ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

上岩野遺跡(かみいわの)

所在地

高山市清見町牧ヶ洞(たかやましきよみちょうまきがほら)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代

遺跡の遠景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺跡遠景

 

発掘状況

 縄文時代中期から後期にかけての集落跡が見つかりました。竪穴住居跡(たてあなじゅうきょあと)・掘立柱建物跡(ほったてばしらたてものあと)・立石群(りっせきぐん)などを確認しました。竪穴住居跡からは大量の土器や石器が出土し、中でも有孔鍔付土器(ゆうこうつばつきどき)、石棒(せきぼう)、土偶(どぐう)などが注目されます。出土した土器には信州系・東海系・西日本系・東日本系などがあり、当時の人々が広く交流している様子がうかがえます。

竪穴住居

 

 

 

 

 

竪穴住居跡完掘状況

 

北側の急斜面で見つかった竪穴住居跡です。西側(写真右)の壁面は1m以上の高さがあります。

 

土器出土状況

 

 

 

 

 

有孔鍔付土器出土状況

 

有孔鍔付土器は、底を打ち欠いた状態で、石で囲った炉の中に埋められていました。

 

石棒の出土状況

 

 

 

 

 

石棒出土状況

 

全長50cmの彫刻のある石棒が住居内床面から出土しました。

 

調査区の全景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査区全景

 

竪穴住居

深さが1m以上ある竪穴住居跡(6号住居跡)です。埋まったつちの上部から、中期末から後期初頭の土器、下部から中期後半の土器が出土しました。

 

土器出土状況

33号住居跡からは多くの縄文土器が出土しました。これは信州系の土器です。

 

立石

長さ50cmほどの石が並んで立っていました。縄文時代後期のものと考えられます。

 

大小16個の埋甕(うめがめ)が出土

埋甕の図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埋甕(うめがめ)をもつ竪穴住居跡(6号住居跡)

 

埋甕(うめがめ)とは

 縄文時代中期後半に、竪穴住居内の入口部分に埋められた土器のことをいいます。

 土器を埋めた理由にはいろいろな説がありますが、子どもが生まれると胎盤(たいばん)を甕(かめ)に入れて住居の入口部分に埋め、子どものすこやかな成長を願うという説もあります。

 上岩野遺跡では器高20cm〜50cmの大小16個の埋甕(うめがめ)が見つかりました。

 

 

 

埋甕

 

 

 

 

 

15号住居跡埋甕出土状況

 

この遺跡で見つかった最も大型の埋甕です。(器高50cm)。

 

埋甕

 

 

 

 

 

36号住居跡埋甕出土状況

 

この住居では2つの埋甕が見つかりました。このように1軒に2つの埋甕をもった住居跡が3軒ありました。

 

埋甕

 

 

 

 

 

76号住居跡埋甕出土状況

 

逆位(逆さ)で埋められていた埋甕です。口縁部(こうえんぶ)が波状の土器です。

 

埋甕

 

 

 

 

 

61号住居跡埋甕出土状況

 

埋甕の上に板石で蓋がしてあり、土器内部の上の方には土が入っていませんでした。

 

遺跡紹介に戻る