ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

堅田遺跡・美濃国分尼寺東遺跡(かただ・みのこくぶんにじひがし)

所在地

不破郡垂井町平尾(ふわぐんたるいちょうひらお)
地図(堅田遺跡)(外部サイト)地図(美濃国分尼寺東遺跡)(外部サイト)

 

時代

縄文時代、古墳時代から中世前期、近世

 

平成26年度発掘区遠景(北東)

平成26年度発掘区遠景(北東から)

 

平成27年度発掘区遠景(西)

平成27年度発掘区遠景(西から)

 

発掘状況

 堅田遺跡と美濃国分尼寺東遺跡は濃尾平野の北西部に位置し、堅田遺跡の東側には美濃
国分寺跡、美濃国分尼寺東遺跡の西側には美濃国分尼寺跡があります。また両遺跡の南側
には、東山道推定ルートが通ります。堅田遺跡は平成26年度と27年度に、美濃国分尼寺
東遺跡は平成26年度に発掘調査を行い、美濃国分寺の前身寺院が創建された6世紀後半か
ら、美濃国分寺が衰退した13世紀にかけて、継続して人々が活動していたことが分かりまし
た。また、縄文時代晩期と近世の遺構も確認しました。

 遺物の中心は須恵器、灰釉陶器、山茶碗類です。墨書をもつ須恵器の坏身や転用硯、水
瓶、大型の火舎香炉の蓋など、寺院との関連が考えられる遺物が出土しました。また、陰
刻花文の施された灰釉陶器の皿も出土しました。

 

堅田遺跡遺物
堅田遺跡出土遺物

 

 今回の調査では、寺院との関わりが直接分かる遺構は確認できませんでしたが、鞴の羽
口や鉄滓が出土しています。このことから、寺院に伴う工房が存在したと考えられます。
下の写真は、底面と壁面に被熱痕跡がある方形の土坑ですが、そうした工房と関連のある
遺構の可能性があります。

 

被熱痕跡土坑
被熱痕跡のある土坑

 

鞴羽口
鞴の羽口

 

遺跡紹介に戻る