化11年12月 (畑壱畝余)質流相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主弥平次外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-1
文政7年12月 (田畑壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村地所流主慶正寺外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-2-1
(文政7年12月) (申年ニ入候地所金差引勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-2-2止
○2121-2-1~2止は、一括してあった。
文政13年7月 (畑五畝歩)質流相渡申田地之事(原本) 田地流主次兵衛外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-3
天保3年7月 (畑六歩余)売渡申田地之事(原本) 大薮村売主平左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-4-1
(天保3年7月) (高並びに徳米勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-4-2止
○2121-4-1~2止は、一括してあった。
天保3年12月 (畑弐畝余)質流ニ相渡申田地証文之事(原本) 田地渡し主恩行寺外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-5-1
(天保3年12月) (高並びに公儀入・徳米勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-5-2
(天保3年12月) (高並びに公儀入・徳米勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-5-3止
○2121-5-1~3止は、一括してあった。
天保8年12月 (田弐畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 大薮恩行寺控地内大薮地所売主治平外3人 楡俣村五郎右衛門・同半左衛門 1通 B2-(1)2121-6-1
天保8年12月 (周健・恩行寺借用金返弁之手段無之ニ付私シ共地面差入候に付)添証文之事(原本)(信成寺奥印あり) 恩行寺外4人 五郎右衛門・半左衛門 1通 B2-(1)2121-6-2止
○2121-6-1~2止は、「証文弐通恩行寺」とある包紙に包んであった。
天保13年12月 (田畑九畝余)質流相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主喜平次外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-7-1
(天保13年12月) (高並びに公儀入・徳米・利米勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-7-2止
○2121-7-1~2止は、「壱通入喜平治」とある包紙に包んであった。
嘉永2年12月 (畑五畝歩)質流相渡申地所之事(原本)(端裏に「大ヤフ忠吉」とあり) 大薮村地渡主与三吉外2人 楡俣村逸策 1通 B2-(1)2121-8-1
(嘉永2年12月) 大薮村与三吉屋敷畑検地(覚)(写)     1通 B2-(1)2121-8-2止
○2121-8-1~2止は、一括してあった。
嘉永2年12月 (田畑五畝余)質流ニ相渡申地所証文之事(原本) 大薮村地渡主由右衛門外2人 孫三郎 1通 B2-(1)2121-9
安政6年11月 (田畑弐町三反余)借用金之方質流ニ相渡申地所証文之事(原本) 地所渡主楡俣村富右衛門外2人 楡俣村棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2121-10
万延1年12月 (田弐拾歩他)相渡申地所証文之事(原本) 大薮村地渡主甚介外2人 楡俣村五郎太夫 1通 B2-(1)2121-11
文久1年12月 (田畑八畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主大薮村平右衛門外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2121-12
文久2年12月 (田壱畝余)相対を以相渡申地所証文之事(原本) 地渡主勘兵衛外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2121-13止
○2121-1~13止は、「文化中より大薮三組地所証文入棚橋吉重作」とある紙袋に入っていた。
文化15年3月 (畑六畝歩)質物流相渡申田地之事(原本) 西条地所渡主円蔵外2人 楡俣五郎右衛門 1通 B2-(1)2122-1
年月日未詳 (利米只今無高ニ付起返候節ハ高附、地所、証文相改可申候に付覚)(原本)     1通 B2-(1)2122-2止
○2122-1~2止は、一括してあった。
文政2年3月 (田畑弐反四畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 楡俣新田田地渡主五三郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2123
文政3年1月 (田畑壱町三反三畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 楡俣村田地渡主大薮村勘右衛門外2人 楡俣村政五郎 1通 B2-(1)2124
文政4年5月 (畑弐畝余)売渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所売主忠七外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2125
文政6年2月 (慶正寺西畑・慶正寺南田)替地証文之事(原本) 地主次右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2126
文政6年12月 (田三畝歩)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主仲右衛門外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(1)2127
文政7年12月 借用仕金子之事(原本) 金かり主順成外2人 楡俣庄右衛門 1通 B2-(1)2128-1
天保12年12月 (田畑壱反弐畝余)質流相渡申地所証文之事(原本) 大薮村地渡主順二外2人 楡俣村富右衛門 1通 B2-(1)2128-2
天保15年12月 借用申金子証文之事(原本) 大薮村金かり主市左衛門外2人 楡俣村富右衛門 1通 B2-(1)2128-3
文久3年12月25日 (金子拝借仕に付)覚(原本) 大薮村八左衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2128-4
丑(慶応1年)12月 (1)(御進発御用途之内え上納金仕候段奇特之事ニ付為御褒美御酒被下候に付)奉差上御請書之覚(写) 惣代廿人   (1)(2)1枚 B2-(1)2128-5
丑(慶応1年)12月 (2)(御進発御用途之内え上納金相調候ニ付為御褒美金子被下候に付)奉差上御請書之覚(写) 献金惣代廿人   (1)(2)1枚 B2-(1)2128-5
辰(慶応4年)3月5日 (東山道鎮撫御発向ニ付右御用途之内え調達金受取に付)覚(原本) 大垣御領役所 楡俣村棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-6
午(明治3年)4月17日 請取申金子之事(原本) 上之保村堀口祐三郎 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-7
明治4年11月 借用申金子証文之事(原本)(「証文渡辺勘四郎」とある包紙に包んであった) 大薮村金子借用主渡辺勘四郎外2人 楡俣村棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-8-1
明治4年11月 (田畑書入)小前帳(原本) 大薮村地主渡辺勘四郎外2人 楡俣村棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-8-2止
○2128-8-1~2止は、一括してあった。
壬申(明治5年)2月18日 (買求置候品々御引請被下候価え御渡被成下に付金子請取)覚(原本) 吉田世良 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-9
寅.1.晦 (貸金之内受取申に付)覚(原本) 小寺直次郎 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2128-10
寅10月14日 (差出金受取に付)覚(原本) 大垣御領役所 楡俣村浅野半左衛門 1通 B2-(1)2128-11
寅10月14日 (差出金受取に付)覚(原本) 大垣御領役所 楡俣村棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2128-12
年未詳.1月19日 (富右衛門様方年賦金三ケ年も相滞候に付手紙)(原本)(包紙に包んであった) 表佐村岡田庄左衛門 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-13
年未詳.4月1日 (金札相預申に付)覚(原本) 井田内留守居 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-14
年月日未詳 (亀吉殿へ為祝義差支遣し候金子に付)証文一札(下書)     1通 B2-(1)2128-15
年月日未詳 (卯十二月元金)覚(下書)     1通 B2-(1)2128-16
年月日未詳 (調達金・貸付金他差引勘定)覚(下書)     1通 B2-(1)2128-17止
○2128-1~17止は、「預り并仲間分とも」とある包紙に包み、かんぜよりにて一括してあった。
文政13年8月 (五郎右衛門田畑)替地覚(原本) 地所替主五郎右衛門・世話人太郎左衛門 富右衛門 1通 B2-(1)2129-1
天保2年6月 (五郎右衛門畑と富右衛門芦山畑)替地証文之事(原本) 替地主五郎右衛門・証人太郎左衛門 富右衛門 1通 B2-(1)2129-2-1
(天保2年6月) 替地証文之事(下書)     1通 B2-(1)2129-2-2
(天保2年6月) (五郎右衛門畑と富右衛門芦山畑)替地証文之事(下書)     2通 B2-(1)2129-2-3
天保2年6月 (五郎右衛門畑と富右衛門芦山畑)替地証文之事(下書) 替地主五郎右衛門・証人太郎左衛門 富右衛門 1通 B2-(1)2129-2-4止
○2129-2-1~4止は、一括してあった。
卯(天保2年)12月 (川並替地代金勘定)覚(原本) 富右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2129-3止
○2129-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
天保15年11月 借用申金子証文之事(原本) 借用主理平次・証人藤左衛門・百姓代市左衛門 喜十郎 1通 B2-(1)2130
弘化2年7月 (田五畝余)質流相渡申地所証文之事(原本) 大薮村地主順二外2人 楡俣村富右衛門 1通 B2-(1)2131
弘化4年12月 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主宇右衛門外2人 半左衛門 1通 B2-(1)2132
嘉永4年6月 借用申金子証文之事(原本) 借用主大薮村理平次 棚橋逸策 1通 B2-(1)2133
安政6.12.大晦 借用申金子証文之事(原本) 金子借り主喜左衛門・証人助右衛門 逸策 1通 B2-(1)2134-1
万延2年2月 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主喜左衛門外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2134-2止
○2134-1~2止は、一括してあった。
万延2年4月 (田畑)小前帳(原本) 五平次・与右衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2135
元治1年9月 (屋敷地)譲渡し証文之事(下書) 地所譲主宇右衛門・親類惣代甚之右衛門 治右衛門 1通 B2-(1)2136
慶応2年12月 (田四反三畝余)売渡申田地証文之事(原本) 地所渡主楡俣村棚橋五郎太夫外2人 渡辺佐次右衛門 1通 B2-(1)2137
慶応2年12月 (川並畑壱町四反余)質流ニ譲渡申地所証文之事(原本) 中嶋郡堀津村組頭吉十郎・年寄兼庄屋浅野平吉外5人・裏書山本五郎左衛門 安八郡楡俣村棚橋五郎太夫・浅野半左衛門 1通 B2-(1)2138-1
慶応2年12月 川並畑小作反畝歩取調帳(原本) 堀津村組頭吉十郎・年寄兼庄屋浅野平吉外5人 安八郡楡俣村棚橋五郎太夫・浅野半左衛門 1通 B2-(1)2138-2止
○2138-1~2止は、「堀津村川並畑証文并小前帳」とある包紙に包み、かんぜよりにて一括してあった。
慶応4年8月 (証文之地代金差上可申に付)差出し申一札之事(原本) 南波村五平次外3人 勝村河合繁之進 1通 B2-(1)2139
子.12月3日 (売田地手付金に付)預り申金子之覚(原本) 大薮村預り主忠左衛門・証人太郎左衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2140-1
子.12月12日 (田地金之内に付)請取金子之覚(原本) 大薮村預り主忠左衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2140-2止
○2140-1~2止は、一括してあった。
子.12.晦 (田地金之内に付)請取申金子之事(原本) 楡俣村金子請取主長右衛門・同村証人只四郎 政右衛門 1通 B2-(1)2141
午.7 借用申金子之事(原本)(「彦四郎殿」とある) 楡俣村金借主与三右衛門外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2142
卯.12月30日 (売渡申田畑)小帳覚(原本) 大やふ田地売主磯右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2143
申.12 (田畑五畝余)売渡し申田地之事(原本) 田地売主忠八外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2144
戌.5 (西屋敷畑代金請取)覚(原本) 重郎兵衛 政右衛門 1通 B2-(1)2145
亥.12月29日 楡俣新田田畑所書(原本) 郷三郎 政右衛門 1通 B2-(1)2146
年月日未詳 質物流相渡申田地之事(雛形)(原本) 地所流主太郎左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2147止
(2)家業経営
正徳6.1.吉 金銀覚帳(原本) 安八郡楡俣村棚橋留兵衛   1冊 B2-(2)2001
自享保元年2月
至文化5年7月12日
利兵衛預り金差引帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2002
享保17年12月20日 借用申金子之事(原本) 同村伴七 楡俣村政右衛門 1通 B2-(2)2003
享保19年12月 借用申金子之事(原本) 借り主新七・請人清兵衛 楡俣政右衛門 1通 B2-(2)2004
元文3年1月9日 預り申金子之事(原本) かり主庄右衛門・請人庄七   1通 B2-(2)2005
元文3年12月 田畑反畝覚(原本) 大藪村五兵衛・四郎平・五郎次 楡俣村政右衛門 1綴 B2-(2)2006
寛保4.1.吉 当座諸事覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2007
延享3年3月18日 (田畑質入)預申金子之事(原本) 中村借主彦七郎・楡俣村証人与平次・同村庄屋新右衛門 楡俣村政右衛門 1通 B2-(2)2008
延享3年12月 借用申金子之事(原本) かり主甚三・うけ人林八・林四郎 にれまた村政右衛門 1通 B2-(2)2009
寛延元年12月28日 借用申金子之事(原本) 中村金子借主かや主平次郎・同村証人八右衛門 十連坊利助 1通 B2-(2)2010
寛延2.1.吉 諸事売覚帳(原本) 楡俣村政右衛門   1冊 B2-(2)2011-1
年月日未詳 (御年貢延引其内御算用可仕並びに金壱両三分御遣申候に付)口上(原本) 浅野幸助 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2011-2
年未詳.3月27日 (先日之申付金之義其内埒明可申に付)御報(原本) 浅野幸助 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2011-3止
○2011-1~3止は、一括してあった。
寛延2年12月 借用申金子之事(原本) 大藪村借主新七・同村証人八左衛門 にれ又村政右衛門 1通 B2-(2)2012
宝暦元年11月 末之年小作間入之帳金方請取かし共(原本)     1冊 B2-(2)2013
宝暦3年.極.27日 戌之反畝数覚帳(原本) 西条平助 楡俣村政右衛門 1冊 B2-(2)2014
戌(宝暦4年)11月 (1)申之年内入米之覚帳酉之諸事録子之覚之帳も付(原本) 楡俣村政右衛門   (1)~(3)1綴 B2-(2)2015
戌(宝暦4年)12月 (2)(御年貢御初尾共算用)覚(原本)   今村五兵衛・中村与三兵衛 (1)~(3)1綴 B2-(2)2015
(宝暦4年) (3)諸事売之覚(原本)     (1)~(3)1綴 B2-(2)2015
宝暦4年12月 米餅売覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2016-1
宝暦5年1月11日 金銀覚帳(原本) 楡俣村政右衛門   1冊 B2-(2)2016-2止
○2016-1~2止は、一括してあった。
宝暦5.1.吉 諸事請払覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2017
宝暦5.12 亥之年小作帳(原本) にれ又村政右衛門   1冊 B2-(2)2018
宝暦6.1.吉 諸事売物之帳(原本) 楡又村政右衛門   1冊 B2-(2)2019-1
子(宝暦6年)12月28日 (半左衛門口入ニてかし金)覚(原本)     1通 B2-(2)2019-2
年未詳.12月 (餅米代金等差引勘定)覚(原本) 新右衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2019-3止
○2019-1~3止は、一括してあった。
宝暦6年3月 借申金子之事(原本) 楡俣村新田借主元平外2人 楡俣村政右衛門 1通 B2-(2)2020
宝暦7年1月 諸事払帳(原本) 楡俣邑政右衛門   1冊 B2-(2)2021
宝暦7年 (金子借用証文)(前欠)(原本) 借主平助・同村庄屋佐左衛門 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(2)2022
宝暦9年1月 蔵諸入用覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2023
宝暦9年1月 金銀之覚帳(原本) にれ又政右衛門   1冊 B2-(2)2024
卯(宝暦9年).極 (金銀出入)付出シ覚帳(原本) 楡俣村下組政右衛門   1冊 B2-(2)2025-1
年月日未詳 (農具代金差引勘定)覚(原本) (福束かしや払)   1通 B2-(2)2025-2止
○2025-1~2止は、一括してあった。
宝暦10.1.吉 金銀之覚帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2026-1
(宝暦10年)2月27日 (利銀、夫銀引合)覚(原本) 大藪八左衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2026-2
(宝暦10年)5月5日 (残金御請取可被下に付)覚(原本) 新右衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2026-3
(宝暦10年)11月6日 (先日申上候金子之義近々埒明可仕に付手紙)(原本) 八左衛門 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2026-4
辰.7月9日 (米・わた代他勘定覚並びに手形近日之内相認遣申候に付口上書)(原本) 西松佐七郎 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2026-5止
○2026-2~5止は、2026-1にかんぜよりにてしばってあった。
宝暦11.1.吉 諸事商払覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2027
宝暦11.1.吉 諸事小払方覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2028
明和2.1.吉 控田畑字反畝記帳(原本) 楡俣村持主棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2029
明和2年2月 (控地)細検帳(原本) 兵八分   1冊 B2-(2)2030
明和3年1月 (金銀出入)日記帳(原本) 吉長   1冊 B2-(2)2031
明和7年9月26日 (掟米帳)(下書) 安八郡楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2032
明和9年12月 西条出作田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2033
安永2年11月 巳年田畑掟帳西条分(原本) 楡俣五郎右衛門   1冊 B2-(2)2034
安永3年11月 午年田畑掟帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2035
安永4年12月 未年田畑掟帳西条分(原本) 五郎右衛門   1冊 B2-(2)2036
安永5年12月 申年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2037
安永6年11月 西条分酉年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2038
安永6年.霜 下米請取帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2039
自安永6年至嘉永2年 控高覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2040
安永7年2月.下旬 控高覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2041
安永7年10月 (米金)万請取覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2042
安永7年12月 西条分戌年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2043
安永8年11月 西条分亥年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2044
安永9.11.吉 西条分子年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2045
安永9年.霜 (米金)万請取覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2046
天明元.10.吉 (米金)万請取覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2047
天明元年12月 た印分もやひもの田畑掟帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2048
天明2.10.吉 (米金)万請取覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2049
天明7年11月 西条控分未年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2050
天明8年11月 西条控分申年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2051
天明9.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2052
寛政元年11月 西条控方酉年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2053
寛政元年 酉ノ暮田畑請取分仕分帳(原本)     1冊 B2-(2)2054
寛政2年11月 西条控分戌年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2055
寛政2年 西之冬より戌の春細間覚帳(控) 当村小三郎外4人方   1冊 B2-(2)2056
寛政3年11月 西条控分亥年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2057
寛政4.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2058
寛政4.1改 (金銀出入頼母子講)手鑑(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2059
寛政4年11月 西条控分子年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2060
寛政5.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2061
寛政5年11月 西条控分丑年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2062
寛政6.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2063-1
寅(寛政6年)7月 (麦三斗余)覚(原本) 新右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2063-2止
○2063-2止は、2063-1にはさんであった。
寛政6年11月 西条控分寅年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2064
寛政7.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2065
寛政7.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2066
寛政7年11月 西条控分卯年田畑掟御年貢収帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2067
寛政8.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2068
寛政8.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2069
寛政8年11月 西条分控辰年田畑掟御年貢収帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2070
寛政9.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2071
寛政9.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2072
寛政10年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2073-1
(寛政10年) (長壱丈五寸高四尺八寸)覚(原本) 上野磯吉 にれ又粂蔵 1通 B2-(2)2073-2止
○2073-2止は、2073-1にはさんであった。
寛政10年11月 西条分控午年田畑掟御年貢収帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2074
寛政11年1月2日 (金銀出入)諸日記帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2075-1
(寛政11年)7月12日 (荒尾屋取替)覚(原本) 五郎右衛門 与平 1通 B2-(2)2075-2止
○2075-2止は、2075-1にはさんであった。
寛政11年11月 西条分控未年田畑掟御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2076
寛政12年1月2日 (金銀出入)諸日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2077-1
(寛政12年)3月16日 (材木代受取)覚(原本) 名古屋勘助 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2077-2
(寛政12年)8月 (大工手間賃内金受取)覚(原本) ホッツ仁吉 にれ又村五郎右衛門 1冊 B2-(2)2077-3止
○2077-2~3止は、2077-1にはさんであった。
寛政12.3改 平作田畑ヶ所覚帳(原本) 竜二控   1冊 B2-(2)2078
寛政12年11月 西条分控申年田畑掟御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2079
寛政13年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2080
享和2年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2081-1
(享和2).1.晦 (種粕代勘定に付)覚(原本) 大藪円治郎 楡俣五郎右衛門 1通 B2-(2)2081-2止
○2081-2止は、2081-1にはさんであった。
享和3年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2082
享和4年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2083-1
(享和3年).閏 (代金引合兼受取)覚(原本)(1月13日受取) □□屋孫四郎 にれ又五郎右衛門 1冊 B2-(2)2083-2
(享和4年)12月19日 (沢右衛門講半口のかけ金兵八講見セ金おかし可被下奉頼候に付口上書)(原本) 吉田利平次 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2083-3止
○2083-2~3止は、2083-1にはさんであった。
文化元年11月 西条分控子年田畑掟御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2084
文化2.1.吉 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2085
文化2年11月 西条分控丑年田畑掟御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2086
文化3年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2087
文化3年2月 売渡申江料米之事(原本) 渡し主勘四郎外2人 庄右衛門殿御取次五郎右衛門 1通 B2-(2)2088-1
(文化3年2月) (江料米代金渡方之覚)(原本)     1通 B2-(2)2088-2
(文化3年)3月 (今日壱分遣し申候御受取可被下に付口上書)(原本) 小畑部伊左衛門 にれ村政右衛門 1通 B2-(2)2088-3止
○2088-1~3止は、一括してあった。
文化3.5改 家納諸用記(原本) 棚橋三枝軒   1冊 B2-(2)2089
文化3年10月 西条分控寅年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2090
文化4年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2091
文化4年10月 西条分控卯年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2092
文化5年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2093
文化5年3月 (金銀出入頼母子講)弐番手鑑(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2094-1
寅(文化3年)12月20日 (兵右衛門講懸金)覚(原本) 兵右衛講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2094-2
(文化5年) 孫四郎講(卯年取主覚)(原本)     1通 B2-(2)2094-3
(文化5年) (頼母子講金)覚(原本)     1綴 B2-(2)2094-4
○2094-4止は、2094-3に包んであった。
巳(文化6年)4月29日 (頼母子講掛金請取)覚(虫損)(原本) 足近時山西方寺 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2094-5
午.4月8日 (柳助講金)覚(原本) 柳助講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2094-6
亥.3月29日 (久右衛門講金差遣し候間御改可被下に付)覚(原本) 茂衛 五郎右衛門 1通 B2-(2)2094-7止
○2094-2~7止は、2094-1にはさんであった。
文化5年10月 西条分控辰年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2095
文化6年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2096
文化6年10月 西条分控巳年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2097
文化7年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2098
文化7年10月 西条分控午年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2099
文化7年12月 (金子拝借仕候に付)覚(原本) 楡俣新田五三郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(2)2100
文化8年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2101-1
未(文化8年)12月19日 (御年貢取替金他引合)覚(原本)     1通 B2-(2)2101-2
申(文化9年)12月 (たはこ入・帽子代引合)覚(原本) 大の文三郎 にれ又五郎衛門 1通 B2-(2)2101-3止
○2101-2~3止は、2101-1にはさんであった。
文化8.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2102
文化8年10月 西条分控未年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2103
文化9年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2104
文化9年10月 西条分控申年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2105
文化10年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2106
文化10年10月 西条分控酉年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2107
文化10年12月 借用申金子之事(原本) 中村借主多美弥・楡俣村請人了常寺 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(2)2108
文化11年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2109
文化12年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2110
文化13.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2111
文化14.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2112
文化15.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2113-1
寅(文政1年)12月 (栗古木他代差引勘定)覚(原本) 勘四郎 政五郎 1通 B2-(2)2113-2止
○2113-2止は、2113-1にはさんであった。
文政2.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2114-1
卯(文政2年) 卯年御初穂米勘定(原本)     1通 B2-(2)2114-2止
○2114-2止は、2114-1にはさんであった。
文政3.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2115
文政4.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2116
文政4年11月 御裏印金貸附勘定帳(原本) 楡俣村五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2117
文政5.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2118
文政5.1.吉 (金銀出入頼母子講)三番手鑑(原本) 棚橋[]   1冊 B2-(2)2119-1
子.4月5日 (友治郎講金受取)覚(原本) 友治郎講 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-2
卯.1月18日 (友治郎講金受取)覚(原本) 友治郎講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-3
卯.1月24日 (治兵衛講金御改御受取可申に付)覚(原本) 治兵衛講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-4
卯.7 (権兵衛講金丈右衛門分他相渡候に付)覚(原本) 七右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-5
辰.3月13日 (友治郎講金請取)覚(原本) 友治郎講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-6
辰.12月24日 (寅辰年治兵衛講金)覚(原本) 治兵衛講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-7
巳.12月18日 (友次郎講金受取申候に付)覚(原本) 友次郎講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-8
午.12月19日 (治兵衛講金相渡申候に付)覚(原本) 治兵衛講連中 楡俣村御三人 1通 B2-(2)2119-9
午.12 権平講覚(原本) 政七 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-10
未.4月3日 (友次郎講金受取申候に付)覚(原本) 友次郎講 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-11
酉.12月21日 (仲右衛門講金相渡申候に付)覚(原本) 新田仲右衛門講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-12
亥.12月25日 (仲右衛門講金)覚(原本) 仲右衛門講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-13
年未詳.3月13日 (友次郎講金相済に付)覚(原本) 友次郎(講)連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-14
年未詳.3月27日 (頼母子講金御請取被下度に付)口上(原本) 加納新三郎 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-15
年未詳.7月 (頼母子講金御請取可被下に付)覚(原本) 七右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-16
年月日未詳 (頼母子講入金)おほえ(原本)   五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-17
年月日未詳 (頼母子講金)覚(原本) 連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-18
年月日未詳 (左衛門講金)覚(原本) 左衛門講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-19止
○2119-2~19止は、2119-1にはさんであった。
文政5年1月 (金銀出入頼母子講)手かゝみ(原本) 如龍   1冊 B2-(2)2120
(文政6年)6月7日 (美濃より五郎右衛門殿逗在被成居候由承申に付)口上(下書) 大坂よりいつみや利兵衛 京下数珠や町東洞院西へ入帯屋新兵衛 1通 B2-(2)2121-1
(文政6年)6月7日 (御用事ニ付此節御上京被成、十日此まで御逗在被遊候由御しらせ被下に付書状)(原本) 和泉屋利兵衛 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2121-2
未(文政6年)6月10日 (買物代金受取)覚(原本) 京松原通寺町西え入下むら大文字屋源蔵・下村店千助 棚橋権右衛門 1通 B2-(2)2121-3
(文政6年)6月10日 (代銭受取)覚(原本) 川端陸奥   1通 B2-(2)2121-4
(文政6年)6月12日 (御印入紙片桐主殿へ御遣し可被下に付)覚(原本) 京東六条御台所当番 平尾御坊御肝煎中 1通 B2-(2)2121-5
(文政6年)6月12日 (御家中水越孫兵衛殿より御印被遣候ハゝ、御持被下度に付口上)(原本) 平尾円明坊 渡部勘四郎・棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2121-6
未(文政6年)6月13日 (八寸平きく弐枚代金請取)覚(原本) 京七条通烏丸東へ入御仏具所福井弥右衛門 円楽寺 1通 B2-(2)2121-7
文政6年6月 (朝夕参詣中志他)覚(下書) 美濃国楡俣村慶正寺同行中   2通 B2-(2)2121-8
文政6年 午年御初穂米上納覚(下書) 濃州平尾御坊御肝煎 御納戸方御衆中 1通 B2-(2)2121-9止
○2121-1~9止は、かんぜよりで一括してあった。
文政7.1.吉 申歳台所帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2122
文政7.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2123
文政7.8改 平作田畑ケ所覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2124
文政8.1.吉 (金銀出入)頼母子講手鑑(原本) 棚橋重五郎   1冊 B2-(2)2125
文政8.1.吉 酉歳台所帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2126
文政8.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 楡俣村棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2127
文政9年1月 (金銀出入頼母子講)手かゝみ(原本) 如龍   1冊 B2-(2)2128
文政9.4改 荒地名寄并起返り仕分帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2129
文政10年1月 (金銀出入頼母子講)手かゝみ(原本) 如龍   1冊 B2-(2)2130
文政12年1月 (金銀出入頼母子講)手かゝみ(原本) 如龍   1冊 B2-(2)2131
天保3年2月 (金銀出入)頼母子講弐番手鑑(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2132-1
丑.4月2日 (講金御落手可被下に付)覚(原本) 松林寺講 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-2
丑.7月29日 (頼母子講掛金請取申候に付)覚(原本) 山田安須講世話方 楡俣村棚橋五郎右衛門外1人 1通 B2-(2)2132-3
寅.3月13日 (才八講金相済申候に付)覚(原本) 才八講連中 浅野半左衛門 1通 B2-(2)2132-4
寅.3月26日 (才八講金御請取可被下に付)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-5
辰.3月18日 (三会目才八講金)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-6
辰.3月18日 (満会才八講金差引)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-7
辰.7月8日 (粂右衛門講金)覚(原本) 粂右衛門講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-8
巳.4月11日 (四会目才八講金請取)覚(原本) 才八講連中 浅野半左衛門 1通 B2-(2)2132-9
巳.7月8日 (粂右衛門講金)覚(原本) 連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-10
午.3月13日 (丈助講金)覚(原本)   五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-11
午.3月23日 (五会目才八講金)覚(原本) 才八講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-12
未.7 (粂右衛門講かけ金)覚(原本) 連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-13
申.3月5日 (才八講金)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-14
当酉年子方初会御掛金(覚)(原本)   棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-15
戌.2月18日 (講金御受取可被下に付)覚(原本) 松林寺講 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-16
戌.3月18日 (才八講金)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-17
年未詳.4月1日 (加納氏講金差上申候に付)覚(原本) 半左衛門 逸策 1通 B2-(2)2132-18
年未詳.7月8日 (粂右衛門講掛金覚)(原本)   五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-19
年未詳.11月12日 (坂丸村小嶋甚助江五拾両分示談ニ相成候分当時操合難渋仕候間金拾両拝借申上度に付手紙)(原本) (須賀村)久之進 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-20
年月日未詳 (徳右衛門講金)覚(原本) 徳右衛門講中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-21
年月日未詳 (頼母子講かけ金)覚(原本)   棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2132-22止
○2132-2~22止は、2132-1にはさんであった。
(天保7年)12月14日 (恩行寺方故障なき証文印形為致差上候に付口上書)(原本)     1通 B2-(2)2133-1
天保7年12月 (質物書入金子借用申に付)証文一札之事(原本) 渡主真宗寺・証人恩行寺 楡俣村半左衛門 1通 B2-(2)2133-2止
○2133-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
天保12.11.吉 西条分丑年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2134
天保13.11.吉 西条分寅歳田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2135
天保14.11.吉 西条分卯年田畑掟帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2136
天保14年11月 卯年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2137
天保15年.月未詳.吉祥 (糸綿類買入)大吉万福帳(原本) 綛屋五郎三   1冊 B2-(2)2138
弘化2年12月27日 借用申金子之事(原本)(「証札壱通本証」とある包紙に包んであった) 長嶋朗淳 ニレ又村慶正寺 1通 B2-(2)2139
弘化4年2月8日 借用申金子之事(原本)(「証札壱通本証」とある包紙に包んであった) 借主長嶋朗淳・証人慶正寺玄西 浅野半左衛門・棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2140
嘉永2年12月 (借用金)覚(原本) 金子借用主理平次・証人順二 逸作 1通 B2-(2)2141
自嘉永3年1月1日
至嘉永3年2月
日記当座帳(原本) 棚橋   1冊 B2-(2)2142
嘉永4年5月 借用申金子之事(原本) 一色村忠八 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(2)2143
安政元年12月 (借用金)覚(原本) 借用主理平次・証人恩行寺老僧 逸策 1通 B2-(2)2144
安政元年12月 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主慶正寺・証人利平 五郎右衛門 1通 B2-(2)2145
安政2年4月 質地申田地之事(原本)(堀江久次郎外3人の奥書あり) 地主啓一郎・証人臼井浅右衛門 本田村関谷宅平 1通 B2-(2)2146
安政4年4月 借用申金子証文之事(原本) 借用主弥右衛門・証人宇右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2147
安政5.6.晦 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主長左衛門・証人宇右衛門 逸策 1通 B2-(2)2148
安政7年2月 借用申金子証文之事(原本) 金子借主南波村五平次 楡俣村棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2149
安政7年3月 借用申金子之事(原本) 借主御肴屋徳助・小川又一兵衛 輪中御組合御惣代棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2150-1
安政7年.閏3月24日 借用申金子之事(原本) 小川又一兵衛・御肴屋徳助 輪中御組合御惣代楡俣村棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2150-2-1
(安政7年).閏3月25日 (別書証差上候間御一覧可被下に付書状)(原本) 御肴屋徳助 棚橋御取次 1通 B2-(2)2150-2-2止
○2150-2-1~2止は、一括してあった。
文久2年2月 借用申金子之事(原本) 御肴屋徳助 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2150-3
文久2年7月 借用申金子之事(原本) 御肴屋徳助 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2150-4止
○2150-1~4止は、かんぜよりにて一括してあった。
文久元年11月29日 (先般御相談申上候御差出金請取候に付)覚(原本) 古沢武左衛門・古屋祐平 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2151
文久2年1月26日 (西大藪村勘四郎方ニ借金返金次第証文御帰し申上候に付)後日書付(原本) 慶正寺 貞介 1通 B2-(2)2152
文久2.3.朔 借用金子証文事(原本) 借用主助右衛門 五郎太夫 1通 B2-(2)2153
文久2年10月 (入馬壱疋敷金受取)覚(原本) 野寺村幸助 楡俣村棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2154
文久3年 亥盆前払方大概取調(帳)(下書)     1綴 B2-(2)2155
元治元年5月 (御掟地地直し歩広ケ仕無高ニて内輪売渡難拾置ニ付御出訴ニも可被成に付)御詫旁御請一札之覚(原本)(立入人栄五郎外2人の奥書あり) 本人茂平・親類証人惣八 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2156
元治元年6月 借用金証文之事(原本) かり主武策郎 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2157
元治元年10月 (金子借用)覚(原本) 楡俣新田仙右衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2158
元治2年2月28日 (助成金年賦之内頂戴仕候に付)覚(原本) 近藤伊左衛門重政 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2159
慶応2年2月 金子証文之事(写)(藤江彦之丞外2人の奥書あり) 出郷広田勘左衛門外6人 楡俣村棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2160-1
慶応2年11月 金子証文之事(写)(藤江彦之丞外3人の奥書あり) 安保貞次郎外8人 楡俣村棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2160-2止
○2160-1~2止は、「慶応二寅三月同年十一月御裏下案文弐通入」とある包紙に包んであった。
慶応2年2月 (1)金子証文之事(写) 出郷広田勘左衛門外6人・奥書藤江彦之丞外2人 楡俣村棚橋五郎太夫 (1)(2)1綴 B2-(2)2161
慶応2年11月 (2)金子証文之事(写) 安保貞次郎外8人・奥書藤江彦之丞外3人 楡俣村棚橋五郎太夫 (1)(2)1綴 B2-(2)2161
慶応4.1.吉 酒御通(原本) 竹ケ鼻富士嶋屋小兵衛 楡俣村棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2162
慶応4.1.吉 金物御通(原本) 竹ケ鼻本町桔梗屋佐兵衛 楡俣村棚橋五郎右衛門 1冊 B2-(2)2163
慶応4.1.吉 紙畳表御通(原本)(書込みなし) 藤屋九八 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2164
慶応4.1.吉 伊鯖干物御通(原本)(書込みなし) 大垣小川屋勘兵衛 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2165
慶応4.1.吉 酒御通(原本) 美濃竹ケ鼻坂倉屋又吉 楡俣棚橋五郎右衛門 1冊 B2-(2)2166
慶応4.1.吉 御肴之御通(原本) 大垣魚屋長八 楡俣村御苗五郎太夫 1冊 B2-(2)2167
慶応4.1.吉 刻多葉粉御通(原本) 坂本屋常助 楡俣村棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2168
慶応4年9月29日 (川並地代金之内え請取)覚(原本) 堀津村浅野又右衛門 棚橋五郎太夫・浅野半左衛門 1通 B2-(2)2169
明治元年12月 借用申金子之事(原本) 金子借用主安之進・証人庄左衛門 五郎太夫御取次 1通 B2-(2)2170
明治元年12月 借用申金子之事(原本) 金子借用主保之進・証人庄左衛門 棚橋五郎太夫殿御取次 1通 B2-(2)2171
明治2年1月 (旧幕府判物改正被仰出候ニ付上京為手当金)借用申金子之事(原本)(「証書松尾太夫」とある包紙に包んであった) 松尾大夫・家来鈴木健蔵 楡俣村慶正寺御坊高持衆中 1通 B2-(2)2172-1
明治2年1月 (旧幕府判物改正被仰出候ニ付上京為手当金)借用申金子之事(写) 松尾大夫・家来鈴木健蔵 楡俣村慶正寺御坊高持衆中 1通 B2-(2)2172-2止
○2172-1~2止は、一括してあった。
明治2年5月14日 借用金証書(原本) 大藪村市左衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2173
明治3年12月24日 (金子借用仕候に付)覚(原本) 保之進 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2174
明治4.1.吉 御染物御通(原本) 紺屋杢右衛門 楡俣村棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2175
子.3月26日 (金子借用仕候に付)覚(原本) 郷宿勝助 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2176
子.極 (諸染物代銭相済)覚(原本) 大垣こんや十四郎 馬之瀬村五郎助 1通 B2-(2)2177-1
年未詳.極 (諸染物代銭請取)覚(原本) こんや重四郎 馬之瀬村五郎助 1通 B2-(2)2177-2
年月未詳.28日 (諸染物代銭引合)覚(原本) 五郎介 政右衛門 1通 B2-(2)2177-3止
○2177-1~3止は、かんぜよりで一括してあった。
丑.6.朔 (買い物代銀請取)覚(原本) 京松原通寺町西え入下むら大文字屋源蔵・下村店庄七 五郎右衛門 1通 B2-(2)2178-1
丑.6月9日 (ねこ縁折敷五枚代金請取)覚(原本) 敷下さかい町南角浅野屋太兵衛 勘四良 1通 B2-(2)2178-2
年未詳.2月28日 (銀子差引勘定)覚(原本) のとや店 桔梗屋 1通 B2-(2)2178-3
年未詳.5月29日 (銀子勘定)覚(原本) のと屋店 桔梗 1通 B2-(2)2178-4
年未詳.6月9日 (金弐朱受取、代銀差引引合)覚(原本) 丁子屋泉   1通 B2-(2)2178-5
年未詳.6月10日 (御泊り代銭引合)覚(原本) 吉更屋新助   1通 B2-(2)2178-6
年月日未詳 家具膳椀折敷万塗物類并ニ御手道具仕入所(商標)(原本) 京藪之下堺町南東角伊勢屋太兵衛   1通 B2-(2)2178-7止
○2178-1~7止は、一括してあった。
丑.12月26日 (馬瀬五郎助事染代残金延置可被下奉願上候に付追啓)(原本)     1通 B2-(2)2179
丑.12 借用申金子証文之事(原本) 楡俣村棚橋五郎太夫 小寺直次郎御取次 1通 B2-(2)2180
丑.極 (米金出入)当座帳(原本) にれまた村政右衛門   1通 B2-(2)2181
寅.12月24日 (金子借用に付)覚(原本) 同新田仙右衛門 楡俣村逸策 1通 B2-(2)2182
寅.12月28日 (恩借候金子に付)添手形之事(原本)(端裏に「中村甚八」とあり) かり主甚三・請人安右衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2183
寅.極 (金銀出入)当座覚帳(原本) 楡俣村政右衛門   1通 B2-(2)2184
卯.1 (法養寺勘識金借用仕候に付)書附之事(原本) 慶正寺 棚橋逸作 1通 B2-(2)2185
辰.4月12日 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主勘之右衛門・証人喜助 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2186-1
辰.4月12日 (銭質物ニ差入金子借用仕候に付)覚(原本) 金子借用主勘之右衛門・証人喜助 五郎太夫 1通 B2-(2)2186-2止
○2186-1~2止は、一括してあった。
辰.11月24日 (去九月中市左衛門拝借金私引請候間御勘定御請取可被下候に付)覚(原本) 大藪村与右衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2187
辰.12 田畑小作帳(原本) 大藪村田地渡主勘右衛門・同村庄や勘四郎 楡俣村五郎右衛門 1冊 B2-(2)2188
辰.12 (金子貸借仕切帳)(原本) 勝村甚平 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2189
巳.春改 (万買物代金)覚(原本) 荒尾屋直助 棚橋 1通 B2-(2)2190
巳.12 (餅米代金差引相済)覚(原本) 庄右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2191
午.3月28日 (金子元利勘定覚)(控)     1通 B2-(2)2192
午.3 (西松権兵衛殿より請取分米代金差引相済)覚(原本) 庄右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2193
午.8月27日 (かわら代手付金請取)覚(原本) 大垣新町加十郎 政右衛門 1通 B2-(2)2194
午.12 (金子拝借仕候に付)覚(原本) 楡俣新田拝借主五三郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(2)2195
午.12 (金子拝借仕候に付)覚(原本) 楡俣新田拝借主五三郎外2人 楡俣村五郎右衛門 1通 B2-(2)2196
午.極 諸事覚出シ帳(原本) 政右衛門   1冊 B2-(2)2197
ひつし.2.朔 (文金にて持参金請取)覚(原本) 黒野村番焼寺義雲・同村惣同行 相羽村加平治 1通 B2-(2)2198
未.4 借用申金子之事(原本)(端裏に「手形政右衛門善次郎かし請人米松」とあり) 借主治右衛門・請人米松 政右衛門 1通 B2-(2)2199
未.7 (御賄金請取)覚(原本) カサマツ笹屋専次 楡俣村棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2200
未.12月30日 借用申金子之事(原本) 新平 政右衛門 1通 B2-(2)2201
酉.7月29日 (金子借用申に付)覚(原本) 金子借用主新田仙右衛門 楡俣村棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2202
酉.12月24日 (長右衛門殿取かへ金之内請取)覚(原本) 太郎左衛門 只四郎 1通 B2-(2)2203
戌.2月18日 (内金拾両請取)覚(下書)     1通 B2-(2)2204
戌.7.吉 種かい覚(原本) 十連坊新右衛門 政右衛門 1冊 B2-(2)2205-1
(戌).7月9日 送り申種叺之事(原本) 西条与惣次 十連坊新右衛門 1通 B2-(2)2205-2
戌.7月10日 売渡申種之事(原本) 太郎左衛門 新右衛門 1通 B2-(2)2205-3止
○2205-1~3止は、一括してあった。
戌.12.晦 (質物火鉢にて金子借用申に付)覚(原本) 慶正寺玄了 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2206
(戌.極) (掟地取米帳)(原本)     1綴 B2-(2)2207-1
戌.極 (万取替金)覚(原本) 政右衛門 庄屋 1通 B2-(2)2207-2止
○2207-1~2止は、一括してあった。
亥.11 下米受取帳(原本)     1冊 B2-(2)2208
自亥.極.20至
子.4月16日
預り申金子之事(原本) 太郎左衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2209
年未詳.1月16日 (平助恩借之利足、今日御子足様へ遣申候に付書状)(原本) 西松太七郎 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2210
年未詳.4月22日 (麦並びに種金請取覚)(原本) いし上村与七 政右衛門 1通 B2-(2)2211
年未詳.5月21日 請取申金子之覚(原本) 西条村与七 政右衛門 1通 B2-(2)2212
年未詳.5月22日 借用申金子之事(原本) にれ又借主金七・同村証人小兵衛 楡俣政右衛門 1通 B2-(2)2213
年未詳.7.朔 (取次金御受取申上候に付)差上申一札之事(原本) 一色村忠八郎 楡俣村棚橋逸策 1通 B2-(2)2214
年未詳.11月25日 (質物受戻来陽正月下旬迄御延可被下候に付)覚(原本) 恩行寺老僧 逸策 1通 B2-(2)2215
年未詳.12月10日 (龍治様より金子頂戴仕、皆済之砌証文奉差出候御請取可被下候に付書状)(原本) 水谷五兵衛 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2216
年未詳.12月22日 (元金半金元居御願奉申上御聞済ニ預リ候に付)覚(原本) 棚橋五郎太夫 渡辺勘四郎 1通 B2-(2)2217
年未詳.12月28日 (畑掟米勘定)覚(原本) 忠左衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2218
年未詳.12.大晦 (金子借用に付)覚(原本) 保之進 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2219
年月日未詳 (金銀出入頼母子講)手鑑(原本) 弄松軒如鶴   1冊 B2-(2)2220-1
年月日未詳 (頼母子講取口・懸金)おぼえ(原本) 伊平講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2220-2
年月日未詳 (頼母子講掛留銀)覚(原本) 治兵衛講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2220-3止
○2220-2~3止は、2220-1にはさんであった。
年月日未詳 (金銀出入頼母子講)手鑑(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2221
年月日未詳 下米請取帳(原本)     1冊 B2-(2)2222
年月日未詳 (和積算早見図)(写)     1枚 B2-(2)2223
年月日未詳 (儀左衛門田地之覚)(下書)     1綴 B2-(2)2224
年月日未詳 善左衛門田地之覚(下書)     1綴 B2-(2)2225
年月日未詳 蓮如上人御旧跡略縁起(原本)(木版) 山科郷西野村百貫孫右衛門   1冊 B2-(2)2226
年月日未詳 (いしき与七田地之覚)(下書)     1綴 B2-(2)2227
年月日未詳 (控地小作帳)(下書)     1綴 B2-(2)2228
年月日未詳 亥年庄右衛門地細検(帳)(下書)     1冊 B2-(2)2229
年月日未詳 十連坊いしき検地(帳)(下書)     1冊 B2-(2)2230
年月日未詳 (北村郷三郎殿田地之覚)(下書)     1綴 B2-(2)2231
年月日未詳 小源次質流田地并掟方御年貢之訳(帳)(下書)     1冊 B2-(2)2232
年月日未詳 (控地間数帳)(下書)     1綴 B2-(2)2233止
<外部リンク>