ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第43集棚橋健二家(5)第2部

岐阜県歴史資料館 所在史料目録

第43集 棚橋健二家文書目録(5)(近世史料の部(3))

第二部 近世文書 私文書
年月日 文書名 作成 受取 文書番号
B1 家
明和3年1月 (婚礼)諸色入用帳(原本)     1冊 B1-2001
自寛政10年1月11日
至寛政10年2月1日
長屋地庭土持(人足帳)(原本) 福束輪中楡俣邑帳預り周吉   1冊 B1-2002
自寛政11年8月26日
至寛政11年9月9日
水屋土持人足帳(原本)     1冊 B1-2003
自寛政11年8月26日
至寛政11年9月9日
水屋土持人足覚帳(原本) 楡俣邑惣連中   1冊 B1-2004
自嘉永5年2月22日
至嘉永5年4月6日
(京・大阪)道之記(原本) 鶴洲   1冊 B1-2005
安政2年3月15日 尾州紀行(原本) 棚橋重光   1冊 B1-2006
自明治3年8月5日
至明治3年8月13日
知多行雑記(原本) 棚橋吉重   1冊 B1-2007
明治3年12月 (中島郡沖村瀧勘右衛門へ私妹ミと縁付遣し候処、養母義非道之人体ニて離縁致度に付)乍恐以書付奉歎願候(下書) 安八郡楡俣村願人 棚橋五郎右衛門・同村年寄役兼親類棚橋竜二 笠松御県御役所 1通 B1-2008
午(明治3年)12月 (中島郡沖村瀧勘右衛門相手取別紙之通其御筋え奉願上度に付)乍恐以書付奉願上候(写) 楡俣村願主棚橋五郎右衛門・親類年寄兼同竜二 大垣御藩御預御役所 1通 B1-2009
明治4年1月 (中島郡沖村瀧勘右衛門儀へ私妹みと縁付遣候処、養母義非道之人体ニて離縁致度に付)乍恐以書付奉願上候(控) 安八郡楡俣村願人 棚橋五郎右衛門・同村年寄兼親類棚橋竜次 笠松御県御役所 1通 B1-2010
明治4年1月 (中島郡沖村瀧勘右衛門儀へ私妹みと縁付遣候処、養母義非道之人体ニて離縁致度に付)乍恐以書付奉歎願候(下書) 楡俣邨願人 五郎右衛門・同村年寄兼親類棚橋竜次 笠松御県御役所 1冊 B1-2011
未(明治4年)2月 (当郡沖村瀧勘右衛門方へ楡俣村棚橋五郎右衛門妹私媒ニて縁付候処、勘右衛門老母義非道之人体ニて離縁致度一件に付)乍恐以書付奉歎願候(写) 中嶋郡一色村庄屋 水谷忠八 笠松御県 1冊 B1-2012
明治4年7月29日 (棚橋氏より当村勘右衛門え差戻しに相成候結納請取之)覚(写) 沖村 野村忠左衛門 水渓忠八郎 2通 B1-2013
明治4年7月 (楡俣村棚橋氏ヨリ当村勘右衛門え縁組ニ相成居候処、今般離縁ニ相成候に付)差入申一札之事(写) 沖村 勝部又左衛門・野村忠左衛門 水渓忠八郎 1通 B1-2014
明治4年7月 (此女義家風不向義有之に付)離縁状一札之事(写) 瀧勘右衛門・代筆 藤次郎 棚橋五郎太夫・娘みね 1通 B1-2015
明治4年7月 (貴殿妹みね義家風ニ不向に付)離縁状一札之事(写) 沖村 瀧勘右衛門・代筆 野村忠左衛門 棚橋五郎右衛門 1通 B1-2016
戌.4月17日 (私娘義此度次郎左衛門殿御世話ニて暇御出シ被下に付)一札之事(原本) 母親はな外2人 太郎左衛門・政右衛門 1通 B1-2017
年未詳.3月22日 (御花押印代銭)覚(原本) 京寺町通六角下ル森田宗兵衛印判版木司 1通 B1-2018-1
年未詳.3月22日 (御書印等御改御請取可被下に付)口上(原本) 京在直助 棚橋五郎右衛門 1通 B1-2018-2
年未詳.(3月22日) (花押雛形)(原本)     1枚 B1-2018-3止
○2018-1~3止は、「石印篆刻印判師」とある封紙に一括してあった。
年月日未詳 (重光印・長印之封紙)(原本)(木版) 浅野御蔵前元旅籠町二丁目御印判師篆刻所 宮下治郎兵衞   1通 B1-2019
年月日未詳 北遊諸入用取調帳(原本)     1冊 B1-2020
年月日未詳 (雪隠小便所・湯殿間取図)(写)     2枚 B1-2021
年月日未詳 (棚橋長兄の元服を祝し)賀章(原本) 藤吉   1通 B1-2022止
B2 家産
(1)土地
延宝5年12月20日 (田畑壱反余)永代売渡し申田畑之事(原本) 楡俣村売主 十右衛門外3人 太郎左衛門 1冊 B2-(1)2001-1
延享2年2月19日 (質物田書入)頼母子講金之事(原本) 頼母子金借主太郎左衛門・証人 富次郎 御仲間衆中 1通 B2-(1)2001-2-1
辰.12月20日 (田書入)借用申金子之事(原本) 十連坊 源助・同村重蔵 政右衛門 1通 B2-(1)2001-2-2止
○2001-2-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦6年12月 (田壱反余)質物流売渡シ申田地之事(原本) 西条田地売主 佐左衛門・同村証人 多助 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2001-3
宝暦9年12月20日 (田畑書入)借用申金子之事(原本) 西条借り主 太七郎・同村請人 儀助 政右衛門 1通 B2-(1)2001-4
宝暦9年12月20日 (田弐反余)質流売渡し申田地之事(原本) 西条売主 太七郎・同村請人 常右衛門 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2001-5-1
(宝暦10年)7月10日 (御書付之通慥ニ受取申候得共、何角勘定仕手形切手遣申候に付手紙)(原本) 太七郎 政右衛門 1通 B2-(1)2001-5-2
辰(宝暦10年)7月 (田地小前覚・銀共に御請取可被下に付手形)(原本) 西条 太七郎 政右衛門 1通 B2-(1)2001-5-3止
○2001-5-1~3止は、一括してあった。
宝暦9年12月.大晦 (質物畑書入)借用申金子手形之事(原本) 金主借主 金左衛門外2人 当村政右衛門 1通 B2-(1)2001-6
宝暦13年12月29日 (質物田書入、当未ノ年御橋舟御用金として)借用申金子之事(原本) 借主 磯八・同断金左衛門外請人1人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-7
宝暦13年12月 (畑五畝)質流相渡申畑地手形之事(原本) 楡俣村下組畑地渡主 重次郎外3人 楡俣村下組 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-8-1
明和3年12月29日 (畑壱畝)御年貢米之方ニ相渡シ申田地事(原本) 売主 重次良・証人 源八 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-8-2止
○2001-8-1~2止は、一括してあった。
明和1年12月 (田畑三反余)借金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 楡俣村田地渡主 兵八外2人 当村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-9
明和4年12月 (畑九畝余)借用金子之方ニ相流シ申田地之事(原本) 屋敷主 文右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-10
明和4年12月 (畑三畝余)質物流売渡し申畑之事(原本) 畑売主 林助外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-11
明和6年12月29日 (質物田書入)借用申金子之事(原本) 金子借主 紋次郎外3人 丈八 1通 B2-(1)2001-12
明和6年12月 (田畑壱反余)御年貢米之方ニ相渡シ申候田畑之事(原本) 楡俣村田畑売主 松治郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-13
明和6年12月 (畑五畝)借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 田地売主楡俣村 忠治郎外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-14
明和6年12月 (田六畝余)御年貢金之方ニ相渡シ申候田地之事(原本) 田地渡シ主西条 孫市外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-15
明和7年12月22日 (田畑五畝)質物田地流証文之事(原本) 楡俣村売主 八左衛門外2人 楡俣村買主 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-16
安永2年12月 (田畑弐畝余)御年貢金之方相渡申田地之事(原本) 西条田地うり主 仁三郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-17
安永3年7月 (畑八畝余)売渡シ申田地之事(原本) 田地売主 惣八外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-18
安永3年12月 (田畑四反弱)借用金之方ニ相渡申田地之事(原本) 楡俣村田地渡し主 庄右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-19
安永5年3月 (畑壱畝余)御年貢金之方ニ相渡申田地之事(原本) 西条田地売主 孫市外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-20
安永6年12月 (田六畝余)借用金之方ニ相渡し申田地之事(原本) 西条田地渡し主 常七郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-21
寛政2年12月 (田畑壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 楡俣村地所流主 太四郎外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-22
寛政4年12月 (田畑壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主 吉蔵外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-23
寛政8年12月 (田四畝)借用金之方質物流ニ相渡ス田地之事(原本) 借主 与平治外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-24
享和1年7月3日 (作右衛門分川並地先代金与平へ相渡申候に付)覚(下書)     1通 B2-(1)2001-25
文化8年12月 (田畑弐反余)質物流相渡申田地之事(原本) 西条田地流主 佐兵衛外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-26
文政4年12月 (畑壱畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主 元右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2001-27止
○2001-1~27止は、かんぜよりにて一括してあった。
延宝9年2月 酉より子迄四年切ニ売渡シ申田畑之事(原本) 楡俣村うり主 宗七・請人庄や 与三右衛門・同年寄 文右衛門 下沢太郎兵衛・安田勘左衛門 1通 B2-(1)2002
貞享3年2月28日 永代ニ売渡申畑之事(原本) 楡俣売主 新五郎・請人七郎左衛門 楡俣村 又助 1通 B2-(1)2003
元禄10年2月20日 (畑三畝)年季なかれ之事(原本) 楡又村 新五郎 にれ又村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2004
元禄15年12月10日 (田畑八反余)年季流田畑証文之事(原本) 安八郡楡又村売主 半十郎・同村売主次郎左衞門・同村庄屋五郎衞門 横地仁兵衛 1通 B2-(1)2005-1
宝永4年12月20日 (畑壱畝余)年季ニ売渡シ申畑之事(原本) 楡俣村売主円右衛門・同村庄や 新右衛門 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-2
延享2年1月20日 (畑弐畝余)相渡シ申田地之事(原本) 楡俣村庄屋 新右衛門・同村売主善七外1人 半左衛門 1通 B2-(1)2005-3
寛延2年12月20日 (畑壱反)質物流売渡シ申田地之事(原本) 西条売主惣内・同村証人 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-1
寛延3年12月20日 (田三畝余)五年季売渡シ申田地之事(原本) 西条売主 常右衛門・同村証人 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-2
寛延3年12月 (田五畝余)五年季ニ売渡シ申田地之事(原本) 田地売主 太七郎・証人 惣内 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-3
宝暦2年12月 (田畑弐反余)質流売渡シ田畑之事(原本) 西条売主 太七郎・同村証人 惣内 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-4-1
宝暦2年12月 田畑小帳覚(原本) 太七郎 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-4-2止
○2005-4-4-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦3年2月 (田畑壱反余)しち物流売渡し申田畑之事(原本) 売主半次郎・庄屋 太七郎 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-5
宝暦4年3月 (田畑壱反余)質流売渡申田畑之事(原本) 西条売主 太七郎・同村証人 惣内 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-6
宝暦4年12月20日 (田畑九反弱)質物田地流証文事(原本) 中村田地売主告右衛門外3人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-7
宝暦4年12月 (田畑壱反余)質流売渡シ申田畑之事(原本) 西条田地売主 仁三郎外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-8
宝暦5年12月 (田七畝余)質流売渡し申田地之事(原本) 西条売主 粂八外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-9
宝暦6年3月 (田畑壱反余)質流売渡シ申田畑之事(原本) 西条村売主 豊八・同村証人 当右衛門 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-10
宝暦6年4月 (畑弐畝余)質流売渡シ申田地之事(原本) 西条村売主 豊八・同村証人 佐左衛門 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-11
宝暦6年12月 (田畑壱反余)質流売渡シ申田畑之事(原本) 田地売主 惣内・同村証人 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-4-12止
○2005-4-1~12止は、「西条多七郎殿手形」とある包紙で包み、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦7年3月 (田畑四畝余)質流相渡申田畑手形之事(原本) 楡俣村田畑流主 金佐衛門外2人 当村 政右衛門 1通 B2-(1)2005-5
宝暦10年12月 (田三反余)借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 田地流主 幸助外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2005-6
明和5年12月 (田畑弐反余)借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 田地渡シ主楡俣村 忠治郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-7-1
(明和5年12月) 忠治郎分(田畑小作人之覚)(写)     1通 B2-(1)2005-7-2
(明和5年12月) (忠治郎分地所間数之覚帳)(下書)     1綴 B2-(1)2005-7-3止
○2005-7-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛政7年4月 (田畑八畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主西条 五兵衛外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-8-1
寛政7年4月 (田畑七畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主西条 五兵衛外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-8-2
寛政7年4月 西条五兵衛、おとみより講金之方ニ受取田地覚(原本)     1通 B2-(1)2005-8-3
(寛政11年4月5日) (西条丹六前五兵衛分地所細間之覚)(写)     1通 B2-(1)2005-8-4止
○2005-8-1~4止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛政8年12月 (当村御裏印借用金証文之儀別証文ニて地所相渡し減金仕候に付)一札(原本) 庄屋 権兵衛外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-9
寛政8年12月 (田三畝)借用金之方質物流ニ相渡申田地之事(原本) 渡主 勘四郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-10-1
寛政8年12月 (畑四畝)借用金之方質流ニ相渡申田地之事(原本) 田地渡主 五左衛門外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-10-2止
○2005-10-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
(田畑三反余)借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 楡俣村売主 庄右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2005-11止
○2005-1~11止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝永4年12月20日 売渡シ申年季地之事(原本) 楡俣村売主 円右衛門外2人 大薮村 勘右衛門 1通 B2-(1)2006
宝永5年12月 (畑)年木なかれ証文之事(原本) 楡又村売主 彦右衛門外3人 楡俣村 彦助 1通 B2-(1)2007
正徳3年12月20日 (田畑)年季流証文之事(原本) 楡俣村うり主 九郎右衛門外2人 楡俣村 留平 1通 B2-(1)2008
正徳4年12月20日 田畑流証文之事(原本) 楡俣村うり主 九郎右衛門外2人 楡俣村 留平 1通 B2-(1)2009
正徳5年12月20日 質物田地流証文之事(原本)(端裏に「いしき与七」とあり) 楡俣村地売主 半左衛門・同村庄や 勘右衛門 一色 与三兵衛・曽右衛門 1通 B2-(1)2010
正徳6年12月 (田地売渡シ)年季流証文事(原本) 売主 九郎右衛門外2人 留平 1通 B2-(1)2011
正徳6年12月 (田畑)年季流証文之事(原本) 売主 重郎兵衛・名主新右衛門 留平 1通 B2-(1)2012
享保1年12月20日 預金之方相流申質物田畑之事(原本) 楡俣村金子預主金七郎外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2013
享保1年12月20日 五年季ニ売渡シ申田地之事(原本) 楡俣村うり主 円右衛門・同村証人 文助 楡俣村 留平 1通 B2-(1)2014
享保1年12月25日 (畑)しち物なかれ証文之事(原本) 楡俣村うり主 新五平外2人 にれ又 留平 1通 B2-(1)2015-1
(享保2年)3月2日 (畑壱畝歩勘定)覚(原本) 新五平 留平 1通 B2-(1)2015-2止
○2005-1~2止は、一括してあった。
享保2年12月 質流相渡申田地之事(原本) 重連坊地所渡主 周八外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2016
享宝(保)3.2 (田畑)年季流証文之事(原本) 売主 重兵衛外2人 留平 1通 B2-(1)2017
享保8年12月29日 質物田地相流証文之事(原本) 楡俣村売主 茂右衛門外2人 同村 政右衛門 1通 B2-(1)2018
享保9年1月 (田畑)年季流証文之事(原本) 楡俣村売主 重郎兵衛外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2019
享保9年4月22日 (田畑書入)借用申金子之事(原本) 同村借用主 新右衛門 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2020-1
辰(享保9年)4月 (借金元利勘定)覚(原本) 新右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2020-2
年月日未詳 にれ又地不足算用覚(下書)     1通 B2-(1)2020-3止
○2020-1~3止は、一括してあった。
享保9年12月15日 田掟借用申金子之事(原本) 西条うり主 伝七外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2021
享保9年12月20日 (田畑)年季流証文之事(原本) 楡俣村うり主 新五兵衛・同村請人 新右衛門 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2022-1
享保11年12月 売渡シ申年季流田地之事(原本) 大薮村売主 松太郎外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2022-2止
○2022-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
享保10年12月20日 預り金之方ニ相渡申田地之事(原本)(端裏に「代蔵手形」とあり) 楡俣村金主預り主 新左衛門外2人 楡俣村 権右衛門 1通 B2-(1)2023
享保10年12月 (田畑弐反余)売渡シ申年季流シ証文之事(原本) 大薮村売主 忠左衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2024
享保10年12月 (田畑弐反余)売渡シ年季流シ証文之事(原本) 大薮村売主 松太郎外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2025
享保10年12月 (上組田畑売渡し申候此上組高くるい御座候共少も御苦労掛申間敷候に付)一札之事(原本) 大薮村渡し主 忠左衛門・同村同断 松太郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2026
享保11年12月 年季流田地証文之事(原本) 大薮村売主 忠左衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2027
享保11年12月 年季流田地証文之事(原本) 大薮村売主 忠左衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2028
享保13年12月15日 預金之方ニ相添申田地之事(原本) 金子預主 定七郎外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2029
享保15年12月20日 (田地永代ニ売渡しに付)流証文之事(原本) 西条売主 彦兵衛・楡又村請人 重郎兵衛 楡又村 政右衛門 1通 B2-(1)2030
享保17年8月6日 (田地)流証文之事(原本) 西条借主 彦兵衛外3人 政右衛門 1通 B2-(1)2031
享保17年12月20日 (田地)年季流証文之事(原本) 売主西条 与七外2人 楡俣下組 政右衛門 1通 B2-(1)2032
享保17年12月29日 質物流ニ売渡し申田地之事(原本) 西条売主 彦兵衛外2人 楡又村 政右衛門 1通 B2-(1)2033-1
(享保17年12月29日) (田畑名所反別之内訳)覚(原本) 彦平 (政右衛門) 1通 B2-(1)2033-2止
○2033-1~2止は、一括してあった。
享保19年12月 年季書入流田地之事(原本) 楡俣村うり主 儀右衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2034
元文1年12月20日 売渡シ申田地之事(原本) 大薮村売主 清兵衛外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2035
元文2年12月20日 預金之方相流し申田地之事(原本) 楡俣村金子預り主 長左衛門外2人 楡俣村 権右衛門 1通 B2-(1)2036
元文2年12月 永代相渡シ申田畑之事(原本) 石田村田畑渡主 新左衛門・同村証人 十郎右衛門 太郎左衛門・政右衛門 1通 B2-(1)2037
元文2年12月 質物相流シ申田地之事(原本) 田地渡シ主名古屋 徳兵衛外3人 楡俣村 政右衛門・同村 庄次郎 1通 B2-(1)2038
元文2年12月 売渡シ申田地之事(原本) 大薮村売主 久助外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2039
元文4年12月 預金之方相流申田畑之事(原本) 楡俣村金子預主 長左衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2040
元文5年4月23日 (田地書入)借用申金子之事(原本) 借り主西条 与七郎・同村請人 半十郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2041
元文5年12月21日 (畑壱反余書入)借用申金子之事(原本) 馬瀬村かり主 七郎兵衛 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2042-1
元文5年12月22日 (畑弐反余書入)借用申金子之事(原本) 馬瀬村かり主 七郎兵衛 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2042-2
寛保2年12月25日 売渡シ申畑之事(原本) 馬瀬村売主 七郎兵衛・禾森村請人 妙円寺 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2042-3
寛保2年12月25日 売渡シ申畑之事(原本) 馬瀬村売主 七郎兵衛・禾森村請人 妙円寺 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2042-4
亥(寛保3年).閏4月6日 借用申金子之事(原本) 禾森かり主 五七・同村請人 妙円寺 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2042-5
宝暦4年12月20日 質物田地流証文之事(写)(かんぜよりにて縛ってあった) 売主 吉右衛門外3人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2042-6
宝暦10年12月26日 五年季ニ質ニ入申田地之事(原本) 楡俣村之内十連坊田地渡シ主 安左衛門外2人 楡俣村 太郎左衛門 1通 B2-(1)2042-7-1
宝暦10年12月 (十蓮坊新右衛門方へ御取次申然処新右衛門大借ニ付不意成死去被致に付)添手形を以相渡シ申田地之事(原本) 金子渡シ主 太郎左衛門・証人 新右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2042-7-2
(宝暦10年12月) (書入田地六畝余之明細覚)(下書)     1通 B2-(1)2042-7-3止
○2042-7-1~3止は、一括してあった。
宝暦12年6月 (借用申金子)年賦手形之事(原本) 禾森村本人 妙円寺外2人 馬之瀬村御世話人 了海・同所同断 小十郎 1通 B2-(1)2042-8
明和5年3月 (畑八セ余書入)借用申金子之事(原本) 中村借り主 孫左衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2042-9
年未詳.3月27日 (金子元利算用相違御座候ハゝ妙円寺、五郎助と御相談被成、可燃様ニ奉頼上候に付)覚(原本) 七郎兵衛 政右衛門 1通 B2-(1)2042-10
年月日未詳 (隠居儀養生不相叶今朝往生仕候に付手紙)(後欠)(原本)     1通 B2-(1)2042-11止
○2042-1~11止は、一括してあった。
寛保1年12月 (田四畝歩)売流申田地之事(原本) 大薮村売主 長右衛門外4人 にれ又村 政右衛門 1通 B2-(1)2043-1
延享1年7月13日 (質物田弐畝書入)借用申金子之事(原本) かり主 文次郎外2人 にれ又村 政右衛門 1通 B2-(1)2043-2
延享2年1月 (質物田壱反余書入)借用申金子之事(原本) 大薮村借り主 八左衛門外2人 にれ又村 政右衛門 1通 B2-(1)2043-3-1
(延享2年).閏12 (金壱両借用に付)覚(原本) 大薮村 八左衛門定兼 政右衛門 1通 B2-(1)2043-3-2
午.9月5日 (借金手形御戻シ被下金子相済申候に付)覚(原本) 大やふ村 八左衛門 にれ又村 政右衛門 1通 B2-(1)2043-3-3止
○2043-3-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
延享2年.閏12月24日 (居屋敷五畝歩書入)借用申頼母子講金之事(原本) 大藪村金かり主 四郎兵衛外2人 御中間衆中 1通 B2-(1)2043-4
宝暦1年12月20日 (田畑四反余)相渡シ申流田地之事(原本) 大薮村田地流主 磯右衛門外3人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2043-5
宝暦4年12月 (田畑壱反余)質物流証文之事(原本) 地流主 新七外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2043-6-1
(宝暦4年12月) (質地田畑反別取米)覚(原本) (北須賀 新七)   1通 B2-(1)2043-6-2
(宝暦4年12月) (田畑間数之覚)(下書)     1通 B2-(1)2043-6-3止
○2043-6-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦8年12月 (田書入)借用申金子之事(原本) 大薮村借主 与右衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2043-7-1
年未詳.2月5日 (拙者方へ借用金之儀被仰下候に付手紙)(原本) 渡辺与右衛門 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2043-7-2
年未詳.2月21日 (金子之儀被仰下候御尤ニ奉存候に付手紙)(原本) 西条 与右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2043-7-3止
○2043-7-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
宝暦9年12月 (田壱反余)質流相渡シ申田地手形之事(原本) 大薮村売主 文八外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-8
宝暦9年12月 (田四畝歩)質流相渡シ申田地手形之事(原本) 大薮村田地売主 七郎右衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2043-9
宝暦10年12月 (田壱反余)借用金之方ニ相流申田地之事(写) 大薮村田地流シ主 文八外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-10
宝暦11年12月 (田三畝余)質物流証文之事(原本)(端裏に「太右衛門」とあり) 田地流主大薮村文八外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-11-1
(宝暦11年)12月 (質物田地三畝余之取米残米に付)覚(原本) 多右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-11-2止
○2043-11-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
明和1年12月 (畑六畝余)相渡申畑之事(原本) 大薮村地渡主 八左衛門・同村親類証人 領左衛門 にれ又村 政右衛門 1通 B2-(1)2043-12
明和2年12月 (田畑壱畝余)相渡シ申田地之事(原本) 恩行寺外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-13
明和6年12月 (田壱反余)御年米之方ニ相渡シ申候田地之事(原本) 田地売主大薮村 文六外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-14
安永7年3月 (田六畝余)質流ニて売渡申田地之事(写)   佐五右衛門 1通 B2-(1)2043-15
文化2年3月 (田畑壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主 藤兵衛外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-16
文化8年12月 (田壱反歩)売渡シ申田地之事(原本) 大薮村田地渡主 次六外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-17
文化12年1月 (畑弐畝歩)質流ニて相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主 権七外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-18
(文政4年)12月3日 (田畑壱反余御年貢・小作米勘定)覚(原本) 甚四郎 五郎右衛門 1通 B2-(1)2043-19-1
文政4年12月 (田畑壱反余楡俣新田五三良田地南波儀左衛門より請取に付)覚(写)     1通 B2-(1)2043-19-2止
○2043-19-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛保1年12月20日 質物流ニ相渡シ申畑之事(原本) 売主 重郎兵衛・名主 新右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2044
寛保2年1月 以相対質流仕田地之事(原本) 大薮村地流主 七郎右衛門外2人 にれ又村 政右衛門 1通 B2-(1)2045
寛保2年12月 質物相流シ申田地之事(原本) 楡俣村金子借主 定七郎外2人 只四郎 1通 B2-(1)2046
寛保3年2月20日 (田書入)借用申金子事(原本) かり主 次右衛門 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2047
(寛保3年)11月.24日 (作徳米代金覚・請取申金子之事)(原本) 五平次 (政右衛門) 1通 B2-(1)2048-1
寛保3年12月15日 相渡シ申流田地之事(原本) 大薮村田地流主 五平次外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2048-2
(寛保3年)12月.24日 (金子請取)覚(原本) 小楽 五平次 政右衛門 1通 B2-(1)2048-3止
○2048-1~3止は、一括してあった。
寛保3年12月20日 (質物畑書入)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金子かり主 北村郷三郎・同村証人 孫八・同村庄屋 五右衛門 大薮村 忠蔵 1通 B2-(1)2049
寛保3年12月20日 (田弐反余)質物流売渡申田地之事(原本) 楡又新田田地渡主 北村郷三郎外2人 楡又村 浅野幸介 1通 B2-(1)2050-1
寛保3年12月20日 (田弐反余)質流売渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地売主 北村郷三郎外2人 楡俣村 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2050-2
宝暦1年12月27日 (田畑弐反余)質流売渡申田畑之事(原本) 田地渡主楡又新田 北村郷三郎外3人 楡又村 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2050-3
宝暦4年7月8日 (質物ニ田畑書入)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金子かり主 北村郷三郎外2人 楡俣村 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2050-4
宝暦8年12月 (畑壱畝余)質物書入田地之事(原本) 楡俣新田書入主元平外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2050-5
寛政1年12月 (田畑五反余)質流ニて相渡シ申田地之事(原本) 楡俣新田質地流主 直七外2人 楡俣村 五良右衛門 1通 B2-(1)2050-6-1
寛政1年12月 小帳之覚(原本) 楡俣新田地流主 直七・同村証人 重弥 楡俣村 五良右衛門 1通 B2-(1)2050-6-2止
○2050-6-1~2止は、一括してあった。
寛政6年12月 (田弐反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主新田 三弥外2人 本村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-7-1-1
(寛政6年12月) (田弐反五畝覚)(原本)     1通 B2-(1)2050-7-1-2止
○2050-7-1-2止は、2050-7-1-1にはさんであった。
寛政8年1月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 田地渡主楡俣新田 三弥外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-7-2
寛政8年12月 (田壱反)質流ニて相渡申田地之事(原本)(「掟右極メ候故」とある別紙が入っていた) 地所流主 三弥外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-7-3
寛政10年2月 (畑六畝余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主 三弥外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-7-4
文化3年2月 (1)(質入田畑証文金之外ニ増金受取申に付)覚(原本) 金子受納主 三弥外2人 五郎右衛門 (1)(2)  1通 B2-(1)2050-7-5-1
(文化3年2月) (2)(田地之義ハ不残八郎兵衛・七右衛門之掟之筈ニて相済申候に付一札)(原本)(「右謝礼酒切手三升村方三役之衆へ遺ス」他とあり)((2)は(1)に添付してあった)     (1)(2)  1通 B2-(1)2050-7-5-1
文化3年4月13日 (質流田畑掛合一件之)覚(原本)     1通 B2-(1)2050-7-5-2止
○2050-7-5-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
文化5年3月 (田五畝余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田質地流主 政七後家外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2050-8-1
(文化5年3月) (居屋敷相戻り、田畑相応之替り地当暮迄ニ受取筈に付覚)(原本) 引合人 常七外2人   1通 B2-(1)2050-8-2止
○2050-8-1~2止は、一括してあった。
延享1年12月28日 預金之方質物相流申田地之事(原本) 楡俣村質物流し主 長右衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2051-1
(延享1年12月28日) (田畑反別石盛等之)覚(下書)     1通 B2-(1)2051-2止
○2051-1-2止は、一括してあった。
延享1年12月 売渡シ申田地之事(原本) 西条売主 与七郎外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2052
延享2年3月29日 売渡申田地之事(原本) 楡俣新田売主 北村郷三郎外3人 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2053
延享2年7月 売渡し申候田地之事(原本) 地主 源蔵・庄屋 半左衛門 下組 政右衛門 1通 B2-(1)2054
延享2年12月20日 永代ニ売渡シ申畑之事(原本) 売主楡俣村 弥八郎外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2055
延享2年.閏12 質物書入之田地流シ申手形之事(原本) 売主十連坊 久蔵・同村請人 八郎兵衛 政右衛門 1通 B2-(1)2056
延享2年.閏12 質物流文之事(原本) 十連坊田主 佐藤次外2人  にれ又 政右衛門 1通 B2-(1)2057
延享3年3月20日 質流ニ相渡申田地手形之事(原本) 楡俣村田地売主 与三右衛門外2人 楡俣村 慶正寺 1通 B2-(1)2058
延享3年3月20日 質流ニ相渡シ申田地手形之事(原本) 楡俣村田畑売主 与三右衛門外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2059-1
(延享3年) (質流田畑名所・反別・小作人・代銀等之)覚(原本) 太郎左衛門・新右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2059-2止
○2059-1-2止は、一括してあった。
延享3.3.晦 (田畑)年季流証文之事(原本) 楡俣村田畑売主 長右衛門外2人 楡俣村 太郎右衛門・同村 政右衛門 1通 B2-(1)2060
延享3年8月2日 (田書入)借用申金子之事(原本) かり主 与三郎・庄や 与三右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2061
延享3年10月2日 (田書入)借用申米之事(原本) 楡俣村売主 惣太郎・同村請人 林四郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2062
延享3年12月 (田四畝余)売渡シ申田地之事(原本) 仲村売主 定助外2人 十連坊 利助 1通 B2-(1)2063-1
宝暦4年2月11日 (利弐割)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金子借り主 郷三郎・楡俣村証人 半右衛門 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2063-2
宝暦5年12月29日 (質地書入)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金子かり主 与十郎外2人 楡又村 政右衛門 1通 B2-(1)2063-3
宝暦7年8月28日 (田四畝歩)売渡申田地之事(原本)(「丑九月二日楡俣新田手形」とある包紙に包んであった) 楡俣新田売主 北村郷三郎外3人 楡俣村 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2063-4
宝暦10年12月 (畑三畝余)書入申質物田地之事(原本) 楡俣新田金子借 林蔵外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2063-5
寛政8年3月 (田壱反歩)質流ニて相渡申地所之事(原本) 楡俣新田地所流主 左五右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-6
寛政8年3月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地渡主 八郎右衛門外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-7
寛政8年4月 (畑三畝余)質流相渡申田地之事(原本) 新田地所流主 与三郎外3人 本田 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-8-1
(寛政8年4月) (外に三両三分拾四匁壱分五厘覚)(原本)     1通 B2-(1)2063-8-2止
○2063-8-2止は、2063-8-1にはさんであった。
寛政10年2月 (田弐畝余)質流ニ相渡申田地証文之事(原本)(「掟九五極メ」とある紙がはさんであった) 楡俣新田質地流主 梅八外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-9
寛政13年2月 (田畑八反余)質流ニ相渡申田畑之事(原本) 本戸村田畑渡主 善内外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-10-1
(寛政13年2月) (外に壱反六セ八歩覚)(原本)     1通 B2-(1)2063-10-2
寛政13年2月 (中郷村・楡俣新田・里村・本戸村)小前帳(原本) 本戸村 善内 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-10-3止
○2063-10-2は、2063-10-1にはさんであった。2063-10-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛政13年2月 (田弐反歩)質流相渡申田地之事(原本) 中郷村地所流主 久蔵外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-11-1
享和2年12月 (畑五畝歩)相渡申田地之事(原本) 借用主 忠蔵外2人 権兵衛 1通 B2-(1)2063-11-2止
○2063-11-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。 
享和2年12月 (田四畝歩)以相対を替地覚之事(原本) 中郷村 与市 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-12-1
(享和2年12月) (田四畝歩)替地之事(原本)     1通 B2-(1)2063-12-2止
○2063-12-1~2止は、一括してあった。
文化1年3月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 質地流主中郷村 吉右衛門外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-13
文化1年7月 (田畑七畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 楡俣新田金子借用主 重弥外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-14
文化4年12月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 新田地所流主 重吉外3人 本田 五郎右衛門 1通 B2-(1)2063-15止
○2063-1~15止は、かんぜよりにて一括してあった。
享和5年5月 相渡シ申流田地之事(原本) 大薮村田地主 忠蔵外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2064
享和5年6月 質流相渡申田畑手形之事(原本) 楡俣村田地流主 重郎兵衛外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2065
寛延1年12月28日 (質物田書入)借用申金子之事(写) 西条借主 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2066-1
寛延3年9月25日 (質物田書入)借用申金子之事(原本) 西条借主 平助・同村証人 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2066-2
寛延3年11月10日 (質物田書入)借用申金子之事(原本) 西条金子借主 平助・証人庄屋 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2066-3
寛延4年7月2日 (質物田書入)借用申金子之事(原本) 西条借主 平助・同村証人 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2066-4
宝暦6年2月 (田畑壱反余)質流相渡申田畑手形之事(原本) 楡俣村田畑流主 千之助外2人 当村 新右衛門 1通 B2-(1)2066-5-1
卯(宝暦6年)12月26日 (田畑質流手形其元え相渡し申候に付添書)(原本) 楡俣村下組 新右衛門 楡俣村下組 政右衛門 1通 B2-(1)2066-5-2止
○2066-5-1~2止は、一括してあった。
宝暦7年3月 (当寅春払方金子)借用申金子之事(原本) 西条借主 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2066-6止
○2066-1~6止は、かんぜよりにて一括してあった。
寛延2年4月27日 質流相渡申田地手形之事(原本) 楡俣村畑流主 与平次外2人 当村 政右衛門 1通 B2-(1)2067
寛延2年12月 (金子借用仕候処当年金子不手回故為利金)相渡申田地之事(原本) 大薮村渡主 八左衛門・同村証人 佐兵衛 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2068
寛延2年12月 五年季ニ売渡シ申田地之事(原本) 田地売主 惣内・証人 太七郎 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2069
寛延3年3月 (田地)相渡申流証文之事(原本) 大薮村渡主 銀助外2人 にれ又村 政右衛門 1通 B2-(1)2070
寛延4年4月 八年切ニ売渡シ申田地之事(原本) 十連坊売主 庄蔵・同村請人 八郎兵衛 にれ又邑 政右衛門 1通 B2-(1)2071
宝暦4年12月28日 質流売渡申田畑之事(原本) 楡又新田金子かり主 郷三郎外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(1)2072
宝暦6年12月21日 質流売渡申田畑之事(原本) 楡俣新田売主 北村郷三郎外2人 楡又村 棚橋政右衛門 1通 B2-(1)2073
宝暦7年4月 (金子借用仕に付川並田)年季書入之事(原本) にれ又 太郎左衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2074
宝暦7年11月 (畑書入)借用申金子之事(原本) 借主 文六外2人 政右衛門・半左衛門 1通 B2-(1)2075
宝暦9年12月29日 質流相渡申田地之事(原本) 田地流主 庄助外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2076
宝暦9年12月 (金子只今請取質地)相渡申田地之事(原本) 西条村田地預ケ主 伊惣次外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2077
宝暦9年12月 借用金之方ニ相流申田地之事(原本) 西条田地流シ主 伊惣次外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2078
宝暦9年12月 借用金之方ニ相流申田地之事(原本) 楡俣村田地流主 儀八外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2079
宝暦10年12月 (田畑質物書入)借用申金子之事(原本) 楡俣村金子借主庄屋 与三右衛門・同村請人年寄 太郎右衛門・同村世話役 新右衛門 当村 政右衛門 1通 B2-(1)2080
宝暦10年12月 送り申田地之事(原本)(包紙あり) 五郎右衛門 金左衛門 1通 B2-(1)2081-1
(当子年甚右衛門へ相戻申田畑之)覚(下書)     1通 B2-(1)2081-2
年未詳.7月9日 (田地反別・高・出来・取米・利米之)覚(原本) 金左衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2081-3
年月日未詳 (田畑明細書之案)(下書)     1通 B2-(1)2081-4止
○2081-1~4止は、一括してあった。 
宝暦10年12月 借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 西条田地流シ主 平助外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2082-1
宝暦10年12月 (堤くろ・すさ西)小前帳(原本) 西条 平助   1通 B2-(1)2082-2
(宝暦10年12月) (すさ西・堤くろ田畑名所・反別之覚)(下書)     1通 B2-(1)2082-3止
○2082-1~3止は、一括してあった。
宝暦12年12月 借用金之方ニ相渡シ申田地手形之事(原本) 西条売主 与七外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2083
宝暦12年12月 質流売渡し申田地之事(原本) 西条田地売主 太七郎・同村請人 常右衛門 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2084
宝暦13年12月 借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 大薮村田地売主 五平治外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2085
明和1年12月 借用金之方ニ相渡申田畑之事(原本) 楡俣村田地渡主 太郎左衛門外3人 竹ケ鼻 忠六 1通 B2-(1)2086
明和1年 借用金之方ニ相渡シ申田地之事(原本) 楡俣村田地流主 七右衛門外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2087-1
(明和1年) (田地三口反別之)覚(原本)     1通 B2-(1)2087-2止
○2087-1~2止は、一括してあった。
明和3年12月 借用金之方ニ相渡し申田地之事(原本) 西条売主 常右衛門・同村証人庄屋 佐左衛門 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2088
明和3年12月 借用金子之方ニ相渡シ申候田地之事(原本) 田地売主 源八郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2089
明和4年12月 借金之方ニ相渡シ申田畑之事(原本) 田畑渡シ主 清八外2人 当村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2090
明和4年12月 質物流売渡シ申畑之事(原本) 西条畑地売主 常右衛門・同証人 佐左衛門 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2091
明和6年12月 売渡申田地之事(原本) 楡俣村売主 源八郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2092
安永6年12月 (田畑壱反余)借用金之方ニ相渡シ申田畑之事(原本) 田畑渡主楡俣村市右衛門外2人  楡俣村 新右衛門 1通 B2-(1)2093-1
安永6年12月 (田八畝余)売渡シ申田地之事(原本) 西条田地渡主 常七郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-2
安永6年12月 (田畑壱反余)売渡申田地之事(原本) 田地売主 紋治郎・証人 要八 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-3
安永8年12月 (田六畝余)売渡し申田地事(原本) 田地売主 忠八外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-4
天明2年3月 (田弐畝余)相渡シ申田地之事(原本) 大薮村地主 太右衛門外2人 にれ又村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-5
天明2年12月 (畑弐畝余)売渡ス申田地事(原本) 田地売主 紋治郎・証人 要八 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-6
天明6年3月 (畑四畝余)質流相渡申畑之事(原本) 楡俣新田地所流主 甚五右衛門外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-7
天明6年12月 (田六歩余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村田地流主 園八外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-8
天明7年2月 質物流相渡し申田地之事(原本) 西条田地渡し主 惣兵衛外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-9-1
(天明7年2月) (質流地間数之覚)(原本)     1通 B2-(1)2093-9-2止
○2093-9-2止は、2093-9-1にはさんであった。
年月日未詳 (高拾三石余)覚(原本)   五郎右衛門 1通 B2-(1)2093-10止
○2093-1~10止は、かんぜよりにて一括てあった。
天明6年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主 源蔵・文治郎 五郎右衛門 1通 B2-(1)2094
天明7年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主 代吉外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2095
天明8年10月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 西条地所流主 見林外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2096
寛政1年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主 忠右衛門外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2097
寛政1年12月 質地相渡申田地之事(原本) 西条地所流主 常七外2人 楡俣村 五良右衛門 1通 B2-(1)2098
寛政1年12月 (田四反余)借用金ニ質流ニ相渡申田地之事(原本) 五反郷村地流主 利兵衛外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2099-1
寛政1年12月 質流相渡田小前帳(原本) 安八郡五反郷村地流主 利兵衛外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2099-2止
○2099-1~2止は、かんぜよりにて一括てあった。
寛政1年12月 (田畑壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 重連坊地所流主 小源次外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-1
寛政3年12月 (田壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主 小源次外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-2-1
(寛政3年12月) (田地金差引)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-2-2止
○2100-2-1~2止は、一括してあった。 
寛政5年1月 (田壱反歩)質物流ニ相渡申田地之事(原本) 西条田地流主 小源次外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-3-1
(寛政5年)2月.9日 (田地代金勘定)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-3-2止
○2100-3-1~2止は、一括してあった。 
寛政5年12月 (田畑壱反余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主 小源次外2人 五郎右衛門・新右衛門 1通 B2-(1)2100-4
寛政5年12月 (田畑六畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主 小源次外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-5-1
(寛政5年12月) (田地金差引勘定)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-5-2
(寛政5年12月) (田畑六畝余)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-5-3止
○2100-5-1~3止は、一括してあった。 
寛政8年2月 (畑弐畝余)質流相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主 小源次外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2100-6-1
(政8.2) (寅卯年分御城米勘定)覚(原本)     1通 B2-(1)2100-6-2止
○2100-6-1~2止は、一括してあった。
寛政1年12月 (畑壱畝余)質流ニて相渡申田地之事(下書) 地所流主 吉蔵・証人 磯八 五郎右衛門 1通 B2-(1)2101-1-1
(寛政1年12月) (吉蔵屋敷畑壱反余)替地覚(写)     1通 B2-(1)2101-1-2止
○2101-1-1~2止は、一括してあった。 
文化6年1月 (質流の田地請出し申上間敷に付)添証文之事(原本) 中郷村金子請取主 吉右衛門・楡俣新田証人 左五右衛門 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2101-2
文化8年4月 (福寿講金御預ケ申処今般右元利金請取申に付)覚(原本) 安八郡須賀村福寿講元 五代七・右同断 嘉兵衛代判浅右衛門 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2101-3止
○2101-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。 
寛政2年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主 与三右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2102-1
寛政2年12月 質流ニて相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主 清兵衛後家外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2102-2
(寛政2年12月) (質流田地に付覚)(下書)     1通 B2-(1)2102-3止
○2102-1~3止は、一括してあった。 
寛政5年2月 質物流ニ相渡申田地証文之事(原本) 田地渡主 三之丞外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2103
寛政7年4月24日 (金弐両也借用申に付)覚(原本) 金子借用主大薮 嘉兵衛外2人・口入世話人 藤五郎 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-1
享和4年1月 (質物ニ田畑壱反歩書入)借用申金子之事(原本) 楡俣新田金借主 藤兵衛外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-2
文化13年12月 (田五畝歩書入)借用申証文之事(原本) 借主 忠右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-3
ミ.12.晦 (金五両也借用仕に付)覚(原本) 西条 庄右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-4
亥.8月6日 (残高御覧可被下に付)覚(原本) 新田 与平治 五郎右衛門 1通 B2-(1)2104-5止
○2104-1~5止は、一括してあった。 
寛政8年6月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地渡主 仲右衛門外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2105-1
文化1年3月 (田五畝歩)質地ニて相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主 仲右衛門外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2105-2止
○2105-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。 
寛政10年12月 質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地流主 重弥外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2106
寛政11年12月 質流相渡し申田地証文之事(原本) 大薮村売主 勘四郎外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2107
寛政11年12月 質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 郷助外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2108
寛政11年12月 質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田質地流主 園吉外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2109
寛政12年12月 (売渡申勘定相済に付)作右衛門田地之事(下書) 世話人 了常寺・同断 与平   1通 B2-(1)2110
享和2年12月 質物流相渡申田地之事(原本) 西条地所渡主 五右衛門外2人 楡俣新田 五三郎 1通 B2-(1)2111-1
享和4年1月 (田地代銀請取)出分添証文之事(原本) 西条地主 五右衛門・世話人 惣右衛門 楡俣新田 八郎兵衛 1通 B2-(1)2111-2
文化5年12月 (御差金請取)替地添証文之事(原本) 楡俣新田地所主 八郎兵衛・証人 左五右衛門 本田 五郎右衛門 1通 B2-(1)2111-3止
○2111-1~3止は、一括してあった。 
享和3年6月 質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 郷助・親類証人 要蔵 五郎右衛門 1通 B2-(1)2112
文化1年12月 質流相渡申田地之事(原本) 新田地所流主 七右衛門・同証人 左五右衛門 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2113
文化1年12月 質流ニ相渡ス申田地之事(原本) 中郷村田地渡主 丈八外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2114
文化2年11月 (田壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田田地渡主 五三郎外2人 楡俣村 与兵衛 1通 B2-(1)2115-1-1
丑(文化2年)12月2日 (此証文之外御借用申上金子事)(写) 与平 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-1-2止
○2115-1-1~2止は、一括してあった。 
文化6年12月 (田壱反歩)質流相渡申田地之事(原本) 田地流主 文治郎外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-2
文化8年12月 (田弐畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 庄七外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-3-1
文化8年12月 (私控田地朝鮮人御通行之橋船入用銀引当之質物差入申金子工人等一切不仕候に付)差出シ申一札之事(下書)     1通 B2-(1)2115-3-2止
○2115-3-1~2止は、一括してあった。 
申(文化9年)10月6日 (事済申候間立合消印可仕候に付)才市屋敷証文之事(原本) 金森規斎 楡俣村 与平 1通 B2-(1)2115-4-1
文化10年8月 (畑九畝歩)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 作右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-4-2
文政4年4月 (1)(今般大垣え罷出居屋敷明渡申候に付)差出申一札之事(原本) 本人 佐市外2人 五郎右衛門 (1)(2)  1通 B2-(1)2115-4-3止
(文政4年)10月4日 (2)(居屋敷竹本不残買上に付覚)(原本)((2)は(1)に貼付してあった)     (1)(2)  1通 B2-(1)2115-4-3止
○2115-4-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。 
文化10年12月 (田三畝余)質流相渡申田地之事(原本) 田地流主 文次郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-5
文化14年12月 (田畑四畝歩)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所主 重右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-6
文政1年12月 (田畑壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 太郎左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-7
文政1年12月 (質物田書入)借用申金子之事)(原本) 金子借用主 重右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-8
文政3年12月 (質物田畑書入)借用申金子之事)(原本) 金子借用主 幸右衛門・親類証人 源兵衛 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-9
文政5年2月 (畑三畝余)質流にて相渡申田地之事(原本) 地所流主 丹次外2人 五良右衛門 1通 B2-(1)2115-10-1
(文政5年2月) (五分利之覚)(原本)     1通 B2-(1)2115-10-2
天保4年12月 (増金御渡被下候に付)書添証文之事(原本) 地所流主 丹次・証人 仁作 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-10-3止
○2115-10-2止は、2115-10-1にはさんであった。2115-10-1~3止は、一括してあった。
文政6年12月 (次吉控畑と五郎右衛門控畑)替地之覚(原本) 替地主 次吉 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-11
文政6年12月 (畑弐畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 治吉外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-12
文政7年12月 (畑四畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 忠吉外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-13
文政8年12月 (畑四畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主 杢右衛門外3人 楡俣村 祐平 1通 B2-(1)2115-14
文政9年12月 (田畑壱反歩)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 繁蔵外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-15
文政13年5月 (去冬勘定之節間違之儀有之質流地所に付)増金請取申証文之事(原本) 金子借用主 治吉・証人 惣右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-16
天保1年12月 (畑拾八歩余)質流ニ相渡申田地之事(原本) 地所流主 杢右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-17
天保4年7月 (畑壱畝余)質流ニ相渡申田地之事(原本) 田地流主 左蔵外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-18
天保5年12月 (畑壱畝歩)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村地所流主 元右衛門外2人 同村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-19
天保10年12月 (畑壱畝余)質物流ニ相渡申田地証文之事(原本) 重連坊 安左衛門・証人 惣吉 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-20
天保15年12月 (田壱畝余)質流相渡申田地之事(原本) 安八郡楡俣新田地所流主 重吉外2人 楡俣村 五良右衛門 1通 B2-(1)2115-21
嘉永4年3月 (田畑五畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主 忠八外4人 逸策 1通 B2-(1)2115-22-1
安政1年12月 (質流ニ相渡申地所に付)書添証文一札之事(原本) 本人 忠蔵・親類証人 直右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-22-2止
○2115-22-1~2止は、一括してあった。 
嘉永7年6月 (質物外畑書入)借用申金子証文之事(原本) 金子借用主 直右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2115-23
安政7年3月 (田畑三畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主 竜平外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-24
万延2年2月 (田畑八畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主 長左衛門外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-25
文久1年12月 (畑五畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主 長右衛門外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-26
文久2年12月 (畑三畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主 弥太郎外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-27
慶応2年7月 (田五畝余)借用金之方質流ニ相渡申地所証文之事(原本) 地所流主 慶正寺外3人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2115-28止
○2115-1~28止は、「村方地所証文入 棚橋吉重」とある紙袋に入っていた。 
文化3年12月 (田四畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主 定七外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2116
文化5年12月 (畑五畝余)質流ニて相渡し申証文之事(原本) 田地流主 作右衛門・証人 与平 五郎右衛門 1通 B2-(1)2117
文化6年12月 (田弐反三畝余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村地所流主 清八外3人 新田 左五右衛門 1通 B2-(1)2118-1
文政7年3月4日 清八分新田細間(覚)(原本)     1通 B2-(1)2118-2
(文政7年3月4日) (清八分新田細間覚)(下書)     1通 B2-(1)2118-3
(文政7年) 清八田地金仕方(覚)(原本)     1通 B2-(1)2118-4止
○2118-1~4止は、一括してあった。
(文化8年)7月10日 (其砌御咄申上候田地之儀御買取被下候段被仰下承知仕候に付手紙)(原本) 西松権兵衛 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-1-1
文化8年7月 (田畑壱反余)借用金之方質流相渡申田地之事(原本) 西条田地渡主 庄右衛門外2人 楡俣 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-1-2
文政12年12月 (金子借用仕候に付)差出申書付之事(原本) 西条 五右衛門 御取噯 新右衛門・太郎左衛門 1通 B2-(1)2119-1-3止
○2119-1-1~3止は、一括してあった。
文化9年12月 (質物田畑書入)借用申金子証文之事(原本) 金子借主 勘四郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-2
文化11年2月 (質物田畑壱反歩)拾ケ年季書入証文之事(原本) 金子借用主 小藤次外3人 五郎右衛門御取次 1通 B2-(1)2119-3-1
文化11年2月 (本紙証文に付)添証文之事(原本) 小藤次 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-3-2止
○2119-3-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
文化11年4月 (田畑五反歩)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 勘四郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-4
文政1年12月 (1)(畑七畝余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 地所流主 熊八外2人 楡俣村 五郎右衛門 (1)(2)  1通 B2-(1)2119-5-1
(文政1年12月) (2)(居屋敷境薮相添遣申候に付)覚(原本)((2)は(1)に貼付してあった) 地所流主 熊八・証人 小藤次 楡俣村 五郎右衛門 (1)(2)  1通 B2-(1)2119-5-1
(文政1年12月) (川並并びに屋敷掟覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-5-2
(文政1年12月) (屋敷・川並利掟覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-5-3
文政4年12月 (畑拾八歩余)質流ニて相渡申田地之事(原本) 十連坊地所流主 熊八・証人 小藤次 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-5-4止
○2119-5-1~4止は、かんぜよりにて一括してあった。
文政3年12月 (田畑九畝歩)質流ニて相渡申田地之事(原本) 重連坊地所流主 勘四郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-6-1
(文政3年12月) (田畑反別覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-6-2止
○2119-6-1~2止は、一括してあった。
文政6年12月 (田六畝歩)質流ニて相渡申田地之事(原本) 田地流主 十連坊 信成寺外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-7
文政6年12月 (畑三畝余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村西条地所流主 作右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-8
文政8年12月 (田壱反七畝余)借用金之方質流ニ相渡申田地之事(原本) 西条地所渡主 長八外3人 にれまた 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-9
文政12年2月 (田畑八畝余)質流相渡申田地之事(原本) 地所流主 熊八外3人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-10
文政13年7月 (田弐畝余)借用金之方質流相渡申田地証文之事(原本) 地所渡主 勘四郎外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-11
天保1年12月 (畑五畝歩)質物流ニ相渡申田地之事(原本) 地所渡主 勘四郎外2人 楡俣 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-12
天保4年12月 (畑三畝余)質物流ニ相渡申田地之事(原本) 地主 信成寺外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-13
天保6年12月 (江料米と川並畑壱畝余)借用金之方質流ニ相渡申江料ト地所之事(原本) 地所渡主 勘左衛門外2人 五郎右衛門・半左衛門 1通 B2-(1)2119-14-1
(天保6年12月) (質地畑之)覚(下書)     1通 B2-(1)2119-14-2
天保7年12月 (畑壱畝余)借用金之方質流相渡申地所証文之事(原本) 地所渡主 勘左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-14-3
年月日未詳 (五郎右衛門分質地掛り物之)覚(下書)     1通 B2-(1)2119-14-4
年月日未詳 (金子元利勘定并ニ諸掛り覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-14-5止
○2119-14-1~5止は、かんぜよりにて一括してあった。
天保9年12月 (先年差入置之土地永代貴殿御控地ニ可被成に付)書添申一札之事(原本) 地主 信成寺・証人 小左衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-15
天保9年12月 (田拾八歩)借用金之方え質物流ニ相渡申田地之事(原本) 地主 信成寺・証人 小左衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-16-1
(天保9年12月) (田拾八歩之利覚)(下書)     1通 B2-(1)2119-16-2止
○2119-16-2止は、2119-16-1にはさんであった。
天保10年1月 (畑四畝歩)借用金之方質流相渡申地所証文之事(原本) 地所渡主 安左衛門外2人 楡俣 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-17
天保14年5月 (田三畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 西条地所渡主 安左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-18
弘化2年2月 (質物田畑弐畝余)借用金之方質流相渡申田地証文之事(原本) 西条地所渡主 甚之右衛門外2人 楡俣 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-19-1
(弘化2年) (五郎右衛門様御分御差引金覚)(原本)     1通 B2-(1)2119-19-2止
○2119-19-1~2止は、一括してあった。
嘉永3年12月 (質物田九畝余)借用金之方質流相渡申田地証文之事(原本) 地所渡主 竜次外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-20
嘉永5年7月 (畑弐畝余)質流相渡申田地之事(原本) 西条地所流主 七右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-21-1
嘉永5年7月 (本文之地所貴殿え質物流ニ相渡申候に付)添証文一札之事(原本) 西条地所流主 七右衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2119-21-2止
○2119-21-1~2止は、一括してあった。
○2119-1~21-2止は、「西条組地所証書入 よしたね」とある紙袋に入っていた。
文化10年12月 (田四畝余)質流相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主 次六外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2120
文化11年12月 (畑壱畝余)質流相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主 弥平次外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-1
文政7年12月 (田畑壱反余)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣村地所流主 慶正寺外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-2-1
(文政7年12月) (申年ニ入候地所金差引勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-2-2止
○2121-2-1~2止は、一括してあった。
文政13年7月 (畑五畝歩)質流相渡申田地之事(原本) 田地流主 次兵衛外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-3
天保3年7月 (畑六歩余)売渡申田地之事(原本) 大薮村売主 平左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-4-1
(天保3年7月) (高並びに徳米勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-4-2止
○2121-4-1~2止は、一括してあった。
天保3年12月 (畑弐畝余)質流ニ相渡申田地証文之事(原本) 田地渡し主 恩行寺外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-5-1
(天保3年12月) (高並びに公儀入・徳米勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-5-2
(天保3年12月) (高並びに公儀入・徳米勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-5-3止
○2121-5-1~3止は、一括してあった。
天保8年12月 (田弐畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 大薮恩行寺控地内 大薮地所売主 治平外3人 楡俣村 五郎右衛門・同 半左衛門 1通 B2-(1)2121-6-1
天保8年12月 (周健・恩行寺借用金返弁之手段無之ニ付私シ共地面差入候に付)添証文之事(原本)(信成寺奥印あり) 恩行寺外4人 五郎右衛門・半左衛門 1通 B2-(1)2121-6-2止
○2121-6-1~2止は、「証文弐通 恩行寺」とある包紙に包んであった。
天保13年12月 (田畑九畝余)質流相渡申田地之事(原本) 大薮村地所流主 喜平次外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2121-7-1
(天保13年12月) (高並びに公儀入・徳米・利米勘定覚)(原本)     1通 B2-(1)2121-7-2止
○2121-7-1~2止は、「壱通入 喜平治」とある包紙に包んであった。
嘉永2年12月 (畑五畝歩)質流相渡申地所之事(原本)(端裏に「大ヤフ忠吉」とあり) 大薮村地渡主 与三吉外2人 楡俣村 逸策 1通 B2-(1)2121-8-1
(嘉永2年12月) 大薮村与三吉屋敷畑検地(覚)(写)     1通 B2-(1)2121-8-2止
○2121-8-1~2止は、一括してあった。
嘉永2年12月 (田畑五畝余)質流ニ相渡申地所証文之事(原本) 大薮村地渡主 由右衛門外2人 孫三郎 1通 B2-(1)2121-9
安政6年11月 (田畑弐町三反余)借用金之方質流ニ相渡申地所証文之事(原本) 地所渡主楡俣村 富右衛門外2人 楡俣村 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2121-10
万延1年12月 (田弐拾歩他)相渡申地所証文之事(原本) 大薮村地渡主 甚介外2人 楡俣村 五郎太夫 1通 B2-(1)2121-11
文久1年12月 (田畑八畝歩)質流相渡申田地証文之事(原本) 地所流主大薮村 平右衛門外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2121-12
文久2年12月 (田壱畝余)相対を以相渡申地所証文之事(原本) 地渡主 勘兵衛外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2121-13止
○2121-1~13止は、「文化中より大薮三組地所証文入 棚橋吉重作」とある紙袋に入っていた。
文化15年3月 (畑六畝歩)質物流相渡申田地之事(原本) 西条地所渡主 円蔵外2人 楡俣 五郎右衛門 1通 B2-(1)2122-1
年月日未詳 (利米只今無高ニ付起返候節ハ高附、地所、証文相改可申候に付覚)(原本)     1通 B2-(1)2122-2止
○2122-1~2止は、一括してあった。
文政2年3月 (田畑弐反四畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 楡俣新田田地渡主 五三郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2123
文政3年1月 (田畑壱町三反三畝余)質流相渡申田地証文之事(原本) 楡俣村田地渡主大薮村 勘右衛門外2人 楡俣村 政五郎 1通 B2-(1)2124
文政4年5月 (畑弐畝余)売渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所売主 忠七外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2125
文政6年2月 (慶正寺西 畑・慶正寺南 田)替地証文之事(原本) 地主 次右衛門外3人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2126
文政6年12月 (田三畝歩)質流相渡申田地之事(原本) 楡俣新田地所流主 仲右衛門外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(1)2127
文政7年12月 借用仕金子之事(原本) 金かり主 順成外2人 楡俣 庄右衛門 1通 B2-(1)2128-1
天保12年12月 (田畑壱反弐畝余)質流相渡申地所証文之事(原本) 大薮村地渡主 順二外2人 楡俣村 富右衛門 1通 B2-(1)2128-2
天保15年12月 借用申金子証文之事(原本) 大薮村金かり主 市左衛門外2人 楡俣村 富右衛門 1通 B2-(1)2128-3
文久3年12月25日 (金子拝借仕に付)覚(原本) 大薮村 八左衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2128-4
丑(慶応1年)12月 (1)(御進発御用途之内え上納金仕候段奇特之事ニ付為御褒美御酒被下候に付)奉差上御請書之覚(写) 惣代廿人   (1)(2)
1枚
B2-(1)2128-5
丑(慶応1年)12月 (2)(御進発御用途之内え上納金相調候ニ付為御褒美金子被下候に付)奉差上御請書之覚(写) 献金惣代廿人   (1)(2)
1枚
B2-(1)2128-5
辰(慶応4年)3月5日 (東山道鎮撫御発向ニ付右御用途之内え調達金受取に付)覚(原本) 大垣御領役所 楡俣村 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-6
午(明治3年)4月17日 請取申金子之事(原本) 上之保村 堀口祐三郎 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-7
明治4年11月 借用申金子証文之事(原本)(「証文 渡辺勘四郎」とある包紙に包んであった) 大薮村金子借用主 渡辺勘四郎外2人 楡俣村 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-8-1
明治4年11月 (田畑書入)小前帳(原本) 大薮村地主 渡辺勘四郎外2人 楡俣村 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-8-2止
○2128-8-1~2止は、一括してあった。
壬申(明治5年)2月18日 (買求置候品々御引請被下候価え御渡被成下に付金子請取)覚(原本) 吉田世良 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-9
寅.1月晦 (貸金之内受取申に付)覚(原本) 小寺直次郎 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2128-10
寅.10月14日 (差出金受取に付)覚(原本) 大垣御領役所 楡俣村 浅野半左衛門 1通 B2-(1)2128-11
寅.10月14日 (差出金受取に付)覚(原本) 大垣御領役所 楡俣村 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2128-12
年未詳.1月19日 (富右衛門様方年賦金三ケ年も相滞候に付手紙)(原本)(包紙に包んであった) 表佐村 岡田庄左衛門 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-13
年未詳.4月1日 (金札相預申に付)覚(原本) 井田内留守居 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(1)2128-14
年月日未詳 (亀吉殿へ為祝義差支遣し候金子に付)証文一札(下書)     1通 B2-(1)2128-15
年月日未詳 (卯十二月元金)覚(下書)     1通 B2-(1)2128-16
年月日未詳 (調達金・貸付金他差引勘定)覚(下書)     1通 B2-(1)2128-17止
○2128-1~17止は、「預り并仲間分とも」とある包紙に包み、かんぜよりにて一括してあった。
文政13年8月 (五郎右衛門田畑)替地覚(原本) 地所替主 五郎右衛門・世話人 太郎左衛門 富右衛門 1通 B2-(1)2129-1
天保2年6月 (五郎右衛門畑と富右衛門芦山畑)替地証文之事(原本) 替地主 五郎右衛門・証人 太郎左衛門 富右衛門 1通 B2-(1)2129-2-1
(天保2年6月) 替地証文之事(下書)     1通 B2-(1)2129-2-2
(天保2年6月) (五郎右衛門畑と富右衛門芦山畑)替地証文之事(下書)     2通 B2-(1)2129-2-3
天保2年6月 (五郎右衛門畑と富右衛門芦山畑)替地証文之事(下書) 替地主 五郎右衛門・証人 太郎左衛門 富右衛門 1通 B2-(1)2129-2-4止
○2129-2-1~4止は、一括してあった。
卯(天保2年)12月 (川並替地代金勘定)覚(原本) 富右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(1)2129-3止
○2129-1~3止は、かんぜよりにて一括してあった。
天保15年11月 借用申金子証文之事(原本) 借用主 理平次・証人 藤左衛門・百姓代 市左衛門 喜十郎 1通 B2-(1)2130
弘化2年7月 (田五畝余)質流相渡申地所証文之事(原本) 大薮村地主 順二外2人 楡俣村 富右衛門 1通 B2-(1)2131
弘化4年12月 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主 宇右衛門外2人 半左衛門 1通 B2-(1)2132
嘉永4年6月 借用申金子証文之事(原本) 借用主大薮村 理平次 棚橋逸策 1通 B2-(1)2133
安政6年12月.大晦 借用申金子証文之事(原本) 金子借り主 喜左衛門・証人 助右衛門 逸策 1通 B2-(1)2134-1
万延2年2月 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主 喜左衛門外2人 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2134-2止
○2134-1~2止は、一括してあった。
万延2年4月 (田畑)小前帳(原本) 五平次・与右衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(1)2135
元治1年9月 (屋敷地)譲渡し証文之事(下書) 地所譲主 宇右衛門・親類惣代 甚之右衛門 治右衛門 1通 B2-(1)2136
慶応2年.12月 (田四反三畝余)売渡申田地証文之事(原本) 地所渡主楡俣村 棚橋五郎太夫外2人 渡辺佐次右衛門 1通 B2-(1)2137
慶応2年.12月 (川並畑壱町四反余)質流ニ譲渡申地所証文之事(原本) 中嶋郡堀津村組頭 吉十郎・年寄兼庄屋 浅野平吉外5人・裏書 山本五郎左衛門 安八郡楡俣村 棚橋五郎太夫・浅野半左衛門 1通 B2-(1)2138-1
慶応2年.12月 川並畑小作反畝歩取調帳(原本) 堀津村組頭 吉十郎・年寄兼庄屋 浅野平吉外5人 安八郡楡俣村 棚橋五郎太夫・浅野半左衛門 1通 B2-(1)2138-2止
○2138-1~2止は、「堀津村川並畑証文并小前帳」とある包紙に包み、かんぜよりにて一括してあった。 
慶応4年.8月 (証文之地代金差上可申に付)差出し申一札之事(原本) 南波村 五平次外3人 勝村 河合繁之進 1通 B2-(1)2139
子.12月3日 (売田地手付金に付)預り申金子之覚(原本) 大薮村預り主 忠左衛門・証人 太郎左衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2140-1
子.12月12日 (田地金之内に付)請取金子之覚(原本) 大薮村預り主 忠左衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2140-2止
○2140-1~2止は、一括してあった。
子.12月晦 (田地金之内に付)請取申金子之事(原本) 楡俣村金子請取主 長右衛門・同村証人 只四郎 政右衛門 1通 B2-(1)2141
午.7 借用申金子之事(原本)(「彦四郎殿」とある) 楡俣村金借主 与三右衛門外2人 政右衛門 1通 B2-(1)2142
卯.12月30日 (売渡申田畑)小帳覚(原本) 大やふ田地売主 磯右衛門 政右衛門 1通 B2-(1)2143
申.12 (田畑五畝余)売渡し申田地之事(原本) 田地売主 忠八外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2144
戌.5 (西屋敷畑代金請取)覚(原本) 重郎兵衛 政右衛門 1通 B2-(1)2145
亥.12月29日 楡俣新田田畑所書(原本) 郷三郎 政右衛門 1通 B2-(1)2146
年月日未詳 質物流相渡申田地之事(雛形)(原本) 地所流主 太郎左衛門外2人 五郎右衛門 1通 B2-(1)2147止
(2)家業経営
正徳6.1.吉 金銀覚帳(原本) 安八郡楡俣村 棚橋留兵衛   1冊 B2-(2)2001
自享保元年2月
至文化5年7月12日
利兵衛預り金差引帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2002
享保17年12月20日 借用申金子之事(原本) 同村 伴七 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(2)2003
享保19年12月 借用申金子之事(原本) 借り主 新七・請人清兵衛 楡俣 政右衛門 1通 B2-(2)2004
元文3年1月9日 預り申金子之事(原本) かり主 庄右衛門・請人 庄七   1通 B2-(2)2005
元文3年12月 田畑反畝覚(原本) 大藪村 五兵衛・四郎平・五郎次 楡俣村 政右衛門 1綴 B2-(2)2006
寛保4.1.吉 当座諸事覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2007
延享3年3月18日 (田畑質入)預申金子之事(原本) 中村借主 彦七郎・楡俣村証人 与平次・同村庄屋 新右衛門 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(2)2008
延享3年12月 借用申金子之事(原本) かり主 甚三・うけ人 林八・林四郎 にれまた村 政右衛門 1通 B2-(2)2009
寛延元年12月28日 借用申金子之事(原本) 中村金子借主かや主 平次郎・同村証人 八右衛門 十連坊 利助 1通 B2-(2)2010
寛延2.1.吉 諸事売覚帳(原本) 楡俣村 政右衛門   1冊 B2-(2)2011-1
年月日未詳 (御年貢延引其内御算用可仕並びに金壱両三分御遣申候に付)口上(原本) 浅野幸助 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2011-2
年未詳.3月27日 (先日之申付金之義其内埒明可申に付)御報(原本) 浅野幸助 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2011-3止
○2011-1~3止は、一括してあった。
寛延2年12月 借用申金子之事(原本) 大藪村借主 新七・同村証人 八左衛門 にれ又村 政右衛門 1通 B2-(2)2012
宝暦元年11月 末之年小作間入之帳 金方請取かし共(原本)     1冊 B2-(2)2013
宝暦3年.極.27 戌之反畝数覚帳(原本) 西条 平助 楡俣村 政右衛門 1冊 B2-(2)2014
戌(宝暦4年)11月 (1)申之年内入米之覚帳 酉之諸事録子之覚之帳も付(原本) 楡俣村 政右衛門   (1)~(3)  1綴 B2-(2)2015
戌(宝暦4年)12月 (2)(御年貢御初尾共算用)覚(原本)   今村五兵衛・中村与三兵衛 (1)~(3)  1綴 B2-(2)2015
(宝暦4年) (3)諸事売之覚(原本)     (1)~(3)  1綴 B2-(2)2015
宝暦4年12月 米餅売覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2016-1
宝暦5年1月11日 金銀覚帳(原本) 楡俣村 政右衛門   1冊 B2-(2)2016-2止
○2016-1~2止は、一括してあった。
宝暦5.1.吉 諸事請払覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2017
宝暦5年12月 亥之年小作帳(原本) にれ又村 政右衛門   1冊 B2-(2)2018
宝暦6.1.吉 諸事売物之帳(原本) 楡又村 政右衛門   1冊 B2-(2)2019-1
子(宝暦6年)12月28日 (半左衛門口入ニてかし金)覚(原本)     1通 B2-(2)2019-2
年未詳.12月 (餅米代金等差引勘定)覚(原本) 新右衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2019-3止
○2019-1~3止は、一括してあった。
宝暦6年3月 借申金子之事(原本) 楡俣村新田借主 元平外2人 楡俣村 政右衛門 1通 B2-(2)2020
宝暦7年1月 諸事払帳(原本) 楡俣邑 政右衛門   1冊 B2-(2)2021
宝暦7年 (金子借用証文)(前欠)(原本) 借主 平助・同村庄屋 佐左衛門 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(2)2022
宝暦9年1月 蔵諸入用覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2023
宝暦9年1月 金銀之覚帳(原本) にれ又 政右衛門   1冊 B2-(2)2024
卯(宝暦9年).極 (金銀出入)付出シ覚帳(原本) 楡俣村下組 政右衛門   1冊 B2-(2)2025-1
年月日未詳 (農具代金差引勘定)覚(原本) (福束かしや払)   1通 B2-(2)2025-2止
○2025-1~2止は、一括してあった。
宝暦10年1月.吉 金銀之覚帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2026-1
(宝暦10年)2月27日 (利銀、夫銀引合)覚(原本) 大藪 八左衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2026-2
(宝暦10年)5月.5日 (残金御請取可被下に付)覚(原本) 新右衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2026-3
(宝暦10年)11月6日 (先日申上候金子之義近々埒明可仕に付手紙)(原本) 八左衛門 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2026-4
辰.7月9日 (米・わた代他勘定覚並びに手形近日之内相認遣申候に付口上書)(原本) 西松佐七郎 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2026-5止
○2026-2~5止は、2026-1にかんぜよりにてしばってあった。
宝暦11年1月.吉 諸事商払覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2027
宝暦11年1月.吉 諸事小払方覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2028
明和2.1.吉 控田畑字反畝記帳(原本) 楡俣村持主 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2029
明和2年2月 (控地)細検帳(原本) 兵八分   1冊 B2-(2)2030
明和3年1月 (金銀出入)日記帳(原本) 吉長   1冊 B2-(2)2031
明和7年9月26日 (掟米帳)(下書) 安八郡楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2032
明和9年12月 西条出作田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2033
安永2年11月 巳年田畑掟帳 西条分(原本) 楡俣 五郎右衛門   1冊 B2-(2)2034
安永3年11月 午年田畑掟帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2035
安永4年12月 未年田畑掟帳 西条分(原本) 五郎右衛門   1冊 B2-(2)2036
安永5年12月 申年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2037
安永6年11月 西条分酉年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2038
安永6年.霜 下米請取帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2039
自安永6年
至嘉永2年
控高覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2040
安永7.2.下旬 控高覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2041
安永7年10月 (米金)万請取覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2042
安永7年12月 西条分戌年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2043
安永8年11月 西条分亥年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2044
安永9年11月.吉 西条分子年田畑掟小前帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2045
安永9年.霜 (米金)万請取覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2046
天明元年10月.吉 (米金)万請取覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2047
天明元年12月 た印分もやひもの田畑掟帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2048
天明2年10月.吉 (米金)万請取覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2049
天明7年11月 西条控分未年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2050
天明8年11月 西条控分申年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2051
天明9.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2052
寛政元年11月 西条控方酉年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2053
寛政元 酉ノ暮田畑請取分仕分帳(原本)     1冊 B2-(2)2054
寛政2年11月 西条控分戌年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2055
寛政2年 西之冬より戌の春細間覚帳(控) 当村小三郎外4人方   1冊 B2-(2)2056
寛政3年11月 西条控分亥年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2057
寛政4.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2058
寛政4年1月改 (金銀出入頼母子講)手鑑(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2059
寛政4年11月 西条控分子年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2060
寛政5.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2061
寛政5年11月 西条控分丑年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2062
寛政6.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2063-1
寅(寛政6年)7月 (麦三斗余)覚(原本) 新右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2063-2止
○2063-2止は、2063-1にはさんであった。
寛政6年11月 西条控分寅年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2064
寛政7.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2065
寛政7.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2066
寛政7年11月 西条控分卯年田畑掟御年貢収帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2067
寛政8.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2068
寛政8.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2069
寛政8年11月 西条分控辰年田畑掟御年貢収帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2070
寛政9.1.朔 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2071
寛政9.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2072
寛政10年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2073-1
(寛政10年) (長壱丈五寸高四尺八寸)覚(原本) 上野磯吉 にれ又 粂蔵 1通 B2-(2)2073-2止
○2073-2止は、2073-1にはさんであった。
寛政10年11月 西条分控午年田畑掟御年貢収帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2074
寛政11年1月2日 (金銀出入)諸日記帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2075-1
(寛政11年)7月12日 (荒尾屋取替)覚(原本) 五郎右衛門 与平 1通 B2-(2)2075-2止
○2075-2止は、2075-1にはさんであった。
寛政11年11月 西条分控未年田畑掟御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2076
寛政12年1月2日 (金銀出入)諸日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2077-1
(寛政12年)3月16日 (材木代受取)覚(原本) 名古屋 勘助 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2077-2
(寛政12年)8月 (大工手間賃内金受取)覚(原本) ホッツ 仁吉 にれ又村 五郎右衛門 1冊 B2-(2)2077-3止
○2077-2~3止は、2077-1にはさんであった。
寛政12年3月改 平作田畑ヶ所覚帳(原本) 竜二控   1冊 B2-(2)2078
寛政12年11月 西条分控申年田畑掟御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2079
寛政13年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2080
享和2年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2081-1
(享和2年)1月.晦 (種粕代勘定に付)覚(原本) 大藪 円治郎 楡俣五郎右衛門 1通 B2-(2)2081-2止
○2081-2止は、2081-1にはさんであった。
享和3年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2082
享和4年1月2日 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2083-1
(享和3年).閏 (代金引合兼受取)覚(原本)(1月13日受取) □□屋 孫四郎 にれ又 五郎右衛門 1冊 B2-(2)2083-2
(享和4年)12月19日 (沢右衛門講半口のかけ金兵八講見セ金おかし可被下奉頼候に付口上書)(原本) 吉田利平次 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2083-3止
○2083-2~3止は、2083-1にはさんであった。
文化元年11月 西条分控子年田畑掟御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2084
文化2.1.吉 (金銀出入)日記帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2085
文化2年11月 西条分控丑年田畑掟御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2086
文化3年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2087
文化3年2月 売渡申江料米之事(原本) 渡し主 勘四郎外2人 庄右衛門殿御取次 五郎右衛門 1通 B2-(2)2088-1
(文化3年2月) (江料米代金渡方之覚)(原本)     1通 B2-(2)2088-2
(文化3年)3月 (今日壱分遣し申候御受取可被下に付口上書)(原本) 小畑部 伊左衛門 にれ村 政右衛門 1通 B2-(2)2088-3止
○2088-1~3止は、一括してあった。
文化3年5月改 家納諸用記(原本) 棚橋三枝軒   1冊 B2-(2)2089
文化3年10月 西条分控寅年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2090
文化4年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2091
文化4年10月 西条分控卯年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2092
文化5年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2093
文化5年3月 (金銀出入頼母子講)弐番手鑑(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2094-1
寅(文化3年)12月20日 (兵右衛門講懸金)覚(原本) 兵右衛講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2094-2
(文化5年) 孫四郎講(卯年取主覚)(原本)     1通 B2-(2)2094-3
(文化5年) (頼母子講金)覚(原本)     1綴 B2-(2)2094-4
○2094-4止は、2094-3に包んであった。
巳(文化6年)4月29日 (頼母子講掛金請取)覚(虫損)(原本) 足近時山西方寺 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2094-5
午.4月8日 (柳助講金)覚(原本) 柳助講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2094-6
亥.3月29日 (久右衛門講金差遣し候間御改可被下に付)覚(原本) 茂衛 五郎右衛門 1通 B2-(2)2094-7止
○2094-2~7止は、2094-1にはさんであった。
文化5年10月 西条分控辰年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2095
文化6年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2096
文化6年10月 西条分控巳年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2097
文化7年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2098
文化7年10月 西条分控午年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2099
文化7年12月 (金子拝借仕候に付)覚(原本) 楡俣新田 五三郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(2)2100
文化8年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2101-1
未(文化8年)12月19日 (御年貢取替金他引合)覚(原本)     1通 B2-(2)2101-2
申(文化9年)12月 (たはこ入・帽子代引合)覚(原本) 大の 文三郎 にれ又 五郎衛門 1通 B2-(2)2101-3止
○2101-2~3止は、2101-1にはさんであった。
文化8.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2102
文化8年10月 西条分控未年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2103
文化9年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2104
文化9年10月 西条分控申年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2105
文化10年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2106
文化10年10月 西条分控酉年田畑掟方御年貢納帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2107
文化10年12月 借用申金子之事(原本) 中村借主 多美弥・楡俣村請人 了常寺  楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(2)2108
文化11年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2109
文化12年1月2日 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2110
文化13年1月.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2111
文化14年1月.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2112
文化15年1月.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2113-1
寅(文政1年)12月 (栗古木他代差引勘定)覚(原本) 勘四郎 政五郎 1通 B2-(2)2113-2止
○2113-2止は、2113-1にはさんであった。
文政2.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2114-1
卯(文政2年) 卯年御初穂米勘定(原本)     1通 B2-(2)2114-2止
○2114-2止は、2114-1にはさんであった。
文政3.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2115
文政4.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2116
文政4年11月 御裏印金貸附勘定帳(原本) 楡俣村 五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2117
文政5.1.吉 (金銀出入)当座留帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2118
文政5.1.吉 (金銀出入頼母子講)三番手鑑(原本) 棚橋[ ]   1冊 B2-(2)2119-1
子.4月5日 (友治郎講金受取)覚(原本) 友治郎講 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-2
卯.1月18日 (友治郎講金受取)覚(原本) 友治郎講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-3
卯.1月24日 (治兵衛講金御改御受取可申に付)覚(原本) 治兵衛講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-4
卯.7 (権兵衛講金丈右衛門分他相渡候に付)覚(原本) 七右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-5
辰.3月13日 (友治郎講金請取)覚(原本) 友治郎講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-6
辰.12月24日 (寅辰年治兵衛講金)覚(原本) 治兵衛講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-7
巳.12月18日 (友次郎講金受取申候に付)覚(原本) 友次郎講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-8
午.12月19日 (治兵衛講金相渡申候に付)覚(原本) 治兵衛講連中 楡俣村御三人 1通 B2-(2)2119-9
午.12 権平講覚(原本) 政七 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-10
未.4月3日 (友次郎講金受取申候に付)覚(原本) 友次郎講 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-11
酉.12月21日 (仲右衛門講金相渡申候に付)覚(原本) 新田 仲右衛門講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-12
亥.12月25日 (仲右衛門講金)覚(原本) 仲右衛門講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-13
年未詳.3月13日 (友次郎講金相済に付)覚(原本) 友次郎(講)連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-14
年未詳.3月27日 (頼母子講金御請取被下度に付)口上(原本) 加納新三郎 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-15
年未詳.7月 (頼母子講金御請取可被下に付)覚(原本) 七右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-16
年月日未詳 (頼母子講入金)おほえ(原本)   五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-17
年月日未詳 (頼母子講金)覚(原本) 連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-18
年月日未詳 (左衛門講金)覚(原本) 左衛門講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2119-19止
○2119-2~19止は、2119-1にはさんであった。
文政5年1月 (金銀出入頼母子講)手かゝみ(原本) 如龍   1冊 B2-(2)2120
(文政6年)6月7日 (美濃より五郎右衛門殿逗在被成居候由承申に付)口上(下書) 大坂より いつみや利兵衛 京下数珠や町東洞院西へ入 帯屋新兵衛  1通 B2-(2)2121-1
(文政6年)6月7日 (御用事ニ付此節御上京被成、十日此まで御逗在被遊候由御しらせ被下に付書状)(原本) 和泉屋利兵衛 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2121-2
未(文政6年)6月10日 (買物代金受取)覚(原本) 京松原通寺町西え入 下むら大文字屋源蔵・下村店千助 棚橋権右衛門 1通 B2-(2)2121-3
(文政6年)6月10日 (代銭受取)覚(原本) 川端陸奥   1通 B2-(2)2121-4
(文政6年)6月12日 (御印入紙片桐主殿へ御遣し可被下に付)覚(原本) 京東六条 御台所当番 平尾御坊御肝煎中 1通 B2-(2)2121-5
(文政6年)6月12日 (御家中水越孫兵衛殿より御印被遣候ハゝ、御持被下度に付口上)(原本) 平尾円明坊 渡部勘四郎・棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2121-6
未(文政6年)6月13日 (八寸平きく弐枚代金請取)覚(原本) 京七条通烏丸東へ入 御仏具所 福井弥右衛門 円楽寺 1通 B2-(2)2121-7
文政6年6月 (朝夕参詣中志他)覚(下書) 美濃国楡俣村 慶正寺同行中   2通 B2-(2)2121-8
文政6年 午年御初穂米上納覚(下書) 濃州平尾御坊御肝煎 御納戸方御衆中 1通 B2-(2)2121-9止
○2121-1~9止は、かんぜよりで一括してあった。
文政7.1.吉 申歳台所帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2122
文政7.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2123
文政7.8改 平作田畑ケ所覚帳(原本)     1冊 B2-(2)2124
文政8.1.吉 (金銀出入)頼母子講手鑑(原本) 棚橋重五郎   1冊 B2-(2)2125
文政8.1.吉 酉歳台所帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2126
文政8.1.吉 (金銀出入)万覚帳(原本) 楡俣村 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2127
文政9年1月 (金銀出入頼母子講)手かゝみ(原本) 如龍   1冊 B2-(2)2128
文政9年4月改 荒地名寄并起返り仕分帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2129
文政10年1月 (金銀出入頼母子講)手かゝみ(原本) 如龍   1冊 B2-(2)2130
文政12年1月 (金銀出入頼母子講)手かゝみ(原本) 如龍   1冊 B2-(2)2131
天保3年2月 (金銀出入)頼母子講弐番手鑑(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2132-1
丑.4月2日 (講金御落手可被下に付)覚(原本) 松林寺講 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-2
丑.7月29日 (頼母子講掛金請取申候に付)覚(原本) 山田安須講世話方 楡俣村 棚橋五郎右衛門外1人 1通 B2-(2)2132-3
寅.3月13日 (才八講金相済申候に付)覚(原本) 才八講連中 浅野半左衛門 1通 B2-(2)2132-4
寅.3月26日 (才八講金御請取可被下に付)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-5
辰.3月18日 (三会目才八講金)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-6
辰.3月18日 (満会才八講金差引)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-7
辰.7月8日 (粂右衛門講金)覚(原本) 粂右衛門講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-8
巳.4月11日 (四会目才八講金請取)覚(原本) 才八講連中 浅野半左衛門 1通 B2-(2)2132-9
巳.7月8日 (粂右衛門講金)覚(原本) 連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-10
午.3月13日 (丈助講金)覚(原本)   五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-11
午.3月23日 (五会目才八講金)覚(原本) 才八講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-12
未.7 (粂右衛門講かけ金)覚(原本) 連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-13
申.3月5日 (才八講金)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-14
当酉年子方初会御掛金(覚)(原本)   棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-15
戌.2月18日 (講金御受取可被下に付)覚(原本) 松林寺講 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-16
戌.3月18日 (才八講金)覚(原本) 才八講連中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-17
年未詳.4月1日 (加納氏講金差上申候に付)覚(原本) 半左衛門 逸策 1通 B2-(2)2132-18
年未詳.7月8日 (粂右衛門講掛金覚)(原本)   五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-19
年未詳.11月12日 (坂丸村小嶋甚助江五拾両分示談ニ相成候分当時操合難渋仕候間金拾両拝借申上度に付手紙)(原本) (須賀村)久之進 五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-20
年月日未詳 (徳右衛門講金)覚(原本) 徳右衛門講中 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2132-21
年月日未詳 (頼母子講かけ金)覚(原本)   棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2132-22止
○2132-2~22止は、2132-1にはさんであった。
(天保7年)12月14日 (恩行寺方故障なき証文印形為致差上候に付口上書)(原本)     1通 B2-(2)2133-1
天保7年12月 (質物書入金子借用申に付)証文一札之事(原本) 渡主 真宗寺・証人 恩行寺 楡俣村 半左衛門 1通 B2-(2)2133-2止
○2133-1~2止は、かんぜよりにて一括してあった。
天保12年11月.吉 西条分丑年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2134
天保13年11月.吉 西条分寅歳田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2135
天保14年11月.吉 西条分卯年田畑掟帳(原本) 棚橋五郎右衛門控   1冊 B2-(2)2136
天保14年11月 卯年田畑掟御年貢帳(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2137
天保15年.月未詳.吉祥 (糸綿類買入)大吉万福帳(原本) 綛屋五郎三   1冊 B2-(2)2138
弘化2年12月27日 借用申金子之事(原本)(「証札壱通 本証」とある包紙に包んであった) 長嶋朗淳 ニレ又村 慶正寺 1通 B2-(2)2139
弘化4年2月8日 借用申金子之事(原本)(「証札壱通 本証」とある包紙に包んであった) 借主 長嶋朗淳・証人 慶正寺玄西 浅野半左衛門・棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2140
嘉永2年12月 (借用金)覚(原本) 金子借用主 理平次・証人 順二 逸作 1通 B2-(2)2141
自嘉永3年1月1日
至嘉永3年2月
日記当座帳(原本) 棚橋   1冊 B2-(2)2142
嘉永4年5月 借用申金子之事(原本) 一色村 忠八 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(2)2143
安政元年12月 (借用金)覚(原本) 借用主 理平次・証人 恩行寺老僧 逸策 1通 B2-(2)2144
安政元年12月 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主 慶正寺・証人 利平 五郎右衛門 1通 B2-(2)2145
安政2年4月 質地申田地之事(原本)(堀江久次郎外3人の奥書あり) 地主 啓一郎・証人 臼井浅右衛門 本田村 関谷宅平 1通 B2-(2)2146
安政4年4月 借用申金子証文之事(原本) 借用主 弥右衛門・証人 宇右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2147
安政5.6.晦 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主 長左衛門・証人 宇右衛門 逸策 1通 B2-(2)2148
安政7年2月 借用申金子証文之事(原本) 金子借主南波村 五平次 楡俣村 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2149
安政7年3月 借用申金子之事(原本) 借主 御肴屋徳助・小川又一兵衛 輪中御組合御惣代 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2150-1
安政7年.閏3月24日 借用申金子之事(原本) 小川又一兵衛・御肴屋徳助 輪中御組合御惣代楡俣村 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2150-2-1
(安政7年).閏3月25日 (別書証差上候間御一覧可被下に付書状)(原本) 御肴屋徳助 棚橋御取次 1通 B2-(2)2150-2-2止
○2150-2-1~2止は、一括してあった。
文久2年2月 借用申金子之事(原本) 御肴屋徳助 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2150-3
文久2年7月 借用申金子之事(原本) 御肴屋徳助 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2150-4止
○2150-1~4止は、かんぜよりにて一括してあった。
文久元年11月29日 (先般御相談申上候御差出金請取候に付)覚(原本) 古沢武左衛門・古屋祐平 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2151
文久2年1月26日 (西大藪村勘四郎方ニ借金返金次第証文御帰し申上候に付)後日書付(原本) 慶正寺 貞介 1通 B2-(2)2152
文久2.3.朔 借用金子証文事(原本) 借用主 助右衛門 五郎太夫 1通 B2-(2)2153
文久2年10月 (入馬壱疋敷金受取)覚(原本) 野寺村 幸助 楡俣村 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2154
文久3年 亥盆前払方大概取調(帳)(下書)     1綴 B2-(2)2155
元治元年5月 (御掟地地直し歩広ケ仕無高ニて内輪売渡難拾置ニ付御出訴ニも可被成に付)御詫旁御請一札之覚(原本)(立入人 栄五郎外2人の奥書あり) 本人 茂平・親類証人 惣八 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2156
元治元年6月 借用金証文之事(原本) かり主 武策郎 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2157
元治元年10月 (金子借用)覚(原本) 楡俣新田 仙右衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2158
元治2年2月28日 (助成金年賦之内頂戴仕候に付)覚(原本) 近藤伊左衛門重政 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2159
慶応2年2月 金子証文之事(写)(藤江彦之丞外2人の奥書あり) 出郷 広田勘左衛門外6人 楡俣村 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2160-1
慶応2年11月 金子証文之事(写)(藤江彦之丞外3人の奥書あり) 安保貞次郎外8人 楡俣村 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2160-2止
○2160-1~2止は、「慶応二寅三月同年十一月 御裏下案文弐通入」とある包紙に包んであった。
慶応2年2月 (1)金子証文之事(写) 出郷 広田勘左衛門外6人・奥書 藤江彦之丞外2人 楡俣村 棚橋五郎太夫 (1)(2)  1綴 B2-(2)2161
慶応2年11月 (2)金子証文之事(写) 安保貞次郎外8人・奥書 藤江彦之丞外3人 楡俣村 棚橋五郎太夫 (1)(2)  1綴 B2-(2)2161
慶応4.1.吉 酒御通(原本) 竹ケ鼻 富士嶋屋小兵衛 楡俣村 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2162
慶応4.1.吉 金物御通(原本) 竹ケ鼻本町 桔梗屋佐兵衛 楡俣村 棚橋五郎右衛門 1冊 B2-(2)2163
慶応4.1.吉 紙畳表御通(原本)(書込みなし) 藤屋九八 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2164
慶応4.1.吉 伊鯖干物御通(原本)(書込みなし) 大垣 小川屋勘兵衛 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2165
慶応4.1.吉 酒御通(原本) 美濃竹ケ鼻 坂倉屋又吉 楡俣 棚橋五郎右衛門 1冊 B2-(2)2166
慶応4.1.吉 御肴之御通(原本) 大垣 魚屋長八 楡俣村 御苗五郎太夫 1冊 B2-(2)2167
慶応4.1.吉 刻多葉粉御通(原本) 坂本屋常助 楡俣村 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2168
慶応4年9月29日 (川並地代金之内え請取)覚(原本) 堀津村 浅野又右衛門 棚橋五郎太夫・浅野半左衛門 1通 B2-(2)2169
明治元年12月 借用申金子之事(原本) 金子借用主 安之進・証人 庄左衛門 五郎太夫御取次 1通 B2-(2)2170
明治元年12月 借用申金子之事(原本) 金子借用主 保之進・証人 庄左衛門 棚橋五郎太夫殿御取次 1通 B2-(2)2171
明治2年1月 (旧幕府判物改正被仰出候ニ付上京為手当金)借用申金子之事(原本)(「証書 松尾太夫」とある包紙に包んであった) 松尾大夫・家来 鈴木健蔵 楡俣村 慶正寺御坊高持衆中 1通 B2-(2)2172-1
明治2年1月 (旧幕府判物改正被仰出候ニ付上京為手当金)借用申金子之事(写) 松尾大夫・家来 鈴木健蔵 楡俣村 慶正寺御坊高持衆中 1通 B2-(2)2172-2止
○2172-1~2止は、一括してあった。
明治2年5月14日 借用金証書(原本) 大藪村 市左衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2173
明治3年12月24日 (金子借用仕候に付)覚(原本) 保之進 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2174
明治4.1.吉 御染物御通(原本) 紺屋杢右衛門 楡俣村 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2175
子.3月26日 (金子借用仕候に付)覚(原本) 郷宿勝助 棚橋五郎太夫 1冊 B2-(2)2176
子.極 (諸染物代銭相済)覚(原本) 大垣 こんや十四郎 馬之瀬村 五郎助 1通 B2-(2)2177-1
年未詳.極 (諸染物代銭請取)覚(原本) こんや重四郎 馬之瀬村 五郎助 1通 B2-(2)2177-2
年月未詳.28日 (諸染物代銭引合)覚(原本) 五郎介 政右衛門 1通 B2-(2)2177-3止
○2177-1~3止は、かんぜよりで一括してあった。
丑.6.朔 (買い物代銀請取)覚(原本) 京松原通寺町西え入 下むら大文字屋源蔵・下村店庄七 五郎右衛門 1通 B2-(2)2178-1
丑.6月9日 (ねこ縁折敷五枚代金請取)覚(原本) 敷下さかい町南角 浅野屋太兵衛 勘四良 1通 B2-(2)2178-2
年未詳.2月28日 (銀子差引勘定)覚(原本) のとや店 桔梗屋 1通 B2-(2)2178-3
年未詳.5月29日 (銀子勘定)覚(原本) のと屋店 桔梗 1通 B2-(2)2178-4
年未詳.6月9日 (金弐朱受取、代銀差引引合)覚(原本) 丁子屋泉   1通 B2-(2)2178-5
年未詳.6月10日 (御泊り代銭引合)覚(原本) 吉更屋新助   1通 B2-(2)2178-6
年月日未詳 家具膳椀折敷万塗物類并ニ御手道具仕入所(商標)(原本) 京藪之下堺町南東角 伊勢屋太兵衛   1通 B2-(2)2178-7止
○2178-1~7止は、一括してあった。
丑.12月26日 (馬瀬五郎助事染代残金延置可被下奉願上候に付追啓)(原本)     1通 B2-(2)2179
丑.12 借用申金子証文之事(原本) 楡俣村 棚橋五郎太夫 小寺直次郎御取次 1通 B2-(2)2180
丑.極 (米金出入)当座帳(原本) にれまた村 政右衛門   1通 B2-(2)2181
寅.12月24日 (金子借用に付)覚(原本) 同新田 仙右衛門 楡俣村 逸策 1通 B2-(2)2182
寅.12月28日 (恩借候金子に付)添手形之事(原本)(端裏に「中村 甚八」とあり) かり主 甚三・請人 安右衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2183
寅.極 (金銀出入)当座覚帳(原本) 楡俣村 政右衛門   1通 B2-(2)2184
卯.1 (法養寺勘識金借用仕候に付)書附之事(原本) 慶正寺  棚橋逸作 1通 B2-(2)2185
辰.4月12日 借用申金子証文之事(原本) 金子借用主 勘之右衛門・証人 喜助 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2186-1
辰.4月12日 (銭質物ニ差入金子借用仕候に付)覚(原本) 金子借用主 勘之右衛門・証人 喜助 五郎太夫 1通 B2-(2)2186-2止
○2186-1~2止は、一括してあった。
辰.11月24日 (去九月中市左衛門拝借金私引請候間御勘定御請取可被下候に付)覚(原本) 大藪村 与右衛門 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2187
辰.12 田畑小作帳(原本) 大藪村田地渡主 勘右衛門・同村庄や 勘四郎 楡俣村 五郎右衛門 1冊 B2-(2)2188
辰.12 (金子貸借仕切帳)(原本) 勝村 甚平 棚橋五郎右衛門 1通 B2-(2)2189
巳.春改 (万買物代金)覚(原本) 荒尾屋 直助 棚橋 1通 B2-(2)2190
巳.12 (餅米代金差引相済)覚(原本) 庄右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2191
午.3月28日 (金子元利勘定覚)(控)     1通 B2-(2)2192
午.3 (西松権兵衛殿より請取分米代金差引相済)覚(原本) 庄右衛門 五郎右衛門 1通 B2-(2)2193
午.8月27日 (かわら代手付金請取)覚(原本) 大垣新町 加十郎 政右衛門 1通 B2-(2)2194
午.12 (金子拝借仕候に付)覚(原本) 楡俣新田拝借主 五三郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(2)2195
午.12 (金子拝借仕候に付)覚(原本) 楡俣新田拝借主 五三郎外2人 楡俣村 五郎右衛門 1通 B2-(2)2196
午.極 諸事覚出シ帳(原本) 政右衛門   1冊 B2-(2)2197
ひつし.2.朔 (文金にて持参金請取)覚(原本) 黒野村番焼寺 義雲・同村惣同行 相羽村 加平治 1通 B2-(2)2198
未.4 借用申金子之事(原本)(端裏に「手形政右衛門善次郎かし請人米松」とあり) 借主 治右衛門・請人 米松 政右衛門 1通 B2-(2)2199
未.7 (御賄金請取)覚(原本) カサマツ 笹屋専次 楡俣村 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2200
未.12月30日 借用申金子之事(原本) 新平 政右衛門 1通 B2-(2)2201
酉.7月29日 (金子借用申に付)覚(原本) 金子借用主新田 仙右衛門 楡俣村 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2202
酉.12月24日 (長右衛門殿取かへ金之内請取)覚(原本) 太郎左衛門 只四郎 1通 B2-(2)2203
戌.2月18日 (内金拾両請取)覚(下書)     1通 B2-(2)2204
戌.7月吉 種かい覚(原本) 十連坊 新右衛門 政右衛門 1冊 B2-(2)2205-1
(戌).7.9 送り申種叺之事(原本) 西条 与惣次 十連坊 新右衛門 1通 B2-(2)2205-2
戌.7月10日 売渡申種之事(原本) 太郎左衛門 新右衛門 1通 B2-(2)2205-3止
○2205-1~3止は、一括してあった。
戌.12月晦 (質物火鉢にて金子借用申に付)覚(原本) 慶正寺玄了 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2206
(戌.極) (掟地取米帳)(原本)     1綴 B2-(2)2207-1
戌.極 (万取替金)覚(原本) 政右衛門 庄屋 1通 B2-(2)2207-2止
○2207-1~2止は、一括してあった。
亥.11月 下米受取帳(原本)     1冊 B2-(2)2208
自亥.極.20
至子.4月16日
預り申金子之事(原本) 太郎左衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2209
年未詳.1月16日 (平助恩借之利足、今日御子足様へ遣申候に付書状)(原本) 西松太七郎 棚橋政右衛門 1通 B2-(2)2210
年未詳.4月22日 (麦並びに種金請取覚)(原本) いし上村 与七 政右衛門 1通 B2-(2)2211
年未詳.5月21日 請取申金子之覚(原本) 西条村 与七 政右衛門 1通 B2-(2)2212
年未詳.5月22日 借用申金子之事(原本) にれ又借主 金七・同村 証人 小兵衛 楡俣 政右衛門 1通 B2-(2)2213
年未詳.7月.朔 (取次金御受取申上候に付)差上申一札之事(原本) 一色村 忠八郎 楡俣村 棚橋逸策 1通 B2-(2)2214
年未詳.11月25日 (質物受戻来陽正月下旬迄御延可被下候に付)覚(原本) 恩行寺老僧 逸策 1通 B2-(2)2215
年未詳.12月10日 (龍治様より金子頂戴仕、皆済之砌証文奉差出候御請取可被下候に付書状)(原本) 水谷五兵衛 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2216
年未詳.12月22日 (元金半金元居御願奉申上御聞済ニ預リ候に付)覚(原本) 棚橋五郎太夫 渡辺勘四郎 1通 B2-(2)2217
年未詳.12月28日 (畑掟米勘定)覚(原本) 忠左衛門 政右衛門 1通 B2-(2)2218
年未詳.12月.大晦 (金子借用に付)覚(原本) 保之進 棚橋五郎太夫 1通 B2-(2)2219
年月日未詳 (金銀出入頼母子講)手鑑(原本) 弄松軒如鶴   1冊 B2-(2)2220-1
年月日未詳 (頼母子講取口・懸金)おぼえ(原本) 伊平講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2220-2
年月日未詳 (頼母子講掛留銀)覚(原本) 治兵衛講連中 五郎右衛門 1通 B2-(2)2220-3止
○2220-2~3止は、2220-1にはさんであった。
年月日未詳 (金銀出入頼母子講)手鑑(原本) 棚橋五郎右衛門   1冊 B2-(2)2221
年月日未詳 下米請取帳(原本)     1冊 B2-(2)2222
年月日未詳 (和積算早見図)(写)     1枚 B2-(2)2223
年月日未詳 (儀左衛門田地之覚)(下書)     1綴 B2-(2)2224
年月日未詳 善左衛門田地之覚(下書)     1綴 B2-(2)2225
年月日未詳 蓮如上人御旧跡略縁起(原本)(木版) 山科郷西野村百貫孫右衛門   1冊 B2-(2)2226
年月日未詳 (いしき与七田地之覚)(下書)     1綴 B2-(2)2227
年月日未詳 (控地小作帳)(下書)     1綴 B2-(2)2228
年月日未詳 亥年庄右衛門地細検(帳)(下書)     1冊 B2-(2)2229
年月日未詳 十連坊いしき検地(帳)(下書)     1冊 B2-(2)2230
年月日未詳 (北村郷三郎殿田地之覚)(下書)     1綴 B2-(2)2231
年月日未詳 小源次質流田地并掟方御年貢之訳(帳)(下書)     1冊 B2-(2)2232
年月日未詳 (控地間数帳)(下書)     1綴 B2-(2)2233止
B3 生活と文化
(3)諸芸
(1)俳諧
宝永元.初冬(10) 花鳥六景(獅子庵序)(原本)(木版) 農北岩崎邑鶴亀二峯陳人二竹堂有選 京寺町二条上ル町 井筒屋庄兵衛板   1冊 B3-(3)-(1)2001
宝永5年8月 東六鳳(双林寺元閑阿弥亭柳後園主人吾仲序)(原本)(木版) 柏屋勘右衛門板   1冊 B3-(3)-(1)2002
享保14年2月.吉 俳諧繍銀要(雲皷翁撰句)(原本)(木版) 蓬莱軒開版 京都書林 堀川通仏光寺上ル町 銭屋左兵衛 烏丸通松原下ル町 鱗形屋源左衛門   1冊 B3-(3)-(1)2003
延享3年5月 俳諧大内山(他 京年々翁雲峰選)(原本)(木版合本)     1冊 B3-(3)-(1)2004
自寛延元年8月中旬
至宝暦9年.閏7.上旬
(俳諧喜見城他花洛雲峰斉・京乾峯翁選)(原本)(木版)     1冊 B3-(3)-(1)2005
自寅
至卯
(俳諧女郎花他千里・志鏡選)(原本)(木版合本)(宝暦拾一巳季秋中旬 解休と裏表紙に有り)     1冊 B3-(3)-(1)2006
天明3年3月12日 墨なをし(俳句集)(抄)(原本) 青連亭鳥暁   1冊 B3-(3)-(1)2007
天明7年 (大藪にて歳旦帖)美濃(原本)(木版) 京橘冶   1冊 B3-(3)-(1)2008
天明8年 (歳旦帖)俳諧余波の鐘(原本) 桂笑園花受   1冊 B3-(3)-(1)2009
天明9年 (美濃大薮にて歳旦集句)(原本)(木版) 京橘冶   1通 B3-(3)-(1)2010
天明9年 (正田にて歳旦帖)美濃(原本)(木版) 京橘冶   1冊 B3-(3)-(1)2011
天明9年 (天明九巳酉歳旦帖)岐阜(原本)(木版) 花冶橘冶板   1冊 B3-(3)-(1)2012
自天明9年
至寛政6年
(諸国歳旦帖綴)東武下谷(他)(原本)(木版)     1綴 B3-(3)-(1)2013
自寛政3年
至寛政6年
明のはな(集句)(原本) 桂笑園花受   1冊 B3-(3)-(1)2014
寛政8年 (美濃大薮楡俣にて歳旦)(原本)(木版) 京橘冶   2通 B3-(3)-(1)2015
寛政8年 (美濃大薮楡俣にて歳旦)(原本)(木版)(「寅せいほ」が貼付してある)     1通 B3-(3)-(1)2016
寛政8年 (歳旦断簡)(原本)(木版) (白寿坊の名あり)   1通 B3-(3)-(1)2017
自文化4年
至寛政8年
(美濃大薮楡俣にて歳旦断簡)(原本)(木版)(文化4年の静篁舎聴雨のものに貼付)     1通 B3-(3)-(1)2018
寛政10年.正 (豊后日出にて歳旦)(原本)(木版) 京橘冶   1通 B3-(3)-(1)2019
寛政10年 (武州蕨駅にて歳旦)(原本)(木版) 江戸秀峨   1通 B3-(3)-(1)2020
寛政11年 (筑紫風羅堂下にて歳旦断簡)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2021
寛政12年 (美濃大薮楡俣にて歳旦)(原本)(木版) 京橘冶   1通 B3-(3)-(1)2022
寛政12年 (佐嘉にて歳旦帖)西肥(原本)(木版) 京橘二祝刀   1冊 B3-(3)-(1)2023
寛政13年 (西濃綾野にて歳旦)(原本)(木版) 洛橘冶   1通 B3-(3)-(1)2024-1
(寛政13年)1月 (春興御笑評可被下候に付手紙)(原本)(木版) 桑里   1通 B3-(3)-(1)2024-2止
○2024-2止は、2224-1にはさんであった。
享和3年 (一ノ木戸連歳旦帖断簡)北越(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2025
享和3年 (歳旦帖)美濃(原本)(木版) 久呂埜社 京橘   1冊 B3-(3)-(1)2026
享和3年 (美江寺駅にて歳旦帖)美濃(原本)(木版) 京橘   1冊 B3-(3)-(1)2027
文化4年8月 八重の梅(集句)(原本) 桂笑園花受   1冊 B3-(3)-(1)2028
文化12年 (東濃明知にて歳旦帖)濃明(原本)(木版) 京橘冶   1冊 B3-(3)-(1)2029
文政8年 (佐嘉にて歳旦帖)西肥(原本)(木版) 京橘二   1冊 B3-(3)-(1)2030
戌午(文政11年).10.如意 (亡大人嵩左坊の大祥忌追福集句)しくれ月 濃落会駅(原本)(木版) 京橘冶刀   1冊 B3-(3)-(1)2031
(弘化4年) (雪香園友左師翁追悼)夢の春(奚花坊序)(原本)(木版) 焦門書林皇都寺田通二条 橘屋治兵衛   1冊 B3-(3)-(1)2032
弘化5年 (歳旦帖)東濃明知(原本)(木版) 京橘冶刀   1冊 B3-(3)-(1)2033
自嘉永元
至嘉永6年
(周防下徳地、美濃加納ほか集句)(原本)(木版)(未装丁)     1巻 B3-(3)-(1)2034
嘉永己酉(2).冬 松枝集(真庵撰・竹意庵黄山序)(原本)(木版) 松のやさゝを著   1冊 B3-(3)-(1)2035
嘉永2年 (西肥長崎にて歳旦帖断簡)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2036
嘉永2年 (歳旦帖)紀府(原本)(木版) 京橘治   1通 B3-(3)-(1)2037
嘉永2年 (諸富社中歳旦帖)西紀諸富(原本)(木版)(断簡)     1通 B3-(3)-(1)2038
嘉永5年3月~10 (狂俳小畑他各地投句帳)(原本)(碌翁筆跡)     1冊 B3-(3)-(1)2039
嘉永5年 (南美濃にて歳旦断簡)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2040
嘉永5年 (南美濃にて歳旦)(原本)(木版) 京橘冶刀   5通 B3-(3)-(1)2041
嘉永5年 (南美濃にて歳旦断簡)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2042
嘉永7年 (美濃鋳物師屋・肥田瀬・東田原にて歳旦)(原本)(木版)(いもしや 酒向七三郎・ひらせ 塚原恒之進・田原 間宮雄平から棚橋五郎左衛門の封筒に入っていた) 文静堂刀   1通 B3-(3)-(1)2043
嘉永7年 (歳旦断簡)西肥しほた(原本)(木版) 退歩室月次連   1通 B3-(3)-(1)2044
嘉永7年 (歳旦断簡)紀府(原本)(木版)(この文書2040号より続く)     1通 B3-(3)-(1)2045
自安政2.2.朔
至安政3年5月
安政二乙卯年獅々門俳諧道統十三世春秋庵宗匠ヨリ集虚斎え授受一件(書留)(写)(集虚斎は十四世右麦)     1冊 B3-(3)-(1)2046
自安政3年.臘
至安政4年.閏
獅子門十五世道統文台相承記(原本) 春香園   1冊 B3-(3)-(1)2047
安政3年 (安政三丙辰年市之瀬歳旦帖)美濃(原本)(木版) 京橘治刀   1冊 B3-(3)-(1)2048
安政3年 (ミノ鳳河連歳旦)(原本)(木版) 京橘治刀   1通 B3-(3)-(1)2049
安政3年 (東ミノ藤村歳旦)(原本)(木版) 京橘治刀   1通 B3-(3)-(1)2050
(安政4年).正.17 (昨日早天政田へ罷出候処、折能面談いたし委曲申入候に付書状)(原本)(岩手御藩中 国井喜忠太) 八幡にて大谷市郎平 梅故老 1通 B3-(3)-(1)2051-1
(安政4年).2.佳節 (尊像遷座之義前以可申上様被仰下に付書状)(原本) 春秋庵 梅故 1通 B3-(3)-(1)2051-2
(安政4年)3月1日 (道統の義廿二日垂井駅ニて春秋殿出張御面上御懇請相整ひ御治定相成に付書状)(原本)(青木寿石から岩手御藩中 国井喜忠太宛の封紙あり。またこの封紙は、梅故から奚花坊に宛てたものを転用している) 奚花坊 梅故 1通 B3-(3)-(1)2051-3
安政4年3月8日 蕉像政田より御移徙に付時雨庵にて御引請之次第書(原本)     1冊 B3-(3)-(1)2051-4
安政4年3月8日 (蕉像并什物品々今日御落掌可被下に付書状)(原本) 政田春秋庵 岩手春香園 1通 B3-(3)-(1)2051-5
(安政4年)3月9日 (昨夜九ツ時頃愚妻父老人急変シ病死仕候に付春時安穐庵行之儀断奉申上候に付書状)(原本) 竹旭主人   1通 B3-(3)-(1)2051-6止
○2051-1~6止は、「獅子門十五世道統文台相承記入」とある袋に入っていた。
安政4年5月10日 文台開筵諸賄一件帳(原本) 無外・松陰   1冊 B3-(3)-(1)2052
安政4年 (長門吉見にて歳旦)(原本)(木版) 京橘二刀   1通 B3-(3)-(1)2053
安政4年 (土佐宇田にて松陰社中歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2054
安政4年 (美濃笠松にて歳旦他2社歳旦断簡)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2055
安政4年 (中津川にて歳旦帖)東濃胞麓(原本)(木版) 京橘治梓   1冊 B3-(3)-(1)2056
安政5年.春 (美濃輪社中歳旦帖)百茎の春(原本)(木版)(タトウあり)     2通 B3-(3)-(1)2057
安政5年.春 (美濃輪社中歳旦帖)(原本)(木版)(2057と同じものであるがタトウなし)     2通 B3-(3)-(1)2058
安政5年 (美濃大垣にて歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2059
安政5年 (東肥内牧にて歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2060
安政6年 (歳旦断簡)紀府(原本)(木版) 双芝園主人   1通 B3-(3)-(1)2061
安政6年 (美濃加納にて歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2062
文久2年9月 (清漣舎浮月やよい十六日黄泉に居をうつせしにつき中津川にて追善)はなのゆめ(原本)(木版)     1冊 B3-(3)-(1)2063
文久2年 (黒野双川連にて歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2064
文久3年3月 (美濃細畑にて世中庵寿哉追福集句)(原本)(木版)(ホソバタ寿兮柳原吉兵衛からニレ又楡村宛と1通の端裏書にあり) 京三条寺町西吉陣梓   2通 B3-(3)-(1)2065
文久4年 (高田凡寅の還暦を賀す歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2066
乙丑(元治2年)1月1日 (歳旦懐紙)(下書) 帯経園主   1枚 B3-(3)-(1)2067
慶応4年 (ミノ森部の社にて歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2068
慶応4年 (美濃岐阜にて歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2069
(寅).正.2 (俳句折紙)嘯けばゆるむ千里や竹の春(原本)(木版) 八重 1通 B3-(3)-(1)2070
午.暮 (鶴叟他歳旦)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2071
戌.9 (来春三月於京師永観堂連塔墨直シ興行仕候に付御案内之)口蝶(原本)(木版) 西濃ニレマタ 帯経園楡村・西条 松栄舎支翠・春香園   4通 B3-(3)-(1)2072
年未詳.正.2 (年賀折紙)拾ふとも人やとかめぬ年ひとつ(原本) みむらやこと   1通 B3-(3)-(1)2073
年未詳.正.14 (此度草庵取つくろひ申ニ付天井板料金弐百疋被懸御念、誠ニ以御懇節之至に付書状)(原本) 雪炊庵二夜 鯰斗・啓帆・逸左・白芝 1通 B3-(3)-(1)2074
明治13年5月3日 (連句集)(下書) 碌々叟・卓哉   1枚 B3-(3)-(1)2075
明治16年2月20日~7.20 (帯経円月並会集句)(下書)     3枚 B3-(3)-(1)2076
(明治17年)10月24日~25 (歌仙行)(下書) 帯経園外33人   1枚 B3-(3)-(1)2077
明治子7.10 (和歌浦麁吟差上候処、早速御返翰被成下候・子歳春帖御笑許被成下置度に付書状)(原本) 濃州海松新田 牧野鉄九郎露光外2人 雅狂・善□ 1通 B3-(3)-(1)2078
(子).月日未詳 (紀府にて歳旦)(断簡)(原本)(木版)     1通 B3-(3)-(1)2079
午.1月1日 (歳旦懐紙)(原本)(木版) 岱阿外2人   1枚 B3-(3)-(1)2080
(寅) (歳旦帖)(断簡3丁目)(原本)(木版) 双芝園主人   1枚 B3-(3)-(1)2081-1
(未) (歳旦帖)(断簡3丁目)(原本)(木版) 双芝園主人   1枚 B3-(3)-(1)2081-2
(酉) (歳旦帖)(表紙欠1~5丁目)(原本)(木版) 自□他   3枚 B3-(3)-(1)2081-3止
○2081-1~3止は、一括してあった。
年未詳.(4月10日~12カ) 当席余興(連句)(下書)(「与階園ニて」と文中にあり)     1冊 B3-(3)-(1)2082
年未詳.(11.10) (キフにて連句集)(下書)     1冊 B3-(3)-(1)2083
年月日未詳 世の華集三(原本)(風廬坊他美濃派俳人の句多し) 蕉門書林皇都寺町通二条 橘屋治兵衛   1冊 B3-(3)-(1)2084
年月日未詳 (古稀七翁を賀して詠める懐紙)(原本) 羽白坊   1通 B3-(3)-(1)2085
年月日未詳 (俳句懐紙)(原本)(木版) 岱陽・岱阿   1枚 B3-(3)-(1)2086
年月日未詳 (此春の年賀を兼帯経園をおとつれけるに月並の会日なるより俳句懐紙)(原本) 化月坊   1枚 B3-(3)-(1)2087
年月日未詳 (初会六月分東海俳諧師番付)(原本)(木版) 勧進元露竹外3人・行司東風軒馬静大人   1通 B3-(3)-(1)2088
年月日未詳 (大藪にて歳旦帖)(下書)(傘狂の名前)     1冊 B3-(3)-(1)2089
年月日未詳 諸国獅々門名録(原本) 帯経園楡村   1冊 B3-(3)-(1)2090
年月日未詳 (狂俳投句帳)(原本)     1冊 B3-(3)-(1)2091
年月日未詳 俳諧余波の鐘(原本)(天明八、同九年の歳旦を写す) 桂笑園花交   1冊 B3-(3)-(1)2092
年月日未詳 (仏前の七言絶句・狂歌)(原本)(虫損あり) 安気々儘山童戯院独楽坊 楡村 1通 B3-(3)-(1)2093
年月日未詳 文台開筵書類(袋)(原本)(2051の袋か)     1袋 B3-(3)-(1)2094
年月日未詳 十五世文台開筵書記(袋)(原本)(十五世春香園、梅故、山戸亭、岩手竹中家臣国井喜中太関係書類の袋か)     1袋 B3-(3)-(1)2095
年月日未詳 (春秋庵碌翁連句)(下書)(余興に曙庵の句有り)     1綴 B3-(3)-(1)2096
年月日未詳 (桂舎開筵に付集句)(下書)     3枚 B3-(3)-(1)2097
年月日未詳 (白二追善集句)(下書)     1冊 B3-(3)-(1)2098
年月日未詳 元禄枯尾華 上(芭蕉翁焉記)(原本)(木版) 落柿舎   1冊 B3-(3)-(1)2099
年月日未詳 芭蕉翁略伝附録(原本)(木版)     1冊 B3-(3)-(1)2100
年月日未詳 (狂俳投句集)(原本)(「九月四日出シ、火急ながら重九開巻宜御願申上候以上」云々とある紙袋に入っていた) 棚橋五郎右衛門 幸舎呉鶴 2冊 B3-(3)-(1)2101
(2)生花
寛政9年.正 立華手鏡(原本) 三枝軒   1冊 B3-(3)-(2)2102
寛政9年6月24日 (立花明細之覚)(原本) 大垣於御坊所花屋   1冊 B3-(3)-(2)2103
文化3年4月 (華道)不審記(原本) 旭松軒起鶴   1冊 B3-(3)-(2)2104
自文化4年10月9日
至文化4年10月
(諸立花会席次之覚)(原本)     1綴 B3-(3)-(2)2105
文化5年8月8日 (濃州竹ケ鼻於御坊所華会)立花席附(原本)(木版)     6通 B3-(3)-(2)2106
文化6年3月 (本堂再建御寄付金受納之)証納知(原本)(証券とある封紙あり) 六角堂池坊役人 下川丈輔・伊藤左内 濃州福束村外18カ村御世話中 1通 B3-(3)-(2)2107
文化7年.正 立華仏華留帳(原本) 弄松軒如鶴   1冊 B3-(3)-(2)2108
文化9.4.朔 惣会頭弘会(名簿)(原本)(木版) 惣会頭職三州荻原 弄香軒 糟谷為仲   2通 B3-(3)-(2)2109
文化10年11月15日 大垣ニて立花生花大会(原本)     1冊 B3-(3)-(2)2110
文化11年7月 専定様華道御口伝相改記(原本)     1冊 B3-(3)-(2)2111
文化14年5月2日 (水仙一色等令領掌に付覚)(原本) 洛陽六角堂池坊取継 川嶋理助 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2112
文化14年5月3日 (水仙一色等令領掌に付覚)(原本) 洛陽六角堂池坊取継 川嶋理助 棚橋政五郎 1通 B3-(3)-(2)2113
文化14年 (金壱両受納)証券(原本)(虫損) 前華□養道 日比与左衛門 2通 B3-(3)-(2)2114
文化14年 祇園神輿洗ねり物絵客列書(原本)(木版) 長秀(画)   1通 B3-(3)-(2)2115
自文化14年
至文政7年9月
(平尾御坊御本堂御修覆諸品留等)臨時とめ(原本) 如龍   1冊 B3-(3)-(2)2116
文化15年5月7日 (専定様御越赤坂宿ニて会候時之御花之覚)(原本)     1冊 B3-(3)-(2)2117
文政7年 大輪切花壇(覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-1
文政11年 (切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-2
天保3年6月 (喜多助より貰候菊花覚)(原本)     1通 B3-(3)-(2)2118-3
天保3年 (切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-4
天保3年 (切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-5
天保4年 中輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-6
天保4年 大輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-7
天保5年11月22日 門前夏菊花壇・西出花壇(覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-8
天保5年 中輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-9
天保5年 大輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-10
天保6年 大輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-11
天保6年 中輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-12
天保7年 (遊誓より貰候菊花覚)(原本)     1通 B3-(3)-(2)2118-13-1
(天保7年)申 (喜多助より受取候菊花覚)(原本)     1通 B3-(3)-(2)2118-13-2止
○2118-13-1~2止は、一括してあった。
天保7年 大輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-14
天保7年 中輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-15
天保8年 大輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-16
天保8年 中輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-17
天保9年 大輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-18
天保9年 中輪(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-19
天保13年 (菊花品種別成育覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-20
天保13年 (菊花品種別花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-21
天保14年 大輪花壇(覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-22
天保14年 (菊花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-23
天保15年 (菊花品種別成育覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-24
天保15年 (菊花切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-25
年月日未詳 丑年(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-26
年月日未詳 巳年(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-27
年月日未詳 申年(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-28
年月日未詳 酉年門前花壇南花壇(覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-29
年月日未詳 亥年(切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-30
年月日未詳 (切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-31
年月日未詳 (切花壇覚)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2118-32止
○2118-1~32止は、「きくの書付入 棚橋」とある袋に一括してあった。
文政11年3月 立華留帳(原本) 華友軒   1冊 B3-(3)-(2)2119
文政11年5月9日~10 近江国会頭職弘会(名簿)(原本)(木版) 会頭職 岡理兵衛、花名鶴軒和鳴   1通 B3-(3)-(2)2120
文政11年10月29日 (海老屋ニて生花会席次図)(下書)     1枚 B3-(3)-(2)2121
天保5年3月2日~3日 家元四十世瓶隠院殿尊師三(回忌追薦)供華大会席列(姓名)(原本)(木版)(表紙破損)     1冊 B3-(3)-(2)2122
天保9年8月25日~26日 家元四十世瓶隠院殿法院専定師七廻忌追薦供華位次(原本)(木版)     1冊 B3-(3)-(2)2123
自嘉永元年3月21日
至嘉永元年3月27日
家元四十世瓶隠院殿法院専定師十七廻忌追薦供華位次(原本)(木版)     1冊 B3-(3)-(2)2124
嘉永3年4月8日 幹事披露会(立華席列)(原本)(木版) 会主 養真斉雨麦   1冊 B3-(3)-(2)2125
嘉永5年3月20日 (亡父松涛軒鶴翁大祥忌)立華生花追善会(原本)(木版) 会主四日市住 鈴木亀叢斉   1冊 B3-(3)-(2)2126
嘉永6.5.朔 惣会頭弘会(位付)(原本)(木版) 会主勢州四日市 村田探斉   1冊 B3-(3)-(2)2127
嘉永7年4月26日 立華生花会席列(原本)(木版) 催主北勢四日市惣会頭職 村田探斉   1冊 B3-(3)-(2)2128
嘉永7年9月7日 品孚家(原本)(木版) 会主空満寺・祖父江儀右衛門・浅野宗十郎   2冊 B3-(3)-(2)2129
嘉永2年9月16日 永田故華亭追善立華生花大会席附(原本)(木版) 会主永田華亭   1冊 B3-(3)-(2)2130
安政3年10月21日~23 家元四十世瓶隠院殿法印専定師廿五回忌追薦供華位次(原本)(木版)     1冊 B3-(3)-(2)2131
安政4年5月8日~9日 (家元三房職披露)立生華大会(原本) 芸州忠海 西養寺 御門弟中 4通 B3-(3)-(2)2132
安政4年9月16日~18日 家元三十二世笑雲院殿法印専朝師二百回忌追薦供華位次(原本)(木版)     2冊 B3-(3)-(2)2133
万延元年3月17日~18 (備後尾道於三ケ寺)家元花方弘会立生華席附(原本)(木版) 催主花方 児玉喜兵衛・会行司 山村大助    1冊 B3-(3)-(2)2134
万延2年.正 知恩院円光大師六百五十回御忌勅会御花調進之姓名(書上)(木版)(原本)(円光大師は源空法然上人之のこと) 池坊役人 近藤泰輔   3通 B3-(3)-(2)2135
万延2年3月14日~16日 池坊四十一世専明古稀賀筵立華生花大会興行(原本)(木版) 池坊役人 近藤泰輔・花方役者中 御門弟中 5通 B3-(3)-(2)2136
文久元年3月14日~16 池坊四十一世専明師古稀賀筵立華生花大会席附(原本)(木版) 家元花方中   2冊 B3-(3)-(2)2137
元治元年9月7日 家元四十世瓶隠院殿法印専定師、三十三回追薦供華席附(原本)(木版) 家元花方   2冊 B3-(3)-(2)2138
慶応元年11月 諸道具書画買入覚(原本) 棚橋氏吉重   1冊 B3-(3)-(2)2139
三都大芝居浜芝居役者給金并ニ位定(原本) 浪華播磨屋五兵衛・同北ほり江市場 和多屋喜兵衛板   1通 B3-(3)-(2)2140
卯.11 (常光院専純法印三十三回忌・大暢院専弘法印二十三回忌)立花大会(原本)(木版) 家元役人 濃州御門弟中 2通 B3-(3)-(2)2141
巳.3 家元四十世瓶隠院殿三回忌追善立華生花大会(原本)(木版) 池坊花方役人 諸国御門弟中 3通 B3-(3)-(2)2142-1
年未詳.7月 (瓶隠院殿霊前え預御香料御備進之事に付書状)(原本) 池坊専 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2142-2
年未詳.8月13日 (御亡父御追善之事、当年十月始相成候に付書状)(原本) 華務 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2142-3
年未詳.8月 (先代追善会治定御座候、貴前より御通達可被成下候に付書状)(原本) 簗瀬長門 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2142-4止
○2142-1~4止は、封紙に一括してあった。
巳.6 (三十二代笑雲院殿専朝法印二百廻遠忌)立華生花供養会(原本)(木版) 池坊内 近藤泰輔・惣花方 御門弟中 5通 B3-(3)-(2)2143
午.9 (華稽古所普請用金御助勢に付礼状)(原本) 家元 安田作次郎 1通 B3-(3)-(2)2144-1-1
午.9 (華稽古所普請用金御助勢に付礼状)(原本) 家元 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2144-1-2
年未詳.10月7日 (稽古所普請諸用ニ付御厚配被下、助勢相調丹誠之段祝着に付書状)(原本) (池坊内)簗瀬法橋 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2144-1-3止
○2144-1-1~3止は、封紙に一括してあった。
年未詳.7月2日 (京都披露会為御祝并ニ小薮村日比御氏、横井御氏被掛御意に付礼状)(原本) 牛牧村 奥村武左衛門 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2144-2
年未詳.7月12日 (興雲寺様会中席御謝礼之義、七夕御代花之義に付書状)(原本) (池坊内)簗瀬法橋(長門) 御会頭 棚橋祐平 1通 B3-(3)-(2)2144-3
年未詳.7月17日 (先日御噂申置候百瓶如入之事に付書状)(原本) 華務 濃州会頭職 棚橋祐平 1通 B3-(3)-(2)2144-4
年未詳.7月 (来ル八月十九日惣会頭弘会興行御座候門御出庭可被下候に付書状)(原本) 簗瀬長門 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2144-5
年未詳.9月 (隠居専定儀当四月己来病気之処、九月七日卒去に付書状)(原本) (池坊役人)永井直之進・簗瀬長門 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2144-6
年未詳.10月22日 (当春御上覧立花図漸々此節出来候間懸御目申に付書状)(原本) 簗瀬万右衛門 棚橋五郎右衛門・御同政五郎 1通 B3-(3)-(2)2144-7止
○2144-1~7止は、かんぜよりで一括してあった。
年未詳.2月9日 (道中無別条、先月十七日致入京、此度准会頭折紙差出し申候に付書状)(原本) 華務 濃州准会頭職(棚橋五郎右衛門) 1通 B3-(3)-(2)2145
年未詳.2月 (専正儀住職継目専明隠居に付書状)(原本)(木版) 家元内 近藤泰輔 棚橋策馬・御社中 1通 B3-(3)-(2)2146
年未詳.3月26日 (此度花稽古所壱ケ所新造ニ取建申に付書状)(原本) (家元)華務 棚橋五郎右衛門・華道社中 1通 B3-(3)-(2)2147
年未詳.7月12日 (当九月大会興業仕候ニ付贈物少々差下申に付書状)(原本) 近藤泰輔 濃州立花御会頭 1通 B3-(3)-(2)2148
年未詳.8月5日 (祐平殿御事当八月六日御死去之由為御知候趣、誠以不存寄儀深驚入申に付書状)(原本) 池坊専 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2149
年未詳.8月7日 (御社中御取次分夫々差出し申候処、無滞相届候に付書状)(原本) 華務(池坊内簗瀬長門) 濃州会頭職 棚橋祐平 1通 B3-(3)-(2)2150
年未詳.9月22日 (御花御花形は至極正風ニ相叶大ニ宜敷相整面白存候処、ひの木之事種々御取交御用被成候事大ニ残念に付書状)(原本) (勢州四日市にて)華務 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2151
年月日未詳 洛陽六角堂池坊立華伝受書(原本)     1冊 B3-(3)-(2)2152
年月日未詳 (華道口伝書)(原本)     1冊 B3-(3)-(2)2153
年月日未詳 華道聞書大秘書(原本) 旭窠軒起鶴   1冊 B3-(3)-(2)2154
年月日未詳 華道秘伝書(原本)     1冊 B3-(3)-(2)2155
年月日未詳 現住四十世専定尊師家本華道極秘伝書(原本) 皆伝授三枝軒   1冊 B3-(3)-(2)2156
年月日未詳 秘伝華道啓発教導書(原本)     1冊 B3-(3)-(2)2157
年月日未詳 (美江寺宿本陣立華会席次図)(下書)     1通 B3-(3)-(2)2158
年月日未詳 洛陽六角堂池坊流立華伝受書(写)     1冊 B3-(3)-(2)2159
年月日未詳 (還暦之賀)立華生花大会(原本)(木版) 会主知立町 宝蔵寺蔵六斎梅翁 御家本御門弟中・棚橋五郎右衛門 1通 B3-(3)-(2)2160
年月日未詳 (家元四十世瓶隠院殿法印専定師廿五廻忌追薦)立生花供華大会(原本)(木版) 池坊花方役人   1通 B3-(3)-(2)2161止
(4)書簡
年未詳.4月2日 (兼て御覧御引合申上置一件大々延引仕候漸々此間取しらべ仕差上申に付書状)(原本) 小藪村 日比藤之進 楡俣村 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(4)-2001-1
年未詳.11月18日 (浄運一周忌当月廿二日執行仕候、殿方様御参詣被下度に付書状)(原本) 小藪村 日比藤之進 にれ又村 棚橋五郎右衛門 1通 B3-(4)-2001-2
年月日未詳 (政右衛門講金等勘定)覚(原本)     1通 B3-(4)-2001-3止
○2001-1~3止は、「小藪与左衛門証文二通小前帳壱冊入」とある封紙に一括してあった。
年未詳.卯.26月 (御服拝領何共可申上候様無之御儀共に付書状)(原本) 木村出羽尊通 竹原与五兵衛尉 1通 B3-(4)-2002
年未詳.5月24日 (明廿五日出垣仕度ト奉存候、併御役所廿五日休日か御座候哉一向不存に付書状)(原本) 新田 西脇仙右衛門 棚橋五郎太夫 1通 B3-(4)-2003
年未詳.12月21日 (新御下屋敷御成御仕合残所無御座候由被聞召、御飛脚被進候に付書状)(原本) 岡半介□□ 三与右 1通 B3-(4)-2004
年未詳.12月29日 (歳末之為御祝儀品々御恵贈に預リ候に付書状)(原本) 上之保 堀口与一郎 五郎太夫 1通 B3-(4)-2005止
(5)書籍
(寛政4年3月) 隷弁上(原本)(木版) 清長州願藹吉(撰)日本浪速鎌田禎(纂校)   1冊 B3-(5)-2001-1
(寛政4年3月) 隷弁下(原本)(木版) 清長州願藹吉(撰)日本浪速鎌田禎(纂校)   1冊 B3-(5)-2001-2止
○2001-1~2止は、一括してあった。
寛政9年7月 将棋駒競(原本)(木版) 日本橋大工町竹川治助、神田弁慶通リ近江屋新八、同所丸屋文右衛門、本石町西村源六   1冊 B3-(5)-2002
寛政10年.春 将棋百番綟リ(原本)(木版) 張藩書肆永楽堂   1冊 B3-(5)-2003
寛政10年.夏 勢州菰野温泉略縁起(写) 冠峰山三獄寺 榎本後犀助   1冊 B3-(5)-2004
文化7年6月 五代目大橋宗桂将棋図式坤(原本)(木版) 江戸日本橋通須原屋茂兵衛 大坂心斎橋通安堂寺町 秋田屋太右衛門   1冊 B3-(5)-2005
文化寅.12 東海道・木曽路広駅道中記(畳紙)(原本)(木版) 崇文堂丈海堂   1通 B3-(5)-2006
天保14年6月 日本国中囲碁初段以上姓名録(原本)     1枚 B3-(5)-2007-1
嘉永7年12月4日 (万国度量衡等之書上)(写)     1通 B3-(5)-2007-2
安政2年5月22日 大小之筒可打始町数并遠近見積之事(写)     1枚 B3-(5)-2007-3
明治3年12月 地学事始(原本)(木版) 松山棟庵訳述(畳紙)   1枚 B3-(5)-2007-4
(安政元)寅.4.6~7 京都出火略図(原本)(木版)     1通 B3-(5)-2007-5
年月日未詳 (論語注釈書抜)(写)     1綴 B3-(5)-2007-6止
○2007-1~6止は、紙袋に入っていた。
年月日未詳 三評相撲(原本)     1冊 B3-(5)-2008
年月日未詳 五評相撲(原本)     1冊 B3-(5)-2009
年月日未詳 (評相撲)(原本)     1冊 B3-(5)-2010
年月日未詳 (大筒花火仕懸之覚)(原本)     1通 B3-(5)-2011
年月日未詳 (都諸祭礼行列記目録)(原本)(木版)(破損、かんぜよりでしばってあった。) 平安書肆   1綴 B3-(5)-2012
年月日未詳 宇治名所記(原本)(木版)     1枚 B3-(5)-2013
年月日未詳 摂州大坂画図全(原本)(木版)(畳紙)     1枚 B3-(5)-2014
年月日未詳 (京都南北案内図等之覚)(写)     1通 B3-(5)-2015
年月日未詳 語伝集巻之第一(写)     1冊 B3-(5)-2016-1
年月日未詳 語伝集第二(写)     1冊 B3-(5)-2016-2
年月日未詳 語伝集巻第三(写)     1冊 B3-(5)-2016-3
年月日未詳 語伝集巻之四(写)     1冊 B3-(5)-2016-4
年月日未詳 語伝集巻第五(写)     1冊 B3-(5)-2016-5
年月日未詳 語伝集第六(写)     1冊 B3-(5)-2016-6止
○2016-1~6止は、かんぜよりで一括してあった。
年月日未詳 慶安太平記一(写)     1冊 B3-(5)-2017-1
年月日未詳 慶安太平記二(写)     1冊 B3-(5)-2017-2
年月日未詳 慶安太平記三(写)     1冊 B3-(5)-2017-3
年月日未詳 慶安太平記四(写)     1冊 B3-(5)-2017-4
年月日未詳 慶安太平記六(写)     1冊 B3-(5)-2017-5
年月日未詳 慶安太平記七(写)     1冊 B3-(5)-2017-6
年月日未詳 慶安太平記八(写)     1冊 B3-(5)-2017-7
年月日未詳 慶安太平記九(写)     1冊 B3-(5)-2017-8
年月日未詳 慶安太平記十(写)     1冊 B3-(5)-2017-9止
○2017-1~9止は、書本。
年月日未詳 正雪於道潅山集牢人事(慶安太平記)(写)     1冊 B3-(5)-2018
年月日未詳 越後侍騒記巻之上(写)     1冊 B3-(5)-2019-1
年月日未詳 越後侍騒記巻之中(写)     1冊 B3-(5)-2019-2
年月日未詳 越後侍騒記巻之下(写)     1冊 B3-(5)-2019-3止
○2019-1~3止は、書本。
年月日未詳 双嶋志俗豪傑上(写)     1冊 B3-(5)-2020-1
年月日未詳 双嶋志俗豪傑中(写)     1冊 B3-(5)-2020-2
年月日未詳 双嶋志俗豪傑下(写)     1冊 B3-(5)-2020-3止
○2020-1~3止は、書本。
年月日未詳 長生殿(写) 越泉惣助   1冊 B3-(5)-2021
年月日未詳 伊賀越孝勇伝巻之弐(写)(断簡)     1冊 B3-(5)-2022
年月日未詳 敵討貞季筆記(写)     1冊 B3-(5)-2023
年月日未詳 敵討桂伝記壱(写)     1冊 B3-(5)-2024-1
年月日未詳 敵討桂伝記二(写)     1冊 B3-(5)-2024-2
年月日未詳 敵討桂伝記三(写)     1冊 B3-(5)-2024-3
年月日未詳 敵討桂伝記四(写)     1冊 B3-(5)-2024-4
年月日未詳 敵討桂伝記五(写)     1冊 B3-(5)-2024-5止
○2024-1~5止は、書本。
年月日未詳 絵姿列書(式亭三馬製江戸の水)(原本)(木版) 祇園町山科屋佐七(板元)(帯封)   1通 B3-(5)-2025
年月日未詳 (中国皇帝衣裳・祭器等之図)(写) 帯経園   1冊 B3-(5)-2026
年月日未詳 大和微覧・詩歌・日用消息(写) 棚楡村   1冊 B3-(5)-2027
年月日未詳 美濃国絵図(写)     1冊 B3-(5)-2028
年月日未詳 五臓通暢円(効能書)(原本)(木版)(虫損) 京都室町竹屋町上ル丁 明星堂 高井藤兵衛   1枚 B3-(5)-2029止
<外部リンク>