ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

南青柳遺跡(みなみあおやぎ)

所在地

関市下有知(せきししもうち)

地図(外部サイト)

時代

弥生時代から古墳時代

遺跡遠景

 

 

 

 

 

 

 

 急傾斜地に広がる一大集落群

 

 

 

発掘状況

 関市北部の丘陵地に立地し、竪穴住居跡(たてあなじゅうきょあと)82軒を確認しました。竪穴住居は3つの谷の急斜面に築かれており、土師器(はじき)が多く出土しました。こうした場所からこの時期の集落跡がみつかることは、岐阜県内では珍しいことです。

9号住居

 

 

 

 

 

 

 9号住居跡

 この竪穴住居跡からは、土師器がまとまってほぼ完全な形で出土しました。甕(かめ)や壺など当時の人々が使った土器の種類がよくわかります。

 

 

遺物出土状況写真

 

 

 

 

 

 

 

 遺物出土状況

 

35号住居

 

 

 

 35号住居跡(焼失家屋)

 火災にあった住居と考えられます。床には燃えて炭化した柱などの建築部材が、多くの土器とともにみつかりました。

 

遺跡紹介に戻る