ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

上恵土城跡(かみえど)・浦畑遺跡(うらはた)

所在地

可児郡御嵩町上恵土(かにぐんみたけちょうかみえど)

地図(外部サイト)

時代

古代から近世

上恵土城跡1

 

 

 

 

 

 

 

 上恵土城跡

 

 

 

 

浦畑遺跡1

 

 

 

 

 

 

 浦畑遺跡

 

 

 

 

発掘状況

 可児郡(かにぐん)御嵩町(みたけちょう)の木曽川と可児川にはさまれた丘陵上に、鎌倉時代から江戸時代にかけての城跡・集落跡を確認しました。上恵土城跡からは、庶民の持ち物ではない天目(てんもく)茶碗(ちゃわん)・香炉(こうろ)や宴会等のハレの場で一回限り使用された「土師(はじ)皿」などが出土しており、武士が住んでいたのではないかと考えられます。

 

土塁跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中世の土塁跡

 

 

 

 

遺物出土状況

 

 

 

 

 

 溝の中の遺物の様子

 

 

 

 

 

出土遺物

 

 

 

 

 

 

 

 

 上恵土城跡・浦畑遺跡から出土した中近世の陶器

 

 

 

 

 浦畑遺跡で注目されるのは、茶道具の出土です。「瓶掛(びんがけ)」と呼ばれる江戸時代後期の湯を沸かす小型の火鉢の底に「濃州長谷川氏申年極月吉日口」と墨で書かれていました。

遺跡紹介に戻る