ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

HACCP(ハサップ)による自主衛生管理

HACCP(ハサップ)ってなに?

 

「HACCP(ハサップ)」とは、食品を製造したり調理する際に安全を確保するための管理手法のことです。

Hazard(危害)Analysis(分析)Critical(重要)Control(管理)Point(点)

日本語ではそのまま「危害分析重要管理点」と訳されます。

 平成30年6月に食品衛生法が改正(※)され、原則全ての食品等事業者が、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理(重要管理点の取り組み)を実施することになりました。

 県では研修会の開催や相談対応により事業者のHACCP導入を支援しています。

 

食品衛生法の改正についての詳細はこちら(外部サイト)

 

HACCPを知って食品・お店えらび

消費者の皆さまにHACCPを知って活用していただけるようリーフレットを作成しました。

 

リーフレット「HACCPを知って食品・お店えらび」(PDF1.5MB)

 

HACCP導入店ステッカーを配布しています

HACCPを導入した施設へ、HACCP導入店ステッカーを配布しています。

HACCP導入店ステッカー配布について

 

岐阜県HACCP導入施設認定制度

 岐阜県が定める基準を満たす衛生管理を実施している施設を認定し、食品営業者がHACCPに基づき衛生管理をしていることを積極的に評価する制度です。

岐阜県HACCP導入施設認定制度について

 

飲食店HACCP研修会

 食品等事業者に対するHACCP導入の支援として、飲食店営業者(喫茶店営業を含む)に向けたHACCP研修会を、(公社)岐阜県食品衛生協会と連携して実施します。

飲食店HACCP研修会について

 

HACCP出前講座

 飲食店以外の食品事業者を対象に、HACCP導入の支援として講師を派遣する出前講座を実施します。

HACCP出前講座事業の実施

 

HACCP関連情報リンク

厚生労働省