ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年度栄養成分表示の表示方法講習会を開催しました

 食品表示法に基づく食品表示基準において、原則として、全ての消費者向けの加工食品及び添加物への栄養成分表示が義務化されました。食品関連事業者のみなさまは、経過措置期間が終了する平成32年3月31日までに基準に基づく栄養成分表示を行う必要があります。

 そこで、下記のとおり「栄養成分表示の表示方法講習会」を開催しました。

 

開催日時、場所及び参加者人数

 

開催日 時間 会場 参加者人数
9月21日(金) 13:30〜16:30 中濃総合庁舎大会議室(美濃市生櫛1612-2) 71人
9月27日(木) 13:30〜16:30 飛騨総合庁舎大会議室(高山市上岡本町7-468) 45人
10月1日(月) 13:30〜16:30 東濃西部総合庁舎大会議室(多治見市上野町5-68-1) 75人
10月9日(火) 13:30〜16:30 県庁大会議室(岐阜市薮田南2-1-1) 65人
10月15日(月) 13:30〜16:30 西濃総合庁舎大会議室(大垣市江崎町422-3) 89人

 

対象者

 原則として、食品表示基準(平成27年度内閣府令第10号)により、栄養成分表示を義務付けられた食品関連事業者であって、これまで栄養成分表示の作成経験がない食品製造・加工業者(飲食店業者を除く)。

 

内容

食品表示基準に基づく栄養成分表示の算出方法及び表示方法(講習及び演習)

 

【配付資料】食品表示基準に基づく栄養成分表示の作成手引き

 表紙・目次(PDF:220KB)

 手引き(PDF:2194KB)

 

講師

(公益社団法人)岐阜県栄養士会、岐阜県健康福祉部生活衛生課食品安全対策係