ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

有坂薬師堂遺跡(ありさかやくしどう)

所在地

郡上市八幡町(ぐじょうしはちまんちょう)

地図(外部サイト)

時代

 縄文時代(中期から晩期)

遺跡遠景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調査区遠景(南東から撮影)

 

 

発掘状況

 長良川右岸の河岸段丘上に位置しています。縄文時代中期後半から晩期前半における、配石遺構や土器埋設遺構など、祭祀儀礼的な遺構・遺物が見つかりました。

埋設土器

 

 

 

 

 

 

 

 土器の中から石棒状の自然石が出土した、縄文時代中期後半(約4,000年前)の土器埋設遺構(SZ4)です。

 

 

 

 

土坑

 

 

 

 

 

 石棒状の自然石や石皿が、多数の礫と共に出土した、縄文時代後期前葉(約3,500年前)以降の土坑(SK21)です。

 

 

 

 

立石

 

 

 

 

 

石棒状の自然石が立った状況で出土した、縄文時代後・晩期(約4,000から2,500年前)の土坑(SK47)です。

 

 

 

 

配石

 

 

 

 

 

石刀(せきとう)や石棒などの祭祀具や、石鏃や磨製石斧などの石器が出土した縄文時代晩期前半(約2,500年前)の配石遺構(SI8)です。

 

遺跡紹介に戻る