ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

野内遺跡(のうちいせき)B地区(びーちく)

所在地

高山市上切町(たかやましかみぎりまち)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代、古墳時代から近世

遺跡遠景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査区遠景(北東から撮影)

 

 

発掘状況

 見量山(みはかやま)から東に連なる丘陵の南側緩斜面に位置しています。古墳時代から平安時代までの竪穴住居跡や、平安時代の鉄鍛冶(かじ)に関係する遺構などが見つかりました。

竪穴住居

床面に4つの柱穴跡、奥にカマド跡がある、古墳時代後期(7世紀前半頃)の竪穴住居跡(SB55)です。

 

竪穴住居

カマド跡のある複数の竪穴住居跡が重複して見つかりました。いずれも平安時代前期(9世紀前半頃)の竪穴住居跡です。

 

鍛冶遺構

平安時代前期(9世紀前半頃)の鉄鍛冶に関係する遺構(SC18)です。中央付近に焼土(しょうど:橙色の部分)、その南側に金床石(かなとこいし)と考えられる扁平(へんぺい)な石があります。

 

須恵器

鉄鍛冶に関係する遺構(SC8)から、須恵器(すえき)のミニチュア土器が出土しました。釣り鐘(がね)のような形をしています。

 

遺跡紹介に戻る