ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

大垣城跡・城下町(おおがきじょうあと・じょうかまち)

所在地

大垣市丸の内(おおがきしまるのうち)

地図(外部サイト)

 

時代

中世から近世

 

発掘区

発掘区西半の全景(西から撮影)

 

発掘状況

大垣城跡・城下町は、揖斐川が運ぶ土砂によって形成された扇状地に所在し、発掘区は現在の大垣城跡天守から約200m西に位置しています。発掘調査によって、中世から近代にかけての遺構遺物を確認しました。上の写真の中央は、近代の大溝(上幅5.4m・深さ1.2m)です。

 

近代の大溝の様子

石積

大溝北面の石積(南西から撮影)


近代の大溝の北面に、高さ約1mの石積が部分的に残っていました。
写真を見ると、石積が沈まないように胴木(どうぎ)とよばれる丸太をすえられた様子がわかります。

 

漆器の出土状況

漆器

漆器の出土状況(東から撮影)

 

近代の大溝の底に掘られた土坑1基から、漆器5点・箸8点とともに貝殻(大半がハマグリ)約350点が出土しました。これらの遺物は、まとめて埋められたものと考えられます。

 

中世の溝の様子

中世溝

中世の溝の様子(北から撮影)

 

写真は、近代の大溝によって切られた中世の溝(上幅4.3m、深さ1.5m)です。この溝の断面は逆台形で、底面が水平に掘られています。写真以外にも、南北方向に並行する溝が2条見つかりました。

 

遺跡紹介に戻る