ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

猫の飼養に関する質問と回答

Q1猫を飼う場合の注意点を教えて下さい。

  • 食器、トイレは必ずご用意ください。
  • 猫を家につれてくる日はなるべく午前中に迎え入れ、新しい環境に速く慣れさせます。家に到着したら、ゆっくり休ませることが大切です。
  • 猫の健康のため、周囲に迷惑をかけないためにも屋内で飼育することをお勧めします。
  • 飼育にかかる経費を検討しておきましょう。
  • 食費や予防接種などの費用が必要です。

※このサイト内の「犬・猫などの動物を飼う場合に守ること」もご覧ください

 

Q2のら猫が庭を荒らして困っています。捕まえてもらえませんか?

  • 保健所では、犬とは違い、猫を捕獲することはできません。
  • 犬の場合は、狂犬病予防法などで捕獲することが認められていますが、猫にはそのような規定がありません。
  • 捕獲目的や態様によっては、動物の愛護及び管理に関する法律へ抵触する可能性があるなどの問題が生じます。
  • 猫が庭に入らないよう、コーヒーかす、木酢液、食用酢、忌避剤などを使用することも対策の一つと思われます。

 

Q3猫が行方不明になったら?

  • 直ちに保健所又は警察署へ届出てください。
  • 特に、猫の特徴(種類、性別、大きさ、毛色、首輪の有無、その他特徴)や行方不明になった場所、経緯などを伝えてください。

 

Q4猫を飼養できなくなったので、引き取ってほしいのですが。

保健所では、猫の引き取りを行っていますが、保健所へ持ち込む前に、今一度、代わりに飼養していただける方がいないか、探してください。

どうしても他に飼養していただける方が見つからない場合は、保健所へ引取りを依頼してください。

※動物がその命を終えるまで適切に飼養すること(終生飼養)は飼い主の責務です。

 次の理由によっては、引取りをお断りする場合があります。

 (1)犬猫等販売業者から引取りを求められた場合

 (2)繰り返し引取りを求められた場合

 (3)子猫の引取りを求める場合であって、保健所からの繁殖制限措置を講じる旨の指導に応じない場合

 (4)猫の高齢化・病気等を理由に引取りを求められた場合

 (5)当該猫の飼養が困難であるとは認められない理由により引取りを求める場合

 (6)引取りを求めるに当たって,あらかじめ新たな飼い主を探す取組みをしていない場合