ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

龍神の滝(りゅうじんのたき)

龍神の滝

 

 中央アルプス最南端の標高1810.6mの奥三界岳が源の川上川は急流でいくつもの滝を作りながら木曽川へ合流します。岐阜県の名水に指定される「龍神の滝」は、日に七回色を変え、白龍が住むと言い伝えのある滝で、水は澄みコバルトブルーの滝壺がより神秘さをかもし出しています。龍神の滝は、最下流に位置する滝で、夕森キャンプ場の中にあり、滝歩道も整備され、特にシーズン中はカラーライトアップされているため夕涼みに訪れる人も多く、ナイトスポットとしても親しまれています。
※「龍神の滝」の標記について:「龍」又は「竜」の文字を使用する場合があります。

 

名水所在地

地図中津川市川上(外部サイト)

 

問い合わせ先(担当課)

中津川市川上総合事務所
TEL:0573-74-2111
FAX:0573-74-2022

 

交通アクセス

車:中央自動車道中津川ICからR19を塩尻方面へ15km北上し、R256を下呂・坂下方面へ向かい、県道3号線を7km北上し、県道411号線を北上で夕森公園へ
公共交通機関:JR中央線「坂下駅」から濃飛バス夕森公園行き「夕森公園」終点下車