ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

犬の飼養に関する質問

Q1犬を飼う場合の注意点は?

  • 犬の世話は、食事、散歩、手入れなど、手がかかります。
  • 犬の世話は、家族で分担して行うようにしましょう。
  • 飼育にかかる経費を検討しておきましょう。
  • 食費、犬小屋、手入れ器具、登録・予防接種などの費用が必要です。

※このサイト内の「犬・猫などの動物を飼う場合に守ること」もご覧ください。

 

Q2犬の登録、狂犬病予防接種はいつごろ受けたらよいのですか?

  • 犬は、生涯に1回登録する必要があります。生後91日以上になったら(もしくは、取得してから30日以内に)、お住まいの市町村役場で登録を受けてください。登録後、鑑札が交付されます。
  • 狂犬病予防接種は、4月から6月に実施されますので、最寄りのお住まいの市町村役場へお問い合わせください。1年に1回、犬に接種する必要があります。
  • 4月から6月に受けれない場合は、動物病院で狂犬病予防注射を実施し、お住まいの市町村役場へ届出てください。実施すると狂犬病予防注射済票が交付されます。

  

Q3犬が人をかんだら?

  • 被害者の方の応急処置をし、すぐに病院へ連れて行き受診してもらってください。病院では、犬にかまれたこと、犬の狂犬病予防接種歴など、医師へ伝えるようにしてください。
  • 飼い主の方は、最寄りの保健所へ事故届出を提出し、指示を受けてください。獣医師による検診を受けさせる必要があります。

飼い犬による事故届出書の様式:飼い犬事故届出書(PDF:59KB)

 

Q4犬が行方不明になったら?

  • 直ちに保健所と警察署へ届出てください。
  • 特に、犬の特徴(種類、性別、大きさ、毛色、首輪の有無、その他特徴)や行方不明になった場所、経緯などを伝えてください。

※このサイト内の「迷い犬情報」もご参照ください。岐阜県内の保健所で保護されている犬の情報がご覧いただけます。

 

Q5犬が死亡したら?

登録時に交付された鑑札をご持参のうえ、お住まいの市町村役場へ届出てください。

 

Q6犬を飼養できなくなったので、引き取ってほしいのですが。

保健所では、犬の引き取りを行っていますが、保健所へ持ち込む前に、今一度、代わりに飼養していただける方がいないか、探してください。

どうしても他に飼養していただける方が見つからない場合は、保健所へ引取りを依頼してください。

※動物がその命を終えるまで適切に飼養すること(終生飼養)は飼い主の責務です。

 次の理由によっては、引取りをお断りする場合があります。

 (1)犬猫等販売業者から引取りを求められた場合

 (2)繰り返し引取りを求められた場合

 (3)子犬の引取りを求める場合であって、保健所からの繁殖制限措置を講じる旨の指導に応じない場合

 (4)犬の高齢化・病気等を理由に引取りを求められた場合

 (5)当該犬の飼養が困難であるとは認められない理由により引取りを求める場合

 (6)引取りを求めるに当たって,あらかじめ新たな飼い主を探す取組みをしていない場合