ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

自転車の安全利用について

自転車が関連する交通事故が後を絶ちません。

特に自転車利用者側にも原因がある事故の比率が高くなっています。

自転車は車両の仲間です。必ず交通ルールとマナーを守り、安全に利用しましょう。

 

自転車安全利用五則を守りましょう

≪自転車安全利用五則≫

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

2.車道は左側を通行

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

4.安全ルールを守る

 ●飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

 ●夜間はライトを点灯

 ●交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5.子どもはヘルメットを着用

 

ヘルメットを着用しましょう

自転車が関係する交通事故の死因で、最も多いのが、頭部負傷によるものです。

大切な命を守るため、大人も子供も乗車用ヘルメットを着用しましょう。

 

自転車保険に加入しましょう

自転車の乗車中に、歩行者等と衝突し、相手方に怪我をさせるなど加害者となる事故を起こした場合、刑事責任の他、賠償責任が生じ、多額の賠償命令が下される場合があります。

日頃から、自転車保険に入っているか、また入っている場合はどんな補償が受けられるか確認しておきましょう。

 

自転車安全利用及び自転車保険加入啓発チラシ表(PDF:403KB)チラシ裏(PDF:393KB)

自転車安全利用及び自転車保険加入啓発ポスター(PDF:469KB)