ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和元年台風第19号における支援状況

岐阜県では、令和元年台風第19号の被災地への支援に向け、令和元年10月16日(水)に知事を本部長とする岐阜県災害支援対策本部を設置しました。

台風第19号で被災した長野県へ県職員を派遣したほか、総務省「被災市区町村応援職員確保システム」により長野県南佐久郡佐久穂町を全面的に支援しました。

市町村、各関係機関と情報共有を行いながら、支援のための準備を進め、要請があった場合はただちに対応できるよう、関係機関との調整を行っていきます。

 

1支援の状況

・令和元年12月6日(金)10時00分時点

 支援概要(PDF:244KB)

 

これまでの支援状況はこちら

2災害義援金の受付について

「令和元年台風第19号災害義援金」の受付についてのページへ

 

3災害ボランティアについて

岐阜県では、ボランティアの募集は行っておりません。

また、二次災害のおそれや、多くのボランティアの方が自動車で駆けつけると渋滞を助長し、物資の配送や被災者の移動などに支障をきたすおそれがあることから、被災地におけるボランティアの受入れはそれぞれの市町村により状況が異なっております。

被災地へボランティアに行かれる際や支援活動をお考えの方は、全国社会福祉協議会HPまたは全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVORD)HPにより、予めボランティアセンターにおける募集状況などを確認のうえ、それぞれのセンターにお問い合わせください。

 

<全国社会福祉協議会HP被災者支援・災害ボランティア情報>(外部サイト)

 

<全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVORD)HP(災害対応に関する情報)>(外部サイト)

 

4災害派遣等従事車両証明書について

災害派遣等従事車両証明書のページへ

 

5県営住宅の提供について

令和元年台風第19号で被災された方への県営住宅の提供についてのページへ