ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

清流調査隊とは?

 

<参考>

清流調査隊とは

 「清流調査隊」では、地域の皆さんによる各家庭での生活排水対策の実践と地域住民への啓発などにより、生活排水による河川水質の汚濁負荷を軽減する活動を行っています。

清流調査隊の活動内容

1.身近な川を観察して、水の汚れ具合を調べます。

河川の状況を観察・調査することにより、生活排水が流れ込む水域の水質をチェックします。

 河川の状況を調べる際には、「県民の感覚による河川調査シート」を活用することで、誰でも簡単に調査できます。
(☆こちらから様式をダウンロードできます。→“県民の感覚による河川調査(PDF:410KB)”)
また、簡易水質調査キット(パックテスト)を使ったCODの調査も希望により実施します。
チラシ写真

 

2.生活排水による汚れを減らす取組を日々実践します。

 各家庭でできる生活排水対策に取り組みます。
・流しから調理くず等を流さない。(必須)
・使用済み食用油は流さず、適正に処理する。(必須)
・汚れのひどい食器等は洗う前にふき取る。(必須)
・このほか、台所・洗濯・風呂場等での取組。

※キッチンスクレーパーの活用写真
キッチンスクレーパーは、鍋、フライパン、食器などの油分や食べ残しをぬぐい落とすものです。汚れを落としてから食器を洗うため、水を汚さないだけでなく、洗剤や水の節約にも効果があります。

 

3.地域の方に生活排水対策の取組を広げます。

 友人・知人への呼びかけや講習会の実施などを通じて、地域の方に家庭での取組を広げます。(環境イベントのブース出展、学校での啓発活動)
☆こちらから啓発用のチラシをダウンロードできます。

 →生活排水対策チラシ「川や海を汚しているのは誰?」(PDF:920KB)

 

河川調査

啓発

河川の状況調査(生き物探し)

学校での啓発活動