ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 家畜伝染病対策課 > 野生いのししの豚熱(CSF)感染確認検査

本文

野生いのししの豚熱(CSF)感染確認検査

野生いのししの豚熱(CSF)感染確認検査について

 本県では、県内で発見・捕獲された野生いのししについて、豚熱(CSF)への感染を確認するため、遺伝子検査を実施しています。県における遺伝子検査の結果をもって豚熱(CSF)陽性と判定されます。

 

検査実施状況

豚熱(CSF)感染確認検査の実施状況は以下の表の通りです。

感染確認検査の実施状況(~5月6日検査分)
  陽性 陰性
捕獲個体 846 4,094 頭 4,940
死亡個体 363 頭 140 503 頭
1,209 頭 4,234 5,443 頭

※「捕獲個体」は、県と県猟友会で実施する「調査捕獲」、「有害捕獲」及び「狩猟」による捕獲頭数の合計です。

 

検査結果の詳細

検査結果の詳細は以下の通りです。

【直近発表分】

令和3年4月30日~5月6日検査分 [PDFファイル/45KB]

令和3年4月23日~29日検査分 [PDFファイル/71KB]

令和3年4月16日~22日検査分 [PDFファイル/61KB]

令和3年4月9日~15日検査分 [PDFファイル/63KB]

 

【これまでの検査結果(全頭分)】

令和3年度検査分 [PDFファイル/99KB]

令和2年度検査分 [PDFファイル/2.14MB]

令和元年度(平成31年度)検査分 [PDFファイル/2.17MB]

平成30年度検査分 [PDFファイル/966KB]

 

※検査結果の詳細にある「状態」とは、捕獲の区分または発見時の状態で、次の通りです。
・「捕獲」・・・・「有害捕獲」による捕獲
・「調査」・・・・県と県猟友会で実施する「野生いのしし調査捕獲」による捕獲
・「狩猟」・・・・「狩猟」による捕獲
・「死亡」・・・・死亡した状態で発見された個体

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>